日常

「冬至」=この日は、カボチャとユズが大活躍。

2012年 12月21日 - 日常

今日は、二十四節気の一つ「冬至」。

この日は冬至カボチャを食べて金運を祈り、ユズ湯に入って無病息災を祈る行事を各家庭で行います。我が家でも、御多分に洩れず、カボチャとユズが大活躍しました。

なぜ、この日にカボチャとユズが愛用されるのかをご紹介します。
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛りといって縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。
なぜ、カボチャを食べるの?
カボチャを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつなのです!特にかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的だそうです。本来カボチャの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。

なぜ、ユズ湯に入るの?
柚子(ユズ)=「融通」がきく、冬至 =「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)です。昔は毎日入浴しませんから、上昇運に転じるこの日のために身を清めるのも道理ですし、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同じです。

ありがとうございました.法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

親しき友&日本酒  大好き

2012年 12月19日 - 日常

冬型の気圧配置で上空には強い寒気が居座っています。冬本番、そして忘年会も盛りを迎えています。
昨夜は、親しき友=同級生3人と久し振りに一献交わしました。この仲間は、頻繁に会うわけではないのですが、会えば学生時代を思い起こすかのように、とても馬が合って愉しいひと時を過ごすことができました。
馬が合うとは、-気が合う、意気投合する (広辞苑)- です。
馬が合う人といるのは心地よいものですね。馬の合わない人とはなかなか関わりも難しく「私は馬の合わない!あの人とは絶対ダメ!」なんて感情的になったりします。
そんな訳で、昨夜は呑み過ぎてしまいました。

僕は今、寒さの応援もあってこよなく日本酒を愛しています。加えて、治療に通っている接骨院の先生の指導により、冷たいものは避け熱燗でグビグビやってます。と言うのも、こうみえても私は冷え症体質だそうで血液の巡りが悪いから、温かい飲み物を摂るようにとのアドバイスを順守しています。

特に最近は地元・二本松の「大七」を好んで飲酒していますが・・・。中でも箕輪門がお薦め。

酒造会社のホームページを見たら、
日本酒専門家の認定団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会主催の「地酒大show2012秋」において、何と6部門のプラチナ賞(第一位)を独占しました。(総投票数7917票)2009年、2010年、2011年と続いたプラチナ賞三冠の三連覇の次は、驚異の六冠独占。新たな伝説の誕生です!
と記されています。
値段もよくて、「妙花闌曲」「宝暦大七」「大七頌歌」などは高くて、晩酌向きではないですね。

親しき友と近況を語り合い、慰めたり励まされたりして時を過ごしましたが、55歳の中年は学生時代に戻って大はしゃぎして、いろいろあった一年の苦労を忘れることが出来ました。

ありがとうございました。   法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年も残り二週間。ガンバりましょう・・・。

2012年 12月18日 - 日常

毎日書き続けようと思って再開したブログも、なかなか続きませんね。
僕は毎日夜になってパソコンに向かうのですが、忘年会と称する飲み会や、遠出の後のホテルでは億劫になって、ほろ酔いと睡魔に負けてKOされてしまいます。でも頑張って書き続けますから末長くお付き合い下さい。

一昨日はたいへん良いお天気で、裏に見える吾妻安達太良連峰も綺麗に雪景色を描いています。

また境内の樹木・草花も冬の訪れを日に日に実感いたします。先日のブログで紹介したビワの花・・・我が家も咲いていました。何と実とはまた違ってけな気なこと。そう思いませんか。

南天も寒ツバキも、そして花鳥風月にまったく疎い私には、名前のわからぬ花が、草が見つかりました。

日蓮聖人のお言葉(報恩抄)に、「春は花咲き、秋は菓(このみ)なる。夏はあたたかに、冬はつめたし。時のしからしむるにあらずや」とあります。今年一年、異常気象はもちろんのこと多岐にわたり公私ともどもいろんなことがありました。残り二週間を用いて、平成24年を上手に締めくくり、25年を奉迎する準備に取り掛かりたいものです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

節目のこの日。被災地はいま・・・。

2012年 12月12日 - 日常

東日本大震災、福島原発事故発生から昨日(12月11日)で1年9カ月。節目のこの日、いつものように被災地へ「供養と祈願」の行脚へ出かけて来ました。

宮城県名取市閖上にある日和山は午前中にもかかわらず、ご遺族と思われる方が何人も訪れており、ご一緒に震災犠牲者の供養を執り行いました。他の宗派の僧侶も読経しており、被災現場は21回目の月命日をそれぞれのお立場で懇ろなるお参りをいたしました。

続いて閖上中学校へ向かい、亡くなられた14名の生徒の名を刻んだ石碑の前で、うちわ太鼓をたたきながら唱題しご冥福をお祈りしました。


校舎の時計は、震災発生時刻2時46分でいまなお止まっていることが、地震・津波の甚大さを物語っています。
仙台市若林区荒浜海水浴場では、地区の実行委員会が一周忌の折りに建てた慰霊塔に参詣し、卒塔婆を建立して御回向申し上げました。この地も次々とお参りに来られる方が後を絶たず、被災地は1年9カ月を過ぎても悲しみに包まれていました。


今日の夕刻、東京にいる後輩から「読売新聞に載っている荒浜の卒塔婆は矢吹さんがあげたものですか? 裏には、得入無上道 速成就仏身、不染世間法 如蓮華在水と書いてありますよ」とのお尋ね。「そうそう、僕があげた卒塔婆だよ」と答え、早速コンビニに新聞を買いに行きましたが、福島版には掲載されていません。日にちが違っていたのか改めて確認してみます。

残り20日足らずとなったいま、今年一年を反省しながらお参りさせていただいた意義ある月命日でした。
ありがとうございました。   法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年も残り3週間、頑張りましょう。

2012年 12月10日 - 日常

日本海側は大雪に見舞われ、日常生活にも交通運行にも支障をきたしているとの報道。同じ東北でもどちらかといえば太平洋側にあたる福島市は久し振りにお天道さまを拝むことが出来ました。雲に隠れてハッキリ見えないのが残念ですが、朝日に照らしだされた吾妻・安達太良連峰の方向です。狭い日本ですけれども、北と南、東と西出は大きな違いがあること、つくづくと実感いたします。

明日は、東日本大震災発生より1年9カ月。日増しに寒くなっていく季節の中で、被災者のことを本気になって考える政党がありましょうか?。「脱」とか「卒」と言って、原発が政争の具になっていますが、東電福島原発事故を処理するための、あるいは廃炉にするための道筋も作業工程もまったく白紙のなか、口先だけで「即とか、20年後、30年後・・・」と叫んでみても、被災地には他人のそらごとか負け犬の遠吠えとしか聞こえて来ません。

遅々として進まない復興の現状を把握し、いまだ行方不明の人たちとその家族のために、供養と祈願の月命日法要にこれから出かけて参ります。
ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

師走選挙&足の傷に イライラ

2012年 12月9日 - 日常


冬型の気圧配置が強まり、真冬並みの寒気が流れ込んだせいで、昨夜から雪が降ったりやんだりの一日となりました。

朝からテレビを点けたら、各党党首の選挙激論会をやっていました。先日来、この類の番組が各局で放映されていますが、まことに不愉快。討論ルールを無視し、司会者を制止して、発言している人の話も聞かず、ハイハイと手を上げて指名を求める有り様。小学生の学級委員会風景よりもまことに酷い。大滝秀治風にいうなら「つまらん、つまらん」を連呼しそう・・・。子供だって見ているのだから、自己を主張するのもいいけれどルールに則った討論会にしてほしい、と思うのは私だけでしょうか。だから若者からお年寄りに至るまで政治不信が増幅するのではないでしょうか。

今日は、足の骨の傷みが酷いのか、ベルトの締め付けが悪いのか、終日痛みがあって不愉快な一日でした。ケガは自分自身の不注意がもとであることはわかっていますが、どこにも当たる所もなくお天気ともども憂鬱な日です。それに加え、家庭内電化機器も相次いで不都合が生じ、パソコン・プリンター、携帯電話にデジカメ、さらには冷蔵庫&洗濯機&電子レンジに石油ストーブまで、経年劣化?それとも取り扱いが雑なのか、歳末の慌ただしい時季に何もかにも・・・・どうなっているんだ。それでなくてもアナログの法華坊主にとっては、もうお手上げ状態です。でもガンバロー、今年も残り三週間。
ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

老いたれば、骨もろくなりにけり

2012年 12月8日 - 日常

一昨日の朝、出かけようと慌てて階段を降りた時、最後の段を踏み外し扱けてしまいました。でも強がって何事もなかったように出かけましたが、旅先で階段の昇り降りの時に左足の踝あたりが痛みます。これまたガマンして旅を続けましたが、昨日の帰り路は足を引きずって戻って来ました。
そのまま通いつけの接骨院に行って診ていただいたところ、先生曰く、「単なる捻挫かと思ったら、骨にヒビが入ってますね。炎症を起こしていますから痛むのは当然です」との診断。
法華坊主嘆いて訊ねました。「いつまでに治りますか?」「正座してもいいですか?」「お酒は?」「お風呂は?」 先生から適切は指示をいただいて、今日も通院して来ました。
来週前半は被災地行脚の予定で通院できないため、今日は湿布の仕方、包帯の巻き方、足首バンドの付け方等を親しく教わってきました。

齢55になると、女性でなくとも骨がもろくなったようで、トシを痛感しました。まだまだと言って下さる方も有られるでしょうが、世間では後5年で定年ですものね。坊主は四十五十は鼻垂れ小僧、終身現役とか言ってチヤホヤされていますが、どんなもんでしょう。揶揄される前に引き際を考えることも、一生の折り返しを過ぎたこれから後半の課題だと心しておかなければなりませんね。
後ろ向きな弱音ではなくて、前向きな本音です。
ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大雪(たいせつ)の日に、大切(たいせつ)なことを・・・。

2012年 12月7日 - 日常

今日は二十四節季でいう「大雪」(たいせつ)。辞書を開くと「雪が激しく降り始めるころ」とあり、」『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明しています。「鰤(ブリ)などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ」とも記されています。
また新聞を読んでいたら、今がビワの花の見頃とか?。ビワはバラ科の常緑高木で中国原産。大きな葉の間に柔らかな毛に包まれた数十個のつぼみが集まり、それが割れて白い花を咲かせるそうです。11月ごろから真冬まで咲き続け、夏には実を付けるとのこと。
私は果実は何でも好物で、過年に長崎へ行ったとき「茂木ビワ」をいただいて絶賛したことを思い出しました。我が寺の境内にも、何故か実のならないビワの木が一本ありますので、明朝、明るくなったら甘い香りを放つ花を、楽しみに探してみます。

昨日から用事があって山形へ出かけておりましたが、爆弾低気圧の影響で暴風雪に見舞われ、東北の冬本番を実感しました。Ohサム~ウ・・・。

復路、日本海側から太平洋側に移動したら晴れ間も開け、途中立ち寄った公園でアレンジ木を発見。

細工をひと手間加えると、ほのぼのとした温かいぬくもりを感じることが出来ますね。人間関係も同じです。ひと工夫して穏やかなお付き合いに心がけたいものです。
大雪(たいせつ)の日に、大切(たいせつ)なことを思い起こす機会を与えていただいてありがとうございました。   法華坊主 joe

追記・・・本日午後5時18分ごろ、東北から関東にかけて強い地震があり、青森、岩手、宮城、茨城、栃木各県で震度5弱の揺れを観測しました。福島県中通り=福島市は震度4でした。思わず3・11を思い起こさせるような長くて大きな地震でしたが、今回はおかげさま人的および物的被害もなく有り難いことです。安否確認や御見舞の℡・メールをいただきました皆様にご報告し御礼申し上げます。  合掌

投稿記事を読む - コメント

冬が到来、渡り鳥も飛来しましたが・・・

2012年 12月5日 - 日常

遠くに白鳥がいるのが見えますね

今朝は少し寒さが緩みましたが、冬本番になりました。今日の最高気温は9℃、最低気温は2℃です。あれほど暑かった今年の夏が恋しいくらいに、朝の起床が苦手になり、毎朝目覚ましとの戦いです。

午前中、お参りのついでに近くを流れる水原川へ立ち寄り白鳥の姿を観察しようとしましたが、お散歩に出かけた後のようで、川面にいるのはカモばかり・・・。雑念がよぎり、熱ったかい「鴨南蛮」でも食べたいな、なんて思いながら家に帰ったら、昼食は御歳暮でいただいた生ハム。「これじゃ身体が温まらないわ」なんてボヤキながらテレビを観ていると、今朝未明に亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎の訃報ニュースばかり。そこに輪をかけるように妻のひと言「お父さんも同年代なんだからあんまり飲み過ぎない方がいいわよ」。ご心配有り難うございます。
57歳、あまりにも若過ぎますよね。私より二つ上ですから、私自身も自重しなければと思っていますが、体を温めるには熱燗がサイコー。今宵もレンジでチンしたコップ酒を手酌でグビィっとやってます。

ありがとうございました。法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

福島の再生なくして日本の再生なし ホントかな?

2012年 12月4日 - 日常

今日、師走の衆議院選挙が公示されました。
東日本大震災・東京電力福島第一原発事故で被災した福島県から選挙戦をスタートさせることで、復興に向けた施策に力を尽くす姿勢をアピールするのを狙って、民主・自民・未来・社民の4党首が、冷たい雨の中、福島県内で第一声を放ちました。
民主党代表の野田佳彦首相は、被災者が数多く避難するいわき市で・・・。
自民党の安倍晋三総裁は、政権奪還をめざし県都福島市で・・・。
卒原発を掲げる日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事は、全村避難している飯舘村で・・・。
社民党の福島瑞穂党首は、会津若松市の仮設住宅前で・・・。
こんなことは、46回の衆院選において最初で最後の現象でしょう。また今後もありえないことでしょう。
今後も、各党の代表が福島入りを予定しているそうですが、「福島の再生なくして日本の再生なし」と言うならば、机上ではなくて現場へ、掛声ではなくて実践へ、と願うばかりです。
地震・津波・原発事故の被災地は、遅々として進んでいない復旧復興に苛立ちをおぼえ、いまさら何が総選挙だと呆れています。しかし、現地の人たちは未来に向かって一歩一歩着実に前進している、ということを忘れないでください。

人間界はウソつきで乱世ですが、自然界は正直で美しいです。

雪化粧になった安達太良山                                        法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)