日常

二の酉 参上

2013年 11月19日 - 日常

15日は二の酉で、上京しました。
午前0時のご開帳には、多くの善男善女が参詣しました。
お酉さまとは、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。
酉の寺長國寺では、鷲妙見大菩薩(鷲大明神・おとりさま)が開帳している間、特別なご加護をいただくご祈願を終日行っております。
特に酉の市が始まる深夜午前0時、ご開帳法要直後の第一回ご祈願に多くの参詣者が集まります。
日常では味わえない世界を目の当たりに体感できます。
003
三の酉は、27日の午前0時にご開帳です。
ご祈願のあと参詣者は客殿で、御法水(清酒)赤飯と煮しめの軽いふるまいが受けられます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ブルブル~ 今朝も寒い朝でした。

2013年 11月14日 - 日常

お昼頃になってようやく上空の寒気が弱まり、平年並みの気候になってきました。
今朝は放射冷却のせいか寒い朝でしたが、日中は移動性高気圧におおわれたおかげか穏やかな小春日和となりました。

山頂がうっすらと雪に覆われた吾妻山が遠くに見えます。
007

同じく雪の安達太良山が境内からも美しく見えます。
004

明日は「七五三」です。
なぜ11月15日に七五三を祝うようになったのかは、諸説あります。
1 二十八宿という暦上の「鬼宿日(きしゅくにち)=鬼が出歩かない日」にあたり、何事も最良とされる日だったため。
2 徳川家の将軍が、病弱だった息子の健康を祈って「袴着の儀式」を行ったため。
3 旧暦11月15日に、収穫の感謝と、子どもの成長を感謝しておいわいしたため。
などがあります。
七五三には欠かせない千歳飴は、江戸時代に浅草で売り出したのがはじまりとされます。
長く伸びる飴には、子どもの長寿への願いが込められていて、縁起の良い紅白になっています。
千歳飴の袋にも鶴亀や松竹梅の縁起の良い絵柄が描かれています。
008

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

初霜  初雪  初氷

2013年 11月13日 - 日常

11月は霜月。文字通りの霜が降る月となりました。
アスファルトなどによる舗装化が進み、土の地面が次々と姿を消し、市街地などでは霜柱を目にする機会も少なくなってしまいました。
車のフロントガラスは、真っ白になっています。
003

季節の推移を表す「二十四節気」の立冬が過ぎ、小雪ももうすぐです。
暦の上でも冬がやってきたことを告げています。
冬型の気圧配置が強まった昨日(12日)、福島市では平年より14日も早い初雪を観測しました。
008

磐梯吾妻スカイラインは15日までの予定を繰り上げて、本日より冬季閉鎖になりました。
福島市の今年の初霜は11月9日、初雪は12日、初氷は氷点下が予想される明日の朝でしょうか?。
夏になると「寒くても冬の方がイイ」、そして冬になると「あれほど暑かったけれどもやはり夏がイイ」。
人間っていい加減な生き物ですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

久し振りに訪ねた「つま恋」

2013年 11月11日 - 日常

006
昨日(10日)は、静岡県牧之原市に移転したお寺さんの住職交替式と諸堂落成慶讚法要に参加してきました。
新住職は在家出身ですが、強盛な信仰心を持ち合わせ、でも少しだけ手をさしのべたくなる特異な後輩です。
多くの友人・先輩後輩・有縁の真俗がお祝いに駆けつけ、祝福いたしました。
法体堅固にして、ますます教化布教に精進されることをお祈りいたします。
そして祝宴会場は、チョット離れた「つま恋」で、美味しいお料理を頂戴いたしました。

005
「つま恋」には、若かりし頃の思い出があります。
アマチュアミュージシャンの祭典「ポピュラーソング・コンテスト(通称:ポプコン)」は、1974年の第7回から1986年の第32回までを「つま恋」で開催されていました。
多くの若者がエキジビションホールに集い、時代を担った新しい音楽が誕生する瞬間をともにしました。
ここからは、中島みゆき、世良正則など今も活躍するたくさんのアーティストが生まれました。
日本では野外コンサートが珍しかった1975年、多目的広場を使った「吉田拓郎&かぐや姫」オールナイトのコンサートが催されました。
東西の人気を博したアーティストが登場したコンサートには6万5千人が集い、この記録はいまだに破られることはありません。伝説のコンサートは「つま恋」の歴史の金字塔として今も輝いています。
自然の中の野外コンサート会場としての「つま恋」の人気は高く、サザンオールスターズ、スピッツ、a+nation、Dreams Come True、吉田拓郎など著名なアーティストのコンサートが多数開かれています。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今シーズン一番の冷え込み、初霜が降りました。

2013年 11月9日 - 日常

今朝は、北陸から北の所々で今シーズン1番の冷え込みとなり、福島でも初霜を観測しました。
境内に停めてあった車のフロントガラスも真っ白で、冬間近の感がぬぐえません。
001

土曜日ですが、境内の除染作業も引き続き行われており、不眠不休の作業員の皆さんには頭の下がる思いです。
昨日、首相官邸で行われた政府主催の全国都道府県知事会議の席上、佐藤福島県知事が安倍首相に、東電福島第2原発の廃炉を国として東電に要請するように求めましたが、首相は「廃炉は事業者が判断するもの」と原則論を述べるにとどまりました。
また首相は「(第1原発の)廃炉、汚染水問題については東電任せにする考えはない。しっかりと国が全面に立つ」と述べられたそうですが、東京オリンピック招致の際に「コントロール化にある」と表明された決意は、偽装ですか?それとも誤発言ですか?。
福島県民は、第1であろうが第2であろうが、全ての原発が一日も早く廃炉になることを願っています。

そんな中、任期満了に伴う福島市長選挙が明日(10日)に告示されます。
004
原発事故後の県都復興が大きな争点で、現新3人の選挙戦となる公算です。
私は意中の人をすでに決めていますが、一日も早い3・11前の古里を返して欲しいというのが全市民の思いでしょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

境内の除染作業 本格化!

2013年 11月8日 - 日常

005

冬型の気圧配置になった今日は、晴れたり曇ったり、時には冷たい雨が降ったりの一日でした。
9時より、月例の鬼子母尊神さまのお参りがあって、いつものご婦人方が元気よく参詣してくださいました。
境内に入ってビックリ。
003
本堂北側には足場が組まれ、大屋根の除染作業が始まっています。

向拝犬走りの石面は、高圧洗浄機で汚染物資を洗い流しています。
008

一生懸命に事に当たる作業員の皆さんにはたいへん申し訳ありませんが、「原発事故後2年7ヶ月も経った今、どれだけの効果があるのだろうか? その効果がいつまで保持できるのだろうか?」との疑問も湧いてきます。
また作業は、「除染」ではなく「移染」のように思えてなりません。
放射線量を取り除くのではなく、拡散して移してしまうことしか出来ないのでしょうか。
しかし素人がゴタゴタ言っても仕方ありません。
作業担当者によると、「ここは3週間は要する」そうですから、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

立冬 雑感

2013年 11月7日 - 日常

今日は「立冬」。徐々に冬の足跡が聞こえてきました。
前線が東北地方を通過して、上空に喚起が流れ込み、急な強い雨や突風が吹き荒れました。
夕方にはお天気も落ち着き、虹が大きな円を描いています。
008

立冬は二十四節気のひとつで、冬のはじまりを意味します。
立冬から、来年の立春の前日(節分)までが暦の上で冬です。
日差しが弱まり、日が短くなったと感じるでしょう。

かつては、亥の子の日(11月の第一亥の日)に、多産のイノシシにあやかり、亥の子餅を食べて無病息災や子孫繁栄を祈願し、田の神に供えて収穫を祝う風習があります。
また、亥の子の日に炉開きをすると火事にならないといわれており、こたつなどの暖房器具を出したり、囲炉裏に火入れをして冬の準備を始めます。
今は、西日本でも「亥の子の祝い」の行事は行われなくなり、日本国のどの地域においても11月の第一亥の日の行事は忘れ去られた風習になってしまいましたね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大震災後2年8ヶ月 被災地は今

2013年 11月6日 - 日常

秋の好天に恵まれた昨日から今日にかけて、同信の皆さんとともに月例の被災地供養を行いました。

名取市閖上・日和山で読経唱題をしていましたら、何台もの大型観光バスがやってきました。
004

茨城県からの団体の方々で、被災地巡りをしているとのこと。
まるで観光地を旅するがごとく山をバックに写真撮影したり、お土産を買うがごとく神符を購入していました。
001

山の上からかつての住宅跡を見下ろすと、2人の小さな子供が健気に遊んでいます。
この子たちの未来に幸多かれと、思わず唱題の声も大きくなり、参加者全員で復旧復興を祈願いたしました。
006

閖上中学校では、綺麗な花束がお供えされており、14名の生徒をはじめ被災者に追悼供養を誠を捧げました。
009

平日にもかかわらず、仙台市若林区の荒浜でも参詣者が姿があるなか、観音像に向かって唱題行を行いました。
いまだに行方不明の犠牲者の皆さんの追善供養をお祈りいたします。
010

今日、帰宅しましたら境内の除染作業が始まっていました。除染については、今後折々に報告してまいります。
011

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

東北楽天イーグルス  初の日本一

2013年 11月5日 - 日常

東北楽天イーグルス 優勝おめでとう。

憶えていますか?
楽天・嶋基宏選手が東日本大震災直後の4月29日、本拠地Kスタ開幕戦で行った感動スピーチを。

東北の皆さん、絶対に乗り越えましょう。今、この時を。
絶対に勝ち抜きましょう、この時を。
今、この時を乗り越えた向こう側には強くなった自分と明るい未来が待っているはずです。
絶対に見せましょう、東北の底力を!

それを実現したのが、今回の楽天日本一です。

002

これから、楽天のホームグランドがある仙台市へ出かけます。
同信の有志と一緒にお参りする今月の被災地供養は、今日(5日)の午前中、閖上日和山から始まります。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

酉の市・お会式・遠忌法要  信仰増進の上京

2013年 11月4日 - 日常

一昨日(2日)の夕刻より上京しました。
その目的は三つ。

一つ目は、今年も「お酉さま」の季節が到来し、3日の一の酉に参加しました。
お酉さまとは「酉の市(とりのいち)」のことで、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。
長國寺のご住職は私の大学時代の同級生で、いまなお親交あつく、毎年お手伝いにあがります。
酉の市については、二の酉か三の酉のときに詳しくお話ししましょう。
003

二つ目は、同じく3日に虔修された世田谷・烏山にある妙壽寺の日蓮大聖人のお会式(お命日を祝う法要)と、その日蓮大聖人の教えを再興された日隆聖人の550回目のお命日法要に出席しました。
また該寺は、昭和新本堂を建立されてより本年が30周年にあたり、稚児練供養を併修して慶讚の誠を捧げました。
妙壽寺は、私の師父が出家・得度したお寺で、私も学生時代より修行させていただきました。
こちらのご住職も私と同級生で、みんな頑張られているな!というカルチャーショックをうけて帰ってきました。

三つめは、今日(4日)同じく日蓮大聖人のお会式と、日隆聖人の550遠忌法要を奉修された代々木の立正寺にお詣りしました。
先代ご住職の13回忌法要も併せて行われ、檀信徒の皆さんが合掌焼香、読経唱題されていました。
妙壽寺も、立正寺も、法類(お坊さんの世界の親類)といって、立正院とは深い間柄です。
今回の奉讚事業を完遂された両寺のご住職はじめ寺族の皆さん、檀信徒およびスタッフの皆さん、お疲れさまでした。
またお参りのの好機を与えていただき感謝申し上げます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント