日常

光陰矢の如し=師走

2018年 12月1日 - 日常

今日から12月=師走(しわす)です。
師走とは、この時期に僧がお経をあげるために東西を馳せることから、「師が馳せる月」⇒「しはせつき」⇒「しわす」となったといわれています。
「師」は「僧」を指すのが一般的で、「馳せる」は「走る。急いで行く」という意味です。

そして今日は「映画の日」でもあります。
映画の日は、1896年(明治29年)11月25日に神戸倶楽部で映画が一般公開されたのを記念して、日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)が制定した記念日です。
この年から数えて60年目にあたる1956年に、切りのいい12月1日を「映画の日」と制定し、日本における映画産業発祥(有料での公開)を記念する日となったそうです。
なお、この神戸倶楽部で公開されたのは、今日のスクリーンに映写されるタイプではなく、1人ずつ覗き込んで見るタイプの「キネトスコープ」と呼ばれるもので、発明はエジソンによるものだそうです。
昨日都内のホテルで行われた第63回「映画の日」中央大会の式典では、映画業界で40年以上勤続した永年勤続功労章受章者37人の表彰が行われ、日本映画界に多大な貢献をした者に贈られる特別功労章を編集技師の石井巌氏、映画監督の是枝裕和氏、録音技師の紅谷愃一氏が受章しました。
今年の映画界に最も寄与した作品に授与される第36回ゴールデングロス賞の授賞式も行われ、興収90億円突破の大ヒットとなった「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が日本映画部門で最優秀金賞を受賞。
優秀銀賞は同じく90億円突破の「名探偵コナン ゼロの執行人」、53億円の「映画ドラえもん のび太の宝島」、45億円の「万引き家族」、37億円の「銀魂2 掟は破るためにこそある」が受賞し、久しぶりに実写の邦画が存在感を示した模様です。
興収30億円突破の大ヒットとなっている上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」が特別賞を受賞したのもうなずけます。
映画評論家の名言じゃないけれど、「いやぁー、映画って本当に良いもんですね!」「それではまた次回をお楽しみに、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!」。

米国・ブッシュ(父)元大統領が死去 94歳。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

自然体の佇まいにしんみり

2018年 11月30日 - 日常

上京中の美術展鑑賞記はチョッとお休みして、映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」について記します。

エッセイストの森下典子さんが約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり、人気を集めたエッセイ「日日是好日『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を、黒木華主演、樹木希林・多部未華子の共演で映画化(監督:大森立嗣)されたものです。
茶室の中のような凛とした空気が張り詰めた清々しい作品ですが、かと言って決して堅苦しさはなく、茶道を体験してない方でも茶道の奥深さの一端に触れられたような気分になります。
それもこれも希林さんの稀有な存在感あってこそとつくづく思います。
目まぐるしい現代と一線を画す、熟成された様な刻の流れと、もうお目にかかれ無い希林さんの自然体の佇まいにしんみりさせられます。
「まず形から。先に形を作っておいて、後から心が入る」
「雨の日は雨を聴く。雪の日は雪を見る。夏には暑さを、冬には身の切れるような寒さを、五感を使って全身でその瞬間を味わう」
「世の中にはすぐわかるものとすぐわからないものがある。すぐにわからないものは長い時間をかけて、少しずつ気づいてわかってくる」
等々、希林さんが発する名言は、心を打ち涙がぽろり。
二十四節気による季節の移り変わり、床の間の掛け軸の解釈、季節の茶菓子の名前と由来、いろんな角度からお茶の世界を垣間見ることができました。
「カメ止め」とは異なり、穏やかで落ち着いたいい映画、いい時間でした。
イオンシネマ福島は平日の午前1回だけの上映で、ほとんどが中高年女性。
上映期間も少なくなってきましたからぜひ足を運んでみてはいかがですか?
僕の次作は「ボヘミアン・ラプソディー」。

今年も残り1ヶ月、31日、744時間。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

東山ブルーが清涼な色彩

2018年 11月29日 - 日常

昨日の美術展巡りの第二弾!
「ボナール展」と同じく国立新美術館で開催されている「東山魁夷展」は、彼の生誕110周年を記念する回顧展です。
横浜に生まれた東山魁夷(1908~1999年)は、情感にみちた静謐な風景画により、戦後を代表する国民的日本画家と謳われてきました。
東京美術学校を卒業した東山魁夷は、昭和8年にドイツ留学を果たし、後の画業につながる大きな一歩を踏み出しましたが、その後、太平洋戦争に召集され、終戦前後に相次いで肉親を失うなど、苦難の時代を過ごしました。
どん底にあった東山に活路を与えたのは、自然が発する生命の輝きで、昭和22年に日展で特選を受賞した「残照」の、日没の光に照らされて輝く山岳風景には、当時の東山の心情が色濃く反映されており、新たな感動を得ました。
この展覧会では、完成までに10年の歳月を費やした、東山芸術の集大成とも言える「唐招提寺御影堂の障壁画」を特別に再現展示されており、これも必見です。
東山絵画との対面は、平成25年秋、地元の大山忠作美術館(二本松市)で催された「文化勲章受章画伯による心の復興支援〈五星山展〉」(東山魁夷・髙山辰雄・平山郁夫・加山又造・大山忠作)以来か?と思いましたが、去年の今ごろ中山・法華経寺の帰りに訪ねた「東山魁夷記念館」(市川市)においても清澄な画面を拝見したことを思い出しました。
今回も東山芸術特有の、装飾性を帯びた構図においても自然らしさを失わず、青が印象的な清涼な色彩の力も駆使し、見る者の感情とも響きあう独自の心象風景を鑑賞することが出来、感動一入です。

東山絵画には、「光昏」「秋翳」「月篁」「谿紅葉」「濤声」等々の作品名の如く、凡人には読めない字、書けない字、意味の分からぬ単語などが多く、同行人と首を傾げコソコソ囁きながら観て巡りました。
ちなみに会場となった国立新美術館は、日本で5館目の国立美術館として平成19年1月に開館し、地下1階、地上4階、敷地面積30,000㎡、延床面積47,960㎡は日本最大で、黒川紀章設計の美術館としては最後のものです。

男鹿のナマハゲなどユネスコ無形文化遺産に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本かぶれのナビ

2018年 11月28日 - 日常

今回の上京で、所定の仕事を終えた後、美術館巡りを楽しんできました。
はじめに「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」、次に「生誕110年 東山魁夷展」、続いて「ムンク展-共鳴する魂の叫び」、最後に「フェルメール展」を観てきました。
この4本以外にも、突然のオプションが加わったりして2日間に亘る楽しい鑑賞会でした。
今日は、最初に観た「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」についてお話しします。

ピエール・ボナール展(9月26日~ 12月17日)は、六本木の国立新美術館を会場に開催されています。
19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(1867‐1947年)は、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により、「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出します。
今回の見どころは、
1)オルセー美術館のボナール・コレクションが一挙来日(約30点は初来日)
2)「日本かぶれのナビ」と呼ばれたボナールの日本美術への傾倒ぶりを紹介
3)ボナールのミューズ・謎多き女性マルトが展覧会を彩る
4)見ることのプロセスを絵画化した「視神経の冒険」に迫る
5)ボナールの愛した犬や猫があちこちに登場
の5つですです。
この展覧会では、オルセー美術館のコレクションを中心に、油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点など130点超の作品で構成されており、豊かな色彩で彩られた穏やかな情景の背後に秘められている、ボナールの飽くなき冒険の足跡を辿ることが出来るのではないかと思います。
来月17日までですが、是非ご覧になって下さい。

コラムニスト勝谷誠彦さん、肝不全で死去57歳。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

小春日和と木枯らし

2018年 11月27日 - 日常

先週土曜日から今日まで、所用と趣味を兼ねて上京していましたが、昼はポカポカ、まさに「小春日和」で晩秋と思えぬ暖かさでした。
小春とは旧暦10月の別名で新暦の11月から12月初め頃にあたり、小春日和の季節は春ではなく、秋~初冬となります。
移動性高気圧に広く覆われて晴れた日や冬型の気圧配置がゆるんで晴れた日などは風が弱く、日差しを浴びると暖かく感じられ、小春日和となります。
小春日和という言葉は、山口百恵の「秋桜」の歌詞でも有名ですが、昔から様々な作品に登場します。
詩人・島崎藤村は、千曲川のスケッチの中で、小春日和が最も心地の好い時の一つであるとしています。

また、木枯らし1号とは、西高東低の冬型の気圧配置となりその年初めて吹く北よりのやや強い風のことで、東京地方と近畿地方でのみ発表されます。
例えば東京地方では、北よりの風速8メートル以上の風が吹くと、気象庁はその風を「木枯らし」と認定し、最初の木枯らしを木枯らし1号として発表しています。
東京地方の木枯らし1号は、期間が「10月半ばから11月末」と定義されていますので、今月30日(金)までに吹かなければ、今年の発表はなしということになります。
これからも木枯らし1号となるような強い北西の風が吹く可能性は低く、39年ぶりの発表なしが濃厚となってきました。

元貴乃花親方、景子さんと離婚、結婚23年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

この時季の楽曲といえば

2018年 11月25日 - 日常

法華坊主と同世代の皆さんは、この時季(晩秋~初冬)の歌と言ったら何を選ぶのでしょうか?
「恋人よ」(五輪真弓)
「木枯らしに吹かれて」(松山千春)
「冬が来る前に」(紙ふうせん)
「黄昏」(岸田智史)
「冬がはじまるよ」(槇原敬之)
「さよなら」(オフコース)  等々、チョッと思い起こしてみても名曲ぞろいです。

テレビ番組やラジオでは秋になると流れる機会が増える楽曲、南沙織の9枚目のシングル『色づく街』が、僕は好きです。
♬ 街は色づくのに  逢いたい人はこない 人のやさしさ  人のぬくもり  あー通り過ぎてわかるものね ♪
後に、三田寛子・高橋真梨子・水野美紀ら、ベテラン歌手から新人アイドルまで様々な歌い手がカヴァーレコーディングしており、聴いたこともある人もいるでしょう。
南沙織は沖縄県出身で、夫は写真家・篠山紀信さん、二男はタレントの篠山輝信です。
カトリック信徒で、英語名「シンシア(Cynthia 月の女神、蟹座の守護神の意)」を愛称としています。
1971年のデビューということで、天地真理、小柳ルミ子と並んで「3人娘」と呼ばれていましたけど、イメージが対照的で且つ今のお二人をみたら一緒にしないで!というのが本音。
吉田拓郎は彼女のファンであることを再三にわたって公言しており、かまやつひろしと組んでリリースした「シンシア」は、南沙織に捧げた楽曲です。
「あの人は今!」みたいなコーナーに、やたら出てこないのもいいですね。

今日は三の酉、火の用心。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

難事を忍ぶ強い精神力

2018年 11月24日 - 日常

今朝の最低気温は、-1.9℃、今季一番の寒さでした。
初冠雪の後に融けてしまった吾妻安達太良連峰の頂も、ふたたび白い綿帽子を被っています。

三連休の中日、いかがお過ごしでしたか。
今年もひと月余りとなりましたが、一年色んなことがありましたね。
思うようにいかないのが私たちの人生で、不幸や災難は、不意に容赦なく襲ってきます。
そんな中で大切なのは「負けるものか!」と立ち向かう心です。
『法華経』の中にも「當(まさ)に忍辱(にんにく)の鎧(よろい)を著(き)るべし」と励ましの言葉があるように、この難事を忍ぶ強い精神力が必要ですし、その意志の力こそが事態を好転させてくれます。
「災い転じて 福となす」とは、私たちは禍いに出遭ったおかげで、自分自身を見直す機会を得、人生の本当の価値に気づくことが出来るとも言えます。
迫害の御生涯を送られた日蓮聖人は、迫害を加えた人々に対して、「良き師、良き友である」と感謝の言葉を送られています。
災禍の中では、その生き方が試される時です。
その禍いを転ずる力が、お題目の経力ですから、日々の信仰にますます精進いたしましょう。
陸上に例えるならば、今年も最終コーナーを回って最後の直線に入りました。
ゴールテープを目指して、もう一息頑張りましょう。

大阪、55年ぶり2025年万博開催が決定。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

生産を祝い勤労をねぎらう

2018年 11月23日 - 日常

先月末にハロウィンでフィーバーした若者の皆さん、元気にしてますか。
今日(23日)は「新嘗祭(にいなめさい)」、簡単にいうと収穫祭です。

そして今日は「勤労感謝の日」。
明治6年に、農作物の収穫を祝うために祝日が設けられたのが「勤労感謝の日」の起こりです。
1948年(昭和23年)に「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」として制定され、農作物に限らずすべての生産を祝い、勤労をねぎらう祝日になりました。
勤労感謝の起こりは、旧暦11月の第2卯の日(新暦12月中旬ごろ)に行われていた「新嘗祭」です。
「新嘗祭」は、新穀を神様に捧げ、その年の収穫に感謝する儀式で、昔は穀物を献納し、神様に新米を供えて初めて、人も新米を食べることができたのです。
今でも皇室では、宮中祭祀の中の最も重要なものとされており、天皇陛下が神嘉殿(しんかでん)において新穀を皇祖はじめ神々に供え、神恩を感謝された後、陛下自らも召し上がる儀式が執り行われています。
刈取りと脱穀を同時にするコンバインが現れ、新嘗祭を待たずに皇室より先に新米がいただけるようになった平成の稲作。
日本の収穫祭の由来も理解せず、ハロウィンの意味も分からずにただ変態仮装して、社会の迷惑になっている平成の若者。
勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう心をもう一度考え直す、平成最後の「勤労感謝の日」、これが法華坊主の雑感です。

金農・吉田、背番号は18。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ひとつだけ取り残す心

2018年 11月22日 - 日常

今日(22日)は、24節気の「小雪(しょうせつ)」で、冬とはいえまだ雪はさほど多くない、という意味です。
木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃なのですが、今年は11月に入っても温かい日が続き、本州で季節外れの「夏日」も記録しました。
ようやくここに来て北海道・札幌でも128年ぶり遅い初雪を観測し、各地で初冬の寒さが舞い下りて、街行く人々も一気に冬の装いになってしまいました。
でも、「寒波」というように寒気には波があって、移動性高気圧に覆われると暖かく感じる日もあり、「小春日和」となりますね。

「木守り(キマモリ)」という言葉をご存知ですか?
柿などの果樹で実を取りつくさずに、枝にひとつだけ取り残しておいたものを「木守り」と言います。
最後の1個は神様に捧げる、鳥のために残しておくなどの言い伝えがあります。
豊かな実りを与えてくれた自然に感謝し、来年もよく実るようにというまじないですが、枯れた木の枝にひとつポツンと残る紅い実は、晩秋ならではの風景です。
日常生活においても、あれもこれも、なにもかにも、と欲張らず、木守りの心を大切にしていただきたいですね。

いい夫婦の日、調査⇒妻は8割不満。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

払っても払っても離れない

2018年 11月21日 - 日常

皆さんは「濡れ落ち葉」という言葉を知っていますよね?
「濡れ落ち葉」を調べてみると、本来の意味は「濡れた落ち葉のこと」とは言うまでもありません。

ただ、もうひとつの意味があることをご存知ですか?
濡れた落ち葉が「払っても払ってもなかなか離れない」様子から転じて、主に定年退職後の夫が、特に趣味もないために、妻が出かけようとすると必ず「ワシも(付いて行く)」と言って、どこにでも付いて来る様子を指すようになりました。
子供はいつかはひとり立ちする時が来ますが、夫との関係はそうはいきません。
妻が子育てに夢中になっている間は、夫も仕事に熱中していて、お互いに無関心でいられても、いざ、子供が巣立ち、夫が定年を迎えて、毎日、顔を合わせるようになると、もはや「亭主元気で留守がいい」などと言っていられなくなり、これからの人生を共に向き合って生きていかなければならなくなるのです。
評論家の樋口恵子さんが、あるシンポジウムで伝聞として聞いたもの「近ごろは、粗大ゴミではなく『濡れた落ち葉』と言うのですって」と紹介したことで広まり、「濡れ落葉」として1989年の流行語大賞新語部門・表現賞を受賞したのです。
働いている間は仕事に追われるあまり趣味を持つことはおろか、家庭を顧みることも、地域での活動に参加することもなかったため、退職後いざ何かを始めようと思ってもそのために必要な人間関係もなければノウハウもなく、またそれらを得るために努力しようという意欲もエネルギーもない状態に陥っている輩はいませんか。
法華坊主と同年代の男性諸氏、「濡れ落ち葉」と揶揄されぬよう第二の人生を歩み続けましょう。

韓国政府、慰安婦財団の解散を発表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント