日常

干支の組み合わせは60通

2017年 09月3日 - 日常

今日は久し振りの爽やかな秋空です。

法華坊主は今年「還暦(かんれき)」を迎えます。
幼少の頃、近くのオジさんが還暦だと教えられたとき、何とおじいさんだろうと感じましたが、イザ自分がその年になってみると「まだまだ」という気持ちになるものですね。
還暦とは?
還暦の意味を知るには、まず日本の伝統的な暦である干支(えと)について知っておく必要があります。
干支は別名を十干十二支(じっかんじゅうにし)といい、「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」という10種類の「干」と、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」という12種類の「支」を組み合わせて使います。
暦に使うときは十干と十二支を組み合わせて「乙未(きのとひつじ)」とか「丙午(ひのとうま)」などといいます。
たとえば法華坊主のように昭和32年(1957年)生まれの人の干支は、丁酉(ひのととり)です。十干と十二支の組み合わせには60通りがあり、次にもういちど丁酉の組み合わせが巡ってくるのは昭和32年の年の60年後、つまり今年の平成29年(2017年)ということになります。
このように「60年で十干十二支が一巡して、もとの暦に還(かえ)る」ことから、60歳の誕生日を「暦が一巡するまで長生きした」ということで、お祝いするようになりました。
これからも機会を見つけて、還暦の内容と意味をブログしていきます。

北朝鮮が核実験、過去最大。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

防災に対する意識高揚

2017年 09月1日 - 日常

今日から9月です。
別名を「長月(ながつき)」と言い、日増しに夜が長くなるので「夜長月」、それが「長月」になったといわれています。
また立春から数えて210日目にあたる頃で、今年は今日が「二百十日(にひゃくとおか)」です。
この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などといわれて、ひとつの目安として警戒を呼びかけていたようです。

立春から数えて220日目の「二百二十日」も厄日と考えられています。
そこで農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われています。
また二百十日は、伊勢の船乗りたちが長年の経験によって凶日としたといわれています。
先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのですね。
今は「防災の日」として、注意喚起されています。
これは1923年(大正12年)9月1日に十数万人の死傷者を出した関東大震災と、台風が襲ってくると昔から言い伝えられている二百十日にちなんで、1960年(昭和35年)に設定されました。
この日は、地方自治体を中心に大地震を想定した大掛りな訓練を行い、防災に対する人々の意識高揚を図っています。

小樽・裕次郎記念館26年の歴史に幕、時代の流れか。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

8月の日照時間は52.7時間

2017年 08月31日 - 日常

8月の福島県内は、「やませ」と呼ばれる冷たく湿った北東風などの影響で、浜通りや中通りを中心に日照時間が記録的に少なかった、と発表されました。
福島市の8月の日照時間は52.7時間で、1901(明治34年)の観測開始以降最少だそうです。
気温も低く、福島市の8月の真夏日は、昨年の22日から今年は10日に大幅に減りました。
昨年は4日だった猛暑日もゼロでした。

県内の農業現場では目立った被害は報告されていませんが、出穂期を迎えた水稲は、稲を枯らす「いもち病」の発生や子実(米粒)が大きくなる「登熟」が進まない恐れが出てきました。
このまま天候不順が長引けば、キュウリやピーマン・トマトなどの樹勢が衰え、病気が心配されます。
フルーツ王国福島が誇るモモ・ナシ・リンゴの生育も心配です。
また長雨で畑がぬかるんでいるため、冬に収穫する野菜の種まき、苗の定植も進んでいない状況です。

今月後半はブログの更新も儘ならず、8月最終日を迎えました。
ということは、今年も2/3を消化したということになりますね。
来月からはまた継続いたしますので、よろしくお付き合いください。

日本サッカー6大会連続W杯おめでとう。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お精霊さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ

2017年 08月16日 - 日常

お盆最終日の今日、BSで京都五山の送り火をLIVEしていましたがご覧になりましたか?
京都五山の送り火とは、8月16日午後8時から、京都盆地の周囲の山に、炎で描かれた「大」「妙法」の文字や鳥居形、船形が次々に浮かび上がるお盆の送り火です。
お盆に迎えた精霊をふたたび送り返す、すなわち精霊送りの意味を持つ、あくまで仏教行事です。
市内の川沿いや御所など開けたところから遠望することができ、市民は静かに手を合わせ先祖に思いを馳せます。


特に「妙法」について紹介しましょう。
妙法の送り火の起源には諸説あり、確かなところは現在もわかっていませんが、ここでは松ヶ崎の妙法の麓にある涌泉寺の寺伝による説をご紹介します。
送り火が一般に行われるようになったのは、仏教が庶民の間に浸透した中世ごろといわれています。
また「妙」と「法」は同時に書かれたのではなく、妙が法より先に書かれたものであることが伝えられています。
鎌倉時代末期に日蓮大聖人の孫弟子である日像聖人が、村人に法華経を説き、一村をあげて天台宗から日蓮宗に改宗しました。
そのとき日像聖人が西山に「妙」の字を書いたと伝えられています。
また東山の「法」の字は、それより遅れ江戸時代に日良上人が書いたと伝えられています。
皆さんは、ご先祖様を無事お送りすることができましたか。

聖光学院、5-4逆転勝ち。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

先祖の霊を慰める「盆踊り」

2017年 08月14日 - 日常

「盆踊り」といえば夏祭りの代表格ですが、今夜は雨の中のもかかわらず近くの空き地で執り行われています。
盆踊りには「お盆の時期に戻ってきた先祖の霊を慰める」という意味があります。
元は、念仏を唱えながら踊る念仏踊りと盂蘭盆会が結びつき、先祖や死者を供養するための踊りとして定着していきました。

盆踊りの起源は、平安時代中期の僧・空也にあると言われています。
念仏を広める方法を思案していた空也は、手持ちの瓢箪を叩きながらメロディーに合わせて念仏を唱えて人々に念仏を覚えてもらう工夫をしました。
また、その際に念仏に合わせて踊りを踊るようになり、これが念仏踊りとして世の中に周知されるようになっていったのです。
さらに、この念仏踊りは、先祖を迎い入れ供養する盂蘭盆会(お盆)と結びつき、「盆踊り」となったと言われています。
鎌倉時代になると、鎌倉時代中期の僧・一遍上人が全国へと盆踊りを広めましたが、この頃には仏教行事の意味合いよりも、民族芸能として重点が置かれ娯楽的な要素を色濃くしていきます。
そして江戸時代に入ると、盆踊りは地域の人々の交流の場や男女の出会いの場になっていきました。

Uターン 高速道路でピークに。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

家族や親族、そしてご先祖様と共に

2017年 08月13日 - 日常

お盆は、お彼岸とならんで昔から行われている大切な仏教行事の一つです。
また正月とともに一年の大切な区切りであり、多くの親類縁者が顔を合わせ、大切な方々との「つながり」を再確認する機会でもあるでしょう。
お盆の歴史は古く、『日本書紀』の中にはすでにお盆行事の記録が残っています。
今日13日は「迎え盆」といい、夕刻にご先祖様をお迎えします。
まずお墓にお参りし、お花やお線香を供え、ご先祖様をご案内する気持ちで提灯に明かり(迎え火)を灯し、家に着いたら迎え火を盆棚のお灯明に移し、全員でお参りします。
これが基本ですが、地域によっては門口で迎え火を焚く場合もあり、その方法はまちまちです。

お盆は、この世に生きる私たちと、大切な亡き人とが触れ合う大切な行事です。
久しぶりに故郷に集まった家族や親族と共に過ごす楽しい語らいの時間を、生死を越えた「つながり」の尊さを再確認しながら、大切に過ごしたいものです。

世界陸上男子4×100mリレー決勝、日本銅メダル。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

棚経の棚は、盆棚(精霊棚)の棚

2017年 08月12日 - 日常

今年のお盆の棚経も佳境に入ってきました。
今年はたいへん涼しいので、汗疹もできず凌ぎやすい毎日です。
棚経とは、菩提寺の僧侶が一軒一軒檀家を回り、お盆のお経をあげることをいいます。
棚経の棚は、盆棚(精霊棚)の棚からきています。
盆棚は供物を飾る棚で、庭先や座敷に飾られますが、最近では仏壇の前に設けることが多くなっています。
棚経は江戸時代に盛んなったといわれ、飾り方も地方や宗派によってさまざまです。
一般的には、お盆の月の初めからお盆の期間中にかけて、棚経をあげてもらいますが、特に新盆の棚経は手厚く営むものとされていて、自宅へ僧侶を招くことが多いものです。

盆棚には、素麺をお供えします。
それは、1)生命の螺旋状の渦巻
2)七夕にそうめんとの関係
3)幸せが細く長く続く
4)ご先祖様が馬にのって帰るときの手綱
5)ご先祖様の荷物をくくる荷綱
などの理由があり、地域によっては素麺の他にも昆布を笹竹に吊るしています。
いよいよ明日は迎え火を焚いて、ご先祖様をお迎えしましょう。

日航機墜落事故33回忌。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ミソハギの花は「精霊花」

2017年 08月11日 - 日常

境内にある3本のサルスベリの花が7月初め頃から咲きだし、今方々で見られるようになりました。
この花、離れて見ると、どんな形の花なのか俄かには分からないが、近くで見ると、縁の縮れた花弁が6枚、中央に多数の短い雄蕊、その周りに6本の長い雄蕊、真ん中に1本の雌蕊があるのをご存知でしたか。
実にユニークな花の形をしています。
「百日紅」は、「猿滑(さるすべり)」とも書きます。
紅花のものを「百日紅(ひゃくじつこう)」、白花を「百日白(ひゃくじつはく)」ともいうそうです。

ところで、百日紅は、名前が面白いのでよく知られていますが、その由来は「幹がスベスベで、猿も登れないだろう」ということです。
花の咲いている時は分かりにくいが、落葉後の幹を見ると確かにすべすべしています。
一方、中国名の百日紅(ひゃくじつこう)は、「約100日間花を咲かせる」というのが由来です。
たしかに花期は長く、秋の終わりぐらいまで平気で咲いていますよね。

精霊棚のお飾りのひとつ、ミソハギについて説明します。
ミソハギの花は「精霊花」と呼びます。
ミソハギを使うのは、閼伽器に浸した冷たくて気持ちの良い水を〈水の子〉に降りかけてあげるためで、この行為を「灑水(洒水=しゃすい)」と言います。
これは少ない食べ物を無限に増やす為とか、餓鬼が食べやすくする為になどと、言われています。

盆前の祝日ヤバイ、道路コミスギ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

まさにお盆の怪奇現象

2017年 08月9日 - 日常

今日はお参りがあって、始発で大宮まで行ってきました。
新幹線の臨席に、70代後半と思われるご婦人が郡山駅から乗り合わせてきました。
おばさん〈O〉席に着くなり「お寺さん、お着物で珍しいですね」
法華坊主〈H〉「ありがとうございます」
O「着ていて涼しいんですか」
H「おかげさまで」
O「なんていう生地ですか」
H「紗です」
O「何色っていうんですか」
H「紺淡色っていいます」
矢継ぎ早に質問が飛んできて、いつの間にか袖や袂を触って「これもお衣の一種ですか」ですって・・・。
さらには、自分の菩提寺の住職の悪口や、御布施の多寡等々しつこく聞いてきました。
もう法華坊主もウンザリ、宇都宮駅で降車して次の新幹線に乗り換えました。
こういうことが起きるということは、まさにお盆の怪奇現象ですかね。

精霊棚の「水の子」について説明します。
ナスやキュウリを〈サイの目〉にきざみ、洗った米を混ぜて、清水を満たした器に入れます。
地方によっては蓮の葉に盛るところもあるようです。
あの世で飢えに苦しみ渇いたのどに少しでもらくに通るようにとの祈りをこめたものです。

台風5号は史上3位の長寿台風。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ナスの牛とキュウリの馬

2017年 08月8日 - 日常

間もなくお盆を迎えます。
お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。
「盂蘭盆」はインドのサンスクリット語の「ウラバンナ」(逆さ吊り)からきた言葉だといわれています。
お盆の行事は、仏教の開祖であるお釈迦様の弟子が地獄に落ちた母親を救うため、7月15日に霊を供養した、というのがそもそもの起源です。
お釈迦様の弟子のひとり、目連尊者(もくれんそんじゃ)は神通力によって亡き母が地獄に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。
どうしたら母親を救えるか、お釈迦様に相談したところ、お釈迦様は「夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招いて読経していただき、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことができるであろう」といわれました。
目連尊者がその教えのままにしたところ、その功徳によって母親は救われたということから、精霊を供養する盂蘭盆会の行事が生まれたといわれています。

盆棚には、ナスの牛とキュウリの馬が飾られます。
ナスとキュウリにオガラをさして牛馬に見立てます。
精霊があの世から帰ってくる時、この世から帰っていく時の乗り物とされています。
精霊が戻る13日は内側に、あの世に戻る日15日(16日)は外側に向ける地方もあります。
キュウリの馬はご先祖様の霊が一刻も早く家に帰って来てもらうための早い乗り物、ナスの牛は戻られる時にゆっくり帰ってもらうための遅い乗り物の意味と言われています。

高校野球、順延で開幕。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント