日常

史上初の8強に向けて前進。

2019年 10月7日 - 日常

今朝放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、同局の玉川徹コメンテーターは、周囲ににわかファンが何人もいるとし、「サッカーと比べるんですよね」と明かしました。
「サッカーはちょっとコンタクトプレーがあると、大げさにアピールするでしょ」とした上で、ラグビーは「あれだけぶつかっても、ケロっとしてやってるじゃないですか。あのサッカーは何だったんだっていう感じになるんですよ」と連続で激しいプレーを行う事に驚くと明言。
「(痛がる)そういう風なものが全然ないっていうのが、やっぱりスゴイって見えてるみたいですよ」と選手のフィジカルの強さを力説していました。
ちなみに玉川氏は、大学時代にラグビー部に所属していたそうです。

これまでは、基本的に強豪国と言われる国でしか開催してこなかったラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕し、日本は無傷の3連勝で勝ち点をA組トップの14に伸ばし、史上初の8強入りに前進しています。
札幌から九州まで全国12会場でプレーされ、横浜国際総合競技場で開催されたニュージーランドvs南アフリカの優勝候補同士の対戦は、日本戦ではないにもかかわらず6万人超の観客がスタジアムに押し寄せ熱気に包まれました。
日本ラグビー界は、前回大会の活躍後に新たな観客の獲得のチャンスを自ら不意にしてしまった苦い過去の反省を踏まえ、一丸となって「にわかファン」獲得に向けて様々なアプローチを行っています。
そんな中、観客の姿で目につくのがラグビー観戦は初めてだという「にわかファン」の存在。
もちろん私も「にわかファン」ですが、自国開催ですし、その場限りでも盛り上がるのは多いに結構じゃないですか。

そんな中、安倍首相は日本代表のジャージーを着て、20日に東京・味の素スタジアムで行われた開幕戦(日本対ロシア)を、森喜朗元首相、麻生太郎副総理兼財務相らとともに観戦しました。
汗水流す純粋なスポーツと、あなた方の汚れた政治とは一緒にしてほしくない!
あなた方もしっかりとスクラム組んで、国民に歓喜されるような政治を行ってください!
これが、ラグビーを観た後の国民の感情ではないでしょうか?

二本松の提灯祭り最終日、熟観してきました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

変わりやすい秋の空。

2019年 10月6日 - 日常

昨日のように、秋の空は高々と澄んでいて気持ちのいいものです。
雲も刷毛でさっと描いたような薄く軽やかですから、空の高さを引き立てます。
でも、未明からの雨のように、変わりやすいのも秋の空です。
ある統計では10月に1ミリ以上の雨日数を調べると10日あったそうですから、これは3日に一度は雨の日ということですね。
変わりやすい天候を「女心と秋の空」などと変わりやすいものの例えになっていますが、本来は男心が正しいのだとか。
広辞苑を調べると確かに「男心と秋の空」とあり〈変わりやすいもののたとえ〉と書いてあります。
どうして、「女心」になってしまったのでしょう。
劇作家の宇野信夫さんは歌劇「リゴレット」の中で〈風の中の羽根のように、いつも変わる女心〉と歌われたことから、いつの間にか男から女に変わったのでは、と書いています。
女でも男でも変わりやすいのは心ということでしょうか。
秋雨前線がかかると、うっとうしい気分になります。
春の雨なら一雨ごとに暖かくなって木々の芽も膨らんでいきますが、秋の雨は次第に冷たくなって、どことなく哀愁を感じさせられます。
最近は、日本にも大型化した台風がやってきて驚きます。
10月は実りの月、台風で台無しにならないことを祈るばかりです。

一年中、何でも揃うスーパーでもやはり10月になると、リンゴ・梨・葡萄・柿・イガつきの栗など果物売り場の彩りが違います。
そして、実りの秋といえば、新米の味を忘れるわけにはいきませんね。
炊きたてご飯の美味しさはやはりこの季節の筆頭ではないでしょうか。

ラグビーWC・プロ野球CS・世界陸上・日本女子OP等々、TV観戦しながら食欲の秋とスポーツの秋を満喫する休日のリビングです。

山梨の女児不明、大規模捜索打ち切り。  法華坊主 joe  

投稿記事を読む - コメント

農耕儀礼と結びついた秋祭り。

2019年 10月5日 - 日常

収穫の感謝と、翌年の豊作を祈願する秋祭り。
実りの秋は全国各地で秋祭りが行われます。
郷土の伝統や歴史を再現したものや、農耕儀礼と結びついたものなど、夏のお祭りとは違った風情を感じさせてくれます。

県重要無形民俗文化財の「二本松の提灯祭り」は今日から7日まで、二本松市の中心市街地で繰り広げられます。
今年から開催期間が10月第1土曜日から月曜日までの3日間に変更されました。
これも時代ですよね。
初日は午後5時半から亀谷ロータリーで「七町合同引廻し」の出発式を行ったあと、二本松神社の御神火を七町の各太鼓台に取り付けた約300個の紅提灯に移します。
午後5時50分から若連が伝統のおはやしを響かせながら深夜まで城下町を練り歩くお祭りです。
資料によるとその由来は、今から約370年前(寛永20年・1643年)、丹羽光重公が二本松城主として入部した際、「よい政治を行うためには、領民にまず敬神の意を高揚させること」と考え、現在の栗ヶ柵に二本松神社をまつり領民なら誰でも自由に参拝できるようにしたのが、提灯祭りの始まりといわれているそうです。

日本では、提灯を古くから祭礼や儀式などに使用してきました。
さらに江戸時代には庶民にも広く普及し、全国的に闇夜を照らす華やかな提灯を使った祭も登場してきましたが、その中で「二本松の提灯祭り」、秋田の「竿燈祭」、愛知の「尾張津島天王祭」を、「日本三大提灯祭」と称されているそうです。
「秋田竿燈祭」は、東北を代表する夏祭りで、国指定重要無形民俗文化財です。
たくさんの提灯を吊した竿燈(かんとう)を稲穂に見立てて練り歩く姿を見ようと多くの観光客が集まります。
大きな竿燈をバランスよく掲げ、額や肩・腰などへ流す妙技も伝統の技として注目です。
「尾張津島天王祭」の宵祭は、川辺で繰り広げられる行事の美しさで有名です。
津島五車による巻藁(まきわら)船が津島笛を奏でながら進むとき、船を灯す提灯の華麗さとその光が水面に揺らぐ光景が、人々を魅了してきたお祭りで、国指定重要無形民俗文化財です。

ラグビー日本3連勝、サモアに38ー19。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

縁結びの神社として殺到。

2019年 10月4日 - 日常

10月は「神無月(かんなづき)」とも言い、神が無い月と書きます。
日本には古来から、自然のものにはすべて神様が宿っているという、八百万の神という考えがありますが、毎年10月になるとその神様が島根県の出雲大社に集まると言われています。
そのため、10月は近くの神社などにお参りに行っても神様が不在になってしまい、「神無月(かみなしづき)」と呼ばれるようになったと言われています。
神無月は神無し月という意味があると言われていますが、実はこれは俗説で、本来は「神の月」が由来になっている説が現在のところ有力とされています。
無という字には「の」という意味があり、それを当てはめると神の月となるわけで、水無月も同じです。
10月と言えば、これから稲などの穀物が実りを迎える時期で、田の神を始め五穀豊穣を願って神を祭る月というのが、神無月の由来だと言われています。
ところで、全国各地の神様は10月に出雲大社に出向いて、一体どのような話をしているのか気になりませんか?
集まった神様は、五穀豊穣や来年の天気についてなどを話し合う他、男女の縁結びについても話し合われているそうです。
出雲大社は縁結びにご利益があるとよく言われますが、このことも大いに関係しているようです。
全国各地の神様が出雲大社に向かって不在になる一方で、出迎える側の出雲大社には多くの神様が集まることになります。
そのため、出雲大社では旧暦の10月に合わせ、新暦の11月には「神在祭」という祭事が行われます。
また、神無月は全ての神様が出雲大社に集合するわけではなく、留守番をする神様もいると言われており、その中には福の神として有名なえびす様がいます。
そこで、毎年10月20日にはえびす様をおもてなしする「恵比寿講」が行われていたのをご存知でしたか。

偉そうなことを言っても、アタシは出雲を訪ねたことがありません。
出雲に詳しいお友だちを見つけたので、ぜひ近いうちに伺ってみたいと思います。

「まるで暴力団」発言、NHK vs 日本郵政。 法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

チェコ出身のふたりのアーティスト。

2019年 10月3日 - 日常

先月上京したときに千葉市美術館まで足を伸ばし「ミュシャと日本、日本とオルリク」(~10/20)を観てきました。
今回の企画は、アルフォンス・ミュシャとエミール・オルリクというチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとするものです。
ミュシャは、ジャポニスムに湧くパリで、女優サラ・ベルナールを描いた《ジスモンダ》に始まる一連のポスターで名を馳せました。
その評判はすぐさま日本に伝わり、ミュシャの女性像は1900年創刊の雑誌『明星』で紹介されて白馬会を中心とする日本の画家たちー藤島武二や中沢弘光らに絶大な影響を与えました。
一方のオルリクは、プラハに生まれ、ベルリンやウィーンでジャポニスムの潮流にふれて日本への憧れを募らせました。
そのほか、ウィーン分離派の周辺作家や、日本の雑誌『明星』や『方寸』周辺の作品までを展示し、ポスターや版画が果たした19世紀末の東西の芸術交流の様子を検証する展覧会です。
今年はミュシャの没後80年となる節目の年で、7月に東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで、「みんなのミュシャ、ミュシャからマンガへ  ―線の魔術」を観ましたが、今回はかなり毛色も展示作品もそれとは異なるものでした。
さらには、展示は2フロアにわたるなどボリュームも想像以上で、同伴したナビゲーターとともにたっぷり堪能することができました。

パリ警視庁、警官4人が死亡。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年も残すところ1/4。

2019年 10月1日 - 日常

今日から10月、今年も残り1/4となりました。
いま開催中の世界陸上400m走に例えるなら、第4コーナーを回って最後の直線に入ったところでしょう。
今日の話題と言えば「消費税10%に 増税5年半ぶり」「中国建国70年 習氏が米を牽制」「香港デモ 警官発砲で1人重体」「米朝実務協議 5日開催で合意」など国内外で大きな出来事がありましたが、それらについては追ってコメントすることにして、今夜はローカルニュースをお届けします。

立正院のすぐ脇を流れる「境川」を渡ると、二本松市です。
秋を彩る菊の祭典「二本松の菊人形」が始まり、きょう開幕セレモニーが行われ、開場式では関係者らがテープカットを行って開幕を祝いました。
「二本松の菊人形」はことしで65回目を迎えます。
ことしは、海外でも人気が高い「源氏物語」をテーマに、物語のなかの9つの場面を菊人形で再現しています。
二本松には、藩政時代から菊の愛好者が多く、昭和の初期から町に菊人形が飾られていました。
昭和30年から「二本松の菊人形」として、県立霞ヶ城公園で開催されるようになり、今年は来月17日まで開かれます。
同会場内では「にほんまつMumフェスティバル2019」が開催されています。
Mum(マム)とは「菊」の別名で、主に欧米で品種改良された菊が、マムと呼ばれ、近年では重陽の節句や母の日、ブライダルなどでも使われ人気になりつつあり、二本松市内でも様々な色・形の、おしゃれなマムが栽培されています。
これまでの伝統的な菊のイメージと違った、様々なマムを使った作品の展示や体験ワークショップ、アトラクションなど、新たな菊・マムの魅力を体感できるそうです。
二本松市では、300個余り紅提灯が付けられた7台の金箔漆塗りの太鼓台が市街を練り歩く、日本三大提灯祭りのひとつ「二本松の提灯まつり」が10/5~7日まで開催されます。
10/17には二本松市出身の大山忠作をはじめとした、名前の中に「山」という文字を持つ日本画家の巨匠 杉山寧・山口蓬春・横山大観・横山操の5人の作品を展示する「新五星山展」が大山忠作美術館で始まります(~11/17)。
『智恵子抄』に詠われた安達太良山と阿武隈川で知られる、二本松市の秋を楽しんでみてはいかがですか。

消費増税&軽減税率導入。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

消費税10% 増税前夜。

2019年 09月30日 - 日常

明日から消費税が10%に増税されると、世間では大騒ぎしています。
増税前に買いたい高額なものは何もないし、食品は軽減税率で変わりません。
ささやかにトイレットペーパーでも買っとこうとするも、売り切れでした。 
ついでに駅まで行って、今週上京の新幹線切符を購入したものの、結局駆け込み消費は何も無しですから、安泰安泰。

それよりも今月中に観た美術展の感想でも忘れぬうちにブログりましょう。
皆さんは、「麗子像」をいくつご覧になりましたか?
日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在である画家・岸田劉生(1891-1929)の没後90年を記念する「没後90年記念 岸田劉生展」が、東京ステーションギャラリーにおいて開催(~10/20)されています。
長くない一生の間(38歳)に、多くの作品を世に送り出したエネルギーにまず感銘を受けました。
いろいろな画家の影響を受け、作風が変わっていくのが年代順に掲げられているためよくわかりました。
何枚も何枚も描いたであろう自画像は、時を経て精緻で昇華されたものとなっていっていると思いました。
数ある《麗子像》では、チケットにもなっている額をみせているものが秀逸だと感じました。
ただならぬインパクトを持つ女性像として、教科書などで目にして以来、脳裏に焼き付いて離れない、という方も多いでしょう。
もしかすると、近代以降の日本絵画ではもっともよく知られたイメージかもしれません。
だが実は《麗子像》にもいろいろあって、父である岸田劉生は、麗子が生まれて間もない頃から15歳になるまで、油彩、水彩、水墨など、現存するだけでも50点の《麗子像》を描いたとされています。
そのどれを見たにせよ、《麗子像》と聞き、あるいはそう名付けられた作品を観ると「ああ、あの」と、誰の胸にも複雑な感慨を抱かせてしまうのが、-岸田劉生の底力-というものなのではないでしょうか。

政府、景気底上げ策に6.6兆円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

九月の雨はつめたくて♫

2019年 09月29日 - 日常

本日、立正院境内に於いて「手づくり寺 Vol.6」を開催しましたところ、ご出店いただいた皆さま、お出かけいただいたお客さま、スタッフの皆さまのご協力をいただき、無事執り行うことができましたことに感謝申し上げます。
本日は、準備の段階より霧雨模様でオープンが危ぶまれましたが、次第に回復しましたので開催を決断をいたました。
時折り降る9月の冷たい雨にも悩まされましたが、事故無く怪我なく開催できましたこと深く御礼申し上げます。

雨が降り始めたときに空を見上げましたら、大学生の頃に口ずさんだこんな歌を憶い起しました。
♫車のワイパーすかして見てた
 都会にうずまくイルミネーション
 唇かみしめタクシーの中で
 あなたの住所をポツリと告げた
 September rain rain 九月の雨はつめたくて
 September rain rain 思い出にさえしみている
 愛はこんなにつらいものなら
 私ひとりで生きてゆけない
 September rain rain 九月の雨はつめたくて ♪
これを歌った太田裕美のデビュー曲は、1974年の「雨だれ」。
翌年の12月にリリースされた4枚目のシングル「木綿のハンカチーフ」が爆発的にヒット。
「九月の雨」は、1977年9月にリリースされた9枚目のシングルで、作詞が松本隆、作曲・編曲が筒美京平、法華坊主が二十歳の時です。
先日、乳がんを患い現在治療中であることを発表しましたが、いつまでも変わらないその清楚で透き通る歌声に期待をしていますので、一日も早い快癒をお祈りします。。

鈴木雄介が競歩界初の金メダル!  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

もう奇跡なんて言わせない!

2019年 09月28日 - 日常

1977(昭和52)年9月28日、赤軍のメンバー5人がパリ発東京行きの日本航空機をハイジャックした、いわゆる「ダッカ事件」を憶えていますか。
バングラデシュのダッカに強行着陸した後、乗客乗員を人質に身代金600万ドルと収監中の仲間9人の釈放を要求したのに対し、日本政府は「超法規的措置」として、人質の解放と引き換えに身代金を支払い、6人を釈放して出国させました。
事件後、超法規的措置を発動した福田一法務大臣は引責辞任しました。

そして、2020年東京五輪の開会式まで300日となった今日、野球・ソフトボールの会場となる福島市の福島県営あづま球場で、五輪へ向けた改修を終えて初めての試合となるプロ野球の2軍公式戦、楽天-日本ハムが開催されました。
こけら落としの球場を視察に訪れた野球日本代表の稲葉篤紀監督は「ここで始まるなと引き締まる思いになった。後悔しないように、いい準備をして臨みたい」と気持ちを新たにしました。

また今日は、ラグビー日本代表が強豪アイルランド(世界ランキング2位)に「歴史的勝利」の大金星をあげました。
日本は、1次リーグの第2戦で優勝候補の一角、アイルランドに19対12で勝ち、1次リーグ最大の難敵を破って2連勝、勝ち点を9に伸ばし、初めてのベスト8進出に前進しました。
日本はアイルランドに勝ったことで世界ランキングが初めて8位になりました。

明日、立正院境内で「手づく寺Vol.6」開催。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

(^-^)ゝ ラジャ!

2019年 09月27日 - 日常

先日、親愛なる友人とのLINEの中で「ラジャー」という返信が帰ってきました。
時代遅れで、世間知らずの法華坊主でも、「ラジャー」という言葉は、仲の良い友人との会話やメールなどの中で、了解の意を示すために使われる言葉であることは知っていました。
大人だけではなく、子どもが遊びの中で使っているのもよく聞くなじみのある言葉ということも。
しかし、なじみのある「ラジャー」の語源や、そもそも何語なのかは全く知らないで使っていました。
そこで調べてみたら、「ラジャー」は日本では「了解」という意味で使われていますが、もともとは「了解」の意味はないそうです。
何語かわかりにくい「ラジャー」ですが、もともとは英語で、アメリカの男性の名前「Roger(ラジャー)」が語源になっているとのこと。
英語での無線通信では、メッセージを受信したことを伝える時に「received」の頭文字をとって「Roger」を使っていて、短い言葉でわかりやすく伝えるためにアメリカ人の男性に多い「Roger」が選ばれました。
これが「Roger」だけでも了解の意味を帯びるようになったのが、現在の「ラジャー」の語源のようです。
現在では、返事にラジャーを使うのはよく見る光景ですね。
たとえば
Can you go grab me an ice cream?(アイスクリーム買ってきてくれるかい?)
Roger!(了解!)

ついでに調べてみると、どうやらビジネスマナー的には「了解」だと失礼にあたるようで「承知」の方が間違いはないとのこと。
私は、引き続き「了解」を使用しますので、ひとつご承知ください(笑)
「かしこまりました」と返してこられる方がいますが、すごく丁寧な感じで、恐縮した気持ちになってしまいませんか。
他には「拝承」なんて言い方もあるみたいで「字面が格好良いから今度使ってみようかしら」なんて思うのは、知ったかぶりの物知らずですかね。
上司部下、先輩後輩、友人等々、それぞれのお付き合いの中で、形にとらわれず心のこもった会話が一番大切じゃないですか。

関電役員らに金品3.2億円、原発立地町から。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント