日常

女性の果実が開花。

2019年 06月9日 - 日常

境内のザクロが真っ赤な花をつけています。
甘酸っぱい味わいが特徴のザクロは「女性の果実」と呼ばれるほど、美容や健康によいとされ、世界中の人々に古くから親しまれています。
また、鮮やかなオレンジ色の花が美しいことから、観賞用の花木としても人気があります。
ザクロは、ミソハギ科・ザクロ属に分類される落葉性の小高木で、世界中の亜熱帯地域に生息しており、原産地については詳しくわかっていません。
日本へは平安時代に、中国から朝鮮半島を経由して渡来しました。
そして、赤いザクロの花はまるで「タコさんウインナー」に似ていると思いませんか。

ザクロと鬼子母尊神(きしもじん)さまは非常につながりがあることは一般的に有名です。
私どもは、鬼子母尊神を法華経を修業する人々の諸天善神として祀っています。
そのお姿は一般的に左手に子どもを抱え、右手に「吉祥果(きっしょうか)」を持つことが多いです。
吉祥果とは、鬼子母尊神がもつ魔障を払う果実のことで縁起のいい果物のことで、経典がインドから中国に渡り漢訳されたとき、「吉祥果」という名前になりました。
しかし、漢訳した人たちは吉祥果というものはこの世でみたこともなかった為、それに似ているザクロが代用され、それによって吉祥果=ザクロになったわけです。
そして、それが日本にそのまま伝わって日本でも吉祥果=ザクロになったことの由来により、私どもも境内にザクロの木が植えられているわけです。
実がなる頃にまた詳しく説明いたしましょう。

天皇皇后両陛下、令和最初の結婚記念日。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

5月5日の背くらべ。

2019年 06月7日 - 日常

今日(7日)は、旧暦端午の節句です。
端午は「月の初めの5日」と言うこと(さらに古くは月初めの「午」の日)で、本来は5月に限った呼び名では有りませんでした。
これがいつしか「重日思想」=古代中国にあった月数と日付が一致する日付を特別な日だと考える思想と相まって、5月の5日だけを特別に指すようになったものです。
端午の節供は、五節句の一つで、元はご多分に漏れず中国から伝わった行事です。
この日に菖蒲(ショウブ)や蓬(ヨモギ)を摘み、家や門に飾る風習は、本場中国においては既に「楚辞」に歌われているということですので、少なく見積もっても2400年以上昔から有ったもののようです。

柱のきずは一昨年の5月5日の背くらべで始まる童謡「背くらべ」の歌に「ちまき食べ食べ兄さんが・・・」と言う一節があります。
ちまき(粽)、現在は笹の葉で巻くことが多いようですが元々は茅(ちがや)で巻いたことから「茅巻き(ちまき)」と言ったそうです。
5月5日にちまきを作る風習は、中国の楚の国(揚子江流域)に起こったものとされています。
中国で詩を文学にまで高めた、その第一人者と言ってもよい大詩人、屈原(くつげん)が政争に敗れ、国の行く末を案じつつ河に身を投げたのが5月5日とされ、屈原の霊を慰めるため、ちまきを作って河に捧げたことが始まりと言います。
日本では、ちまきや蓬餅、柏餅などを作り、神様(特に田の神)に捧げ、豊かな実りを祈ったもので、それがやがて田植え前の休養と楽しみ兼ねた祭事となったようです。

関東甲信・東海・北陸・東北南部が梅雨入り。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

様々なことが始まる時期。

2019年 06月6日 - 日常

今日は24節気のひとつ「芒種(ぼうしゅ)」です。
「芒(のぎ)」ある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています。
「芒」とは、米や麦などイネ科の植物で、花の外側についている針のような突起のことで、「禾」とも書きます。
そこから、芒のある穀物の種をまく時期と言われ、稲の場合は種をまくというより、苗を植える形になるので田植えの時期とも言えるのでしょう。

また、能や歌舞伎・狂言などの伝統芸能は、6歳の6月6日に始めると上手になると言われています。
そのため、6月6日は「楽器の日」「生花の日」などが制定されています。
なぜこの日に初稽古を行うと良いのか、そこには諸説あります。
指を使って親指から順に数字を数えていくと、6の時に小指が立ちますよね。
そこから「子が立つ」ということで、縁起が良いとされています。
室町時代に能を大成したことで有名な世阿弥(ぜあみ)は「風姿花伝」という著書を残していますが、その中で、能は数えで7歳(つまり6歳)から始めると書かれており、そこに由来したとも言われています。

稲作活動が本格的に始まったり、芸事の初稽古が行われたり、芒種は様々なことが始まる時期といえます。
1年もそろそろ半分を迎えようとしていますので「あ、今年もやりたいことできなかったな…」と後悔しないためにも、ぜひこの時期に何か始めてみてはいかがでしょうか。

安倍総理、伊藤博文さんがお嘆きですよ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

世紀末ウィーンを代表する画家。

2019年 06月5日 - 日常

クリムトを皆さんはご存知ですか?
グスタフ・クリムトは、世紀末ウィーンを代表する帝政オーストリアの画家です。
昨年はクリムトが没後100年を迎えたことと、今年はオーストリアと日本が修好150周年を迎えることを記念していくつかの企画展が開催されています。
華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつ彼の作品は、いまなお圧倒的な人気を誇ります。
東京都美術館で開催されている「クリムト展 ウィーンと日本1900」 (~7/10)を観てきました。
今回の展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介していました。
その中でも著名な代表作のひとつ「ユディト1」が展示され、油彩画に初めて本物の金箔を用いた作品、そして額縁はクリムト自身のデザインによるそうで、その質感がすごかったです。

作品以外に驚いたのが、クリムト家の話です。
クリムト家は長男クリムトと2人の弟、姉に3人の妹、父母の9人家族なのですが、父はクリムト30歳の時死去、妹アンナと弟エルンストは若くして死去、母と姉クララは鬱病だったそうで、悲劇の家系だと知りました。
クリムトは死をテーマにした作品が多いですが、世紀末の悲観的な空気に加えて、彼の家庭事情も作風に影響していることは間違いないですね。
さらに異常に女性の身体に興味があり、人気絶頂期には15人のモデルが寝泊まりし、少なくとも14人の非嫡出子(結婚してないけどできた子供)がいたという事実は、羨ましいようなそうでもないような・・・。
男は死に近づくほど子孫を残さなきゃ!という本能があるとしても14人とは、ものすごいエネルギー。
クリムトをここまで知る機会はなかったので、嬉しい展示で満足しました。
当日ご一緒した友人は、翌日「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」(~8/5 国立新美術館)と、「世紀末ウィーンのグラフィック」(~6/9 目黒区美術館)も観たそうですから、驚愕至極です。

山ちゃん、蒼井優と結婚。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

カエルの歌が聞こえてくるよ

2019年 06月4日 - 日常

昨日、お寺の前の田んぼに映る青空=長閑な田園風景を、都会に住む親しい友人にLINEで送信したら、「カエルの鳴き声はするの?」と返信がありました。
もちろん日の中でも少しはありますが、夜になるとカエルの歌が聞こえてきます。
♬ かえるのうたが
  きこえてくるよ
  クヮ クヮ クヮ クヮ
  ケケケケ ケケケケ
  クヮクヮクヮ  ♪
童謡「カエルの合唱」は一般的に、作詞:岡本敏明、作曲:ドイツ民謡と表記されることが多いのですが、原曲の作詞者については、ドイツ国歌やドイツの童謡『ぶんぶんぶん』『かっこう』などで知られる19世紀ドイツの童謡作家ホフマン・フォン・ファラースレーベンであることが判明しています。
しかし、メロディのルーツについては未だ判明していないそうです。我が家の前の田んぼのカエルは、「クヮ クヮ クヮ クヮ ケケケケ ケケケケ クヮクヮクヮ」なんて可愛いものではなく、「グヮ グヮ グヮ グヮ ゲゲゲゲ ゲゲゲゲ グヮグヮグヮ」と濁音で泣き叫んでいます。

今日、中国の北京で民主化を求める学生らの運動が武力で鎮圧され、大勢の死傷者が出た天安門事件から30年を迎えました。
中国政府は「巨大な発展の成果が当時の行動が完全に正しかったことを示している」として、当時の対応は正しかったと改めて主張しました。
無名の反逆者(むめいのはんぎゃくしゃ)を覚えているでしょうか?
天安門事件の直後、天安門広場に通ずる長安大街の路上で撮影された、戦車の行く手を遮る映像に登場する男性のことです。
共産党政権の正当性を揺るがしかねない天安門事件は30年が経つ今も、中国では自由に論じることはできず、当局の監視は厳しさを増しています。

羽生九段が歴代最多の1434勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

珠玉の名品を思う存分。

2019年 06月2日 - 日常

今日もお天気に恵まれ、初夏の爽やかな一日でした。
梅雨入り前の晴天を利用して、身も心も、さらには生活環境をも風通し良くしたいものですね。

今日で閉展になりましたが、先日上京した時に観た「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」(東京国立博物館)について記します。
この特別展は、皇室ゆかりの名品である狩野永徳筆「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の作である国宝「檜図屏風」を、同時公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会でした。
狩野永徳&狩野常信の「唐獅子図屏風」の迫力を感じるだけでも充分満足です。
この作品は毛利家に伝わっていたのですが、その経緯は本能寺の変の際、豊臣秀吉が至急の和睦のためこの屏風を毛利に贈ったそうで、秀吉の天下取りのきっかけとなる歴史の証拠品です。
特に永徳の右隻はすごいド迫力で、左隻の常信の唐獅子に比べて永徳の唐獅子の肉厚感を感じることが出来ました。
雪舟の「秋冬山水図」は意外と小さくてビックリ。
北斎の「西瓜図」はユーモラスで、なんか謎めいてます。
芦雪の「花鳥遊魚図巻」は芦雪が得意そうなモチーフがたくさん描かれていて、見ていて楽しかったです。
作品数は少なめでしたがとても充実していて、平安時代から近代までの選りすぐられた名だたる日本美術の名品をいっぺんに観ることができ満足しました。
次の機会があったら、また楽しみですね。

続く家庭内殺人、元農水事務次官も。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

水の月=水無月

2019年 06月1日 - 日常

今日から6月、別名は「水無月(みなづき)」です。
梅雨入りする月の名前が「水が無い月」なんて?と思うかもしれません。
実は「水無月」の ”無” の字は、”の” に該当する連体助詞ですので、水が無い月どころか、「水の月」というドンピシャの意味なんです。
田んぼに水を引く時期であることから、水の月=水無月と呼ばれるようになったと言われています。
紫陽花や梔子の花が咲き始め、雨がより緑を濃く引き立たせる季節のはじまりですね。

そして今日(1日)は「衣替え」です。
近年は季節外れの陽気が続く日もあり、ゴールデンウィークごろから早々に半袖にチェンジする人がいるほどシーズンレスになりました。
そのため「この日から夏装束に変わる」と言われてもピンとこないかもしれません。
でも衣替えは、平安時代の宮中行事に端を発する、歴史のあるイベントです。
当時の衣替えでは衣類だけでなく、手に持つ「扇」の素材も夏仕様にしていました。
時代が下って鎌倉時代ごろになると、お部屋の調度品の取替も含めるようになっています。
お坊さんの袈裟・衣、もちろん法具も夏バージョンに代わります。
今月も元気に頑張って乗り切りましょう。

福島発、五輪聖火リレールート発表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

観ることができない角度から。

2019年 05月31日 - 日常

5月も今日で最終日を迎え、「令和」に入ってひと月が過ぎたことになりますね。
皆さんの中では何か変化がありましたか?
法華坊主は、粛々と日々を過ごしただけで普段の月末と大差なく5月を終わろうとしています。

先日観た「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」特別展は、360度圧巻の空海ワールド⁉とPRされています。
東寺の最大の見どころは、空海にゆかりの深い密教・真言宗の古刹として、数々の輝かしい国宝級の寺宝を多数所蔵していることです。
庭園内にそびえ立つ五重塔は言うまでもないですが、絶対に見逃せないのが講堂に安置された荘厳な21体の仏像からなる「仏像曼荼羅」です。
その「立体曼荼羅」を構成する21体の仏像群のうち、史上最大となる国宝11体を含む全15体が東京国立博物館・平成館の広大な展示スペースに集結したのが、今回の特別展です。
東寺講堂よりも遥かに広い展示空間の中、美しいライティングが施された360度型展示で、1体ずつゆっくりと鑑賞することができます。
東寺講堂での配置では絶対に観ることができない角度から、密教美術の最高傑作を、ナビゲーターと共に思う存分味わうことができました。

東寺(教王護国寺)は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立されました。
唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。
2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。
空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いています。

ヤクルト、49年ぶり15連敗。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ハンバーグ&キッシュ

2019年 05月30日 - 日常

おおむね高気圧に覆われた今日は、ほぼ晴れの快適な一日でした。
日中、ランチを食べに先日紹介した「プティリジエール」に行ってきました。
11:50ころにお邪魔したら満席で、外のベンチでひと休みしていましたら、吹く風爽やかでとても心地よい空間でした。

いただいた開店特別プランの「スペシャルランチプレート ハンバーグ&キッシュ」は、最初に大盛の新鮮サラダ、続いてスープ、メインのハンバーグに加えドリンクとデザートが出てきました。
シェフの特製デミグラスソースは赤ワイン入れた大人のテイストで、国産の豚肉と牛肉の合挽きを使ったハンバーグパティをじっくりジューシーに焼き上げられていました。
メインの大皿には、自家製のパイ生地に生クリーム卵チーズを流し入れベーコンやハムや旬野菜を入れて焼いたフランス郷土料理・キッシュが添えられていました。
私たちの後にも次々とお客さんが訪れ、大盛況のようでした。
アルコールメニューも厳選されており、間もなく始まるディナーも楽しみです。

安倍首相「風、コントロールできない」  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

東京、とんぼ帰り。

2019年 05月29日 - 日常

今朝、早い新幹線で東京へ行ってきました。
目的は、閉幕時期が迫った展覧会を見逃すまいと思っての上京です。
ひとつ目の「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」展を観覧して小休止の時に寺から電話が入って、それは檀家の方の訃報でした。
本来なら明日まで東京滞在のつもりでしたが、急遽予定を変更して帰福することにし、午後から急いで「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」展と「クリムト展-ウィーンと日本 1900」展を観賞してきました。
いずれも特徴ある企画展で、ナビゲーターとも満足いくものでしたので、追って観後感を公開します。

お坊さんの仕事も場合によっては予定のドタキャン不可欠で、思うようにならないものです。
しかし戻ってきておつとめした枕経のあとに、ご遺族から感謝の言葉をいただくと、自分の役目の重大さを再認識いたします。
明日のお通夜、明後日の告別式をシッカリ厳修いたさねばと・・・。

また桜田発言「子供最低3人くらい産むように」。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント