日常

夏至の日から数えて11日目。

2020年 07月1日 - 日常

今日から7月、和名は「文月(ふみづき・ふづき)」で、短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕の行事に因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。
また、穂が見えるようになる頃であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

そして今日は雑節のひとつ「半夏生(はんげしょう)」で、夏至の日から数えて11日目にあたる日、もしくはその日から5日間をいいます。
半夏生の「半夏」は、「烏柄杓(からすびしゃく)」という薬草の漢名からきています。
ちょうど「半夏」の「生」える時期にあたることから、半夏生と呼ばれるようになったという説。
他には、「半夏生」の花が咲く時期だからというものです。
半夏生は半夏とは全く別の植物で、和名で「片白草(かたしろくさ)」と言われており毒草です。
ちょうど7月初旬から花を咲かせ、葉の数枚の一部、しかも表側だけが白くなり、それが半分化粧をしているように見えることから、付いた名前が「半化粧」。
その後、転じて「半夏生」となったと言われています。

半夏生は、梅雨明け間近(地域によっては梅雨明けすぐ)の頃を示しています。
「チュウ(夏至)ははずせ、ハンゲ(半夏生)は待つな」ということわざや、「半夏半作」(半夏生以降の田植えは、はなはだしく収穫が減少する)という言葉があり、夏至を過ぎて半夏生に入る前までに、田植えを済ませていました。
仮に、その年が天候不順で作業が遅れていたとしても、半夏生の日以降は田植えをしないという習慣があったり、半夏生の期間中は農作業を休みにするという地方もありました。
無事に田植えを終えた農家では、半夏生の日の天候で、稲作の豊凶を占っていたそうです。
農業が中心の日本においては、半夏生は大切な節目の日なのですね。

 

TDL、約4カ月ぶりに営業を再開。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

折り返します!

2020年 06月30日 - 日常

梅雨の晴れ間も束の間、再び梅雨前線が西から北上し、今後は曇りや雨が続く見込みです。
そんな中、6月も今日が最終日ですから一年の半分が過ぎたことになります。
実は、今日6月30日は「ハーフタイムデー」とも呼ばれ、残りの2020年が充実した日々になるよう、目標や進捗を見つめ直すいい機会のようです。
皆さんは、コロナパニックの2020半年間を振り返っていかがでしたか?
渦中にあってもすでに目標を達成した人、目標半ばの人、まったく手つかずの人、と様々でしょう。
ぜひ「ハーフタイムデー」を有効活用して、一年をしっかり折り返してください。
6月30日は、年始から数えて181日目(2020年は、閏年なので182日目)、年末まで残すところ184日となります。
「ハーフタイムデー」は公式の記念日ではありませんが、節目節目に立ち止まることは有意義な一年を過ごすうえで、とても大切なことです。

話は変わって、そもそも日本では6月と12月の末日、1年に2回「大祓(おおはらえ)」という行事が宮中や神社で行われてきました。
6月30日に執り行うものは「夏越祓(なごしのはらえ)」、大晦日に執り行うものは「大祓」、このようにきちんと名称が分けられていて、「夏越祓」では「茅の輪(ちのわ)くぐり」「人形(ひとがた)流し」をして半年間の罪とけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願します。
当地は旧暦で「夏越祓」が行われているようですから、来月末頃ですかね。

 

今日から「あおり運転」厳罰化。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

梅雨の晴れ間を見逃さないで!

2020年 06月29日 - 日常

梅雨の時期によく使われる言葉として「梅雨の晴れ間(つゆのはれま)」があります。
梅雨の晴れ間とは、文字通り梅雨時期の合間の晴れた日のことです。
他にも、「梅雨晴れ(つゆばれ)」「梅雨晴る(つゆはる)」「梅雨の晴(つゆのはれ)」「梅雨晴間(つゆはれま)」などとも表現します。まさしく今日の福島は、そんなお天気でした。

梅雨の晴れ間と同じ意味の言葉としては、「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉があります。
この五月晴れは、最近では梅雨に入る前の時期のよく晴れた日を指す言葉として使われますが、本来の使い方は、旧暦の5月、つまり梅雨時期の晴れ間を指す意味で使われる言葉です。
さて、「梅雨の晴れ間」とはどのような時に使う言葉なのでしょうか。
これもまさしく読んで字のごとく梅雨時期の合間の晴れた日に使います。
また感情的にも長く晴れない気分が続いて幾分かの間だけ楽になった時などに比喩として使われることがありますから、短歌や俳句・川柳などによく使用される言葉ですね。
梅雨の時期は、誰もが気分が落ち込みやすく気分が晴れない日が続きます。
でもだからこそ、ちょっとした晴れ間がとてもありがたく感じますね。
梅雨の晴れ間のような日本らしい言葉を学んでおくと梅雨の時期も少しは気分が軽く感じることができるかもしれませんね。
梅雨の時期に太陽が顔を出したら、やりたいことは盛りだくさん!
ひとつひとつ実行して家がキレイになっていくと同時に、気分もリフレッシュされ、鬱々とした気持ちが自然と晴れていくはずですから、ぜひ有効活用してください。

 

朝ドラ・エール、副音声付〈2周目〉開始。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大量生産された安価な庶民アート。

2020年 06月28日 - 日常

緊急事態宣言解除後に福島県立美術館でようやく開催された『もうひとつの江戸絵画 大津絵展』の最終日、三密を避け駆け足で観てきました。

江戸時代、東海道の旅人相手におみやげ品として売られた大津絵。
無名の絵師たちが宿場で即売し、仏画からはじまって、『藤娘』や『鬼ノ念仏』などの世俗画が人気を博し、明治以後は急速にすたれていきました。
ところが、チープで単純素朴な絵に心奪われた人々が、ひそかにコレクションをしはじめ、大津絵は美術品として注目されます。
おもなコレクターは、明治末の浅井忠、富岡鉄斎にはじまり、大正期の山内神斧、柳宗悦、そして戦後の小絲源太郎などです。
この展覧会は、大津絵に魅せられたコレクター群像をひもときながら、日本民藝館をはじめとする名品約140点を味わう、美術館初の試み。
ピカソも愛して秘蔵した、ユルくて愛らしい大津絵に、いま熱い視線が注がれています。
大津絵は、滋賀県大津市の大谷町(おおたにまち)や追分町あたりで、江戸初期から明治にかけて制作された絵画です。
作家が趣向を凝らして制作する一点物ではなく、いわば大量生産された安価な庶民アートですが、『藤娘』や『鬼ノ念仏』などお決まりのモチーフを名もなき画工が生活のためにせっせと描き続けました。
何やら文字が書かれているのは「道歌」で、仏教の教えや道徳など教訓です。
最初は信仰の対象となる仏を描いた画からはじまり、日常を描く風俗画やユーモアあふれる戯画などの要素を取り入れ、独自に発展していったとされています。
9月19日~11月8日は東京ステーションギャラリーで巡回予定です。

 

全世界の感染者が1000万人を超える。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

過去を乗り越え、心をつなぐ。

2020年 06月27日 - 日常

緊急事態宣言解除後、実に4ヵ月ぶりに映画館で観た最初の映画は、日本初のチベット人監督の劇場公開作と注目された『草原の河』のソンタルジャ監督最新作『巡礼の約束』でした。

「巡礼」とは、遠方にある聖地や聖域に参詣する宗教的行動で、世界の多くの宗教が巡礼を重要な宗教儀礼と見なしています。
イスラム教のメッカ巡礼、キリスト教のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼、ユダヤ教のエルサレム嘆きの壁への巡礼、ヒンドゥー教のガンジス河への巡礼がよく知られ、日本では四国八十八箇所の巡礼が仏教の巡礼として多くの人に知られています。
チベット仏教における巡礼で有名なものが、聖地ラサへの巡礼と、聖なる山・カイラス山への巡礼です。
ラサはチベット語で「神の地=聖なる地」を意味し、チベットの人々が一生に一度は巡礼することを夢に見るチベット仏教の聖地です。

物語は、山あいの村で、夫のロルジェ、ロルジェの父と暮らすウォマは、病院である事実を告げられ、聖地ラサへの五体投地(ごたいとうち)での巡礼旅に、一人で行くと決意します。
五体投地とは、両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る、仏教でもっとも丁寧な礼拝の方法で、チベットには今も聖地巡礼を、五体投地で礼拝しながら、長い時間をかけて進んでいく人々がいます。
半年以上もかかる巡礼の旅に、初めは反対していたロルジェでしたが、ウォマの固い決意にラサ巡礼を受け入れますが、妻の決意にはある秘密がありました。
妻から夫へ、父から息子へ、受け渡され、継がれていく巡礼の旅の続きは、ぜひ劇場で必見してください。

 

コロナ、48日ぶり全国100人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

邪気を祓うショウブ。

2020年 06月25日 - 日常

きょう(25日)は、旧暦「端午の節句」で「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に入る風習があります。

中国では古くから無病息災と厄除けのため、端午の節句に菖蒲やよもぎを摘んで軒に吊るしたり、菖蒲酒にして飲む風習がありました。
日本へは奈良・平安時代の宮廷に伝来したものが、鎌倉時代になって庶民の間にも広まり、菖蒲酒も飲まれるようになりました。
菖蒲湯に浸かる習慣は江戸時代からとされますが、端午の節句をはじめ、〈菖蒲〉=〈勝負・尚武〉の語の響きにかけて、武運長久を願って武士が出陣前に浸かったことが起源と言われています。
菖蒲は、ショウブ科ショウブ属(またはサトイモ科と分類することもある)に分けられる多年草で、池や沼の近くなどの湿地帯に生息しています。
菖蒲の葉や根の部分にはオイゲノールなどの香気成分があり、邪気を祓うと信じられていました。
ほかにも、血行促進作用や神経痛、腰痛、リウマチなどを緩和しリラックス効果があると言われます。

また「軒菖蒲(のきしょうぶ)」と言って、菖蒲の葉と蓬(よもぎ)を軒に飾る風習がありますが、旧暦の5月は雨期で悪病のはやる時期でもあり、香り高い菖蒲や蓬を家々の軒端に飾ることで邪気を祓う力があるとされ行われてきました。
端午の節句に「菖蒲湯」「軒勝負」を体験して、日頃の邪気を祓ってみてはいかがですか。

 

尾身副座長も寝耳に水、専門家会議廃止。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「友引」の葬儀は縁起が悪い?

2020年 06月24日 - 日常

東京都は今日(24日)、都内で新たに55人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
一日の感染の確認が50人以上となるのは、大型連休中の先月5日以来で、先月25日に緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多くなりました。
コロナに限らず、季節の変わり目になると体調を崩しやすくなるという方も多いのではないでしょうか。
急な気温の変化や生活環境の変化など、体調を崩す原因は様々です。

さて、親しい人とお別れする場合、まず決めなければならないのが「日取り」です。
現在、お通夜とお葬式では「友引」を避ける傾向にあり、火葬場でも「友引」の日は休業すると ころもあります。
カレンダーを購入すると、日付ごとに「大安」や「仏滅」などといった言葉が書かれていますが、これは日ごとの運勢を暦に記載する暦注の一つで「六曜(ろくよう)」と呼ば れており、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類に分けられています。
現在、お葬式を行う際に「友引」を避けられているのは、縁起の悪い出来事に友を引き寄せてしまうという迷信から来ています。
本来「友引」の意味は、〈共に引き分ける 〉という意味ですが、これが〈友を引く〉という意味として捉えられるようになったのが大きな間違いの理由です。
「仏滅」と同様、「友引」も仏教とは何の関係もありません。
このような迷信が長く信じられていることで、現在では全国的に「友引」に葬儀が行われない地域がたくさんあります。
「友引」に関する扱いは、暗黙のマナーとして認識されがちではありますが、あくまで迷信から来ているものですので、必ずしも守らなければいけないわけではありません。
現在は「友引」に関して柔軟にとらえる人も増えてきましたが、年配の方などはこの迷信を大切にしている人もいるようです。
「友引」は、本来悪い日ではないにしろ、弔問する方が嫌がる可能性があるため、葬儀や告別式を友引に行うことは避けているという方は多くいます。
万が一、 葬儀が「友引」に当たりそうな場合は一日遅らせ、お通夜を「友引」に当てることもありますし、「友引」にお通夜を行うことは、昔からの風習を鑑みても何も問題はありません。
葬儀も法要も、型にとらわれず、故人に対する心のこもったご供養を行うことが肝要です。
またの機会がありましたら、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」について、それぞれ持つ意味と読み方を詳しく述べたいと思います。

 

ユニクロ柳井氏、京大研究機関に100億円寄付。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

雨だからこそ美しい花。

2020年 06月23日 - 日常

雨だからこそ美しく咲く花もあります。
しっとりと雨に濡れる風情に心を動かされるのは日本人の美意識ゆえでしょうか? 梅雨の季節ならではの花めぐりも楽しいものですね。

紫陽花(アジサイ)は、くすんだ紫陽花の色は太陽の下よりも雨雲の下のほうが映えます。
花のグラデーションがぼかしの効果になって、美しい風情を醸し出します。
紫陽花は色が変化するのが特徴で、土壌が酸性だと青系に、アルカリ性だと赤系になります。
日本は火山地帯で雨も多く弱酸性なので青系が主流ですが、アルカリ土壌の欧州では赤系が大半なので、鮮やかな青紫の色は日本ならではの美しさです。
また、花びらのように見えるのはガクの部分で、中心部に小さな花を咲かせます。
てまり状に咲いているのは「西洋アジサイ」ですが、日本が原産の「ガクアジサイ」は、額縁のように周囲だけに花が咲きます。
もともと紫陽花は日本固有の植物で、長崎出島に来たオランダ人シーボルトが、恋人の「お滝さん」にちなんで「オタクサ」という学名を付けて海外に初めて紹介しました。
それが品種改良され、日本に逆輸入されたのが西洋アジサイです。
紫陽花の名前の由来は、もともと日本では「集真藍」(あずさあい)といい、これが「あじさい」に変化しました。
やがて、白居易の詩から「紫陽花」という字が当てられるようになり、色の変化から「七変化」(しちへんげ)という別名もあります。
東京周辺では、鎌倉の「明月院」があじさい寺として有名ですが、その他にも紫陽花の名所は多数あり、6月はあじさい祭りが各地で開催されるのが例年ですが、今年はコロナウイルス感染拡大防止の影響で、ことごとく中止になっているのはザンネンですね。

 

沖縄「慰霊の日」、地上戦から75年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

北原白秋作詞の「雨」。

2020年 06月22日 - 日常

作詞:北原白秋、作曲:弘田龍太郎 の童謡『雨』を知っていますよね。
詞は、大正7年(1918)『赤い鳥』に発表され、曲の発表は大正8年でした。

1 雨がふります 雨がふる 遊びに行きたし 傘はなし 紅緒(べにお)の木履(かっこ)も 緒が切れた
2 雨がふります 雨がふる いやでもお家で 遊びましょう 千代紙折りましょう 疊みましょう
3 雨がふります 雨がふる けんけん小雉子(こきじ)が 今啼いた 小雉子も寒かろ 寂しかろ
4 雨がふります 雨がふる お人形寢かせど まだ止まぬ お線香花火も みな焚(た)いた
5 雨がふります 雨がふる 昼もふるふる 夜もふる 雨がふります 雨がふる

以上のように、『雨』は歌詞が5番までありますが、すべて「雨がふります 雨がふる」ではじまります。
特に5番の歌詞は「雨がふります 雨がふる 昼もふるふる 夜もふる 雨がふります 雨がふる」となり、梅雨のじめじめしたうっとおしさが感じられ、すばらしい?描写です。
私が子どもの頃は北原白秋がこの歌詞で表現したようなうっとおしい毎日が続いていましたが、昨今は梅雨入りしてもカラ梅雨の年が多いです。
梅雨の時期はいやなうっとおしい季節というのは、今の子どもには実感できないのだろうと思います。
『雨』は、もの哀しい曲調と「傘はなし」という歌詞から、貧しい家庭を想像してしまいますが、よくよく聴いてみれば、この子には今、鼻緒が切れているとはいえ赤い鼻緒の下駄があり、千代紙もお人形も、線香花火もあるのですね。

 

接触確認アプリ「COCOA」 3日間で270万件、でもダウン。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

新月の夏至の日!

2020年 06月21日 - 日常

きょう6月21日は、大安吉日の日曜日、24節気のひとつ「夏至(げし)」、旧暦5月朔日、父の日、そして部分日食と、いくつもの目出度きことが重なった日でした。

夏至は、「夏に至る」と書くように、この日を過ぎると本格的な夏の到来です。
北半球では太陽が1年で最も高い位置にきて、昼間が一番長い日になりますが、冬至の日と比べると、北海道の根室で約6時間半、東京では約4時間40分も長くなります。
ただ、このころは梅雨の時期でもあるため、あまり日が長く感じられないこともあります。
暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛り、農家では田植えに繁忙を極める頃で、暑さのピークは1カ月ほど先になります。
冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至は地方によって様々で、関西ではこの日にタコを食べる習慣があり、関東地方では焼き餅をお供えたりします。
沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といい、この風が吹くと本格的な夏の訪れるそうです。

福島では梅雨空のため部分日食を肉眼で見ることは出来ませんでしたが、各地で観測されました。
日食は、太陽の前を月が横切ることで太陽が欠けて見える現象で、夏至の日に起こるのは、江戸時代以来、372年ぶりだそうです。
それも旧暦1日ですから新月ですよ、神秘的ですね。

 

観光地に、人出が戻り始める。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント