ご結婚おめでとうございます

2014年 03月22日 - 日常

017

大安吉日の今日、立正院本堂で結婚式が行われました。
本来は先月16日に行われる予定でしたが、あの大雪の影響で今日まで日延べとなりました。
新郎新婦のご両家のお母様はよくお参りに来寺くだされますが、このたび縁あってお子様同士が結婚の運びとなりました。
人の縁とは不思議なものですねえ。
P1040438

彼岸のお中日を昨日に済まされ、新郎新婦ともにお父様をなくされていますので、まさにご先祖様の見守る中での華燭の典儀となりました。
式長(法華坊主)は授戒のなかで「異体同心」の祖訓を用い、「新郎新婦お二人が今日の佳き日を迎えられたのは、お父様はじめ両家のご先祖様、お母様とご家族の皆様、そして二人とご縁のある多くの方々のお導きによって得られたものです。これからも心を一つにしてご精進ください」とお祝いの言葉をかけました。

宗祖日蓮大聖人『千日尼御返事』に夫婦の大道を示して曰く
男は柱のごとし、女は桁(なかわ)のごとし。
男は足のごとし、女人は身のごとし。
男は羽のごとし、女は身のごとし。
羽と身と別々になりなば、なにをもってか飛ぶべき。
柱倒れなば、桁(なかわ)地に堕ちなん。  等々云々日蓮在御判。

014
お二人とも、いつまでもお幸せに・・・。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

“ご結婚おめでとうございます” への1件のコメント

  1. ハコ より:

    昨日は、ありがとうございました。
    1ヶ月遅れましたが、無事式を挙げられて良かったです。
    これからも、よろしくお願い致します。ありがとうございました。

ハコ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です