日常

六三除け星祭り法会を奉修しました

2014年 02月13日 - 日常

今日は旧暦正月の14日です。
かつてこの日に福島県北地方では、あずきがゆを作って家族全員で食べ、「松送り」と言って、正月中に神棚や玄関などに飾っていた松をすべてはずし、重ねた松の上にお札やおかゆをのせて、畑まで運び、畑に立てておいた棒にこれをくくりつけ、米を手にとってまいて礼拝したものです。
その後「だんごさし」と言って、みず木の枝に小さく丸めただんごをさして神棚に飾り、その年の豊作を願いました。
また「成木責め(なりきぜめ)と言って、果樹(おもにカキ)の豊作を願って、ひとりが「なっかーなんねが、なんねどナタで切っちまうぞ、ほーいほい」と唱えて小さな木を傷つけ、ほかのひとりが「なり申す、なり申す」とこたえて傷口に小豆粥をぬるという行事もありました。
さらには「かせどり」と言って、子どもたちはマントなどで変装し、夕方にみんなで集まって隣近所を訪問して、玄関先で「コッコッコッコッ」と鶏の真似をして、おやつやもち、小銭をもらい歩く行事もあったそうです。

016
この吉祥日に因み、立正院では戦後から旧暦正月14日に「六三除け星祭り」法会を修行しています。
頑なにこの日にこだわることが時代に合うのかどうかは別にして、先人たちが「までぇ~」に取り組んできた行事をわずかでも護り貫いていくことに大義を見つけ、同信のご信者さんのご参詣を得て毎年この日に執り行っています。
本日お参りいたいた各家の家内安全・息災延命・家運隆昌・子孫長久、家族の皆さんの無病息災・身体健全・交通安全・心願成就、さらには天下泰平・国土安穏・五穀豊穣・万民快楽をお祈りいたします。
015

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

うなぎパイに、しらすパイ

2014年 02月12日 - 日常

[] 014
私は何十年も前に頂いてから「浜名湖名産・夜のお菓子 うなぎパイ」が好きです。
子供の頃の思い出ですが、余りに一度にたくさん食べたからか「夜のお菓子だから、子供はそんなにいっぱい食べてはいけません」と、大人の人から言われました。
その当時はうぶな少年でしたので何を言っているのか分かりませんでしたが、大人になってようやく理解出来ました。

昨日、東海道新幹線で帰る際、駅の売店に立ち寄ってみました。
我が家には最近このお菓子をこよなく愛するお方がいて、ちょくちょく購入して来ます。
そこでビックリ!
「うなぎパイ」の脇に、「昼のお菓子・しらすパイ」(甘口と辛口の2種類)があるではありませんか。
製造者もうなぎと同じ浜松市の春華堂です。
遠州灘は、しらすの産地ですからこれまた浜松名産といったところでしょう。
[] 015
昼に「しらすパイ」、そして夜には「うなぎパイ」。
「うなぎパイ」には、真夜中のお菓子・「うなぎパイV.S.O.Pブランデーパイ」もあります。
もし朝のお菓子があるとすれば、静岡名産ですから目覚めのよろしい「わさびパイ」でしょうか。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

プロの言い訳は醜い

2014年 02月11日 - 日常

昨日からお訪ねした静岡県裾野市も、地元通によると40年ぶりの大雪とやらで、積雪が残っていました。
さらにお聞きしたところ「新東名が大雪で全面閉鎖」とか・・・。
7日夜から降り続いた雪の影響で、平成24年に開通したばかりの新東名高速道が初めて全線通行止めになったようです。
道路を管理する中日本高速道路は、「東名を閉鎖させなかったことこそが当初の狙い」と説明したようですが・・・。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますから、正当な判断だったと胸を張るのかもしれませんが、最新の技術によって造られた高速道路にもかかわらず、結局のところ記録的な大雪をもたらした低気圧の前に【敗北】したことを認め陳謝するべきではないでしょうか。
プロの言い訳は醜いものです。

020
夕刻に帰宅しましたら、バレンタインデーよりひと足先に手作りのスコーン&チョコが届いていました。
これは、知人のカップルがお菓子作り教室に通って完成した作品の一つだと報告がありました。
あま~いお二人に幸多かれと祈りつつ、喜んで頂戴いたしました。御馳走さま・・・。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大雪☃だぁ~

2014年 02月10日 - 日常

014
発達した低気圧の影響で降雪が昨日の午前中まで続き、記録的な大雪となりました。
福島市では44センチと記録されていますが、境内の周りは少なくとも50センチ以上の積雪があり、ところによっては1メートル近い吹きだまりがあります。
昨日はいちにち雪掻きに追われ、夜は早めにおやすみしました。
015
016< 今日はこれからまた遠方へお出かけします。 ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

戌の日 安産祈願

2014年 02月8日 - 日常

第22回冬季五輪ソチ大会が、日本時間8日未明に、ロシア南部ソチのフィシュト五輪スタジアムの開会式で、4年に一度の雪と氷のスポーツの祭典が開幕しました。
また睡眠不足の数日が続きそうです。

悪天候の中、今日も安産祈願がありました。
今年は新年早々から何故か、鬼子母尊神様にお縋りする若い御夫婦がたいへん多いのです。
今日は戌の日ということもあって、腹帯を持参した若いママ候補がお参りにやって来ました。
戌の日は十二支の11番目にあたり、12日に1度めぐってきます。
イヌは多産でお産が軽いことにちなんで、妊娠5カ月目の戌の日に、安産を願って、さらしの腹帯を巻いて祝う習わしがあるからです。

1366

少子化の昨今、日蓮大聖人の「子に過ぎたる財(たから)なし」の御文を引用し、元気な赤ちゃんが誕生することを祈り読経唱題いたしました。
お腹の大きな全ての妊婦さん、元気で健康で丈夫な赤ちゃんが生まれるまで、母胎も安穏にして母子ともに健やかに成長されることをお祈りいたします。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ツバキ咲く春なのに・・・

2014年 02月7日 - 日常

大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第3号が、「西日本では8日にかけて、東日本や東北地方では8日から9日にかけて、広い範囲で雪が降り、太平洋側の平野部でも大雪となるでしょう。大雪による交通障害、暴風や暴風雪、高波に警戒してください」と、今日(7日)16時28分、気象庁予報部から発表がありました。
20年に一度とか、30年に一度の大雪と言われています。
お互いに気をつけましょう。

014

私は、一昨日(5日)に上京してお通夜をお勤めいたし、昨日は葬儀告別式を執り行い、夕方に前から予定されていた神奈川県湯河原での会合に参加してきました。
その会合はごく少人数での集まりでしたが、父と同年代の先輩などを含む御歴々の御方ばかりで、緊張の連続のなか懐古談に耳を傾けて来ました。
意義ある話の中にも年寄りの僻みなども垣間見えて、これから自分も年老いて行くごとに周りの人たちに迷惑をかけぬよう気を付けなければ・・・と思い知らされました。

3日間、自家用車での移動でしたので少々疲れました。
先月の19日からは、我が家に泊まった数のほうが少なく移動と出向の日々が続いています。
しかし、マグロ人間の法華坊主にとってはこれまた心地よい毎日です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

立春大吉

2014年 02月4日 - 日常

24節気のひとつで、冬と春をわける節分の翌日が立春です。
今日は昨日とうって変わって真冬に逆戻り。
前日との温度差は16℃。おぅ~さむう~。

旧暦では立春が一年のはじまりと考えられていました。
そのため立春から数えて88日目を、新茶の摘み取りが行われる「八十八夜」、210日目を台風の襲来する可能性がたかい「二百十日」というように、立春を起点とする節目があります。

f_859

禅寺では、立春の早朝に「立春大吉」と書いた紙を門に貼る習慣があります。
「立春大吉」を縦書きにすると、左右が対象になり縁起が良いとされ、一年間災難に遭わないおまじないになっています。
法華では、そんなまじないに惑わされず、日々題目修行に精進することが大事だ、と説いています。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

鬼は外  福は内

2014年 02月3日 - 日常

今日の二本松は最高気温19℃。
4月下旬の気温でした。
今夜からまた寒波が襲ってくるとのこと・・・。
寒暖の差が激しい毎日ですね。

1368
今日は「節分」。
節分とは、季節を分ける日という意味で、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指しています。
なかでも立春前日の節分は、立春が冬から春にかわる1年のはじまりとされていたので、新年の邪気を祓う行事が行われる重要な日でした。
そのため現在では、節分というと立春の前日をさすようになりました。

節分におこなう「豆まき」は、平安時代に中国から伝わった悪鬼を追い祓う「追儺(ついな)の儀式」に由来します。
豆まきが終わったら、それぞれの歳の数よりもひとつ多い数の豆を食べて、新しい1年の無病息災を祈ります。
また柊の枝に焼いたイワシの頭を刺して、家の軒先や戸口に置くと、柊のトゲとイワシの強い臭いで鬼が近づかないといわれ、古くから魔除けとして行われています。

我が家も夕刻に豆まきをして、追儺の儀式を執り行いました。
もちろんイワシも柊も・・・。
歳の数だけ豆をいただいたら、お腹こわしそうですね。
027

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

節分前夜雑感

2014年 02月2日 - 日常

「節分」や「豆まき」については、明日申し述べましょう。
今夜は、恵方(えほう)についてお話しましょう。

恵方とは、陰陽道で干支に基づいて定められた、その年のもっとも良い方角のことです。
恵方には福徳を司る歳徳神(としとくじん)がいるとされ、恵方の寺社をお参りすると、福を授かるともいわれています。
img_27943_3212994_3
節分の日に、恵方を向いて食べるとよいとされる太巻きは、七福神にちなんで、かんぴょう、キュウリ、椎茸など7種類の具材が入っています。
願いごとをしながら、恵方巻きを無言で丸かじりして食べきると、縁起が良いとされています。

今年の恵方は、東北東です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

如月雑感

2014年 02月1日 - 日常

昨日、静岡を訪ねた時に見た富士山です。
1378

早いもので今日から2月。
2月は一年で最も短い月ですが、節分(3日)やバレンタインデー(14日)などイベントが多い月です。
法華坊主的に申すならば、8日が釈尊涅槃会、16日が宗祖・日蓮大聖人の降誕会、25日が門祖・日隆聖人の生誕会です。

また2月を旧暦では「如月(きさらぎ)」といいます。
これは、その昔に中国で2月を「如」と表していたことに由来します。
ほかに梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)などの別名もあります。
2月4日の「立春(りっしゅん)」で暦の上では春を迎えます。
今日は何をするべきかをチェックし、しっかりと寒さ対策をしながら、そこまで来ている春に向けて穏やかに過ごしたいものです。

昨日は、旧正月の朔日。
春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月のことです。
中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、 新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国や台湾のみならずシンガポールなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されています。

月日の経つのは早いものです。
今月も元気に、健康で、丈夫に過ごしたいものです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント