日常

古里再生への新たな力・・・

2013年 06月3日 - 日常

東北六魂祭は1日・2日、福島市を会場に予想を上回る約25万人が詰めかけて開催されました。
私は所要ができて参加できませんでしたが、参加した方にお伺いすると「福島のおもてなしはサイテー、まずはトイレの数がまったく足りなくて、女性や子供たちはたいへん困った。せっかく遠くから参加してくれた方々に申し訳ない」と話していました。
私どもの寺も人寄せする機会がありますので、とても参考になりました。
口から入れるもの(食事)と体から排泄する場所(トイレ)の用意は、主催者側のつとめですものね。


昨日(2日)は早朝に、閖上にお参りに伺ったところ、日曜日で朝市が開かれており、港町は活気を取り戻しておりました。

日和山にも、登り坂の側に文字をデザインした花壇が新設されており、被災者と参詣者の心を癒やすことでしょう。

被災地は、少しずつではありますが前に向かって歩み続けています。
東北六魂祭は古里再生への新たな力を生み出し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を誓い、閉幕しました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「東北六魂祭2013 福島」開催

2013年 06月1日 - 日常

今日6月1日から明日2日にかけて東北六魂祭が福島において開催されます。
東北六魂祭とは、東日本大震災からの一刻も早い復興を祈り、年に一度、東北の6大祭りが集結するお祭りです。
6大祭りとは、青森のねぶた祭、秋田の竿燈まつり、盛岡のさんさ踊り、山形の花笠まつり、仙台の七夕まつり、そして福島のわらじまつりです。
初年度(平成23年)の仙台市では約37万人、昨年の盛岡市では約25万人もの方々にご来場いただき、東北人の不屈の魂を世界に示す大きなきっかけとなりました。そして今年、東北六魂祭はその舞台を福島に移して開催されます。

一番メジャーじゃない「わらじまつり」について紹介します。
古来より健脚を願い、地元羽黒神社に奉納される大わらじにちなんで開催されているお祭りです。長さ12㍍、重さ2㌧の大わらじは必見の価値ありです。

会場でお目にかかりましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 jo

投稿記事を読む - コメント

蛙のうたが 聞こえてくるよ

2013年 05月31日 - 日常

今日で若葉の爽やかな5月も終わりです。今年も5/12が過ぎたことになります。
あれほど厳しかった冬も難なく乗り越え、あっという間に桜の花をむかえ、今はもう初夏の陽気。
いろんな人に支えられがんばり続けることができることは、ありがたいですねぇ。

例年より作業がたいへん遅れていた田植え。境内前の最後の一枚も、今日大きなエンジン音とともに田んぼに苗が植え付けられました。何事でも達成とか充実とかを感じる喜び、これに勝るものはありません。

  

田んぼからは、夕方になるとカエルの大合唱が聞こえてきます。
 ♫  かえるのうたが  きこえてくるよ
   クヮ クヮ クヮ クヮ ケケケケ ケケケケ クヮクヮクヮ ♩

だいぶ前になりますが、初めて泊まりに来た都会の友人が「昨日は一晩中、カエルの鳴き声で寝られなかった」とぼやいていたことを思い出します。カエルたちも一生懸命生きているのだから、あまりいじめないで・・・。

白いシャクヤクも境内に大輪を咲かせ始めました。

また明日から新しい月を迎えます。また一生懸命頑張りましょう。
明日から福島は「東北六魂祭」が始まります。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

福島県は、八重ばかりじゃないよ。

2013年 05月30日 - 日常

視聴率が下がり続けているNHK大河ドラマ「八重の桜」。
時代考証や舞台となった会津藩がどのような藩であり、幕末の下級武士はどんな生活をしていたのか、幕末にどんな行動を取ったのかが、まだ理解されていないからでしょうか。
新島八重がマイナーな主人公のせいだという人もいます。
それと会津藩というと「白虎隊」が有名です。新島八重は確かに会津藩の女性で戊辰戦争の折も戦いましたが、白虎隊士等の武士とは直接面識も関係もなかったという事実も明らかです。
いろんな理由があるにせよ、ならぬことはならぬものです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

なにもかにも狂っているよ、どうなっているの?

2013年 05月27日 - 日常

気象庁は今日、九州南部と北部、四国、中国地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。各地方とも昨年より3~12日早いとか。
北海道では、オホーツク海側や日本海側を中心に朝から気温が上昇し、津別町と美幌町などで今年初めて最高気温が30度以上の「真夏日」となったようです。
今日の最高気温について、北海道の各地が上位にランキングされているなんて前代未聞じゃないのかな・・・。

ちなみに福島市の最高気温は、28.3℃。爽やかな五月晴れでした。

境内には、シャクヤクが咲き始まりました。(5月15日ブログ参照)

近くの田畑は水不足で、農家の皆さんは困っているようです。
田んぼは、田植えを終え水を確保して維持しているところもありますが、田植え後でも水不足のため早朝から騒音が響き渡り川からポンプで水をあげている水田や、いまだに水を引けず田植えに取り掛かれない田んぼもあります。
畑もまたパサパサで、乾燥しきった土中より芽が出る作物はわずかのようで、お百姓さんたちは「恵みの雨」を待っています。

日蓮聖人のお言葉ではないですが
「春は花さき 秋は菓なる 夏はあたたかに 冬はつめたし 時のしからしむるにあらずや」(報恩抄)
のごとく、自然に逆らわず順応する姿勢が大切なのでしょう。そして心も体もお互いに潤してあげる努力を求められているのでしょうか。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

我が家はイイですね。

2013年 05月24日 - 日常

21日から昨日まで留守にしていました。
出先ではいろいろな出来事が発生します。楽しいことも嬉しいこともたくさんありましたが、何故か人と接することに疲れを感じるようになったのはどうしてでしょう?。
年齢的なものでしょうか。相手に問題があるのでしょうか。イヤ自分に問題があるのですね。

その間に境内前の田んぼも、田植えの準備が進み代掻きまで終わったようです。

「米」の字を分解すると八十八とも読めることから、付会して八十八行程を経て作られる、八十八の神が宿る、また「八十八人の働きを経て、はじめて米は食卓にのぼるのであるから、食事のたび感謝反省しなくてはならない」等、道徳教育のためのさまざまの訓話があります。
私も子供の頃、ごはん粒ひとつを残しただけでも、親に叱られたものでした。「目がつぶれるぞ」って・・・。

明日には田植えになるのでしょうか。
農家の皆さんにお伺いすると、田んぼはまだ水が何とかあるとのことですが、畑はまったく乾燥していて恵みの雨を欲しているようです。

生業に精励すること、大事なことですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

赤いルビー 美味しくいただきました

2013年 05月20日 - 日常

大先輩のお方より、サクランボが届きました。

同封のチラシによると、
山形県産「佐藤錦」=日本での桜桃栽培は歴史が古く、明治時代から本格的に行われてきました。昔のさくらんぼは季節感こそあるものの出回る時期が短く、酸っぱくて黄色い果実として親しまれていました。しかし「甘くて赤く風味の良い、育てやすいさくらんぼ」を夢見て開発された「佐藤錦」が昭和3年に山形県で発表されました。「ナポレオン」と「黄玉」を交雑し大正元年から、発表されるまでの16年間品種改良に関わった「佐藤栄助」氏の名前から付けられました。果皮は黄色に鮮やかな紅色が差し、形は愛らしく、種こそあるものの甘い果汁と酸味のバランスがとれた「赤いルビー」と呼ばれる果実です。・・・(上杉味の会)
                

私は「さくらんぼ」というと、1970年ゴールデンハーフがカバーした、星野哲郎作詞・浜口庫之助作曲の「黄色いさくらんぼ」を思い出します。
 ♫ 若い娘は(ウフン) お色気ありそで(ウフン)
   なさそで(ウフン) ありそで(ウフン)
   ほらほら 黄色いさくらんぼ
   つまんでごらんよ ワン
   しゃぶってごらんよ ツー
   甘くてしぶいよ スリー
   ワン ツー スリー ウーン
   黄色いさくらんぼ  ♪

