サクラの苗木を送った返礼。

2021年 04月25日 - 日常

街路に咲くハナミズキは、印象的な花で私たちを楽しませてくれますよね‎。 ‎
‎ハナミズキは、明治45(1912)年、当時の東京市長・尾崎行雄がアメリカ・ワシントン市の親日家たちにサクラの苗木を送った返礼として、大正4(1915)年に日本に送られてきた花です‎。 ‎
‎観賞の対象となっている花は、本来の花弁ではなく、総苞片(花のつけ根の葉)です‎。 ‎
‎‎そのため観賞期間も長く、秋の紅葉や赤熟した果実なども楽しめ、また、自然に樹形が整う木であることから、街路樹、公園木のほか、個人庭園のシンボルツリー、景観木としても広く利用されています‎。 ‎
‎ハナミズキは、花がピンクや白、赤など美しい花ですが、ちょっと不思議があります‎。 ‎
‎私たちが花びらと見ているものは、実は「苞(ほう)」で本当は葉っぱで、その中に小さな粒状の丸いものが花だそうです‎。 ‎

ハナミズキの歌詞に込められた本当の意味は?一青窈の代表作の想いを ...

♬ 空を押し上げて
手を伸ばす君 五月のこと
どうか来てほしい
水際まで来てほしい
つぼみをあげよう
庭のハナミズキ

薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと
終わりますように
君と好きな人が
百年続きますように  ♫

2004年にリリースし、一青窈 が歌った「ハナミズキ」歌詞の意味には、 両親や姉といった家族への思い、そしてこれから産まれてくる自身の子供への思いをこめて歌うことになるだろうと心情をあかしています。
また、アメリカ同時多発テロ事件時にアメリカにいた友人からもらったメールをきっかけにして一青窈は「ハナミズキ」の詩を書きあげたと語っており、歌詞にはテロによって愛する人を亡くした人の思いを伝える意味もこめられているそうです。

 

名古屋市長選 、河村たかしが4選。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です