春という字は三人の日。

2019年 03月12日 - 日常

東日本大震災まる8年の昨日は冷たい雨風に見舞われましたが、今日は春の暖かな陽気に包まれました。
こんな日は、むかし流行った春の歌を思い出しませんか。

春という字は 三人の日と書きます
あなたと私と そして誰の日?
あなたが好きになる前に
ちょっと愛した彼かしら
会ってみたいな 久しぶり
あなたも話が合うでしょう
三人そろって春の日に
三人そろって春ラ!ラ!ラ!
何かはじまるこの季節
三人そろって 春ラ!ラ!ラ

石野真子が2008年に出した8枚目のシングル「春ラ!ラ!ラ!」(作詞:伊藤アキラ 作曲:森田公一)です。
「春という字は三人の日と書きます」こんなふざけた歌詞でどうすんだって、当時レコード会社で会議になったそうです。(笑)
でもインパクト十分で意外と記憶に残る曲ですよね。
石野真子本人も「陽気な感じですが、自分と今の彼と昔の彼の3人で逢ってみたいな、と歌う、実はなかなか凄い歌詞なんです」という旨のコメントをしてます。

東京2020五輪開催まで、あと500日。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です