日常

少し特別な満月。

2020年 10月31日 - 日常

今夜の満月はいつもより少し特別です。
今月は2日(金)にも満月があったので、今夜は10月で2度目の満月です。
このようにひと月で満月が2回あるとき、2回目の満月を〈ブルームーン〉と呼ぶそうです。
ブルームーンとなるのは日本では2018年3月以来で、約2年半ぶりとなります。
ブルームーンという言葉は、天文の分野で正式に使われるものではないため、定義がはっきりしていません。
そして、見た目も通常の満月と変わって見えるところはありません。

2020年10月31日のブルームーンとマイクロムーンって何?いくつ知ってる ...
それでは、なぜ月に2回目の満月をブルームーンと呼ぶようになったのでしょうか?
それには諸説ありますが、その由来として、英語の慣用句に「ごくまれに」を意味する「once in a blue moon」という語句があり、ひと月に2回満月が見えるのが珍しいことから呼ぶようになったというものや、アメリカの天文月刊誌が間違って「ひと月に2回ある満月の2回目をブルームーンと呼ぶ」と書いたことから広がったものというのが、よく言われています。
平均するとブルームーンは2〜3年に1度しか見られないことになり、その珍しさから世界では「ブルームーンを見ると幸運が訪れる」と言われているところもあるようです。
次にブルームーンが見られるのは2023年の8月だそうです。
見られると実際に幸せが訪れるかどうかはわかりませんが、今夜は空を見上げて夜空に輝くまんまるなお月さまの様子を見ながら、日常とはちょっと違う、幸せなひと時を感じてみるのはいかがでしょうか。

ハロウィン当日の10月31日に満月となるのは、日本では1974年以来の46年ぶりだそうで、次にハロウィンと満月が同日となるのは、日本では38年後の2058年とのこと。
それじゃ、法華坊主は100才を過ぎてしまいますね。

 

トルコ地震、800人以上が死傷。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

人こひ初めしはじめなり。

2020年 10月30日 - 日常

皆さんの初恋はいつですか?
あまく切ない、そして時にはほろ苦い、初恋の思い出。
初恋は、くりかえし歌のテーマとなり、さまざまなアーティストが切ない思いを歌に託してきました。

春陽堂レトロスペクティブ-本と日本語-【5】 | 春陽堂書店|明治11年 ...
島崎藤村(しまざきとうそん)の『若菜集』には、「まだあげ初(そ)めし前髪の 林檎(りんご)のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛(はなぐし)の 花ある君と思ひけり」という「初恋」の詩があります。
この有名な「初恋」が世に出たのが、明治29年10月30日です。
「初恋」は当時の若者たちに大きな反響を巻き起こします。
そのころの日本では、好きな相手と自由に恋愛し結婚することは一般的ではありませんでした。
しかし、個人を尊重する西洋の文化が紹介されるようになると、新しい恋愛観が生まれてきます。
そうした新しい男女の関係を、この詩を通して藤村は表現したのです。
自分の気持ちに正直に恋をする若い二人。その姿は、新しい時代の幕開けにふさわしい大胆で新鮮なものでした。
「初恋」からおよそ100年。
藤村が描いた、初恋ならではのときめきや緊張、喜びは、今でも共感を呼び続けています。
あの(初恋の)頃に戻ってみたいですね。

今日10月30日は「初恋の日」です。
島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の老舗旅館「中棚荘」(なかだなそう)が制定し、記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

 

伊藤健太郎容疑者が釈放、涙ぐみながら謝罪。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

十三夜に曇り無し。

2020年 10月29日 - 日常

日本では、古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習があります。
お月見というと旧暦8月15日の十五夜がもっとも有名ですが、日本では古来もうひとつ旧暦9月13日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました。
中秋の名月(十五夜)はもともと中国で行われていた行事が日本に伝来したものですが、この十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
一説には、宇多法皇が9月13日の夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われ、秋の収穫祭のひとつではないかと考えられています。
一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。
これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです。
十五夜はサトイモなどを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。
中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあります。
これは旧暦9月13日の晩のお天気で、翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣から来ています。

秋はお月見三昧!澄んだ空に輝く月の光で身も心も清浄になろう ...
十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」という言葉もあります。
今夜は空を見上げて、先人が愛した十三夜の月を楽しんでみてはいかがでしょうか?
おかげさまで、法華坊主は階段の踊り場から観月することが出来ました。

 

俳優・伊藤健太郎容疑者をひき逃げで逮捕。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

裏の裏は、表。

2020年 10月28日 - 日常

裏面工作(表に出ないところで、ある目的がかなうよう働きかけをすること)とか、表裏一体(二つのものの関係が、表と裏のように密接で切り離せないこと)とか、「裏」のつく熟語があります。
皆さんは「裏」といったら何を想像しますか。

リニューアル・オープン記念展Ⅱ 日本美術の裏の裏」

先日、上京の折に、東京・六本木のサントリー美術館で「日本美術の裏の裏」展(~11/29)を観てきました。
収蔵品の中からとりわけ個性が光る作品の数々を紹介し、日本人が古来培ってきた美のたのしみ方を深掘りする企画です。
どのように飾るかまで想像して作品を味わう「空間をつくる」、極小サイズの飲食器や調度品を愛玩する「小をめでる」、ヘタウマな絵も受容する「心でえがく」などユニークな6章で構成されていました。
教科書では学べない「裏技的」な鑑賞法を提示する意欲的な展覧会。
特に興味深かったのは、2章の「小をめでる」で、サントリー美術館のコレクションの中から、小さな作品を厳選して紹介して、ミニチュアサイズの日本美術の数々が展示されていました。
屏風や掛け軸がミニチュアサイズになるだけで、なんでこんなに可愛いのかよ!、その不思議な可愛らしさに、思わず心を奪わてしまいました。
「日本美術の裏の裏」というタイトルには、「裏の裏は、表」そんな意味合いが込められていたようです。

ドジャース、32年ぶりのwシリーズ制覇。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

読書の力によって・・・。

2020年 10月27日 - 日常

秋は「〇〇の秋」と言われるように、いろいろなことを楽しみやすい季節です。
よく耳にする「読書の秋」もそのひとつで、秋は読書の似合う季節でもあります 。
今日10月27日は「読書の日」であり、10月27日~11月9日の2週間は「読書週間」ですが、どうして「読書の秋」といわれるようになったのでしょうか。
第1回の読書週間が開催されたのは、終戦まもない1947(昭和22)年で、期間は11月17日~23日の1週間でした。
「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という志のもと、出版社や取次会社、書店、公共図書館を中心に、新聞社や放送局なども協力して行われました。
当時、アメリカでは、11月16日から1週間、子供に本に親しんでもらう運動である「チルドレンズ・ブック・ウィークク」が開催されていました。
日本の読書週間の時期は、このチルドレンズ・ブック・ウィークを参考にしたといわれています。。
第1回の読書週間が大反響を呼んだため、翌1948(昭和23)年の第2回からは、期間を延ばして開催されるようになりました。
文化の日(11月3日)を中心にした10月27日~11月9日の2週間で、この開催期間は今に至るまで変わっていません 。

読書】夏目漱石『三四郎』あらすじと感想 : びょうびょうほえる~西村 ...

「燈火親しむべし」という言葉をご存知ですか。
「燈火親しむべし」とは、唐の文人の韓愈(かんゆ)の詩『符読書城南(符、書を城南に読む)』の中に出てくる一節がもとになっており、「秋になると、涼しくなり、夜も長くなって、燈火、つまり明かりの下で読書するのに適している」ことを意味しています。
夏目漱石の小説『三四郎』に、「そのうち与次郎の尻が次第に落ち付いて来て、燈火親しむべしなどという漢語さえ借用して嬉しがるようになった」と書かれている箇所があります。
読書週間の今、秋の夜長は「燈火親しむべし」を実践してみてはどうでしょうか。

 

河井案里被告、4ヶ月ぶりに保釈。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

社会的な男と女の役割。

2020年 10月26日 - 日常

近年、「ジェンダー」という言葉をよく耳にします。
ジェンダー(gender)とは、生物学的な性別(sex)に対して、社会的・文化的につくられる性別のことを指します。
世の中の男性と女性の役割の違いによって生まれる性別のことです。
具体的には「女性はおしとやかでピンクが好き、料理や掃除がうまくて当たり前」「男なんだから力が強く、泣くなんてみっともない」などといった社会的・文化的な思い込みで作られた意識のことを指しています。

日本で、ジェンダーという言葉が使われ始めたのは、1995年の北京女性会議以降のことです。
欧米諸国と比較すると、日本は非常に男女の差が大きく、世界的に見てもジェンダー概念が強く残る国のひとつにあげられています。
たとえば、先進国の中でも、日本は女性の社会的地位が低いとされ、国会議員や会社役員などの数が極めて少ないといわれています。
これは、日本人女性の能力が低いというわけではなく、固定概念による考え方が原因ではないでしょうか。

性差の日本史」

今、千葉県佐倉市に在る国立歴史民俗博物館(歴博)で、『性差(ジェンダー)の日本史』が開催されています(~12/6)。
この企画展は、ジェンダーの成り立ちとその変化を明らかにする初めての歴史展示です。
人々を「男」と「女」に二分し、異なる役割を定める社会の始まり、また古代まで遡って仕事と暮らしのなかの男女にも光を当てています。
さらに、それぞれの時代の社会の特徴とジェンダーに大きく左右される性の歴史を、中世から戦後までの性の売買に注目して考えるコーナーもありました。
「売春は最古の女性の職業」と言う通説が真実か、遊女として生きた女性たちの日記や手紙なども紹介しながら、男女の区分や位置づけを深く反映する性の歴史を振り返るという機会を得ました。
性差の考え方に疎かった法華坊主にとって、「ジェンダーによる男女差別をなくして、ひとりひとりの実力がいかされて、安全で安心して暮らせる世の中をつくっていくことが全世界の課題なのではないか」と考えさせられる展示会でした。

 

菅首相、就任後初めて所信表明。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

山に雪が積もれば初冠雪。

2020年 10月25日 - 日常

今日の福島県内は冬型の気圧配置となり、境内から見える吾妻山(1,705m)で初冠雪を観測しました。
福島地方気象台によると、初冠雪は昨年より16日早く、平年よりは2日遅いそうです。

2018初冠雪翌日の吾妻山 - YouTube
気象観測法の定義では、「初冠雪とは、山岳で夏の最高気温がでた後に初めて観測された積雪」をいうそうで、この定義だと、雲にさえぎられて麓からみえなくても山に雪が積もれば初冠雪で、麓に住む一般の人びとの感覚から、少しずれているようです。
この定義は山に居る人にとっての初積雪ではないかと思うのですが、遠く離れた麓から、雪の冠をかぶった山を見て季節の移ろいを感じるのが、初冠雪の味わいではないでしょうか。
気象の専門家は、「たとえ山頂に積雪があっても、雲によって山頂が隠れてしまった場合、麓から見ることができず、雲が晴れてから観測されるというタイムラグがある」と指摘しています。
私の感じでは、「雲のなかでいつの間にか雪化粧をした山が、秋晴れの空を背景に急に現れるのが初冠雪」と言った方がロマンチックではないですか。
このような一連の舞台回しが、われわれの感性をゆさぶるのではないでしょうか。
また初冠雪は冬到来の指標ですが、当然のことながら、初冠雪はすぐに消えるのがふつうです。
しかし、「山に雪が3度降れば麓の自分たちのところにもやがて雪がくる・・・」とはよく聞かれる言葉ですので、冬はもうそこまでやってきているのです。お~サブー。

 

コントレイル菊花賞V、父子無敗3冠。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

この土日、久し振りの晴れ。

2020年 10月24日 - 日常

きょうは久し振りに秋晴れの好日となり、あすの日曜日も好天に恵まれそうです。

紅葉(もみじ) 童謡・唱歌 歌詞と試聴
皆さんも「紅葉狩り(もみじがり)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
紅葉狩りとは、「紅葉を見ること」を意味します。
紅葉狩りという言葉が出てこないまでも、万葉集には紅葉を詠んだ歌がたくさんあることから、この時代にはすでに紅葉秋の風物詩として楽しんでいたのだろうといわれています。
万葉集の成立は759年以降と推測されていますから、1200年以上も前から紅葉は人の心をつかんでいたということができます。
平安時代、貴族の間では紅葉を見ながら宴を開き、その美しさを和歌を詠んで競い合う「紅葉合(もみじあわせ)」いう遊びが行われていました。
この紅葉合が、今の紅葉狩りの始まりだといわれています。
当時は紅葉を庭木として植える習慣が一般的では無かったので、紅葉を見るためには山まで足を運ばなくてはいけませんでした。
紅葉狩りは、室町時代から徐々に庶民の間に普及していき、江戸時代中期には大人気の行楽となります。
その背景にあるのは、お伊勢参りなどの旅行が大流行していたことが挙げられています。
お伊勢り本来の目的は伊勢神宮に参拝することなのは言わずとですが、次第にその道中を楽しむようになると、お伊勢参りは旅に出かける口実となったのです。

明日の日曜日、遠くまで足を延ばさなくても、お近くの公園で小さな秋を見つけてはいかがですか?

 

政府の分科会「年末年始の休暇延長」提言。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

一段と深まる秋。

2020年 10月23日 - 日常

3日間ブログ公開しなかったら、「お加減大丈夫ですか?」とお尋ねいただきました。
申し訳ありません、知る人ぞ知る!勝手にサボっていました。

霜降り肉」の新着タグ記事一覧|note ――つくる、つながる、とどける。

「霜降り明星」ではありませんが、今日は24節気のひとつ「霜降(そうこう)」です。
風がいっそう冷たく感じられ、地域によっては霜が降りる頃で、暦の上では、霜降が過ぎると冬がやってきます。
朝晩には温度がぐっと下がり、花壇の中や土の道には、霜を見ることができるかもしれません。
そして、見上げる樹木の葉は色づきはじめています。
ちなみに、木々の紅葉には朝晩の冷え込みが関係しており、朝の最低気温が10℃以下になると紅葉がはじまり、気温が低くなるほどに、葉は色鮮やかに染まっていくのだそうです。
葉を落とす風は日に日に冷たくなっていき、「霜降」の節から「立冬」までに吹く北風は「木枯らし」と呼ばれます。
天気予報などでそんな言葉を聞くと、ますます冬の到来を強く感じるものです。
そろそろ、こたつやストーブを出してもいいのかもしれません。
あたたかいお鍋やスープもおいしい時季になってきましたから、本格的な冬に備えて、しっかりと栄養をとっておきましょう。

 

ナイナイ岡村、ラジオで結婚会見「支えられ婚」。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

紅葉に彩られた秋の山。

2020年 10月20日 - 日常

ようやくここ数日の秋晴れと朝夕の寒暖差によって、拙寺の境内から見える吾妻・安達太良連峰の山並みも粧って来ました。

岳温泉観光協会 - 今年ももうすぐ、安達太良山の紅葉の季節がやってき ...

ぐっと冷え込むこの頃は、楓や蔦の紅葉が色鮮やかになっていきます。
紅葉は、気温が急激に下がることで葉の中のタンパク質が移動できなくなり、糖類が蓄積されて、緑の色素が減っていくためにおこる現象です。
代わりに増えていく赤い色素はアントシアニン、黄色い色素はカロチノイド、褐色の色素はフロバフェンといい、木によって、また気候によってどの色が強く出るかは違います。
一様に赤くならないからこそ、美しい色のグラデーションが楽しめるわけです。
紅葉に彩られた秋の山を「山粧う(やまよそおう)」といいます。
花が咲き始め、鳥が歌う春は「山笑う」、青葉が茂りみずみずしい夏は「山滴る」、冬山の静けさは「山眠る」などと、四季折々の山をまるで生きているかのように表す言葉があります。
これは、11世紀の中国の郭煕(かくき)という画家の言葉に由来しているそうですが、とても素敵な表現ですね。
お弁当を持って「紅葉(もみじ)狩り」に出かけ、日本の秋を満喫してみませんか。

 

「鬼滅の刃」公開3日間で興収46億円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント