日常

桜の花、風に散らないで。

2019年 03月29日 - 日常

春特有の不安定な天気が続いています。
その特徴は「周期変化」で、冬のように「ずっと晴れ」「ずっと曇りや雪」ということはなく、全国的に晴れから雨へと天気が周期的に変わるようになります。
明日は、低気圧の影響で本州付近は雨の所が多くなる模様で、開花した桜、これから咲く桜に影響はないかと心配です。

昨日のブログを見た方から、NSPの「弥生つめたい風」(詩・曲 天野滋)もいいですよ!とコメントありました。
 ♫ 桜ふぶき舞い落ちる 古い並木のすみっこで
   待っている君のこと 知っていたけど
   帰る時は 口づけそっとしてねといった君を
   おかしいよと おかしいよと 笑った僕でした
   弥生の空 風が強くても 桜の花 風に散らないで ♪

2番は「卯月の空・・・」3番は「五月の空・・・」と続き、風に耐える桜と恋に散ってしまった自分の姿を重ね、「強い風にも負けずに美しく幸せな姿を見せ続けて欲しい」、そんな誰もが永遠に持つ桜への思いを「散らないで」と繰り返し綴ったのではないでしょうか。
そして素敵な思い出も「散らないで」と、きっとそんな願いまでをも込められているはずです。

変動多い年度末、イヤな季節。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春の雷にサクラ散るな。

2019年 03月27日 - 日常

昨日は、本山の臨時役員会があって、沼津まで出かけてきました。
春暖の陽気でもサクラの花は開花前、富士山がくっきり見えて、何か良いことがありそうな予感、と思いきや・・・。
日帰りの会議を終えて着いた夜の新幹線ホームは冷たい雨に濡れ、さらに在来線に乗り換え最寄りの駅に到着したころは、春雷を伴った横殴りの雨でした。

「春雷」というと、ふきのとうの歌を思い起こします。

♪ 突然の雷が 酔心地 春の宵に
  このままじゃ夜明けまで 野ざらしずぶ濡れ
  春の雷に 白い花が散り
  桜花吹雪 風に消えてゆく
  
  過ぎた日を懐かしみ 肩組んで涙ぐんで
  別れたあいつは今 寒くないだろうか
  春の雷に 帰るあてもなく
  桜花吹雪 家路たどるふり
 
  声なき花の姿人は 何を思うだろう
  まして散りゆく姿 この世の運命を
  春の雷に 散るな今すぐに
  桜花吹雪 命つづくまで  ♬

最近は、米津玄師の「春雷」が話題になっていますが、1950年代生まれのオジサンオバサンには、ふきのとうの「春雷」の方が肌に合いますね。

過去最大の2019年度予算成立。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

年度末、別れを大切に!

2019年 03月26日 - 日常

年度末が近づいています。
年度末とは、ひとつの年度の終わりのことで、日本では3月末、あるいは末日の31日を指す場合が多いです。
会計や学業、農産物の作付・収穫などの種々の目的から、1年をある日から次の年のある日の前日まで「年度」として区切っていますが、その末期・末日にあたる期間のことです。
日本においては会計年度(官公庁の歳入歳出を画定する期間)や学校年度が4月1日から翌年3月31日となっているため、ある事業やサービス等の終了と開始や人事異動が年度移りに併せて行われていたり、定められた学業を終えた児童や生徒が卒業し新しく入学するものと入れ替わるといったドラマを演出する舞台となっています。
テレビやラジオの番組が改編されるのもこの時季です。
最近は多少早まる傾向にありますが、本州付近ではサクラの開花時期に重なり、卒業や入学、異動にまつわる桜をモチーフとした作品・楽曲が少なくありません。

別れはやってくる  出会った時から
別れはやってくる  思いもよらないときに
別れはやってくる  たとえ信じたくなくても
別れはやってくる  時間を取り戻したくても
別れはやってくる  また会おうとしても
別れはやってくる  忘れたいと思っても
別れはやってくる  惜しみながら迎えても
別れはやってくる  どんなに涙を流しても
別れはやってくる  どんなに大切に想っても
受け止めようとしても  後悔が残る
その悲しみや寂しさは いつか自分のためになる
別れることで 人は強くなっていく 別れを大切に

天皇皇后両陛下、神武天皇陵を参拝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

いずれにいたしましても・・・。

2019年 03月25日 - 日常

「またか!」の思いですよね。
桜田義孝五輪相は今日(25日)午前の参院予算委員会で、東日本大震災当時に被災地で国道などが健全だったと発言したことについて「事実と異なる」として撤回し、「正確さを欠いており申し訳なく思っている」と陳謝しました。
そして、安倍晋三首相は「発言の正確さには留意しつつ、情熱をもって取り組んでいただきたい」と擁護したことも、またか!ですね。
「毎回失言しても、謝ればOK」とはこれまた不思議。

まず、大臣としての現状把握、情報量が乏しすぎますので、これは個人の努力をもう少ししてもらわないと、政治がうまく回りません。
そもそもの理解が共有されていない状態で、何が議論をできる余地が考えられません。
それと政治家としての器量が乏しすぎますし、これ個人の努力でこれから対応できるのか不安です
そしてこんな人しか大臣に任命できなかった与党も、人材の育成・人選に疑いを持たざるを得ません。
やるべきことは山積みなのに、しょうもないことで停滞している暇はないはず。
でも、この人を7期にもわたって選んでいる有権者(千葉8区)がいるのも事実。
「失言だ」などといくら騒ごうが、次にまた国民がこの人を選ぶなら何の咎にもなりませんよね(笑)。
春の統一地方選挙の真っ只中だというのに、何やってんだか、緊張感ないね。

森昌子、年内で引退!還暦イヤー今年で見納め。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

梅?、桜?、桃?。

2019年 03月24日 - 日常

長崎を皮切りに、今年の桜の開花宣言も東京・横浜・福岡で発表されました。
春は、すでに咲き終えた「梅」、これから盛りの「桜」、そして「桃」と次々と春の花が咲き競います。
「滝桜」で有名な福島県三春町は、春に「梅」「桜」「桃」の花が一時に咲くことに由来しています。

そこで、「梅」「桜」「桃」を見分けることはできますか。
まず、花びらの形に注目!「桜」と「梅」と「桃」では花びらの形が違います。
一見、同じように見えますが、ポイントを抑えると簡単に見分けられますので、花びらを良く見てみましょう。
桜の花びらは先端に切れ込みが入っていて、シャープなハート型をしています。
梅の花びらは丸く、桃の花びらは先端が尖っています。
花びらを良く見たことがなかった人も多いと思いますが、改めて見てみてどんな形をしていましたか?
桃だと思って育てていたけど花びらが丸かったと言う人もいるのでは…。
丸い形をしていたら梅ですよ!
次に花の軸に注目!花がついている緑色の軸の長さによっても見分けることができます。
桜の花は緑色の軸が長く、下を向くように咲きます。
梅の花は緑色の軸が無く、茶色い枝にへばりつくように咲きます。
桃の花は緑色の軸が短く、同じ付け根から2輪花が咲くので、上や下など様々な方向を向いて咲きます。
パッと見、梅と桃は見分けづらいですが、梅は同じ付け根から1輪の花しか咲かないので、桃の方が華やかに見えます。

米津玄師、52週連続1位で歴代トップ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春の訪れを感じさせてくれる花。

2019年 03月22日 - 日常

連日の春の陽気のおかげで、境内のヒヤシンスが咲き始めました。
すっと伸びた茎に小さな花が穂のように咲くヒヤシンス。
ユニークな見た目と、その甘く濃厚な香りから、切り花やアレンジメント、鉢植え、寄せ植えと様々なシーンで活躍する春の花です。
ピンクや薄紫など、パステルカラーの花色も、春の訪れを感じさせてくれます。
ヒヤシンスの名前の由来は、ギリシャ神話の美少年「ヒュアキントス」が語源となっています。
ここから学名の「Hyacinthus orientalis」が生まれ、日本に伝来したタイミングで当て字で「飛信子」や「風信子」と漢字が当てられたそうです。


ヒヤシンス(風信子)の紫・赤・白など色別の花言葉は次の通りです。
 紫:『悲しみを超えた愛』
 赤:『嫉妬』
 白:『控えめな愛らしさ』
 青:『変わらぬ愛』
 ピンク:『しとやかなかわいらしさ』。

昨日引退したイチロー選手の感想については、あらためてコメントしましょう。

ザギトワ圧巻演技で初の世界選手権V。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

自然をたたえ生物をいつくしむ。

2019年 03月21日 - 日常

24節気のひとつ「春分」は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。
「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日でもあります。
春分の日の前後3日間、合計7日間は春の彼岸といい、先祖の墓参りをする習慣があります。
仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、春と秋の彼岸にお墓参りをするようになったのです。

麻薬取締法違反容疑で逮捕された、ピエール瀧容疑者が出演している映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する会見が、きのう東映代表取締役社長の多田憲之氏、同作のメガホンを取った白石和彌監督が出席して都内で行われ、再撮影などの対応を行わずに、予定通り4月5日にノーカットで公開すると発表しました。
瀧容疑者の逮捕により、公開予定だった作品の差し替え、商品の回収など一様に〈自主規制〉が続く中、一石を投じる対応となりました。
容疑者の段階から出演作品を公開しない、差し替える、過去作も回収して、そのタレントがあたかも存在していなかったようにする昨今の風潮に、待ったをかける判断となったことは確かです。
皆さんもそれぞれのご意見をお持ちでしょうが、私は今回の判断に賛成です。

イチロー現役引退「最高の引き際」。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「大犬陰嚢」何と読む?

2019年 03月20日 - 日常

今日の福島は22.2℃で、5月初旬のあたたかい陽気でした。
そんな中、境内近くの土手縁を歩いていましたら、オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)が咲き誇っているのを発見しました。
この花は、60年近く見てきた花ですが、この年になって初めて名前を覚えました。
というのも、先月の末に都会に住む友人から「オオイヌノフグリが咲き始めました」という話を聞き、この花がそうだったのかと恥ずかしながら判明した次第です。

オオイヌノフグリは、明治時代に欧州から渡来した外来種で、路傍や畑地の斜面などに生育する越年草です。
早春のまだ肌寒い時期から春にかけて、短い茎の上部の葉腋に径1㎝ほどの瑠璃(るり)色の4弁花をつけますが、しばしば群生するので多くの花が咲き乱れているように見えます。

在来種のイヌノフグリに似ていて、花や草姿が倍以上大きいので「オオ」です。
「犬陰嚢(いぬのふぐり)」の名は、果実の様子が雄犬の「○○たま」に似ているという命名だそうですが、ちょっと品の無い名前ですね。
そんなかわいそうな名前のオオイヌノフグリですが、その花言葉は「忠実」「信頼」「清らか」と聞いて安心しました。
学名が、聖書に登場する聖女ベロニカと同じ綴りであることから、彼女にちなんで、「信頼」「忠実」「清らか」という花言葉を持つようになったそうです。
本州以南に群生しますから、路傍や畑地の斜面などを確認してみてください。

オウム・地下鉄サリン事件から今日で24年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

昔話や童謡・俳句に登場の雀。

2019年 03月19日 - 日常

日本各地に生息し、昔話や童謡、俳句などにも登場し、私たちの身近にいる雀(すずめ)。
すずめは収穫期に稲を荒らすことから、害鳥とみなされることもありますが、春から夏は稲につく有害な虫を食べてくれます。
ちゅんちゅんと鳴きながら落ち着きなく飛び回る姿は愛らしくもあり、暖かな日差しをあびて無邪気に遊んでいるかのように見えます。
すずめは古事記や日本書紀にも登場しますが、その頃から「雀」と漢字で書き、スズメ、スズミなどと呼ばれていたようです。
名前の由来としては、鳴き声から転じて「スズメ」になったとする説と、小さいという意味の「スズ」と、鳥を意味する「メ」がくっついて「スズメ」となったとする説などがあります。
漢字の「雀」は「尾の短い小鳥」を表しているそうです。

太田記念美術館で先日観た『小原古邨』展でも、「蓮に雀」の絵がありました。
ほかにも「紫陽花に雀」「桜吹雪に雀の親子」「芥子に金糸雀」など雀を題材にした作品があります。
明治末から昭和に活躍した花鳥画の絵師・小原古邨の作品の特徴は、可愛らしい鳥や動物、花といった身近な自然を、木版画で表現している点です。
しかし、伝統的な浮世絵版画の技術を踏まえつつ、明治から昭和の時代の好みに合わせ、まるで水彩画のような、淡く美しい色合いを実現させているのです。
動物好きはもちろん、誰からも愛される作品ばかりと言えるでしょう。

JOC竹田会長、6月の任期満了で退任表明。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

牡丹の花になぞらえて。

2019年 03月18日 - 日常

お彼岸といえば「ぼたもち」。
「牡丹餅」と書き、牡丹の花になぞらえてこの名前が付けられたようです。
ちなみに、秋のお彼岸の「おはぎ」は「御萩」で、萩の花から命名されています。
「ぼたもち」も「おはぎ」も、ほぼ同じものですが、「ぼたもち」はこし餡、「おはぎ」はつぶ餡というところもあります。
こし餡とつぶ餡の違いは、作る時期の小豆の状態で違いがあるようです。
秋は小豆の収穫期ですから、とれたてのやわらかい小豆をあんこにするため、やわらかい皮も一緒につぶして使うのでつぶ餡ができます。
春は、冬を越した小豆を使うことになりますから、皮は硬くなるので皮を除いて使うため、こし餡ができます。
したがって、春はこし餡の「ぼたもち」、秋はつぶ餡の「おはぎ」となりますが、現在の技術によれば春秋季節の関係なく、こし・つぶ両方の餡が作れますので区別ができません。

ご家庭で手作りする人も多いのではないでしょうか。
この作り方には、独特の呼び方があります。
ちょっと物騒な名前ですが、「はんごろし」。
もち米にうるち米を混ぜて炊き、すり鉢に入れ、お米の粒々が半分程度残るようにすりこぎで突くことから、こう呼ばれていたそうです。
この炊き上がった米を丸め、こし餡やつぶ餡で包んだり、逆に丸めた餡をくるみ、黒ゴマやきなこ、青海苔などを塗すタイプが一般的ですが、和菓子屋さんによって個性さまざまな「ぼたもち」が並んでいませんか。

希林さん死去から半年、裕也さん逝く。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント