梅の実が黄色く色づき

2016年 06月14日 - 日常

暦の上では立春から数えて135日目を「入梅(にゅうばい)」といい、この日から梅雨となります。
細長い日本列島は、北と南で気候も違いますから、気象庁の発表する「梅雨入り」「梅雨明け」が目安となります。
例年、最も早い沖縄地方が5月上旬頃から6月下旬まで、最も遅い東北地方では6月中旬から7月下旬まで、北海道と小笠原諸島では梅雨はみられません。
yjimageN1AD0HAY
今年は「入梅」が6月10日、そして東北地方の梅雨入りが昨日(13日)でした。
春から夏へと変わるときに、日本・中国・韓国など東南アジアに見られる雨の季節をいいます。
大陸の冷たい高気圧と太平洋の暖かい高気圧がぶつかり、大気の状態が不安定になって発生した梅雨前線が停滞するため、同じ地方で雨が降り続くのです。
今年5月16日に梅雨入りした沖縄地方の平年の梅雨明けは、6月23日頃です。
梅雨明けの沖縄には、夏至の太陽が強烈な陽射しと共にやってきます。
この頃は、本州や四国・九州は梅雨が本格化して、集中豪雨の季節を迎えますから、これから7月にかけての日本列島には、北海道の初夏と、本州・四国・九州の梅雨と、沖縄・奄美の夏、といった3つの季節が南北に並ぶわけです。
ニッポンってイイなぁ。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です