日常

春風解凍 

2013年 02月9日 - 日常

6日からプチ旅行に出かけていました。よって、更新が疎かになっていましたが、旅先では新しい発見があります。

東京の会合は、旧知の仲間と新年会を兼ねての集まりでしたが、それぞれにまた年をひとつづついただいたのは間違いないようで、話題は後進の者たちへの助言と言えば聞こえはよろしいのですが、単なるオヤジからの批判めいたものも多くて、自他ともに反省しています。
心配された都心の雪も先月14日と同じようにはならず、冷たい雨が降っていました。

帰路、少し遠回りをして道草してきましたら、春の息吹が芽生えていました。「猫柳」です。
猫柳は、丸い花穂の手触りが猫の指のようで、かわいらしくて心地よい旬の花です。早春、葉が出る前に、赤褐色のウロコ弁が取れて白い毛が密生した穂(正式には、雄花穂=ゆうかすい、あるいは、雌花穂=しかすい、とか呼ぶそうです)をつけます。川岸に多くみられ、花の少ない早春では、華道や茶花の題材として使われると、同行のお方が教えてくれました。

7日の夕刻に帰宅しましたら、家から見える空はまだまだ冬空でした。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

暦の上では「春」ですが、冷たい春の幕開けです。

2013年 02月4日 - 日常

今日は、二十四節気のひとつ、冬と春を分ける節分の翌日で「立春」です。よく「暦の上では春が来た」などと申しますが、福島は冷たいみぞれ交じりの雪が舞う寒い一日となりました。
旧暦では「立春」が一年のはじまりと考えられていました。そのため立春から数えて88日目を新茶の摘みとりが行われる「八十八夜」、210日目を台風の襲来する可能性が高い「二百十日」というように、立春を起点とする節目があります。ある意味、今日が今年のスタートと考えても良いでしょう。

法華宗の祖・日蓮聖人は「春は花さき、秋は菓なる、夏はあたたかに、冬はつめたし。時のしからしむるに有らずや」と説き、曹洞宗の祖・道元禅師は「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえて冷しかりけり」と詠んでいます。私どももまた毎年、年が明けると春の花を心待ちにしています。

先月8日に春の香りを届けていただいた「啓翁桜」(1/8ブログ参照)は、4週間を過ぎてもなお小さな花びらをつけています。枝の一部は葉桜ですが、厳寒のなか一生懸命ひたむきに咲き続ける桜花の生命力に、三日見ぬ間(ま)の桜?ではないことが証明されています。

余談ですが、今日お参りに出かけた数件のお宅での出来事・・・お茶請けはすべて豆菓子でした。ありがたや、ありがたや・・・。

ご馳走さまでした。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

鬼は外、福は内

2013年 02月3日 - 日常

今日は節分。
節分とは、季節を分ける日という意味で、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前の日を指しており、年に4回あります。中でも立春前日の節分は、立春が冬から春にかわる一年の始まりとされていたので、新年の邪気を祓う行事が行われる重要な日でした。そのため現在では、節分というと立春の前日を示すようになりました。

節分に行う「豆まき」は、平安時代に中国から伝わった悪鬼を追い祓う「追儺(ついな)」の儀式に由来します。それが広まり、厄除けを願う行事として一般家庭でも定着しました。
我が家でも、大きな声で「福は内、鬼は外」と言って豆まきをしましたが、鬼が多すぎて祓いきれないような昨今の世の中に、福がやって来るには少々時間がかかりそうですね。でも努力精進いたしましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

三寒四温を肌で感じ、ライ麦パンをいただきました。

2013年 02月2日 - 日常

今日も全国的に暖かい日で、3月下旬から5月上旬の陽気になりました。夕方TVのニュースを見ていると、半そで姿で歩く様子が映し出され、「なんだこのバカ陽気は・・・」と思っていたら、続いての天気予報で「また明日からは10℃も低くなって平年並みに戻ります・・・」。ホッとしました。

三寒四温(さんかんしおん)という言葉があります。
この時季、3日寒い日が続くと4日暖かい日が続き、その7日間が繰り返される気候のことです。ただし、これは中国北東部や朝鮮半島でよく見られる現象だそうで、日本では大雑把に、寒暖の気候の繰り返しを「三寒四温」と呼んでいることのほうが多いようです。いずれにしても、日の出・日の入の時間も伸びて、春に向かってきていることは間違いありませんから、もうしばらく余寒を楽しみましょう。

ヨーロッパ帰りのご婦人からお土産をいただきました。
お品は、フィンランドの空港で購入したというライ麦パン。栄養価が高く、麦の旨みを味わえることができるパンです。

小麦から作るパンでは発酵にイースト菌がよく使われますが、ライ麦パンでは主にイースト菌ではなくサワードウが使われるため生地に酸味があること。
小麦のパンより膨らみが悪いので、硬くて密度が高く、麦の濃厚な旨みを味わえ、噛みごたえや食べごたえがあり腹持ちがいいこと。
小麦のパンよりビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれていること。等々の講釈もオプションで付いてきました。

まずは型からと思い、日本酒を大きめのワイングラスに注ぎ、例のパンをスライスしてかじってみましたが、酸っぱくて堅くて、私には「ランチパック」のほうがお似合いのようです。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

暖かな2月を迎えました。春はもうすぐそこ?

2013年 02月1日 - 日常

昨日に引き続き今日も暖かで、福島市の最高気温は10.7℃。3月下旬並みの気温だそうです。今朝あった積雪もだいぶ解けて、春の息吹を感じることができそうです。

今日から2月。
我々が慣れ親しんでいる新暦と旧暦とでは、ひと月以上のズレが生じます。たとえば正月といえば1月1日ですが、旧暦の正月は2月4日になるのです。
こんなことを気にしながら近くの本屋さんを覗いていたら、『-春夏秋冬を楽しむ-くらし歳時記』(成美堂出版)・『日本の七十二候を楽しむ-旧暦のある暮らし-』(東邦出版)・『旧暦で楽しむ日本の四季-二十四節気と七十二候-』(宝島社)などといった本が目につきました。

私は、十数年前より旧正月に新年の挨拶状を送ることを心掛けてきました。それは、日本の気候も、風土も、食文化も、生活習慣も、もちろん日々の信仰も、すべてに旧暦がピッタリするからです。
今日2月1日は、旧12月21日。明日も暖かい日が続くと予報されていますから、一日も早い春を待ち続けたいものです。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

1月も無事に過ごすことができました。

2013年 01月31日 - 日常

昨日から被災地の供養と祈願に出かけて来ました。私にとっては今年二度目の被災地訪問ですが、有志と訪ねるのは今年初めてで5人の仲間とともに仙台市若林区荒浜海水浴場、名取市閖上の日和山、閖上中学校をお参りしてきました。

秋田から参加の友人は、同じ東北地方でも太平洋側は雪が少ないのに驚き、「今年に入ってこんなにまぶしい太陽を見るのは初めてだ」と、快晴の仙台を羨やんでいました。
荒浜海岸は、慰霊塔の周りが昨年よりも整備されていて近郊の方々がお掃除してくださっている様子がうかがえました。とても有り難いことです。

日和山は、いつものごとく風が強くて、ローソク・線香に火を点すのにひと苦労でした。しかし、いついのまにか私たちが起てた卒塔婆の前には小さなテーブルが安置され、お参りの便を利していただいており、これまた感謝の気持ちでいっぱいです。有り難うございます。私たちが読経中にも、山には数組の参詣者があり、いまなおこの地は悲しみの癒えぬ人たちが訪れていることが解りました。現地へ足を運ばなければ解らないことがあることをあらためて痛感させられました。

一人よりも複数の人数でお参りすることは、読経の声も遠くまで届き、うちわ太鼓の音も強く大きく響き、いつにも増して目的達成の感がありました。

被災地の読経唱題を終えて仙台市内のホテルに移動し、今年の三回忌法要の打ち合わせをいたしました。3月11日は大本山鷲山寺において管長猊下大導師のもと、さらに翌12日には我が寺・立正院において総長台下御導師のもと、それぞれ慰霊法要が行われます。私ども東北教区は、13日に名取市閖上の日和山、閖上中学校および仙台市若林区荒浜海水浴場で三回忌法要を独自に修行することを決めました。あと50日、頑張って準備し、謹んでお参りいたします。
会議終了後、新年の会合を開いて懇親を深めてきましたが、何となくホッとするよき仲間です。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

「おすそわけ」っていう言葉、忘れていませんか?

2013年 01月29日 - 日常

山形に住む知人から、御地の名菓をお送りいただきました。
山形市七日町・十一屋という店の「ふうき豆 おすそわけ」です。

そこで思い出すことがあります。
東日本大震災前、尊敬する先輩にお歳暮として福島特産のフジリンゴ10kgをお送りしたことがありました。
そのご返事に「私のところは少人数ですので、たくさんの果物をいただいても困ってしまいます」という内容のお手紙でした。大震災後なら、福島産を敬遠される方がおられるので理解できますが、5年も前の話です。それもお寺さんなのだから、御宝前の御本尊さまにお上げするとか、位牌壇のご先祖様にお供えするとか、あるいは隣近所、お知り合いに「おすそわけ」するとか・・・、方法はいろいろあるはずです。
尊敬していた先輩は、信仰心もなければ、コミニュケーションもない方だったのだと、ガッカリ落胆したことがありました。
「おすそわけ」とは、他人から貰った品物や利益の一部などを、さらに友人や知人などに分け与えることです。そのときには、会話があったり、笑顔があったり、友人・知人とコミニュケーションが生まれるのです。
最近は隣近所の方とも疎遠になりがちですが、ほんのひと口、たとえ一個でも「おすそわけ」することによって、友情とか、信頼とかがよみがえってくるものと信じています。
私は、どんな時も、どなた様からでも、どんなお品であっても、喜んで頂戴いたします。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

春が来るのが待ち遠しいですね。

2013年 01月27日 - 日常

昨夜は高校時代の友人と久しぶりに二人で飲みに出かけました。
彼は最近、膝の手術をした後とのことで、新年会と快気祝いを兼ねて雪の降るなか足を滑らせながら夜の街へ繰り出しました。
健康のこと、家族のこと、旅の蘊蓄、酒の品評などを大いに語り合い、最初から最後まで熱燗ひと筋でグビグビ。数軒はしごして、挙句の果ては二人して在来線を乗り越してバックしてくるありさま。しかしとても楽しいひと時でした。

今日は、昨日まで降った雪を解かす太陽がまぶしく輝いていました。夕方は、幻想的な空間が拡がり・・・。春が来るのが待ち遠しいですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

方言には、魂がこめられています

2013年 01月24日 - 日常

今日の福島の天候は快晴、最高気温7.9℃。
やはり3月上旬並みの気温で街路の雪も解けだし、固まった路面の雪をスコップなどで砕き除雪に励む人々が汗を流していました。

先日解体が済んだ建物(旧庫裡)の登記滅失申請のため、法務局へ伺った時の仄々とした会話風景を紹介しましょう。
前に並んでいたオッサンが何か書類を落としたのを見つけて、受付のご婦人が「ほろがねようにない」と声をかけています。オッサンすかさず「今度はズナイ袋でねぇど駄目だない」と返答していました。
「ほろぐ」ってわかりますか? 「ズナイ」ってわかりますか? 福島の方言で「ほろぐ」は「落とす」とか「無くす」という意味で、「ズナイ」は「大きい」という意味ですが、いずれもあまり今は使わないものですからすごく懐かしくとても新鮮味を感じました。
方言っていいですね。方言には、その土地に住む人々の姿が浮かんできます。共通語では伝えられない、豊かな表現の世界があるのです。

夕方、北の母より海産物が届きました。毛ガニ、ツブ貝、海鼠(ナマコ)etc。
「ツブ」という語には、「コロッとした食用の巻貝」あるいは「ちょっと長めの食用の巻貝」という程の意味しかないそうですが、これをいただくとこんなに旨い貝はあるのかと思うほどの大好物です。これがまたアルコールにすこぶる似合う逸品で、今夜のおともができました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

幾何学模様の布作品を手にして思うこと

2013年 01月23日 - 日常

今朝もまあまあのお天気で、朝から冬の太陽がやわらかな日射しを冷たい風に乗って注いでいます。

しかし日中の気温はさほど上がらず、街路の雪はなかなか解けません。明日は3月上旬の気温になると予報されていますから、少しは雪解けが進むことを期待しています。

今日、月参りのお宅をお訪ねしたらこんなに素敵な端切れを使った作品を頂戴して来ました。

大きい方は直径20㌢、小さい方は15㌢でもちろん手作りです。「冬場の間の手わすら」と70代のオバさんは話していましたが、何といっても色鮮やかで幾何学模様が几帳面なお人柄を現わしていて、ナベ敷きにでも、花瓶置きにでも、何に使っても最適です。
今は100円ショップやホームセンターなどで、代用品が容易く安価で手に入りますが、その商品は Made In Yosonokuni であったり、心の通わない量産品ばかりです。ひとつひとつが手作業で、こたつに入ってメガネ越しに針を動かす姿は、いま忘れ去られようとしている母親の素晴らしい光景と思いませんか。
誰しもが母親無くしてこの世に生を受けた人はいないのですから、母親をすでに亡くした人はあらためて菩提を弔い、母親が元気でおられる方は尚一層の孝行につとめなければいけませんね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント