今日はたのしい ひな祭り

2014年 03月3日 - 日常

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

014

雛祭りは「上巳(じょうし)の節句」と呼ばれる「五節句」のひとつです。
上巳とは、3月最初の巳の日のことで、この日は邪気に見舞われやすい日とされていました。
平安時代の貴族たちは、自分にふりかかる災いを紙人形にたくして川に流す「流し雛」を行っていました。
それがやがて雛人形を飾って女の子の厄除けと成長を願う行事に発展しました。

世の中の淑女・熟女を含むすべての女の子は、生まれて初めての3月3日に初節句=桃の節句を行い、雛人形を飾りしてお祝いされたことでしょう。

女性の皆さん。今後も健やかに成長され、偉そうなことは言っても貴女たちがいなければ何も出来ない男どものために、引き続き力を貸してください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です