日常

きしもじんさま と ザクロ

2013年 10月2日 - 日常

どんよりと厚い雲に覆われた一日ではありましたが、台風22号の影響も少なく安心いたしました。

境内の柘榴(ザクロ)がたわわに?実っています。
009
010

鬼子母神さまとザクロには、次のような逸話があります。
『鬼子母神には子供が500人もいたが性質が大変凶暴で、人間の子供をつかまえては3度の食事としていた。人々は大変苦しみ、お釈迦様に助けを求めた。お釈迦様は鬼子母神の一番末の子供を捕らえて隠してしまった。鬼子母神は気が狂ったように子供を探し回ったが子供は見つからない。途方にくれたとき、ある人の勧めでお釈迦様に助けを求めたところ「おまえは500人も子供がいて、そのうち1人いなくなっただけでそんなに苦しんでいる。 人間は1人か2人しかいない子供をおまえに食べられているのだ。これらの親の気持ちが分からぬか」と詰問した。鬼子母神は子供が無事に帰ったら人間の子供を食べるのは止めますと誓い、お釈迦様はその誓いに免じて子供を返し、「今後、人肉が食べたくなったらザクロを食べよ」と諭した。それからはお釈迦様に帰依し、安産と子供の守り神となって仏に仕えるようになったとさ・・・』というお話です。

あるいは、「ザクロの実には、たくさんの種が含まれている。そのため、古くからザクロは、子福と豊穣の吉祥果として親しまれ、500人の子宝に恵まれた鬼子母神を象徴するのに、まことにふさわしいものとなったとさ・・・」という説もあります。

いずれにせよ、鬼子母神さまとザクロは深い関係があり、鬼子母神様をご奉安しているお寺の境内には、ザクロの木が植えられているところが多いようです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お会式桜?が、咲きました。

2013年 10月1日 - 日常

今日から10月。
紅葉シーズンの到来など寒さが増す季節です。今朝は長袖の制服に身を包んだ生徒が仲良く通学する姿が見られました。

今日の最高気温は、26.6℃。温かい日となりました。
昼過ぎに境内を散策して「なんだこりゃ」とビックリ。
桜の花が3輪咲いているではありませんか。他にもいくつかのつぼみを持っています。
005
007

私たちの信仰の世界では「お会式桜(おえしきざくら)」という言葉があります。
日蓮大聖人がお亡くなりになられた弘安5年(1282)10月13日の朝、大地は震動し、弟子の日昭上人が鐘をついてお師匠さまの臨終を告げると、秋だというのに庭先の桜の花が咲きほこったといわれています。
日蓮大聖人のご命日は「お会式」と 呼ばれますので、花をつけた桜もこれにちなみ「お会式桜」と呼ばれています。
ありがたや、ありがたや。拙寺の境内にも、今年はお会式桜が咲きました。
何か奇瑞か慶事が起こるのではないかと、楽しみにしています。

さらに夕方、西の山を見ましたら、これまた素晴らしい雲が目に映りました。
017
秋の雲で何という雲なのかは存じ上げませんが、神秘的ですね。
フクシマは素敵な場所です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

花を咲かせずに実をつけるように見えるイチジク

2013年 09月30日 - 日常

今日は東京へ行ってきました。
「お上人は、いつも東京に行けて良いですね」なんて声を掛けられることがありますが、福島駅から東京あるいは上野駅で下車して目的地に向かい、用事が済むとまた新幹線に乗って帰ってくるだけの上京。
でも私を必要としていただける御用があるということに感謝して、精勤いたします。

さて話はまったく変わって、私の好物のひとつに「イチジク」があります。
イチジクを漢字で書くと「無花果」と書きます。
花がないわけではありません。
実の中に無数の白い花を咲かせます。実に包まれて外から見えないので、「無花果」の漢字がついているようです。
また、未熟な実は効能が低いだでけでなく、胃が傷んだり、食欲をなくしたりすることがあるので、必ず熟したものを食べるようにしなければいけないようです。
先端が割れてきたものが熟した実の目安とか。
私は生食は苦手です。
好きなのは、ジャムでもなく、皮のままシロップ(砂糖)漬けにし、水分がなくなる程度に煮詰めて冷ましたものが美味しいと思います。

016

私が「おいしい、好きだ」とあちこちで連呼するものですから、近くのおばちゃん手作りのシロップ煮を何人かから頂戴しました。
作る人によって、甘味や口当たり、そして美味しさもチョッとずつ差異がありますが、いずれも個々の特長(特徴 どちらかしら?)があって喜んで試食しています。

『旧約聖書』の創世記に「エデンの園で禁断の果実を食べたアダムとイヴは、自分たちが裸であることに気づいて、イチジクの葉で作った腰ミノを身につけた」と記されているのをご存じでしょう。また、『新約聖書』のルカによる福音書には、実のならないイチジクの木のたとえ話が記されており、実がならないイチジクの木を切り倒すのではなく、キリストは実が実るように世話をし、肥料を与えて育てたといいます。イチジクは聖書の中でイスラエル、または、再臨・終末のたとえと関連してしばしば登場することも有名な話です。(仏教徒の私が言うのはおかしいですか?)

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の味覚を満喫いたしましょう。

2013年 09月28日 - 日常

今朝の最低気温は8.6℃。今日の最高気温は24.3℃。
体がついていきましぇ~ん。

昨日は南国から届いたドラゴンフルーツを紹介しましたが、福島産地元の農産物も最盛期を迎えています。

南瓜(カボチャ)に薩摩芋(サツマイモ)、ハヤトウリや枝豆 等々
002
004
近くの農家からお供え下さるようにといただいたものばかりです。

果物も豊富です。
桃の時季が過ぎたら、梨・ブドウが旬。
003
019

皆さんは、秋の味覚と言ったらまず何を想像しますか。
あるデーターによると、
 ➀ 栗
 ➁ 秋刀魚(サンマ)
 ➂ マツタケ
 ➃ 柿
 ➄ 梨
 ➅ 新米
 ➆ ブドウ
 ➇ 銀杏
 ➈ サツマイモ
 ➉ 鮭    がベストテンだそうです。
この秋、もういくつ口にすることが出来ましたか?

「食欲の秋」と呼ばれる理由は・・・?
 1.秋になると様々な食べ物が実りを迎えるため。
 2.夏バテした体の調子を取り戻すために、涼しくなった秋には
  自然と食欲が増すと考えられるため。
 3.動物は本能的に冬を越えるための準備として、体に多くの
  栄養分を取り込もうとする性質があるため。
以上の理由により、秋は食べ物がおいしい季節と考えられるようになったそうです。

「まずはダイエットしてから・・・」とささやく声が聞こえてきますが、美味しいものをおいしくいただけることに感謝して、しばらくの間「食欲の秋」を満喫しましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

季節は秋冷  食はトロピカル

2013年 09月27日 - 日常

秋のお彼岸が終了し、季節はめっきり秋本番となりました。
今朝の最低気温は10℃を割り、ひと桁(9.8℃)となりました。
ひと雨ごとに朝晩の気温は下がり続け、涼しいを超して寒~い陽気です。
今年は思いのほか駆け足で秋がっやってきました。

そんな肌寒い今日の午前中に、南の島に住む親しい友人から「ドラゴンフルーツ」が届きました。

015

ドラゴンフルーツについて調べてみますと、
ドラゴンフルーツは学名を「ピタヤ」と言い、サボテンの一種から収穫できる果物だそうです。
中南米が原産の大変珍しい果物です。味は、さっぱりとしていてキウイのような食感ですね。
糖度はおおむね18度~22度と高いのだそうですが、ドラゴンフルーツの糖分は果糖ではなくブドウ糖なので、甘いという印象を受けないサッパリとした味わいです。
また、美味しくないと嫌われる理由は外見の他に、味が薄い(もしくは無い)と誤解されていることがあるようですね。
それはリゾートホテルなどで出されているものの殆どは輸入品だったり、日持ちをさせるために未熟果の段階で収穫されているからです。
ドラゴンフルーツはほとんど追熟しない果物なので、その結果として味が無いということになるわけです。
完熟されたドラゴンフルーツは、スイカみたいな、さっぱりとした甘さがあります。
果肉の中にはゴマのような種子が散らばっていて、キウイフルーツに似たサクサクした食感でおいしいです。

017

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

神よ助けよ ・・・

2013年 09月26日 - 日常

毎日のように理不尽なことが勃発しています。
JR北海道の事故にしても、児童を襲う交通事故にしても、親の子殺し・子の親殺しなどなど想定外の事柄が当たり前になっていますね。

今日、とある紅い階段を下りました。
DSC_0077
この先はどうなっているんだろうと、不安げに下りてみましたが、その先にはパラダイスが待っていました。

天地(あめつち)の 神も助けよ 草枕 旅ゆく君が 家に至るまで
と、『万葉集』巻第四に歌われるがごとく、無事かどうかは運まかせ、神仏に祈るしかない今日このごろ。

あなたの信仰心が問われています。
なお一層の努力精進に努めて参りましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋季彼岸会 お中日 秋分の日

2013年 09月23日 - 日常

秋の彼岸のお中日を迎えました。
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。
六波羅蜜とは、
1.布施〔ふせ〕・・・・・・惜しみなく他人へ施しをすること
2.持戒〔じかい〕・・・・・嘘を言わない等の戒を守り、反省すること
3.忍辱〔にんにく〕・・・・不平不満を言わず苦しさに耐え忍ぶこと
4.精進〔しょうじん〕・・・最善を尽くす努力を継続すること
5.禅定〔ぜんじょう〕・・・心を平静に保つこと
6.智恵〔ちえ〕・・・・・・真実をみきわめ智恵を働かせること
を指します。
秋分の日を挟む前後3日の1週間、より一層のお題目修行をするチャンスを与えていただいたことに感謝し、ご家族そろってお題目をお唱えいたしましょう。

001

お彼岸に食べるものといえば「ぼたもち」または「おはぎ」ですが、みなさんはその違いをご存じでしょうか。
いずれも餅米をあんで包んだもの。世間では「ぼたもちは大きく、おはぎは小さい」とか「ぼたもちはこしあんで、おはぎはつぶあん」など、いろいろな説が言われていますが、実はどちらも同じものです。
正しくは、春のお彼岸の頃は牡丹の花が咲くから「ぼたもち」、秋のお彼岸は萩の花が咲くから「おはぎ」と呼ばれるだけの違いなのです。
昔は収穫したばかりの柔らかい小豆を使った秋の「おはぎ」はつぶあん、春まで保存して硬くなった小豆を使った「ぼたもち」はこしあんにしたそうです。
これが今でも「おはぎ=つぶあん、ぼたもち=こしあん」説となって残っているようですが、保存技術が進歩した現代では気にすることは少なくなったとのこと。
いずれにしても同じものなのに、季節によって呼び名を変える日本人の感性は、やはり素晴らしいと感嘆してしまいます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

半沢直樹  100倍返し!!

2013年 09月22日 - 日常

流行り物好きの私ですが、TBS「半沢直樹」は見るチャンスを逃し、最終回の今日になりました。
午後2時から「半沢直樹・今夜最終回100倍返しスペシャル!半沢の全てが分かる、超ダイジェスト!倍返しがよみがえる!!」を彼岸の最中というのに2時間見て、夜に備えました。

そして午後9時、「半沢直樹 最終回SP」100倍返しなるか?最後に土下座するのは誰だ!~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?
息を凝らして見ました。現在、私たちを取り巻く環境も似たところがあると思いませんか?
黒を白と言わざるをいけない人間関係、不正を暴こうとするが多対一の関係などなど。

最後は、大和田常務の不正を暴き、土下座まで追い詰め100倍返しにした半沢。だったはずがラストでまさかの出向命令!!

こんな終わり方ってあるんですかね。続きがあることを期待して、1日ファンの感想でした。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コスモス  秋桜  

2013年 09月21日 - 日常

昨日、曼珠沙華の蘊蓄を申し述べさせていただきました。
今日は、コスモス=秋桜について触れてみたいと思います。
001

コスモスと言えば思い出すのが、さだまさし作詞・作曲、そして山口百恵が歌った「秋桜」でしょう。
♬ 
淡紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
此頃涙脆くなった母が
庭先でひとつ咳をする
縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くり返す
独言みたいに小さな声で
こんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさが浸みて来る
明日嫁ぐ私に苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと 笑った

あれこれと思い出をたどったら
いつの日もひとりではなかったと
今更乍ら我儘な私に
唇かんでいます
明日への荷造りに手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし元気でと
何度も何度もくり返す母
ありがとうの言葉をかみしめながら
生きてみます私なりに
こんな小春日和の穏やかな日は
もう少しあなたの子供で
いさせてください   ♪

002

アキザクラ、あきざくら。メキシコ原産のキク科コスモス属の花「コスモス」(Cosmos)の和名です。
日本には明治時代に渡来。「秋桜」は主に、秋に咲き花弁の形が桜に似ているところから名づけられたそうです。
「秋桜」と書いて「コスモス」と読ませるようになったのは、1977(昭和52)年、山口百恵の「秋桜(コスモス)」(作詞・作曲:さだまさし)がヒットしてからのことだと聞いてビックリです。
ちなみに、コスモスの花言葉は「少女の純真」「真心」。
「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事であるそうです。
003

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

彼岸の入り  曼珠沙華

2013年 09月20日 - 日常

今日は彼岸の入りです。葬儀も重なって慌ただしい一日を送りました。

境内では彼岸花(曼珠沙華)が咲き誇っています。
001
002

私は花の中三トリオ年代ですから、秋の彼岸を迎えると山口百恵が歌った「曼珠沙華(まんじゅしゃか)」(作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童)を思い出します。
♫  涙にならない悲しみのある事を
   知ったのは ついこの頃
   形にならない幸福(しあわせ)が何故かしら
   重いのも そうこの頃
   あなたへの手紙
   最後の一行 思いつかない
   どこでけじめをつけましょ
   窓辺の花が咲いた時
   はかなく花が散った時
   いいえ あなたに愛された時
   マンジューシャカ 恋する女は
   マンジューシャカ 罪作り
   白い花さえ真紅(まっか)に染める  ♬

なぜかドキッとしてしまう彼岸花。
どこか懐かしさが漂います… 。
真っ赤な彼岸花が咲き乱れる時期は、何故かもの悲しい季節でもあります。
「子供の頃、彼岸花を見ると足がすくむほど怖かった」「何だか不気味」という人もいれば、「あの妖艶さが好き」「この花を見ると癒される」という人もいます。
彼岸花=「曼珠沙華(まんじゅしゃげ/まんじゅしゃか)」は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。サンスクリット語ではmanjusakaと書きます。

明日も秋の好天が続きそうで、嬉しい限りです。
004

〔追伸〕
今朝未明の地震に当たり、電話&メール等でお見舞いをいただきました皆さま、ご心配いただきありがとうございました。
真夜中のせいでしょうか、発表されている震度より体感はことのほか大きく、長く感じました。
おかげさまで家族一同、身体にも物損にも大きな被害はなく、安堵しております。
これは2年半前の「余震」と報道されていますが、私はこれから起こりうる更なる災害の「予震」ではなかろうかと、案じています。
お互いに気をつけて日々の生活に注意いたしましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)