13歳だった私にはとても色っぽく、ウブな中学生はたいへん興奮したものです。(笑)
黄色いさくらんぼ じゃなくて、「赤いルビー」を喜んで頂戴いたします。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

5.18 言葉の日

2013年 05月18日 - 日常

車中、ラジオを聴いていたら、今日(5月18日)はゴロ合わせで「言葉の日」だそうです。
調べて見ると、「言葉を正しく使えるように心がける日」。
言葉(ことば)とは、「人間が話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものの総称で、心・気持ち・思い・考えなどを表す手段の一つである。」と記されています。

法華経に「言辞柔軟 悦可衆心」(ごんじにゅうなん えっかしゅうしん)という経文があります。
現代語に訳すると、「佛の言葉は柔らかく、人々の心を歓(よろこ)ばせるのです。」という意味です。
もっと言えば、「私はあなたを軽んじません。 あなたたちは仏道を行じて、必ず佛となるからです。」ということでしょう。

また、日蓮聖人のお言葉に「災いは口より出でて身を破る 福(さいわい)は心より出でて我をかざる」という御文があります。
「悪い言葉は口から出てその身を破滅させます。善い行ないは心から出てその人を幸せにします。」という意味です。

私はよく、親しい先輩から言われます。「君はひと言余計なんだよね。そのひと言を慎めばもっと良いお坊さんになるのに・・・」
今日の「言葉の日」を機会に改心いたします、と言いたいところですが、こんな名言があることも皆さんにお知らせしておきましょう。
  思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
  言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
  行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
  習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
  性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

思考が言葉に、言葉が行動に、行動が習慣に、習慣が性格に、性格が運命に・・・。言い得て妙です。反省します。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

まったく素晴らしい初夏の清々しいち日

2013年 05月17日 - 日常

今日は当に、まったくすばらしい初夏の清々しい陽気でありました。
福島市は、最高気温23.3℃、最低気温12.4度、湿度35%(午後3時)。雲ひとつない爽やかな五月晴れのいち日。
境内から見える西の山(安達太良連峰)は、智恵子の愛したほんとの空に残雪がくっきりと映え、明日の山開きをまだかまだかと、待っているようです。その美しさを、場所を変えて2葉お届けします。

午後から境内の伸びきった樹木の剪定をしていましたら、これまた初夏の暖かさに踊らされて幾種の蟲どもが出てきました。
毛虫・青虫・・・。(私も苦手な生き物ですからサムネイルサイズでご紹介します)
  
  

人間ばかりでなく、蟲たちも暖かな季節はサイコーのようです。
明日も今日に引き続き移動性高気圧に覆われ、初夏の日差しが降り注ぐようですから、蟲たちに負けず、土曜日であっても元気に働き回りましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大きなバラの花が咲く公園墓地

2013年 05月16日 - 日常

今日は、檀家の一周忌法要があって横浜を訪ねました。
一年365日という月日は、アッという間にと感じる人、或いはようやくと感じる方、人それぞれですが、私はご遺族に対し「曜日にとらわれずお命日その日を選んで法要を修行した」そのことを褒めてあげました。
でもそうばかりは言っておられず、お勤めのある方は、土・日に行うことで仕方ないという昨今の事情もあるんですよね。

都会の墓地はいろいろ制限があって大変です。
でも公園墓地は綺麗に整頓されていて、田舎坊主には「これまた近代的だなぁ」とつくづく思い知らされます。

そこは、一瞬バラ園かと思うような美しい花々が咲き誇る「メモリアルグリーン」。
     

ここは横浜市民が静かに眠る、美しいバラや可憐な花々に囲まれた公園墓苑なのです。
芝生型と合葬式樹木型、慰霊碑型の納骨施設という新しいタイプの墓園で、周りの公園と見事に調和していました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント