日常

平成26年 年頭合同祈願を奉修しました

2014年 01月12日 - 日常

新年第2日曜日の今日(12日)、恒例の「年頭合同祈願会」を奉修しました。
今季最低気温の昨日よりいくぶん陽気が戻ってきましたが、寒い朝です。
石油ファンヒーター3台と旧来の石油だるまストーブ2台を、法要2時間前から全開にして点けておりましたが、9時の開始時にはまだ肌寒い堂内です。
でも一座目(9時~)には、たくさんのご参詣がありました。
家内安全・年内安全を願うご家庭、無病息災・身体健全を祈る方々、本年厄年を迎えた善男善女等々、祈願の趣旨は多様ですが、真剣な眼差しでご本尊さまに合掌礼拝して、一年の無事を祈りました。
009
午後の二座目(14時~)にも、ご参詣いただきました皆さまに感謝申し上げます。
004

日蓮聖人のお言葉に
これ(正月の一日)をもてなす人は、月の西から東をさして満つるがごとく、日の東より西へわたりて明らかなるがごとく、徳もまさり、人にも愛せられ候なり
という教えがあります。

本日ご参詣いただきました皆さまには、余慶の功徳を体得されたことと信じ、引き続き諸願成就・皆令満足をめざして努力精進されることをお祈りいたします。
明日(13日)も、午前および午後の祈願会を執り行います。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

鏡開き あとはお汁粉

2014年 01月11日 - 日常

今日1月11日は「鏡開き」。
新年に歳神さまなどにお供えしていた鏡餅を食べる行事です。
鏡餅には神様が宿っているとされるので、一家の家庭円満を願いながら、ひとかけらも残さずにお下がりとしていただきます。
神様との縁が切れないように、鏡餅は「切る」「割る」「砕く」などの言葉は使わずに、「開く」という縁起の良い表現を用います。

yjimage(11)

鏡餅の開き方をご存じでしょうか?
神様が宿っているので、刃物は使いません。
硬くなった鏡餅は、木槌やめん棒で叩いて開くようにします。
お汁粉や雑煮、揚げ餅などにするのが一般的ですが、砕けて細かくなったところも、汁物に入れたりして食べきります。

すでにご存じのことと思いますが、ぜひお試し下さい。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春の七草

2014年 01月9日 - 日常

私のBLOGとお付き合いしてくださるご婦人からお尋ねがありました。
「BLOG拝見しています。・・・春の七草にはどのような効用があるのですか?」

BLOGでは「七草粥は、冬に不足しがちなビタミンを補い・・・」としか書き込みをしておりませんでしたので、詳しく効用をお知らせしましょう。

yjimage(11)
セリ・・・鉄や食物繊維が多く、貧血や便秘の解消に効果的。
ナズナ・・・止血、解熱効果があり、血圧を下げる効果も。
ゴギョウ・・・せきやのどの炎症に効果があり、風邪予防になる。
ハコベラ・・・タンパク質やミネラルが含まれている栄養豊富な薬草。
ホトケノザ・・・食物繊維が豊富で、食欲増進や胃を丈夫にする薬草。
ナズナ・・・ジアスターゼを含んでいるので、消化を促進させ解毒効果がある。
スズシロ・・・せきやたんを抑え、消化促進、便秘解消効果もある。

来年の七草粥レシピの参考にしてください。

明日の朝は、今季一番の寒さと報じられています。お互い風邪などひかぬように・・・。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

時の過ぎゆくままに

2014年 01月8日 - 日常

早いもので今年もあっという間に8日間が過ぎようとしています。

003
5日は、小寒(寒の入り)でした。
穏やかであった陽気も、一気に寒さを増したような気がします。
暮れの冬至から数えて15日目頃が、小寒です。
小寒から節分までの約1ヶ月間を「寒の内」といい、厳しい寒さが続く時期とされています。

昨日7日は、七草(ななくさ)。
春の七草のセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの入ったお粥を食べて無病息災を願います。
七草粥は、冬に不足しがちなビタミンを補い、お正月の暴飲暴食で疲れている胃を休める効果があります。
我が家も、粥を食べて邪気を祓い、無病息災をお祈りしました。
002

昨日は、日帰りでしたが夕刻から上京し最終の新幹線で帰福しました。
今年初めての上京は、やはり心ウキウキ。
わずか3時間余りの滞在でしたがとっても楽しかったです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

松川ドリームス ソフトボールスポーツ少年団 ガンバレ

2014年 01月5日 - 日常

今日は今年最初の日曜日。
毎年恒例となった、松川ドリームス ソフトボールスポーツ少年団ご一行が新年の参詣に来られました。
丹治佳男監督に引率され選手たちは、神妙な面持ちで本堂に入ると「よろしくお願いします」と大きな声で挨拶し、元気いっぱいです。
007
チームの開運必勝・諸願成就と、選手の学業増進・身体健全をご祈願しました。
また保護者の皆さんの交通安全・無事故祈願もお勤めいたしました。
参詣終了時には全員が起立して「ありがとうございました」と御礼の言葉とともに脱帽して挨拶してくれました。

松川ドリームス ソフトボールスポーツ少年団の皆さん、今年一年、事故なくケガなく病いに負けることなく、元気に練習に励みプレーすることを願っています。
009

スポ少の皆さんの礼儀正しい振る舞いと挨拶に感銘し、今時の大人の無愛想な態度と無気力な言葉遣いには気をつけなければいけないと、考えさせられました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

おせち料理のいわれ

2014年 01月4日 - 日常

NHK朝の連ドラ「ごちそうさん」で、め以子さんが説明していた「おせち料理」の材料といわれをおぼえていますか?
諸説あるようですが、私が聞いたネタは次の通りです。

yjimage(1)

一の重(祝い肴)
黒豆は、「まめに働く」ことから健康長寿
数の子は、子孫繁栄
田づくり(ごまめ)は、五穀豊穣
栗きんとんの黄金色は、商売繁昌
昆布巻きは、「よろこぶ」 を意味しています。

二の重(口代わり、焼き物)
お祝いの水引を表す「紅白なます」
腰が曲がるまで長生きすることを意味した「海老」
めでたいにつながる「鯛」 などの焼き物が入ります。

三の重(煮物)
子孫繁栄の「里芋」
将来の見通しがきくという意味の「レンコン」
長く根を張って生きる「ゴボウ」 など縁起の良い野菜のお煮しめなどが入ります。

昨今は、お正月でなくとも毎日のように美味しいお献立がいただける食卓ですから、おせち料理はおまり流行らないのかと思っていましたら、デパ地下では高価な品から売れきれるとか・・・。
これもアベノミクスの影響ですかねぇ。
我が家は、わたしの影響で練りもの抜きの手作りおせちでした。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

初夢 おせち お屠蘇 

2014年 01月3日 - 日常

皆さんの初夢は、どんなものでしたでしょうか?。
私は普段からまったく夢を見ない人種ですから、今年はまだ初夢にお目にかかっていません。
初夢とは、元日の夜から2日の朝にかけて見る夢のことをいいます。
この夢で、1年の吉凶を占う習慣がありました。
「一富士、二鷹、三なすび」(いちたか、にふじ、さんなすび)とは縁起の良い夢を表す言葉で、「富士は無事」「鷹は高く」「なすびは事を成す」を意味します。
すでに初夢を見られた方も、これから初夢を見られる方も、より良い一年でありますように・・・。

お正月ですから、おせち料理でお屠蘇を召し上がったことでしょう。
おせちはもともと「お節供」といい、五節句【ごせっく=人日(じんじつ・1月7日)、上巳(じょうし・3月3日)、端午(たんご・5月5日)、七夕(たなばた・7月7日)、重陽(ちょうよう・9月9日)】に神様に供えた料理のことでした。
重箱に詰めるのは、「めでたさを重ねる」という願いが込められています。
yjimage(2) yjimage(5)
お屠蘇は、屠蘇散(とそさん)という山椒や桔梗、肉桂などの漢方薬を調合し、日本酒やみりんにつけ込んで作った薬酒のことです。
「蘇」は悪鬼、「屠」は退治するという意味があり、お屠蘇を飲むと、1年の邪気が祓われて延命長寿が得られると言われています。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

午年(うまどし)雑感

2014年 01月2日 - 日常

午

平成26年(2014)は、午年(甲午=きのえうま)です。
馬と人との関わりは古く、世界では旧石器時代までさかのぼると言われています。
騎手と馬の心が一つになったかのように、巧みな連携をすることを言う「人馬一体(じんばいったい)」という言葉もあるぐらいです。

午年にちなみ、日蓮聖人と午(馬)の話題をご披露しましょう。
日蓮聖人は午年の貞応元年(1222)2月16日にお生まれになられ、午年の弘安5年(1282)10月13日にお亡くなりになられています。
また弘安5年(1282)9月8日、身延の山を発ち常陸国への湯治を目指すために、ご信者からお世話いただいた栗鹿毛の馬に対し、「たいへん愛着を覚えますので、いつまでもそばにおきたいと思います」と身延より池上の地まで、わが身を11日間にわたり乗せてきてくれた馬への思いやりの手紙を送っています。etc

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

2014 謹賀新年

2014年 01月1日 - 日常

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
法華坊主に関わりのある全ての皆様にとってより良い年でありますように・・・。

穏やかな大晦日の深夜より、平成26年の元朝にかけて、立正院境内は1000個の灯火がともり、鎮魂の献灯供養が行われました。
001
002
004
006

震災の前年よりはじめた献灯供養は、今年4回目です。
今回ははじめて「2014」の文字を灯してみました。
ローソクの火は、いま流行りのLEDと違って、温かく穏やかなそして心和む優しい光です。
東日本大震災はもとより、昨年国内外で起こった自然災害により犠牲となられた方々のご冥福を祈り、一日も早い完全復旧をお祈り申し上げました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

108つの煩悩 & 暴飲暴食 を除去

2013年 12月30日 - 日常

明日の今頃は、BLOGを打っている暇もなさそうですから、一夜早く今年最後のご挨拶をいたしましょう。

月の最後の日を晦日(みそか)といいます。
大晦日(おおみそか)は1年最後の日です。
「年越し」「除夜」などといわれる大晦日の夜には、家族揃って新しい年を迎えます。
年神さまを迎えるために、寝ずに朝まで過ごす風習もありました。
大晦日から元日にかけ、年をまたいでお参りすることを「二年参り」といいます。
無事に一年を過ごせたことを感謝して穢れを祓い、新しい年の幸せを祈願します。

大晦日の夜、除夜の鐘をつくところもあります。
旧年を取り除くということで、大晦日のことを「除日」ともいい、除日の夜で「除夜」、除夜につくので「除夜の鐘」です。
深夜0時をはさんで、108回つきます。
108回の由来として広く知られているのは、人間がもつという108つの煩悩を、ひとつひとつ鐘を鳴らして消していき、浄化して新年を迎えるためというものです。
人間には、感覚や意識を生じさせる「眼」「耳」「鼻」「舌」「身」「意」の6つの器官(六根)があり、それぞれが「好」「平」「悪」の3つの感覚を生じさせるため、6×3で18の煩悩が起こります。
その煩悩にはそれぞれ「浄」「染」の2つがあり、さらにそれぞれに「過去」「現在」「未来」の3つがあるため、18×2×3で108の煩悩となります。
108の煩悩にはほかの数え方もあります。

12ヶ月、24節気、72候という旧暦に関する数字をたす(12+24+72)と108になります。
この数は1年を表し、除夜にその数をつくことで、1年の無事や豊作を願うといいます。

立正院では、境内に1000個の光が灯ります。
「法華坊主の独り言」ファンの皆さん、1年間お世話になりました。
皆さんにとって、来る平成26年が素晴らしき年でありますようにお祈りいたします。

歳末の余談をひと言
001
11月中旬より小生の体重が81㎏前後を行ったり来たりしていました。
85㎏になったら痩せようと思い、ここ40日ぐらい暴飲暴食?につとめました。
おかげさまで今日、85㎏の大台に乗りました。\(^O^)/
今年最後の明日まで、めっちゃ飲んで食って、新年からダイエットを開始します。
目標は、お盆までに10㎏減の75㎏です。乞うご期待。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント