日常

「立冬」、夏日のところも

2018年 11月7日 - 日常

今日は24節気の「立冬」、暦の上では「冬」に入りました。
今朝は北海道では暦らしく、今シーズン一番の冷え込みとなった所が多くありましたが、午後1時までに最高気温25度以上の「夏日」になった所は沖縄県内をはじめ、本州では和歌山県田辺市栗栖川で25.1度まで上がっていて、まだ夏の名残があるようです。
「立冬」とは、冬の始まりのことで、「立」には新しい季節になるという意味があり、「立春」「立夏」「立秋」と並んで季節の大きな節目、これらを四立(しりゅう)といいます。
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃で、木枯らし1号や初雪の便りも届き始めます。
立冬を過ぎると、初霜が降りて冬の佇まいへと変わるのが本来の季節ですが、今年はどうしちゃったのでしょうね。

所属している団体の会合があって、早朝から喜多方市を訪ねました。
当地には「新宮熊野神社 長床(ながとこ)」といわれる天喜3年源頼義の勧請の古社があり、長床は藤原時代の貴族の住宅建築としての寝殿造りの主殿の形式をふんだものです。
熊野神社の拝殿として建てられたもので、44本の太い柱に芧葺寄棟造り、周りには壁も扉もない吹き抜けの壮大な建物です。
国指定重要文化財の「長床」は熊野神社の拝殿として平安末期に建立された寝殿造の建物で、境内にある樹齢800年のご神木・大イチョウが四季折々に「長床」を彩る光景が見事です。

米中間選挙「下院は民主・上院は共和」ねじれ状態に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

松をいろどる楓や蔦

2018年 11月6日 - 日常

11月に入り、紅葉も山から里へ移ってきました。
紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ、「万葉集」にも登場しています。
平安時代の頃に貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開いていたようで、その様子は「源氏物語」にも描かれています。
その後、江戸時代には庶民も楽しむようになり、季節の行事として定着していきました。

紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り(もみじがり)」というのはどうしてでしょう。
「狩る」とは獣を捕まえるということですが、花や草木を探し求めるという意味もあるそうで、果物を採る場合にも使われます。
「いちご狩り」や「ぶどう狩り」って言いますよね。
採集するわけでもなく、紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのは、狩猟を好まない貴族が自然を鑑賞するすることを狩りに例えたといわれていますが、定かではありません。
春の桜は「花見」といい、桜狩りとは言いませんよね。
やはり狩猟のシーズンの秋だから「狩り」という言葉を用いたのでしょうか。
また、元々は紅葉を集めて楽しんでいたのが、眺めることに変わっていったという説もあります。
「紅葉狩り」という正しい英語は存在しませんが、紅葉を見に行くことを「Leaf peeping」といいます。
残された紅葉シーズン、平成最後の「紅葉狩り」を楽しんでみてはいかがですか。

アメリカ、中間選挙投票開始。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

橋は自然を克服する一手段

2018年 11月5日 - 日常

皆さんは、東京・両国と言ったら何を想像しますか?
国技館、吉良邸跡、都慰霊堂、江戸東京博物館・・・いろいろありますね。
先日、2016年(平成28年)11月に開館した「すみだ北斎美術館」を初めて訪ねました。
江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい)が本所界隈(現在の墨田区の一角)で生涯を送ったことや、彼が本所割下水で生まれたとされ当時の「南割下水」に相当する現在の「北斎通り」の線上にある亀沢もゆかりの地に含まれることから、当地(墨田区亀沢2-7-2)に設立されました。
ちょうど「北斎の橋 すみだの橋」展(〜11月4日終了)が開かれており、北斎の作品に加えて、北斎が一生をすごしたすみだという地域にも焦点を当てた展覧会で、北斎が描く橋を通して、インフラという本来の意義を越えた、橋の文化的側面を紹介していました。

古来より橋は、人々が交通のために川や谷といった自然を克服する一手段として架設されてきました。
橋の構造や種類は、各時代における政治的・技術的制約の中で、様々に発展しており、その背景には、建設に携わった人、橋が架けられる地域の人など、多くの人々の思いがあります。
様々な橋の構造に着目して描き分けた北斎の代表作「諸国名橋奇覧」全11図は興味深く、中でも「飛越の堺つりはし」「かめゐど天神たいこばし」「すほうの国きんたいはし」「三河の八つ橋」などは非常に見応えがありました。
他のコーナーでは、墨田区内の橋を取り挙げ、北斎が生きた時代以降、橋がどのように発展し現在まで続いてきたのか、錦絵などに描かれた橋や絵葉書、図面、関連資料を通じて紹介してあり、橋の役割について考えさせられました。
橋と川の浮世絵を観ていたら、現存の橋も眺めてみたくなりましたので、機会がありましたら隅田川・神田川のクルーズ船に乗って、今日まで続く江戸の歴史に触れてみたいですね。

NHK鈴木奈穂子アナ、復帰おめでとう。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本人の心と創造力を拝観

2018年 11月4日 - 日常

芸術の秋、上京の機会を利用していくつかの美術展を観てきました。
その中のひとつ、「仏像の姿 ~微笑む・飾る・踊る~」は、今月25日まで三井記念美術館で開催しています。
まず三井記念美術館についてお話ししましょう。
三井記念美術館は、東京都中央区日本橋室町、中央通り沿いに面した三井本館の7階にある、私立美術館です。
江戸時代以来350年の歴史をもつ三井家が収集した日本・東洋の美術品を収蔵し、展示してきた「三井文庫別館」(東京都中野区上高田)が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転し、「三井記念美術館」と改称して、2005年(平成17年)10月に開設しました。
美術工芸品を収蔵する三井家については、別の機会にお話しします。

日本には、古来多くの魅力的な仏像が伝えられています。
これらの仏像の作者である「仏師」の豊かな感性と独創性、そして高度な技術に光を当て、特に仏像の「顔」「装飾」「動きとポーズ」を切り口に、日本人の心と創造力を様々な角度から拝観できる試みでした。
例えば、「顔」では慈悲、微笑み、威厳、怒りなど色々な表情を、「装飾」では仏身の輝き、彩色、装身具による華麗な荘厳などを、「動きとポーズ」では体幹の支点や捻り、手足の上下による微妙な動きから、踏みしめたり、蹴り上げたり、舞踊に近い大ぶりな動作までを、普段あまり気づかないところを紹介しています。
それぞれのキャプションに簡潔な「見どころ」が書かれており、仏像鑑賞初心者にはありがたいのではないでしょうか。
宗派や時代的な意味合いなどを気にせずとも、仏像を「美術品」として楽しめる展覧会ですし、後半の東京藝大とのコラボ企画は、精緻な模刻と彩色の再現に驚かされました。
コラボ企画も含め、多様な仏像の表し方と仏師の技巧を楽しめる展示でした。
信仰の心は薄いけれど、美術の心を持ち合わせた同行者に感謝です。

山本彩、涙でNMB48卒業。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

文化を薦める

2018年 11月3日 - 日常

今日は「文化の日」です。
「自由と平和を愛し、文化を薦める」ことを主旨とした国民の祝日です。
1946(明治21)年に日本国憲法が公布された日で、日本国憲法が平和と文化を重視していることから「文化の日」に定められました。
なお施行は半年後の5月3日(憲法記念日)です。
また11月3日はもともと「明治節」という祝日で、明治天皇のお誕生日にあたります。
この日は、晴れの特異日でもあります。
特異日とは「その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態が現れる日」のことです。
福島も、滞在先の東京ももちろんお天気の良い秋の休日でした。

学問や芸術などの発展や向上にめざましい功績をあげた人に文化勲章が授与されます。
授与式は11月3日に皇居において行われ、天皇陛下より直接授与されます。
授与式では「国家又は公共に対し功労のある方、社会の各分野における優れた行いのある方などを表彰するもの」として、勲章及び褒章があるそうです。
明日もお天気良さそうですから、秋の休日を満喫しては如何ですか?

福岡SB、下克上で2年連続日本一。

投稿記事を読む - コメント

「平成」も残すところ半年

2018年 11月1日 - 日常

ふた月続きのカレンダーは最後の一枚。
新天皇の即位に伴い来年5月から新しい元号となるため、「平成」も残すところ半年。
改元を前に、例年、元号が併記されている手帳やカレンダーは西暦だけの表記が中心となり、元号が使われている自治体や学校向けのシステムを取り扱う業者では変更に向けた準備が進んでいます。
「明るい文字が入っているといい」と次の元号を心待ちですが、新元号は4月1日前後に公表される見通しだそうです。
先日、デパートの文具売り場をのぞいたら、手帳やカレンダーを販売するコーナーでは新元号が公表されていないこともあり、元号表記のない商品が目立っていました。
新元号の発表以降、プリントして使える新元号シートがついたり、5月以降は「元年」と表記されたりしたカレンダーも並んでいました。

1926(大正15)年5月生まれの師父は、昭和から変わる際に官房長官だった故小渕恵三元首相が「平成」と書かれた額を掲げた姿が印象に残っているといいます。
「当時、次の元号まで元気に生きたいと思っていた。もう30年もたつなんて」と感慨深そう。
「元号が変わるのは寂しさもある。生まれた大正がとても遠く感じる」としながらも、新元号について「明るく、躍進できるような字が入っているといい」と話しています。

今日は一の酉、今年は三の酉まで。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

吾妻山、初冠雪

2018年 10月31日 - 日常

福島地方気象台は、福島と山形の県境にある、吾妻山(2,035㍍)で昨日(30日)、初冠雪を観測したと発表しました。
30日朝、職員が頂上付近に雪が積もっているのを確認しました。
これは、上空に寒気が流れ込んだ影響で朝方にかけて冷え込み、平年より7日、去年より25日遅いということです。

気象庁では初冠雪を、「寒候期に雪が山頂に積もっているのが付近の気象台から初めて見えたとき」と定義しているそうです。
そもそも冠雪とは、山の頂上に雪が積もって白く見える状態のことを指します。
初冠雪と認定されるためには、山の麓にある観測所から見て、山頂が雪に覆われていると確認できることが必要なのです。
これがしっかりと確認されて初めて、初冠雪と認められます。
初雪とは異なり、場所が特定されているのです。
ちなみに山の山頂付近は気温が低いですから、初冠雪の時期は一般的に初雪の時期よりも早くなります。
また気象庁は、「初雪は寒候期(10月から3月まで)の間に初めて降る雪のこと」としています。
全国各地にある観測所から見て、少しでも雪が降ればこれを初雪とするそうで、初雪はみぞれも含みます。
山に雪が降ったということは、麓にも間もなく降雪予報が出されることでしょう。
あ~、寒いのはイヤだ!

今夜ハロウィン本番、街はどうなるの?

投稿記事を読む - コメント

読書の力によって、平和な文化国家を

2018年 10月29日 - 日常

「読書週間」ってご存知ですか。
読書の普及のための行事週間で、1924年(大正13)図書館週間として発足し、のち図書祭と改称され、1939年(昭和14)から日中戦争、第二次世界大戦などにより一時中止されましたが、終戦まもない1947年(昭和22)、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回「読書週間」が開催されました。 
そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
そして「読書週間」は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。
しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。
暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていこうとする運動です。
「読書週間」が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されましたから、よりいっそうの盛りあがりが期待されます。

法華坊主も一年の初めに「映画50本、読書50冊」の目標を立てていますが、なかなか成就する年はありません。
私の親しい友人は、大の読書好きで年間100冊以上の本を読んでいて、近刊や現在読んでいる本の是非についてアドバイスをくれますが、その話をお聞きするだけで「完読したような気になる」自分を笑っています。
まさに今が「読書週間」ですから、ジャンルに関係なく本に触れて読書に親しみ、行間に隠れた著者の心を探ってみてはいかがでしょうか。

絢子さま御結婚、絢ちゃんは?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

モラルとマナーを持って

2018年 10月28日 - 日常

予想したとおり、昨夜の渋谷はハロウィン本番を前に、仮装した若者らが集まり、軽トラックが横倒しにされるなどのトラブルが相次ぎました。
暴行・痴漢・盗撮などの疑いで逮捕者も5人出たそうです。
ハロウィンには悪魔や魔女がやって来て災いをもたらすとされていましたが、渋谷の住人にはまさに災いですね。
31日のハロウィンを前に、東京都渋谷区の長谷部健区長は23日記者会見し、仮装してJR渋谷駅周辺に集まる若者らに「モラルとマナーを持ってほしい」と要請しました。
現地の混雑や混乱は年々エスカレートしており、暴動などを避けるため異例の呼び掛けに踏み切りましたが、ますますエスカレートするばかりです。。
これまで渋谷スクランブル交差点の積極活用の一環として寧ろ渋谷ハロウィンの推進側に居たはずの渋谷区長が、会見において「渋谷ハロウィンの自粛」を訴えました。

ハロウィンのシンボルといえば、お化けカボチャ 「ジャック・オー・ランタン」(Jack-o’-lantern)です。
カボチャをくり抜いて作るランタンで、悪霊が怖がって逃げるなどといわれているため、玄関や窓辺に灯してハロウィンを迎えます。
ジャック・オー・ランタンは、ジャックという意地悪な男が、悪魔をだましたために地獄に堕ちることもできず、死んだあともカブのランタンを持って彷徨い続けたというアイルランドの伝説に由来します。
それが彷徨う霊の代名詞になり、アメリカに伝わると、カブではなく、アメリカで生産量の多いカボチャに変化して広がったそうです。
本来のハロウィンの目的を理解し、愉快なお祭り、楽しいイベントに心がけていただきたいですね。

福島県知事選、現職の内堀氏再選。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

仮装姿は、秋の風物詩

2018年 10月27日 - 日常

10月31日が「ハロウィン(HeIIoween)」です。
日本でも年々盛り上がり、仮装姿は秋の風物詩となってきましたが、そもそもハロウィンとは何でしょう?
10月31日のハロウィンは、11月1日の「諸聖人の日」「万聖節」(All Hallo)の前夜祭(All Hallo Eve)という意味で、紀元前5世紀頃にケルト人が行っていた祝祭に由来します。
古代ケルトでは11月1日に暦がかわったので、10月31日は年の変わり目にあたりました。
そこで、収穫を祝うとともに、悪魔払いをするようになりました。
この日は、先祖の霊に便乗し、悪魔や魔女がやって来て災いをもたらすと信じられていたからです。
現在のような形になったのは19世紀の後半で、移民とともにアメリカに伝わったこの祭を子どもが大変怖がったため、子どもも楽しめる行事に変化していきました。
ハロウィンには悪魔や魔女がやって来て災いをもたらすとされていました。
そこで、身を守るために仮面をかぶったり、悪霊や魔女の恰好をして仲間にみせかけたりしたのが、仮装の始まりです。
また、やってきた悪魔たちが、その格好を見て驚いて逃げるようにという説もあります。
本来の趣旨からすると、ゴースト、魔女、悪魔、ガイコツ、ゾンビなどが定番ですが、近年は娯楽イベントとして楽しんでいる人も多いため、映画やマンガのキャラクターなど多彩な仮装がみられます。

もともと日本の行事ではないため、日本では単なるイベントにすぎませんが、だからこそお祭りやコスプレが好きな日本人には受け入れやすいのでしょう。
ハロウィンの由来も、仮装をする意味、お化けかぼちゃ(ジャック・オー・ランタン)、食べものやゲーム等々、理屈云々よりとにかく楽しもうという空気を優先すればいいのが日本のハロウィンです。
10月最終の土曜日の夜、今ごろ若者たちはパーティをしているのでしょうか?

最長18回、7時間20分-米大リーグ・Wシリーズ  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント