冷たい雨が降るたび 思うでしょう

2018年 03月8日 - 日常

数日前はあれほど暖かかったのに、低気圧の接近とともに今日は午後から冷たい雨が降り出しました。
1976年、作詞:荒井由実/作曲:荒井由実/編曲:松任谷正隆で、ハイ・ファイ・セットが歌った「冷たい雨」を思わず口ずさんでしまいそうなお天気です。
♬ 冷たい雨が降るたび あなたを思うでしょう
幸せに暮らしてなどと 願えるはずもない
夢の中に出てくる あなたは
やさしい面影だけで たくさん
だけど信じられない 突然の出来事が
こんな気持ちのままじゃ どこへも行けやしない♫

1976年は高校を卒業し、大学進学のために東京へ出た年です。
思い起こすと、モントリオール五輪開催、ロッキード事件、アントニオ猪木vsモハメド・アリの異種格闘技戦、郵便料金値上げで葉書20円・封書50円になった年です。
ラガーシャツにスニーカーがはやり、ロッキード事件の国会証人喚問で証人質問に対する言い逃れの言葉「記憶にございません」が流行語となり、『限りなく透明に近いブルー』(村上龍)や『火宅の人』(檀一雄)を読んだような記憶があります。
あれから40数年、高校を卒業した同級生たちは既に還暦を迎え今どうしているのでしょう。

イチロー、マリナーズ復帰、背番号51。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です