日常

立てば・・・、座れば牡丹、歩く姿は・・・。

2013年 05月15日 - 日常

花の王様といわれる牡丹(ぼたん)の花が、見ごろをを迎えています。須賀川に行ってきました。

「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹、歩く姿は百合(ユリ)の花」ということわざがあります。
これは3つの花になぞらえ、美人の形容として、芍薬のまっすぐに伸びた様子を立ち姿の美しさに、牡丹の枝分かれし横張りする樹形を座り姿の美しさに、ユリのうつむき加減で風に揺れる姿の歩く姿の美しさに例えたのではないか、と聞いたことはあります。

諸説あるようですが、3つの花を調べて見ますと、
芍薬は、すらりと伸びた茎の先端に美しい花を咲かせます。その香りもたおやかで、フランスではしなやかで爽やかな香りのするワインを「芍薬のような香り」と言うそうで、姿も香りも、まさにすらっとした美しい女性そのもの、といわれています。
牡丹は、芍薬と同じボタン科なので花自体はよく似ています。しかし、芍薬は草で牡丹は木。その違いから、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつけるため、まるで座っているかのように見え、観賞するときも座って観賞したほうがきれいに見える、といわれています。
百合は、しなやかな茎の先にややうつむき加減に花が咲きます。そして、風をうけて揺れる様子は、まるで女性が優美に歩いているように見えるでしょう。甘い香りは香水としても人気があります。

いずれにしても、美しいものは人々の心にゆとりを与えてくれます。

最近は、「立てば食欲 、座れば布団、歩く姿はブリの腹」と美の追究を断念したご婦人方を批評する表現もあるそうですから、あきらめずに女性らしさを探求してまいりましょう。
また、学園紛争の嵐が過ぎ去った1970年当時、醒めた学生は「立てばパチンコ、座れば麻雀 、歩く姿はボーリング」と世間様から揶揄されたこともあります。私も学生時代、すべてを経験した身ですから、あえて反論はいたしません。

美しいものを求め、牡丹が終わったら芍薬が群生している場所を訪ねてみたいですね。適当な名園がありましたら教えてください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

憲法論議が盛んになっていますが、皆さんは・・・

2013年 05月14日 - 日常

憲法改正に関する議論が、国会においても、社会においても話題になっています。
日本国憲法は、1946年(昭和21年)11月3日に公布され、翌47年5月3日に施行されました。

日本国憲法の前文を読むと、ほーっとからだのゆるむような開放感と、希望を感じとることができます。
なぜなら、それは憲法が、わたしたちひとりひとりの存在を尊重し、人としての尊厳を保障するものとして、作られているからです。(絵本作家・野村まり子さんのことば)

護憲か、改憲か・・・。
第9条〔戦争の放棄、軍備・交戦権の否認〕や、96条〔改正の手続き、国民投票〕が注目の的になっていますが、皆さんはどのようにお考えですか?
私たちの憲法ですから、安倍首相が改憲の発議要件を緩和する96条改正やそれに賛否を示す国会議員ばかりに任せず、この機会に私たちがしっかり考えてみようではありませんか。
と思って、こんな本を購入しあらためて「日本国憲法」を熟読しています。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

(・・||||rパチパチッ  代役を演じきることって、たいへんですよね

2013年 05月13日 - 日常

「女優・天海祐希が軽度の心筋梗塞のため降板し、宮沢りえが代役を務めることになった舞台『おのれナポレオン』が12日、東京芸術劇場で千秋楽を迎えた。5分以上にわたったカーテンコールでは、宮沢を称えるスタンディングオベーションが満員の客席から沸き起こっただけでなく、主演の野田秀樹をはじめとする共演者からも宮沢に拍手が送られ、宮沢は感極まった表情を見せていた。」
という報道に、私も万感の思いで喝采の拍手を送りたいです。

私の、「宮沢りえ」という女優の印象は、彼女が10代の頃、ふんどしカレンダーやヘアヌード写真集などの奇抜なイメージ、そしてりえママや彼女の婚約や婚約解消、また男性との交際、さらに拒食症の噂など、ひとつも良いイメージはありませんでした。その後、映画「たそがれ清兵衛」を観たとき、素敵な女優さんになったなと、思っていたぐらいでした。
今回の代役抜擢には、作・演出の三谷幸喜さんや、主演の野田秀樹さんの後押しがあったからでしょうが、彼女がそれを引き受け演じきったということには、演劇ファンのひとりとして脱帽です。

まったく次元の違う話ですが、私も各方面から急遽何らかの依頼があったならば、あらゆる場面で最高の坊主を勤めあげられる一人の僧侶でありたいと思います。ナ~ム~

そして、天海祐希さんが復帰して「おのれナポレオン」が再演されたときには、そして宮沢りえさんが主演する次回の舞台には、ぜひ観劇したいと、念願しています。
このブログでは、政治・エンタメ・スポーツ等々は控えるよう心がけていましたが、今回の交代劇には感動しましたので、特に記すことにしました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

上手に老いてください

2013年 05月10日 - 日常

今朝早く、壮年夫婦がお参りにきました。
その時「うちのおばあちゃんが作ったものだから・・・」と言って荷造PPバンドで作った護美(ゴミ)入れを持ってきました。

「今年92歳になるんです。心と体を維持するために、毎日一生懸命作っているんです」と教えてくれました。
お釈迦さまは、この世には「生・老・病・死」という「四苦(しく)」があると教えられました。
瀬戸内寂聴尼の言葉を借りれば「生まれたその瞬間から、人間は老いに向かって歩き出します。いやだといっても、人はすべて老いるのです。体が弱り、不自由になり、目が弱く、耳は聞こえなくなり、肉は落ち、しわができます。頭も鈍くなります。誰だって老いを恐れ、いやがります。・・・生きるということは、これらの四つの苦しみで成り立っているのです。」と記しています。
上手に老いること、それはたいへん難しいことかもしれませんが、心の持ち方ひとつで前向きか後向きか自ずと選択されるはずです。後より前、それも今でしょ。
55歳になった私も、上手に老いることに心がけていきたいと思います。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

爽やかな初夏の装い

2013年 05月9日 - 日常

またまた気温の寒暖差を感じざるを得ない陽気です。
昨日の福島市の最高気温は、16.6℃。
今日は最高気温が28.3℃、最低気温6.9℃。その差20℃以上。
7月上旬並みのポカポカ陽気の中、境内を散策してみますといろんな花が咲いています。



西山は夕日に輝き、明日も初夏の太陽が注ぎそうです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

性格は顔に出る  感情は声に出る・・・

2013年 05月7日 - 日常

昨日(6日)旅先の京都の最高気温は26.6℃、 新幹線を乗り換えた東京の最高気温は25.3℃、 そして夜ホームに降りたとき少し肌寒かったけど福島の最高気温は25.9℃。
そして今日の福島の最高気温は13.3℃。
前にも申し上げましたが、今春の気温の変動はどうなっているのでしょう。
桜が咲いても雪が降ったり、昨日と今日の寒暖の差が激しすぎて・・・。

今日は3日間留守にしていたお陰で、朝から精力的にお仕事をさせていただきました。
その中でも、福島駅前にあるフェイシャルサロンに行ってきました。もちろんお経です。
このお店は、開店当初から毎年開業日の前後にお訪ねして、商売繁盛・ 店内安全のご祈願をしています。
そこで、店内でおもしろいもの発見。

  性格は顔に出る
  生活は体型に出る
  本音は仕草に出る
  感情は声に出る
  センスは服に出る
  美意識は爪に出る
  清潔感は髪に出る
  落ち着きのなさは足に出る

家に戻って調べて見ましたら、出典は不明だそうですが、結構有名な言葉なんだそうです。言い得て妙ですよね。勉強になりました。
今後の法話のネタにさせていただきます。

境内は、芝桜が満開になってきました。
ソメイヨシノも良いですが、臆病な心(花言葉)=シバザクラも素敵ですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

嗚呼 渇仰恋慕 日隆大聖人

2013年 05月6日 - 日常

4日から今日まで、関西に出かけてきました。
法華宗再興唱導師であられる日隆聖人の550遠忌(550回目のお命日)法要に参列のため、尼崎市にある本興業寺と京都市にある本能寺をお参りしてきました。
黄金週間の真っ只中、チケット入手困難で往路は飛行機、復路は新幹線という変則的な交通手段でした。

4日福島空港に向かう途中の須賀川・釈迦堂川にはたくさんの鯉のぼりが初夏の風に乗って泳いでいました。

両大本山では、全国より大勢の参詣者が詣で、日隆聖人の御報恩謝徳をお祝い申し上げました。

日隆聖人は、日蓮大聖人の100年後の室町時代に活躍されらお偉いお上人さまです。
詳しくはまたあらためて機会を見つけ、その教えと行動を紹介します。

京都の街中も名所名園もゴールデンウィークで混雑していました。

親しい友人や、久しぶりの先輩、懐かしい恩師などいろんな方とお会いすることができ、有意義な3日間となりました。
お世話になりました全ての皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

GW 後半戦スタート

2013年 05月3日 - 日常

今日、憲法記念日(3日)から6日の振替休日まで、今年のゴールデンウィーク後半の4日間の連休がスタートしました。
午前中、すでに東北道・安達太良サービスエリア付近を先頭に40キロの渋滞が発生したとか・・・。先日のブログで、「なんで黄金週間に・・・」と嘆いたばかりですが、現実は厳しいのでしょう、各家のお父さん。

福島市は、初夏の日差しが注いでいましたが、4月上旬並みの気温で肌寒い一日でした。
明日から御本山のお参りがあって、雑踏のなか関西へ出かけますが、お天気が不安定で困ってしまいます。
いつになったらホントーの初夏がやってくるのでしょう。

大河ドラマ「八重の桜」の物語が前半のヤマ場、戊辰戦争へと展開する影響でしょうか、会津観光は物語と呼応するかのように盛り上がりを見せています。
ゴールデンウィークが終わって、落ち着いたら会津へ行ってきますので、その時に”八重効果”を報告しますね。
まずは明日からの京都行、混雑にまぎれながらおつとめしてきます。
行ってきまぁ~す。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

夏も近づく 八十八夜

2013年 05月2日 - 日常

今日は立春から数えて88日目に当たる八十八夜。

♫ 夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは
茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠  ♬


静岡に住む友人から、新茶が送られてきました。
八十八夜に摘み取ったお茶を飲むことで1年間は無病息災で過ごすことが出来ると言う言い伝えが昔からあるようです。
新茶は爽やかな味わいを楽しむ、清々しい香を楽しむと言う特徴があるお茶です。

ところで過日、静岡県浜松市の茶畑であった地滑りは、その後どうなったのでしょう。まったく報道されていませんね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

鬼子母尊神大祭法会 ご参詣ありがとうございました

2013年 04月30日 - 日常

立正院の春の恒例法要「鬼子母尊神大祭法会」が、4月29日(昭和の日)に無事奉修されました。
ご参詣いただきました檀信徒の皆さん、稚児行列ご奉仕のお子さん、お手伝いいただいたスタッフの皆さん、洵にありがとうございました。
当日の模様については、写真の整理編集が終了した後、あらためてご報告いたします。

今日は後片付けを子供たちに任せて、所用のため栃木県・日光の手前まで出かけてきました。
用事を済ませての帰路、川沿いに車を走らせて河岸に降りましたら、ちょっと盛りを過ぎたチューリップが色鮮やかに咲き誇っていました。

♫ さいた さいた チューリップのはなが
  ならんだ ならんだ あか しろ きいろ
   どのはな みても きれいだな   ♬

         

花は疲れた心と体を癒やしてくれますね。
チューリップのように、僕の花(鼻)のしたも長~くなってしまいます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント