日常

沖縄に心から寄り添った男。

2019年 09月26日 - 日常

皆さんは、瀬長亀次郎(せながかめじとう)という男ををご存知ですか?
そうです、占領下の沖縄で米軍の弾圧にひるむことなく非難の声を上げ続けた政治家カメジローです。
昨日上京の折に、映画「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」を観ました。
戦後、占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家・瀬長亀次郎の生き様を描いたドキュメンタリーの第2弾。
那覇市長や衆議院議員を務め、不屈の精神で戦い続けた瀬長亀次郎の人生を追い、平成30年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の映画賞を受賞した前作「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続く今作では、カメジローの生涯をさらに深く掘り下げると同時に、本土復帰へ向けた激動の沖縄を描き出していきます。
カメジローが残していた230冊を超える日記を丹念に読み解き、妻や娘らと過ごす家族の日常や、政治家・夫・父親などカメジローのさまざまな顔を浮かび上がらせていくほか、1971年12月4日の衆議院沖縄・北方問題特別委員会で時の首相・佐藤栄作と繰り広げた激論の記録映像が収められ、現代へと続く沖縄の解決されない問題や事象の原点を浮き彫りにしています。
「筑紫哲也News23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた、TBSテレビ報道局総合編集センター編集部プロデューサーの佐古忠彦TBS元アナウンサーが監督。
音楽は1作目と同じく坂本龍一が担当し、「Sacco」に加え、新たに書きおろした曲「Gui」がカメジローの不屈の生涯を静かに熱く奏でています。
上映館は少ないですが、何のためにこれほど不屈に一本の道を歩み続けたのか?その先に何があったのか?を、渾身のドキュメンタリー映画から見い出してください。

親日家・シラク元フランス大統領死去。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

いっそ日本の9月は、夏。

2019年 09月26日 - 日常

昨日・今日(24・25日)と、お彼岸の法務があって東京へ行ってきました。
その道中に読んだ朝日新聞「天声人語」(9/25)を紹介します。

彼岸花ほど、各地でさまざまな呼び名がある花も珍しい。すっとした立ち姿、鮮やかな赤い色が、土地により人により、多様な連想を呼び起こしたのだろう。キツネノタイマツの名は、松明(たいまつ)のように周りを明るくする感じが伝わってくる▼オイランバナは、その艶(あで)やかさゆえに名付けられたか。妖艶(ようえん)というより妖気だと思うなら、ユウレイバナと呼びたくなるのも分らないでもない。手元の資料によると、地方ごとの名前は数百とも泉に及ぶともいわれている▼そう言えばあの姿、今年はまだ目にしていないなあと、思った方もいるのではないか。気象庁が観測している全国18カ所のうち、14カ所で平年よりも開花が遅れているという。彼岸花が、お彼岸に間に合わないところも出てくるか▼ひどい残暑が、花や生き物たちのスケジュールを狂わせているのかもしれない。同じく気象庁の観測では、赤トンボが現れるのも平年よりも遅れ気味だという。関東の紅葉がずれ込みそうだという民間の予想も出ている▼昨日の都心でも、上着を身につけている人は少なく、Tシャツ姿も目立つていた。暦のうえでは夏から秋へと交替する時期が「白露」で、今年は9月8日だった。現実との距離は広がるばかりである。いっそ日本の9月は夏、としたほうがいいような気すらしてくる▼それでも日が暮れるのだけは、確実に早くなっている。晩秋の季語である「夜寒(よさむ)」を感じるのはまだ先であろう。長い夜をどう楽しむか、思いを巡らせたい。(2019・9・25)

秋のお彼岸も残すところ後いち日。
令和最初の彼岸を有意義に締めくくってください。

グレタさん「おとぎ話はやめて」。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

亡くなった人を偲ぶ日。

2019年 09月23日 - 日常

今日は、「秋分の日」でもあり、「お彼岸のお中日」でもあります。
秋分の日は、1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」によって制定され、「祖先をうやまい、亡くなった人々を偲ぶ日」とされています。
戦前、秋分の日は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と呼ばれていました。
秋季皇霊祭とは、毎年秋分の日に宮中で、歴代の天皇や皇族の神霊をまつる儀式ですが、その後に庶民の間にも徐々に広がり、戦後「秋分の日」と改名されました。

お彼岸は年に2回あり、春分の日にあるお彼岸を「春彼岸」、秋分の日にあるお彼岸を「秋彼岸」と言います。
しかし、なぜ秋分の日と春分の日がお彼岸なのでしょうか。
「彼岸」とは先祖がいる「浄土」を指し、反対の「此岸(しがん)」とは私たちが生きている世界のことです。
仏教では、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置すると考えられています。
春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられました。
以上の理由から、春分の日と秋分の日に先祖を供養するようになりました。
春分の日と秋分の日はお彼岸の中日にあたるため、「彼岸の中日」と呼びます。
仏教では「中道」という考えを重んじており、中道とは「苦」「楽」「有」「無」にとらわれない偏りのない立場のことです。
昼と夜の長さが同じである春分の日と秋分の日は、中道を象徴した日と考えられました。
そのため中道を象徴したこの日は、仏道修行に励むようにと意味が込められています。
残された彼岸の期間、さらなる精進に心がけましょう。

台風17号、温帯低気圧に!更に広範囲で暴風。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

都合のよい日にお墓参りを。

2019年 09月22日 - 日常

明日の台風17号接近を前に、こんな質問がありました。
「お中日の前だけど、お墓参りしていいんですか?」
お彼岸のお墓参りは、いつ行けば良いのか迷う方も多いようですが、彼岸の期間であれば、どの日にお墓参りをしてかまいません。
彼岸の中日は祝日ということもあり、お墓参りに行く方が多いのですが、彼岸の最終日となる彼岸明けにお墓参りをしても問題はないのです。
大切なのは、ご先祖様や故人を大切にするこころですから、ご自身の都合のよい日にお墓参りをするとよいでしょう。

そして、お彼岸の供物や食べものといえば「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、基本的には同じものです。
その季節に咲く「牡丹」と「萩」の花から、春は「牡丹餅(ぼたもち)」、秋は「御萩(おはぎ)」と呼び分けるようになり、作り方にも花の姿が反映されるようになりました。
また、小豆の収穫期は秋なので、秋の「おはぎ」には皮ごと使ったつぶあんを用い、春の「ぼたもち」には固くなった皮を除いたこしあんを用いていたそうです。

また「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉をよく聞きますよね。
お彼岸は迷い・悩み・煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるときでもあります。
自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になることから、「暑さ寒さも彼岸まで」には励ましの意もあったのです。

渋野日向子、8打差大逆転V。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

自分と向き合うということ。

2019年 09月21日 - 日常

お彼岸を迎え、三連休の初日、いかがお過ごしですか?


人にはまず、自分を知って欲しいという欲求があります。
自分の話をしたいんですね。
ですから相手の話を聞いていて、自分は違うからと話の内容を否定してしまうと、相手は自分自身が否定されたように感じてしまいます。
相手の話を聞いて受け答えはしてますが、お互いそれぞれが自分を中心に喋っていて、自分の話をしたいもんですから、別に悪気なんてありませんし、ほんとにただ、自分の話をしたいだけなんです。
人には自分の話をしたいという欲求がありますが、それでも別に自分の話なんて聞いて欲しくないと思ってる場合は、単に心を閉ざしてる状態なんですね。
ほんとに聞いて欲しくないわけではなく、話もしたくないという状況なわけです。
どんな話の内容であれ、まずもって否定するのは良くありません。
批判や否定、アドバイスを望んでるのではなく、とりあえず自分の話を聞いて欲しいだけなんですから。
言い訳だってそうです。
自分の問題だなんて百も承知でわかってたとしても、まずは自分の話を聞いて欲しいんです。
それで納得をして、自分に言い聞かせて、心の中を整理して、前へと進んでいくんですね。
つまりこれが、自分と向き合うということです。

原巨人、5年ぶり37度目のリーグ優勝37.  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

天界に咲く花。

2019年 09月20日 - 日常

今日は、秋彼岸の入りです。
彼岸といえばお墓参りが頭に浮かびますが、彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。
日本では、神仏両方を共にまつるという風土があるので、太陽神を信仰する「日願」と仏教の「彼岸」が結びついたからという説があります。
一つは古代インドのサンスクリット語からきた仏教の言葉で、私たちが生きているこの世を「此岸」と言うのに対し、死者のいる世界を「彼岸」と呼びます。
また、此岸は人間が煩悩(さまざまな欲望のこと)に迷い苦しんでいる所であり、その煩悩を断ち切って、悟りを得た浬磐の境地を彼岸と言います。
彼岸の境地に達する修行方法を、ハラミッタ(波羅蜜多)と言います。
もう一つは日本の太陽信仰から来た「日願」と言う説です。
春分・秋分は太陽が真東から出て真西に沈むとともに昼と夜の長さが同じということで、非常に重要な節目でした。
「日の願」日願は、お日さま、太陽に対する農民の信仰用語で、「日天願」と呼ぶ地方もあるそうです。
この日願が「彼岸」となったという学説もあります。
さらには、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。

まるで彼岸に合わせたかのように、秋分のころに咲く彼岸花。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)という別名は、サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味します。
1日に10㎝以上も伸び、球根には毒がありますが、昔は水にさらして毒を抜き、万一の時の非常食にもなりました。

ラグビーW杯開幕、日本白星発進。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の味覚の魚といえば・・・。

2019年 09月19日 - 日常

秋の味覚の魚といえば「サンマ」ですが、今年は不漁が続き、さらに深刻な漁獲不振に陥っているそうです。
脂の乗ったサンマは炭火で焼くのが最高です。
煙の中から香ばしい香りが立ちのぼります。
漢字では「秋刀魚」と書くサンマですが、形も色も刀に似ていて、秋にとれる刀のような魚ということから名づけられたといわれています。
「サンマ」という呼び方については、ふたつの説があり、ひとつは、その形から「細長い魚」を意味する「サマナ(狭真魚)」→「サマ」→「サンマ」と変化したという説。
ふたつめは、大群で泳ぐ習性があるので「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」という意味の「マ」がくっついて「サワンマ」→「サンマ」になったという説です。
サンマには血液の流れをよくするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれていて、脳梗塞・心筋梗塞などを予防する効果があるとされています。
また、ドコサヘキサエン酸も豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを減らす作用や脳細胞を活発化される効果もあるとされています。
サンマは、塩焼きばかりでなく、お刺身や酢じめ、押し寿司などでもおいしく食べられます。
これらは脂の乗り切らない初秋のサンマや、産卵後の晩秋のサンマが向いているそうです。

東電旧経営陣3人に無罪、原発事故で強制起訴。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「秋桜」につづき「曼珠沙華」

2019年 09月18日 - 日常

昨日は山口百恵の「秋桜」でしたが、今日は「曼珠沙華」についてブログります。
♫涙にならない悲しみのある事を知ったのは
 つい この頃
 形にならない幸福が何故かしら重いのも
 そう この頃
 あなたへの手紙
 最後の一行 思いつかない
 どこでけじめをつけましょ
 窓辺の花が咲いた時
 はかなく花が散った時
 いいえ あなたに愛された時
 マンジューシャカ 恋する女は
 マンジューシャカ 罪作り
 白い花さえ 真紅にそめる ♪

「曼珠沙華」は、1978年にリリースされた山口百恵さん16枚目のアルバム『二十才の記念碑 曼珠沙華』に収録されています。
アルバムの発売は、山口百恵が20歳になる1ヶ月前でしたが、大人の雰囲気漂う内容です。
中でも、阿木曜子と宇崎竜童のコンビで書かれたこの歌は、特に印象的で、山口百恵にしか歌えないのではないかと思うほど、彼女にぴったりな曲です。
山口百恵は、曲が持つ世界観を含め見事に歌いこなしていると思いませんか。

間もなく秋のお彼岸です。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は「天上に咲く花」を意味するといいます。
また「秋のお彼岸ごろに咲くから」「食べると彼岸(あの世)に行くから」などの理由から、彼岸花(ひがんばな)とも呼ばれています。
怖いような美しさ!そんなふうに表現する人が多いのは、この艶やかな花がもつ、生と死の境目に咲くイメージからなのかもしれません。
天上の神秘をもって現世の人間を惹きつける、怖いほど美しい赤い花です。

「処理水」大阪湾放出に言及。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

こんな小春日和の穏やかな日は

2019年 09月17日 - 日常

秋空の下、色とりどりにコスモスの花が咲き誇っています。
秋に咲き、桜の花に似ていることから、和名は「秋桜(あきざくら)」と書きます。
大ヒットした歌謡曲のタイトルから「秋桜」と書いて「コスモス」と読むようになったのをご存知ですか。
♬うす紅の秋桜が秋の日の
 何気ない陽溜りに揺れている
 比頃涙もろくなった母が
 庭先でひとつ咳をする
 縁側でアルバムを開いては
 私の幼い日の思い出を
 何度も同じ話くりかえす
 ひとり言みたいに小さな声で
 こんな小春日和の 穏やかな日は
 あなたの優しさが しみてくる
 明日嫁ぐ私に 苦労はしても
 笑い話に 時が変えるよ
 心配いらないと笑った ♪

山口百恵のナンバーの中でも、名曲と言われる「秋桜」。
哀愁たっぷりなバラードナンバーは、現在でも多くの人が耳にするほど有名です。
そんな名曲の一つと呼ばれる「秋桜」は、19枚目のシングルとして1977年10月にリリースされました。
嫁ぐ女性の心境や情景を歌った「秋桜」の作詞と作曲を手掛けたのは、さだまさし。
現在では「秋桜」は「コスモス」という呼び方をしますが、1977年以前は「あきざくら」と呼ぶのが一般的でした。
しかし山口百恵の「秋桜」がリリースされ、大ヒットを遂げたことで世間的な認識も「秋桜=コスモス」という呼び方で現在まで定着しているそうです。

千葉依然6.6万軒で停電、被災ゴミも深刻。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お年寄りを敬い長寿を祝う日。

2019年 09月16日 - 日常

厚生労働省は今月13日、全国の100歳以上の高齢者が71238人に上ると発表しました。
昨年より1453人多く、7万人を超えたのは初めてで、49年連続で過去最多を更新し、女性が約88%を占めました。
ちなみに福島県内の100歳以上の高齢者は昨年より111人増え、過去最多の1219人になりました。
100歳以上の高齢者は、統計を取り始めた1963年には全国で153人だったが、81年に1千人、98年に1万人を突破し、2012年には5万人を超え、増加が続いています。
人口10万人当たりの100歳以上の高齢者は56.34人。
都道府県別では、高知が最多の101.42人で、鹿児島の100.87人、島根の99.85人が続きました。
最少は埼玉が30年連続で33.74人、次いで愛知の37.15人、千葉の39.68人の順だそうです。

今日は「敬老の日」で、長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。
老人の捉え方は人によって様々で、心身共に若々しく老人と呼ぶのは憚られる方もたくさんいます。
よく「もう○○が受けられる年齢だから」などと言いますが、一般的には何歳からが老人なのでしょうか?
身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、JR各社では50歳ぐらいから各種割引があります。
国連の世界保健機構(WHO)の高齢者の定義は、 65歳以上で
65~74歳 ⇒ 前期高齢者
75~84歳 ⇒ 後期高齢者
85歳以上 ⇒ 末期高齢者
これからもっと高齢化が進むと、変わっていくかもしれませんね。
いずれにしても、大切なのは、お年寄りに対して労りや感謝の気持ちを表すことです。
各地で敬老にちなんだ行事が催されることも多く、敬老の日を通じて高齢者をとりまく社会問題を考えるきっかけになってほしいものです。

三連休終わる、来週もまた三連休。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント