日常

もうすぐ春なんだ!

2019年 01月28日 - 日常

1970年代のフォーク/ニューミュージックブームの牽引役となったグループのひとつに「ふきのとう」がいます。メンバーのひとり細坪基佳は、NSPの中村貴之、平賀和人らとスリーハンサムズを結成して活動しています。今日はその「ふきのとう」ではなく植物のフキノトウについて記してみます。

雪解けの土の中から顔をのぞかせるフキノトウ。まだ気温も低く、冬の寒さも感じられる気候の中、雪の間から顔を出しているフキノトウの芽を見つけると、宝物を発見したかのような誇らしい気持ちになります。春の訪れを真っ先に感じて顔を出したフキノトウは、とてもかわいい見た目をしていますよね。それだけでなく、食材としても楽しめるのも魅力的です。
フキノトウを見かけると、「もうすぐ春なんだ」と、新しい季節の予感で胸がいっぱいになります。最近では技術開発のおかげでスーパーでもよく見かけるようになりました。
フキノトウは、日本原産の山菜の一つで、キク科フキ属の多年草です。全国の水が豊富で風があまり強くない土地を好んで繁殖しています。たとえば、山では沢や傾斜になっているところ、河川の中州や川岸、土手、用水路の周辺などで多く見つけることができるでしょう。
フキノトウはつぼみの部分にあたり、この花が咲いた後には地下茎から伸びる葉のフキが出てきます。
ミネラルや食物繊維が豊富で、香りと苦味が特徴的です。天ぷらやおひたしにして食べたり、味噌と一緒に混ぜて「フキノトウ味噌」を作り、ご飯のお供として食べる習慣があります。

アジア杯、イランに3-0で快勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日の丸、君が代とは?

2019年 01月27日 - 日常

昨日のテニス全豪OPでも「日の丸」を振って応援していましたが、今日(1月27日)が「国旗制定記念日」って知ってましたか。
明治27年(1894年)1月27日、太政官布告の商船規則によって「日の丸」が国旗として制定され、これを記念して一般社団法人「国旗教会」が定めました。
日の丸模様は源平の頃に流行して、家紋や馬印や扇に用いられています。島津斉彬は新造船の旗印として白帆に日の丸を描かせ、対外的に初めて日の丸を用い、後にこれが「白地日之幟」日本惣船印として定められました。

さらに平成11年(1999年)8月9日には、「国旗及び国歌に関する法律」が成立し、日本国政府が公式に、日本国の国旗は「日章旗」( 日の丸)であり、国歌は「君が代」であると指定しています。

国際競技大会やオリンピックの表彰式・のFIFAワールドカップ試合前などで、国旗掲揚・国歌斉唱が厳粛に行われています。
もちろん今日千秋楽を迎えた大相撲でモンゴル出身力士が優勝しても君が代が斉唱されました。
教育現場においてもいまだに解決されない国旗国歌問題があり、係争中のものもあるのも事実です。
私は、思想的にではなく一国民として国旗を掲揚することに違和感はなく、今は珍しくなりましたが祝日には「日の丸」を玄関に掲げています。
皆さんは、国旗(日の丸)・国歌(君が代)についてどのようにお考えですか?

嵐が2020で活動休止、5人で記者会見。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

切蒲英? 何と読む。

2019年 01月26日 - 日常

昨日に続いて秋田の話題です。秋田の名産といえば「きりたんぽ」。皆さんも一度は召し上がったことがあるでしょう。

「きりたんぽ」は秋田名物として全国に知られていますが、その中でも本場といえるのは大館市だそうです。
そもそも「きりたんぽ」の発祥の地は、大館・北鹿地方で、その昔、きこり達が山作業の折に残り飯を長い棒に巻き付けて、味噌をつけて焼いて食べたのが始まりだという説もあれば、マタギ(猟師)が、食べ残したご飯を、山鳥などの鍋に入れて食べたのが始まりだという説もあるとか。
「きりたんぽ」の「たんぽ」とは槍の刃の部分のカバーのことだそうで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから「たんぽ」と呼ばれ、「きりたんぽ」は鍋に入れる際、切って入れることから「切りたんぽ」「きりたんぽ」と称されるようになったといわれています。
漢字では「切蒲英」と書きますが、読めないですよね。
炊き立ての米をついてつぶし、太い杉の串に竹輪のように練りつけて焼いた物のことです。
単純に田舎風に味噌を塗って食べたり、「比内鳥(ひないどり)」の地鶏スープを醤油味にして出汁を取り鶏肉や野菜をともに煮て「きりたんぽ鍋」として食べるのが主流のようです。
「きり」はやはり切ることだそうで、切る前の段階でのきりたんぽのことはただ「たんぽ」というそうですが勘違いしている人が多いようです。
秋田では、秋から冬にかけて「きりたんぽ鍋」を前にして、大の大人が口角泡をとばして地域や我が家のきりたんぽ鍋自慢をする光景をあちこちで見かけることがあるそうです。これぞ秋田県民が「きりたんぽ鍋」を愛し、味や作り方にこだわっている証で、やはり秋田の代表的な郷土料理なのでしょう。

大坂なおみ、全豪OP優勝、世界ランク1位。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本海側の冬の厳しさを体験

2019年 01月25日 - 日常

ブログ公開を休んでいた21日から秋田市に出かけていました。もちろん太平洋側の福島より積雪量も多く、日本海側の冬の厳しさを体験しました。

秋田の名産品のひとつに「稲庭うどん」があります。
秋田県湯沢市稲庭町で江戸時代から作られている乾めんで、県稲庭うどん協同組合によると、讃岐うどんやきしめんと並び「日本三銘うどん」と称されるそうです。全工程手作業が基本で、原料は小麦粉・水・・塩のみ、高級贈答品として人気があります。
手軽に食べられて、つるつるっとのど越しのよいうどんは、日本のソウルフード。いまや全国各地にご当地うどんがあって、生麺や乾麺、細長いものから極太までタイプもいろいろあります。でも、あらためて「日本三大うどんって何?」といわれて、みなさんパッと思い浮かびますか?
調べてみると「三大うどん」には諸説あり、香川県の「讃岐うどん」、秋田県の「稲庭うどん」に加え、残りのひとつは、長崎県の「五島うどん」と群馬県の「水沢うどん」が有力候補。ここに富山県の「氷見(ひみ)うどん」が入って五大うどんと呼ばれるようです。

秋田県の稲庭うどんは、練る・綯(な)う(=より合わせること)・延ばす・かけるの工程を経て熟成を重ねていく、独特の「手延べ」製法で作られるそうです。その歴史は古く、江戸時代から殿様に献上されており、昭和47年に<佐藤養助>がその製造技術や粉の配合を家人以外に公開するまでは、一般には食されることがなかったというから驚きです。
なめらかな口当たりのあと、スッと喉を通り抜ける爽快なのど越しは、はっと目を見開く美味しさです!
日本全国をうどんで旅してみるのもいいかもしれませんね。

今季最強寒波、高速道や新幹線にも影響?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

希望の春がやってくる。

2019年 01月24日 - 日常

今日は、低気圧が北海道付近で発達し、冬型の気圧配置が強まりました。
全国的に北風が強く、風の冷たい一日でした。

24節気の小寒と大寒の期間(1月5日頃から2月3日頃までのおよそ30日間)を「寒」「寒中」「寒の内」と呼び、小寒に入る日を「寒の入り」といいます。寒中に出すのが「寒中見舞い」で、立春を過ぎると「余寒見舞い」となります。
寒さの厳しい寒の時期に鍛錬すると心身共に向上するとされたため、「寒稽古」「寒中水泳」などをするようになりました。
寒の時期には、寒い時期ならではの食文化がみられます。手が切れるほど冷たい「寒の水」は、清らかで霊力もあると考えられていました。寒の水でついた餅を「寒餅」といいます。寒の水は、厳しい寒さで雑菌も繁殖しにくいためか長期間腐らないとされ、汲み置きをして薬や料理に使う家もありました。そして、「寒仕込み」の酒、醤油、味噌は、寒の水で雑菌も繁殖しにくいうえ、発酵もゆっくり進むので、味に深みが出ると珍重されるようになりました。
そのほかにも「寒卵」「寒蜆」「寒海苔」などがあり、寒の時期のものは上質で栄養価も高いといわれています。とくに大寒に産まれた卵を「大寒卵」と呼び、尊ぶようになりました。
大寒の頃は最も寒い時期ですが、寒さも底をつけば、春に向かって行くだけです。長い冬がもうじき終わり、希望の春がやってくる……いにしえの文化からそんな思いが伝わってきます。

横綱白鵬が2連敗、玉鷲に不覚。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ここを乗り切れば春はもうすぐ

2019年 01月20日 - 日常

昨日お伝えした歯痛も今日になって鎮まり、急きょ予約したデンタルクリニックに行って、先生曰く「奥の親知らずはいずれ不要な歯ですからこの際に抜いてしまったらいかがですか?」「ちょっと待ってください、親知らずと言っても大切な永久歯ですから!」と言いながら応急処置していただきました。「老化」は正直ですね。

今日(20日)は「大寒(たいかん)」です。冷え込みも厳しく、最も寒い頃です。
大寒は二十四節気の最後の節気で、ここを乗り切れば春ももうすぐです。
また、昔は「二十日正月」といって20日に鏡開きを行っていましたが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日に鏡開きをするようになったといわれています。関西地方では、正月用の鰤(ぶり)の骨や頭など、残った部分を酒粕や大豆、野菜などと煮て食べることから「骨正月」ともいわれていました。その他の地域でも、正月料理や餅を食べつくす風習が残っています。
また、寒さに耐え、精神を鍛えるという日本人ならではの精神修養である「寒稽古」や「寒中水泳」が行われるのも今頃ですね。寒さが骨身にしみる中、この寒気を利用して、凍り豆腐や寒天、酒、味噌、醤油などの仕込みも行われます。1年で最も気温が低く、雑菌が繁殖しにくいこの時季の水は「寒の水」と呼ばれ、酒や醤油の「寒仕込み」に使われてきました。

雪の下から蕗の薹(ふきのとう)が顔を出す頃です。香りが強くほろ苦い蕗の薹は、早春の味。日本特産の野菜で、天ぷらにしたり、刻んで味噌とあえて蕗味噌にしたりするとおいしいですね。ほろ苦さが春の訪れを感じさせてくれます。でも今年は雪が少なく暖かいけど、これで良いのかしら?

福島県が初優勝 東北勢で初めて、全国男子駅伝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

老化は決して病気ではない。

2019年 01月19日 - 日常

親しい方が逝去され、17日18日と通夜・葬儀をお勤めし、今日は御縁のあるお寺様の歴代住職の年忌法要があって、今年初めて上京してきました。3日間も…。東京は雪もなく暖かい陽気で、さすが都会の雰囲気。

さて、男性の体が老化する順番を、俗に「ハメマラ」などと言います。まず歯(ハ)がダメになり、目(メ)がダメになり、マラ(下半身)がダメになる順番を表している言葉です。「そうじゃない、ハマラメ」だという人もいるわけですが、「歯」と「目」と「性機能」は老化の第一歩と考えられているということです。
ちなみにハメマラの「ハ」は歯(歯槽膿漏や歯肉炎、固いものが噛めないといった症状)、「メ」は目(視力低下、細かい文字が読めない)、「マラ」は梵語のmaraから男性の生殖器官(ED(勃起不全)や尿の切れの悪さ)を意味します。

確かに法華坊主もこの3日間、歯が痛くて苦悶し、帰宅してすぐに明日の受診を予約した次第です。目も老眼鏡は必需品で、新幹線の中での読書も儘ならないのが実態です。下半身についてはご想像にお任せしますが、お察しのとおりです。

「老化」とは成長期(性成熟期)以降、すべてのヒトに起こる加齢にともなう生理機能の低下です。機能低下の速さはすべてのヒトが同じではなく、個人個人バラバラです。なぜなら、老化(生理機能の低下)は遺伝的要因や生活・環境要因が複雑に影響を与えているからです。
とても大切なことは、老化は決して病気ではないということですから、ポジティブに加齢をエンジョイいたしましょう。

TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」3月終了。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

勝ち負けを越えた引き際

2019年 01月17日 - 日常

昨日のブログが、稀勢の里の引退と往生際の話が重なってしまいましたので、読者で誤解をされた方もおられて、ちょっとガッカリです。私は、稀勢の里の相撲人生に喝采をおくり、称賛する一人です。

大相撲初場所4日目の昨日、17年間の土俵生活に別れを告げた横綱・稀勢の里。
記者会見で本人は日本出身横綱の重圧を「いい環境、あの声援の中で相撲を取るということが本当に力士として幸せでした」と答えいましたが、ファン・メディア、そして日本相撲協会・横綱審議委員会も「特別扱い」と批判されるほど復活を待ち続けたのも事実です。それがむしろ大きな重圧だったことは想像に難くないのでしょう。
休場続きの間の心境をこうをも語りました。「このまま潔く引退するか、横綱に上げてもらって、ファンの人たちのために相撲を取るか、いつも稽古場で自問自答していました」。当然、引退すればまた日本出身横綱がいなくなることも強く意識した結果でしょう。
そうした葛藤の連続だった横綱在位は、一瞬だけの光とその後の長い影を引きずったまま、12場所で幕を閉じました。
時代の巡り合わせで、長い間途絶えていた日本出身横綱の任に当たった不器用な青年は、結果的にその任に応え切れなかったのでしょう。

横綱審議委員会からも相撲協会の執行部からも、そしてファンからも、最初は温かく見守られてきた日本出身力士待望の横綱も、さすがに引退まで追い込まれました。なぜ稀勢の里は土俵に上がり続けるのか。綱としての意地か、それとも何かやり残したことがあるからなのか。
ただ、ファンはその姿を見続けてきました。勝ち負けを越えた引き際は、稀勢の里の相撲道を貫いそしてた結果だと信じています。


阪神淡路大震災から24年、6434人の鎮魂を祈る。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

自信や誇りを持って

2019年 01月16日 - 日常

大相撲の第72代横綱稀勢の里が今日、現役を引退しました。
進退を懸けて臨んだ初場所で初日から3連敗と不振の成績。記者会見では「横綱として、みなさまの期待にそえられないのは悔いが残りますが、私の土俵人生において一片の悔いもございません」と涙をこらえながら話しました。

古来、日本人とりわけ武士階級では「往生際が悪い(おうじょうぎわがわるい)」ことは恥とされてきました。
「往生際が悪い」とは、窮地に追いやられて負けを認めざるを得なくなった局面においてもなお態度や振る舞いに潔さがなく、未練を持ってぐずぐずしていたり悪あがきをしていたりする様子、などの意味の表現です。

「晩節を汚す(ばんせつをけがす)」と言う言葉も同様に日本人の矜持(きょうじ)を示す言葉です。
「晩節を汚す」とは、それまでの人生で高い評価を得てきたにも関わらず、後にそれまでの評価を覆すような振る舞いをし、名誉を失うことです。

決して、横綱・稀勢の里のことではないことを前置きして・・・。
最近、往生際が悪くて、晩節を汚す人が余りにも多いと思いませんか。ネットが、これだけ普及した時代では、身辺をよほど綺麗にして置かないと、昔のようにごまかして生き残ることは不可能です。昨今のTVで目にする光景は『一体こいつらに矜持はあるのか?』と思わせることばかりでザンネンです。私自身の猛省も込めて・・・。

社会学者・古市憲寿さん、芥川賞逃す。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

一連の正月行事が修了

2019年 01月15日 - 日常

拙寺は、小正月をもって一連の行事が修了いたしました。ご参詣の皆さん、ご協護いただいた皆さん、まことにありがとうございました。

お正月の過ごし方のランキングについて、アンケート調査によりますと
1位 自宅でテレビを見ながら寝正月 39.5%
2位 神社や寺院に初詣でに行く 20.8%
3位 実家に帰省する 20.4%
4位 福袋や初売りに行く 14.6%
5位 おせちやお雑煮など正月料理を実家で楽しむ 14.0%

お正月の失敗した過ごし方ランキングは
1位 食べ過ぎて太った
2位 寝正月
3位 家から一歩も外に出なかった
4位 気がついたら年越し
5位 お年玉を渡しすぎて金欠

平成最後のお正月も今日で15日目を迎え、会社も学校もすでに平常の環境に戻りました。ますますの努力精進を期待いたします。

横綱・稀勢、初日から3連敗。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント