日常

天界に咲く花。

2019年 09月20日 - 日常

今日は、秋彼岸の入りです。
彼岸といえばお墓参りが頭に浮かびますが、彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。
日本では、神仏両方を共にまつるという風土があるので、太陽神を信仰する「日願」と仏教の「彼岸」が結びついたからという説があります。
一つは古代インドのサンスクリット語からきた仏教の言葉で、私たちが生きているこの世を「此岸」と言うのに対し、死者のいる世界を「彼岸」と呼びます。
また、此岸は人間が煩悩(さまざまな欲望のこと)に迷い苦しんでいる所であり、その煩悩を断ち切って、悟りを得た浬磐の境地を彼岸と言います。
彼岸の境地に達する修行方法を、ハラミッタ(波羅蜜多)と言います。
もう一つは日本の太陽信仰から来た「日願」と言う説です。
春分・秋分は太陽が真東から出て真西に沈むとともに昼と夜の長さが同じということで、非常に重要な節目でした。
「日の願」日願は、お日さま、太陽に対する農民の信仰用語で、「日天願」と呼ぶ地方もあるそうです。
この日願が「彼岸」となったという学説もあります。
さらには、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。

まるで彼岸に合わせたかのように、秋分のころに咲く彼岸花。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)という別名は、サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味します。
1日に10㎝以上も伸び、球根には毒がありますが、昔は水にさらして毒を抜き、万一の時の非常食にもなりました。

ラグビーW杯開幕、日本白星発進。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の味覚の魚といえば・・・。

2019年 09月19日 - 日常

秋の味覚の魚といえば「サンマ」ですが、今年は不漁が続き、さらに深刻な漁獲不振に陥っているそうです。
脂の乗ったサンマは炭火で焼くのが最高です。
煙の中から香ばしい香りが立ちのぼります。
漢字では「秋刀魚」と書くサンマですが、形も色も刀に似ていて、秋にとれる刀のような魚ということから名づけられたといわれています。
「サンマ」という呼び方については、ふたつの説があり、ひとつは、その形から「細長い魚」を意味する「サマナ(狭真魚)」→「サマ」→「サンマ」と変化したという説。
ふたつめは、大群で泳ぐ習性があるので「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」という意味の「マ」がくっついて「サワンマ」→「サンマ」になったという説です。
サンマには血液の流れをよくするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれていて、脳梗塞・心筋梗塞などを予防する効果があるとされています。
また、ドコサヘキサエン酸も豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを減らす作用や脳細胞を活発化される効果もあるとされています。
サンマは、塩焼きばかりでなく、お刺身や酢じめ、押し寿司などでもおいしく食べられます。
これらは脂の乗り切らない初秋のサンマや、産卵後の晩秋のサンマが向いているそうです。

東電旧経営陣3人に無罪、原発事故で強制起訴。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「秋桜」につづき「曼珠沙華」

2019年 09月18日 - 日常

昨日は山口百恵の「秋桜」でしたが、今日は「曼珠沙華」についてブログります。
♫涙にならない悲しみのある事を知ったのは
 つい この頃
 形にならない幸福が何故かしら重いのも
 そう この頃
 あなたへの手紙
 最後の一行 思いつかない
 どこでけじめをつけましょ
 窓辺の花が咲いた時
 はかなく花が散った時
 いいえ あなたに愛された時
 マンジューシャカ 恋する女は
 マンジューシャカ 罪作り
 白い花さえ 真紅にそめる ♪

「曼珠沙華」は、1978年にリリースされた山口百恵さん16枚目のアルバム『二十才の記念碑 曼珠沙華』に収録されています。
アルバムの発売は、山口百恵が20歳になる1ヶ月前でしたが、大人の雰囲気漂う内容です。
中でも、阿木曜子と宇崎竜童のコンビで書かれたこの歌は、特に印象的で、山口百恵にしか歌えないのではないかと思うほど、彼女にぴったりな曲です。
山口百恵は、曲が持つ世界観を含め見事に歌いこなしていると思いませんか。

間もなく秋のお彼岸です。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は「天上に咲く花」を意味するといいます。
また「秋のお彼岸ごろに咲くから」「食べると彼岸(あの世)に行くから」などの理由から、彼岸花(ひがんばな)とも呼ばれています。
怖いような美しさ!そんなふうに表現する人が多いのは、この艶やかな花がもつ、生と死の境目に咲くイメージからなのかもしれません。
天上の神秘をもって現世の人間を惹きつける、怖いほど美しい赤い花です。

「処理水」大阪湾放出に言及。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

こんな小春日和の穏やかな日は

2019年 09月17日 - 日常

秋空の下、色とりどりにコスモスの花が咲き誇っています。
秋に咲き、桜の花に似ていることから、和名は「秋桜(あきざくら)」と書きます。
大ヒットした歌謡曲のタイトルから「秋桜」と書いて「コスモス」と読むようになったのをご存知ですか。
♬うす紅の秋桜が秋の日の
 何気ない陽溜りに揺れている
 比頃涙もろくなった母が
 庭先でひとつ咳をする
 縁側でアルバムを開いては
 私の幼い日の思い出を
 何度も同じ話くりかえす
 ひとり言みたいに小さな声で
 こんな小春日和の 穏やかな日は
 あなたの優しさが しみてくる
 明日嫁ぐ私に 苦労はしても
 笑い話に 時が変えるよ
 心配いらないと笑った ♪

山口百恵のナンバーの中でも、名曲と言われる「秋桜」。
哀愁たっぷりなバラードナンバーは、現在でも多くの人が耳にするほど有名です。
そんな名曲の一つと呼ばれる「秋桜」は、19枚目のシングルとして1977年10月にリリースされました。
嫁ぐ女性の心境や情景を歌った「秋桜」の作詞と作曲を手掛けたのは、さだまさし。
現在では「秋桜」は「コスモス」という呼び方をしますが、1977年以前は「あきざくら」と呼ぶのが一般的でした。
しかし山口百恵の「秋桜」がリリースされ、大ヒットを遂げたことで世間的な認識も「秋桜=コスモス」という呼び方で現在まで定着しているそうです。

千葉依然6.6万軒で停電、被災ゴミも深刻。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お年寄りを敬い長寿を祝う日。

2019年 09月16日 - 日常

厚生労働省は今月13日、全国の100歳以上の高齢者が71238人に上ると発表しました。
昨年より1453人多く、7万人を超えたのは初めてで、49年連続で過去最多を更新し、女性が約88%を占めました。
ちなみに福島県内の100歳以上の高齢者は昨年より111人増え、過去最多の1219人になりました。
100歳以上の高齢者は、統計を取り始めた1963年には全国で153人だったが、81年に1千人、98年に1万人を突破し、2012年には5万人を超え、増加が続いています。
人口10万人当たりの100歳以上の高齢者は56.34人。
都道府県別では、高知が最多の101.42人で、鹿児島の100.87人、島根の99.85人が続きました。
最少は埼玉が30年連続で33.74人、次いで愛知の37.15人、千葉の39.68人の順だそうです。

今日は「敬老の日」で、長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。
老人の捉え方は人によって様々で、心身共に若々しく老人と呼ぶのは憚られる方もたくさんいます。
よく「もう○○が受けられる年齢だから」などと言いますが、一般的には何歳からが老人なのでしょうか?
身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、JR各社では50歳ぐらいから各種割引があります。
国連の世界保健機構(WHO)の高齢者の定義は、 65歳以上で
65~74歳 ⇒ 前期高齢者
75~84歳 ⇒ 後期高齢者
85歳以上 ⇒ 末期高齢者
これからもっと高齢化が進むと、変わっていくかもしれませんね。
いずれにしても、大切なのは、お年寄りに対して労りや感謝の気持ちを表すことです。
各地で敬老にちなんだ行事が催されることも多く、敬老の日を通じて高齢者をとりまく社会問題を考えるきっかけになってほしいものです。

三連休終わる、来週もまた三連休。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

鑑賞して楽しむ秋の七草。

2019年 09月15日 - 日常

1月7日に、春の七草をお粥にして食べることで有名ですが、秋にも七草があります。
しかし秋の七草は、これにちなんだ節供や行事があるわけではなく、鑑賞して秋の風情を楽しむものです。
ハギ・キキョウ・クズ・フジバカマ・オミナエシ・オバナ・ナデシコが秋の七草です。

萩(ハギ)→「萩」とは「秋に咲く草」という意味で、お彼岸のおはぎはこの萩に由来します。
桔梗(キキョウ)→花期は夏なので、夏の着物によく描かれていますが、根は太く、喉に効く生薬になります。
葛(クズ)→茎で籠や布を織り、根から採取したでんぷんがくず粉で、くず粉で作ったのがくず餅です。
藤袴(フジバカマ)→乾燥させると香りが強く、桜餅のような香りがします。貴族たちは湯に入れたり、衣服や髪につけていたとか。
女郎花(オミナエシ)→恋に破れて身投げした女の脱ぎ捨てた山吹色の衣が、この黄色い花になったといいます。全体に大きく白い花が咲くのは「男郎花(オトコエシ)」。二つの自然交配種は淡い黄色で「オトコオミナエシ」といいます。
尾花(オバナ)→ススキのことで、草が茂っている様子が「薄(ススキ)」、穂が出た状態は動物の尾に見立てて「尾花」といいます。
撫子(ナデシコ)→愛児を失った親が、その子の愛した花を形見として撫でたことに由来し、別名「片身花」といいます。日本女性の代名詞「大和撫子」はこの花からきています。 

春の七草は長寿と幸福を祈って食べるものですが、今回紹介した秋の七草は鑑賞して楽しむものとされています。
決して華やかではないものの、とても風情のある秋の七草ですね。

オータム・クラシック、羽生結弦も優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

十六夜は わづかに闇に 初哉

2019年 09月14日 - 日常

今日のお月様をご覧になりましたか。
昨夜の十五夜は、旧暦(陰暦)8月の15番目の夜、もしくはその夜の月のことをいい、中秋の名月と言います。
実際には、新月が必ず月の最初の日となる旧暦の場合、約15日かけて満月を迎え、また約15日かけて新月になるまでを1か月とするため、毎月15日の夜はほぼ満月が見れます。
しかし、現代では月の満ち欠けを基準とした旧暦ではなく、太陽の動きを基準とした新暦を使用しているため、十五夜にあたる日にちは毎年変動しています。
よって十五夜の月が必ず満月になるわけではなく、完全な満月は前後にズレる場合も多くなります。
これは旧暦(陰暦)が、1か月を29日、もしくは30日としているのに対し、月の満ち欠けの周期が約29.5日となっているからであり、新月から満月までが14日〜16日と幅があるためです。

  
疑問が解決しましたか?
今年の十五夜は完全な満月ではなかったでしょう。
今年9月に満月を迎えるのは、十五夜の翌日「9月14日(土)」、まさに今夜です。
きょう9月14日は、旧暦で8月16日にあたります。
本当の中秋の名月は「十六夜(いざよい)」の日に見られます。
古来日本では、十六夜にも月見をした習慣があったといわれ、満月を迎える時期のズレなども、当時の人々はわかっていたのかもしれません。
「いざよい」とは、ためらう・進めないという意味の「いざよう」が名詞化したもので、月の出が遅くなり、十六夜は十五夜の月よりもためらっているように見えたため「いざよい」と呼ばれたといわれています。
天文学的には、十五夜が必ずしも満月であるとは限りません。
実際の満月は旧暦14日〜17日のいずれかであり、十六夜が満月となることもあります。
十六夜は、月の満ち欠けを基準としていた旧暦の16日で、もっとも満月に近くなる十五夜の翌日にあたります。
十六夜は現代の暦に変換すると毎年変わりますが、夜空を見上げて季節の移ろいを感じてみるのもよいかもしれませんね。

フィギュア紀平、今季初戦で優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の収穫に感謝する行事。

2019年 09月13日 - 日常

今夜は「中秋の名月」です。
一般に「お月見」とも言い、旧暦8月15日の「十五夜」をさします。
十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事です。
旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、中秋の秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。
そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。
やがて月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いをかねているため、「芋名月(いもめいげつ)」という別名で呼ばれるようにもなりました。
また十五夜に、月見だんご・すすき・芋などの収穫物などをお供えするのは、さまざまな物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴といえます。
また、月の模様を「月でうさぎが餅をついている」と捉えるのは、慈悲の心の象徴であり、月に寄せる思いの深さが感じられます。

中秋の名月を「Harvest moon ハーベスト・ムーン」と言うのは、貴女ならご存知ですよね。
Harvest moonは、秋分の頃あるいは穀物の実りの頃の月という意味です。
秋の実りの時期の満月に限っては、日本の中秋の名月や十五夜のように特別な呼び方となっています。
お月見は、moon viewingと言います。
お花見が、sakura viewingですから、ボクでも理解できました。
これ当たっているのかな?
    ↓
The moon viewing day in 2019 is September 13th.

仲秋の名月に「宵待ち月・立待ち月」など、日本には月を愛でる習慣があります。
夏目漱石が、I love you の翻訳は「月が綺麗ですね」だと説いたいう逸話もあるほどです。
古今東西、文化によって月のイメージはいろいろですが、日本の月を愛でる文化をこれからも大切にしたいものですね。

100歳以上、70000人突破。  法華坊主 joe 

投稿記事を読む - コメント

今宵ミラクル。

2019年 09月12日 - 日常

きょう12日は、厳しい暑さからは一転、秋の空気に入れ替わり、最高気温27.0℃、この時期らしい陽気となりました。

先日、福島演劇鑑賞会例会で「Musical O.G.」(NLTプロデュース)を観ました。
ストーリーは、
ここは新宿・歌舞伎町に残る、最後のキャバレー。
昭和の残り香ただようこのお店「キャバレーミラクル」もあと一週間で閉店することが決まっていた。
スター歌手を夢見て上京し38年。
いまは、この店のシンガーとして歌い続けている2人の女性、スミ子(旺なつき)とカズエ(阿知波悟美)。
明日を夢見て、夢に敗れ、愛と幸せを求めながらも、ステージで生きる事を選んできた彼女たち。
いま、場末の歌手人生が終わろうとしている。
そんな彼女たちに起こった『ミラクル』とは。 

旺なつき&阿知波悟美ふたりシアター、あれだけの迫力ある素晴らしいショーを観られたことに感動です。
ピアノも素晴らしかったし、池田俊彦の役者ぶりも存在感がありました。
最後の歌「新宿ゴールデンブルース」は、とても迫力があり良かったですし、歌舞伎町ときいて、大学時代を思い出しました。
次回は、山本周五郎の珠玉の作品「柳橋物語」(前進座)で、待望の再演が今から楽しみです。 

ヤフーがzozo買収。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

農業にとっての厄日。

2019年 09月11日 - 日常

東京など関東各地が局地的なゲリラ豪雨に見舞われています。
今日は、二百二十日(にひゃくはつか)。
二百二十日とは、立春から数えて220日目にあたる雑節で、10日前の二百十日(にひゃくとおか)と同様に、稲の開花と結実の時期であり、台風シーズンの真っ只中でもあります。
そのため、二百二十日は農業にとっての厄日とされています。
ちなみに、この二百二十日と二百十日、旧暦の8月1日の八朔を加えて、農家の三大厄日ということもあるようです。
なぜ、農家にとって厄日かというと、台風が到来する確率が高いからといわれます。
実際に9月には台風がやって来る確率が高くなっています。
特に二百二十日の前後が多い、集中していると見る向きもあります。
台風という自然災害の脅威があるだけでなく、さらに二百二十日と二百十日は、稲の開花時期でもあります。
稲穂が実るには、稲が開花し受粉しなければなりませんから、デリケートな時期にあたります。
そうした重要な時期と台風シーズンが重なっていることから、ふたつの雑節の重要性が高まったといえるでしょう。
今も昔も農業への自然災害の影響は大きいのです。

小泉進次郎氏が環境相で初入閣。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント