日常

方言には、魂がこめられています

2013年 01月24日 - 日常

今日の福島の天候は快晴、最高気温7.9℃。
やはり3月上旬並みの気温で街路の雪も解けだし、固まった路面の雪をスコップなどで砕き除雪に励む人々が汗を流していました。

先日解体が済んだ建物(旧庫裡)の登記滅失申請のため、法務局へ伺った時の仄々とした会話風景を紹介しましょう。
前に並んでいたオッサンが何か書類を落としたのを見つけて、受付のご婦人が「ほろがねようにない」と声をかけています。オッサンすかさず「今度はズナイ袋でねぇど駄目だない」と返答していました。
「ほろぐ」ってわかりますか? 「ズナイ」ってわかりますか? 福島の方言で「ほろぐ」は「落とす」とか「無くす」という意味で、「ズナイ」は「大きい」という意味ですが、いずれもあまり今は使わないものですからすごく懐かしくとても新鮮味を感じました。
方言っていいですね。方言には、その土地に住む人々の姿が浮かんできます。共通語では伝えられない、豊かな表現の世界があるのです。

夕方、北の母より海産物が届きました。毛ガニ、ツブ貝、海鼠(ナマコ)etc。
「ツブ」という語には、「コロッとした食用の巻貝」あるいは「ちょっと長めの食用の巻貝」という程の意味しかないそうですが、これをいただくとこんなに旨い貝はあるのかと思うほどの大好物です。これがまたアルコールにすこぶる似合う逸品で、今夜のおともができました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

幾何学模様の布作品を手にして思うこと

2013年 01月23日 - 日常

今朝もまあまあのお天気で、朝から冬の太陽がやわらかな日射しを冷たい風に乗って注いでいます。

しかし日中の気温はさほど上がらず、街路の雪はなかなか解けません。明日は3月上旬の気温になると予報されていますから、少しは雪解けが進むことを期待しています。

今日、月参りのお宅をお訪ねしたらこんなに素敵な端切れを使った作品を頂戴して来ました。

大きい方は直径20㌢、小さい方は15㌢でもちろん手作りです。「冬場の間の手わすら」と70代のオバさんは話していましたが、何といっても色鮮やかで幾何学模様が几帳面なお人柄を現わしていて、ナベ敷きにでも、花瓶置きにでも、何に使っても最適です。
今は100円ショップやホームセンターなどで、代用品が容易く安価で手に入りますが、その商品は Made In Yosonokuni であったり、心の通わない量産品ばかりです。ひとつひとつが手作業で、こたつに入ってメガネ越しに針を動かす姿は、いま忘れ去られようとしている母親の素晴らしい光景と思いませんか。
誰しもが母親無くしてこの世に生を受けた人はいないのですから、母親をすでに亡くした人はあらためて菩提を弔い、母親が元気でおられる方は尚一層の孝行につとめなければいけませんね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

味噌は約8kg、 さてアルコールは?kg

2013年 01月21日 - 日常

昨日は二十四節季のひとつ「大寒」でした。一年のうちでいちばん寒さが厳しい時季とされ、寒中水泳や寒稽古など耐寒のためのいろいろな行事が行われます。
またこの時期の水は「寒の水」といって、一年でいちばん雑菌が少なく長期間保存に向くといわれ、酒や味噌などを仕込むのに適しているそうです。
ところで、一年で使う味噌の消費量は一人当たりだいたい8kgだそうですが、私の消費する一年間のアルコール摂取量は何キログラムなのでしょうか?

昨日は旅先の東京の最高気温10.4℃でとても暖かかったせいか、今朝の最低気温-6.4℃は殊のほか厳しく感じられました。
日中の気温もさほど上がらず、道路の雪は圧雪状態で、通行に不都合が生じています。
日本海側の地域の方々に比べれば「何を言っているんだ」とお叱りを受けそうですが、当地も雪害の影響は多少なりとも発生しています。

今夜からまた太平洋沿岸は、低気圧通過の影響で天気が崩れるようですが、先週のような大きな被害にならぬことを祈って、これからまた最終新幹線で上京します。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年初めて上京しました

2013年 01月20日 - 日常

新年20日になって、今年初めての上京となりました。数年前まで教団の役員をしていたころは、新年松の内に事務所へ出かけ、月曜から金曜まで東京滞在であったり、福島と東京を毎日往復したりする日課でしたが、今は東京が遠い存在になりました。

今朝は時間がありましたので、在来線を乗り継いで郡山駅から新幹線に乗車しました。

久し振りの快晴で、東京も暖かいだろうなとウキウキしながら上京しました。
上京の理由は、親しい友人の御先代さんの第27回忌です。御先代さまにも私が若い時から御教導いただいていましたので、27年という歳月の早さに齢を感じさせられました。先輩・後輩と新年の挨拶を交わしながら御供養の席につき、御先代がこよなく愛した「菊正宗」を頂戴いたしました。長居させていただきましたので「久保田」の萬壽まで飲酒し、とても気持ち良い雰囲気です。

帰路の新幹線では、珍しく?乗り過ごさずに福島駅で降車。駅まで迎えに来てくれていた妻の車に乗車して無事帰宅しました。東京での出来事を妻に報告しながら引出物でいただいた浅草田圃・草津亭の「名代・玉子焼」でもう一杯。これがまた美味、東京ってイイなぁ。おいしいものがたくさんあって・・・。


東京は愉しいところです。明日、日中のお参りを数件済ませて夜また上京です。今度は教団の会議が明後日午前からあるため前泊して臨もうと思っています。おやすみなさい。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

旧庫裡解体工事(第1期)完了しました。

2013年 01月19日 - 日常

昨日、夜遅くまで降っていた雪も未明には止み、今朝は快晴の冬空です。

西の山並み(吾妻安達太良連峰)を見ていると、時間が経過するとともに色合いを増して幻想的な世界に吸い込まれます。

6時50分ころ

7時ころ

7時10分ころ

7時20分ころ

7時30分ころ

7時40分ころ

昨日まで降っていた雪は、40センチくらい積もっていましたが、今日いち日冬の快晴に恵まれだいぶ解けて来ました。真白き時は純白と言ってすこぶるロマンチックですが、解け始めて汚泥に塗れると化けの皮が剥がれたようで、現実を思い知らされるかのごとく憂鬱になってしまいます。

今日は、大学センター試験第1日目でした。我が家も受験生はいませんが、年頭に大学合格祈願をお預かりした数人の高校生のことが心配でなりません。まずは元気に受験できたことに感謝し、明日の第2日目も頑張ってください。「法華経の行者に祈りの叶わぬことはない」と、日蓮聖人がおっしゃっているではありませんか。

雪で休止していた旧庫裡の解体工事(第1期)も無地完了。

 1月7日

 1月19日

更地になって、後ろに隠れていた第2期工事で近日中に解体予定の住宅が見え出しました。右側は隣家の住宅新築中の建物です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

冬の土用、今日から立春まで。

2013年 01月17日 - 日常

きょうから冬の「土用」に入りました。木曜なのに土用とは何だ、なんて言わないでください。

土用 とは、 立春(今年の場合2月4日)、立夏(今年の場合5月5日)、立秋(今年の場合8月7日)、立冬(今年の場合11月7日)の前18日間を言います。
それぞれ、立春前の「冬の土用」が1月17日頃、立夏前の「春の土用」が4月17日頃、立秋前の「夏の土用」が7月20日頃、立冬前の「秋の土用」が10月20日頃から始まります。その中でも、現在は「夏の土用」の間の丑の日にうなぎを食べる「土用の丑(うし)」という行事が有名ですが、年に4回あることを忘れないでください。

土用には様々な禁忌(きんき)があります。
例えば、土用中に土を犯すことは忌むべきこととされていたため、土いじりをしてはいけない、丑の日に大根の種をまいてはいけない、葬送は延期しなければならないなどの禁忌が設けられていました。これら土用にまつわる禁忌が生み出された背景には「土用中は季節の変わり目であるために、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすい」などの、先人の戒めが込められているといいます。

いずれにいたしましても、事故なくケガなく病に負けることなく、元気に健康で今年一年を乗り切りたいものです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

小正月は、雪見酒でおめでとう

2013年 01月15日 - 日常

昨日から今日未明までの大雪で、高速道&一般道、JRに大きなダメージがありました。
寺の後ろの農道は、昨日降った雪と今朝の風で、畑も田んぼも道路との境界が雪で覆われ通行不能になっています。境内の吹き溜まりは40センチ以上の降雪です。
そんな中、今日の解体工事は中断していますが、現場に重機がおいてあったお陰で職人さんが境内駐車場の除雪をしてくれました。三連休で帰省していた子供たちが昨夜のうちに東京へ戻って行きましたので、雪掻きの人出がないところとても有り難かったです。

1月15日は小正月。古く月の満ち欠けを基準にした陰暦では、その年の初めの満月が正月でした。その後新暦が採用されてからは、元日を正月(大正月)として祝うようになり、旧来の正月を小正月と呼ぶようになりました。
大正月の門松に対し、小正月は餅花(だんごさし)などを飾りますが、これは豊作の予祝の大切な行事で、現在も受け継がれています。

小正月に因み?、先日山形からお参りいただいたAさんから頂戴した「出羽桜」をご馳走さまになりましょう。

小洒落たオレンジ色の細身のパッケージ箱には、今年の干支「巳」が描かれ、イタリア・ベネチアンボトルに詰められた五年大古酒・低温熟成原酒です。ボトルの背面にも「巳」の浮き出しが入っています。口に含む前に目で味わうことの出来る逸品でした。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

雪の一日、小正月雑感。

2013年 01月14日 - 日常

爆弾低気圧の影響とかで、朝から雪降りの一日です。元日以来、寒い日が続いていましたが、割合穏やかで「今年こそ和やかな一年でありますように・・・」と祈って来ました。しかし今日は大雪。報道では福島市は積雪18センチと発表されていますが、山降ろしの境内は30センチ近く積もっているような感じです。
そんな悪天候の中でしたが、年頭合同祈願3日目の今日も多くの方のご参詣をいただきました。足もとの悪い中お参りいただいた皆さん、まことにありがとうございました。
参詣者の中に、先日のブログで紹介した「啓翁桜」をお供えいただいたⅠさんのお嬢さんお二人の姿がありました。落ち着いた感じのお姉さんと、いつもニコニコ元気溌溂の妹さん。対照的ですが仲の良い姉妹で、お会いすると私の方がいつも癒されます。今年も元気に頑張って下さい。

明日の小正月を迎え、「だんごさし」を行いました。 昔は、お正月を送ったら、小正月の1月14日にだんごをさして神棚に等に飾るという、福島に伝わる伝統行事です。
農家にとって米と絹は、「税」の役目を果たす非常に大切なもので、その年の豊作と養蚕の安全を祈りました。木にはだんごの他に宝船や小判の作り物をささげて縁起をかついだようです。だんごをゆでたお湯は家のまわりにまいて、野菜の虫除け(害虫)と病気が入らないようにとお願いします。

忘れ去られゆく日本の伝統と習慣。いつも申し上げるように「意味のない外国へのあこがれ」「異様なまでの欧米化」。ご先祖様が、イヤそこまで遡らなくとも父母たちが、一生懸命守って来た日本の伝統と文化、そして習慣を忘れてはいけません。先人が行なってきた全てをとは申しませんから、一つでも二つでも、型が無理なら魂だけでも後人に継承する努力を、もう一度考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

改革とは、先人の行跡を検証した後に執り行う行動です。 
ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

支那事変って、何年のできごとでしたっけ?

2013年 01月12日 - 日常

今日から3日間(12・13・14日、午前11時~)、毎年恒例の年頭合同祈願が奉修されます。
初日の今日は、午前の部だけでは間に合わず急遽午後の部も設定して執り行いました。
年内安全・家内安全・身体健全・厄除け・学業成就・交通安全等々、それぞれの誓いに祈願にこめて熱禱いたしました。老若男女の信徒の皆さま、思い思いにご満足いただけたようで、笑顔で帰路につかれました。

来詣の方より「古い家、壊したんだね」と声をかけられ「お寺の亡くなったおばあちゃんに、前はあそこでお茶をいただいたんだよね」「懐かしい建物がまたひとつ無くなっちゃったね」等と声をおかけいただきました。

解体作業中に見つけた盃。右側から「支那事変従軍記念」の文字が見えます。

 

解体工事は今日から三連休でストップしていますが、うわ物が取り壊され、新築工事中の隣家の建造物が大きく見えます。

 


ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

被災後、22カ月の月命日を迎えました。

2013年 01月11日 - 日常

 今日で東日本大震災発生から、早や22か月を迎えました。被災各地では思い思いに供養と祈願の一日を送っています。
 私はこの間、一人で、時には有志僧侶とともに毎月、福島・宮城・岩手の被災地を訪ね、犠牲者供養の読経と復興祈願の唱題を続けてきました。
 瓦礫の山が徐々に片付けられ建物跡の基礎のみを残す住宅地、壊れたまま剥き出しの防波堤と薙ぎ倒されて枯れ果てたままの防潮林が続く海岸線、放射能汚染で手つかずのまま放置されている山川とそこにはえる草木・・・。被災地の変貌は種々様々ですが、間違いなく時を刻んでいることは事実です。しかし、復興は遅々として進んでいないこともまた真実です。日蓮大聖人が説く「時のしからしむるのみ・・・」とはこのことなのでしょうか。
 私たち僧侶は、本門八品のお題目をもって供養と祈願を引き続き行うこと。法華信徒の皆様は、この被災を風化させることなく被害者とともに共有していくことが求められていると思います。
 今年の3月31日、被災地は三回忌を迎えます。宗門では大本山鷲山寺(千葉県茂原市)において法要が予定されています。

 一昨年(平成23年)9月7日、宮城県名取市において宗門主催の「東日本大震災犠牲者慰霊法要」が執り行われました。その折に閖上・日和山上に建立された供養塔が、諸般の事情により縁あって昨年晩秋より立正院境内に仮起塔されています。
  

大震災三回忌正當の翌日(3月12日)には、その供養塔の前で宗門主催の法要を奉修する旨の御下命がありました。戸惑っておりますが、私の提唱する「供養と祈願」を実践するためにも謹んでお引き受けすることとしました。同信の皆様のご参詣ご焼香をお待ち申し上げます。合掌

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント