フォルクロールのような雰囲気。

2020年 11月12日 - 日常


秋の風が吹いて 街はコスモス色
あなたからの便り 風に聞くの
落葉つもる道は 夏の想い出道
今日もわたし一人 バスを待つの
冬が来る前に もう一度あの人と
めぐり逢いたい ♫

冬が来る前に / 紙ふうせん : かじやんのヒット曲&チャートレビュー

「赤い鳥」出身の後藤悦次郎と平山泰代の夫婦デュオとしてスタート「紙ふうせん」の1977年(法華坊主が20歳の時)のヒットです。
リードボーカルは平山が務め、別れた恋人のことを忘れられない気持ちを歌っています。
曲はフォルクロールのような雰囲気をもっているような気がしませんか?
この曲は発売されるとラジオを中心にヒットとなり、翌1978年にはオリコンチャートで4位まで上昇しました。
TBS「ザ・ベストテン」にもにも出演し、この曲によりグループの知名度は全国的となりました。
「冬が来る前に」は日本の学校の音楽の教科書に掲載され、合唱曲の定番となっています。
また、タイアップは大阪ガスのCMに起用されました。
学生時代を思い出し、冬を間近にすると聴きたくなる一曲ですね。

 

コロナ、3カ月ぶり全国1500人超感染 。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です