日常

秋の気配を感じる季節

2018年 09月5日 - 日常

台風(21号)一過、日中は残暑が厳しい一日でしたが、朝夕はめっきり涼しくなり秋の気配を感じる季節となりました。
秋の味覚の魚といえばサンマです。
脂の乗ったサンマは炭火で焼くのが最高で、煙の中から香ばしい香りが立ちのぼります。
漢字では「秋刀魚」と書くサンマですが、形も色も刀に似ていて、秋にとれる刀のような魚ということから名づけられたといわれています。
「サンマ」という呼び方については、ふたつの説があり、ひとつは、その形から「細長い魚」を意味する「サマナ(狭真魚)」⇒「サマ」⇒「サンマ」と変化したという説。
ふたつめは、大群で泳ぐ習性があるので「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」という意味の「マ」がくっついて「サワンマ」⇒「サンマ」になったという説です。
秋、太平洋で採れた産卵前のサンマは脂がのっていて、塩焼きにぴったり。
カボスやスダチ、レモン、ユズなどの搾り汁や、ぽん酢、醤油などをかけ、大根おろしを添えて食べるサンマの塩焼きは、日本の「秋の味覚」の代表ともいえます。

今朝のローカル紙のコラムに次のような文が載っていましたので紹介します。
「作家吉村昭さんの小説『破船』に、家族四人が一匹のサンマを分け合って食べる夕げの場面がある。
初めて漁に出た主人公の少年が苦心の末、ようやく得た。弟と妹はわずかな身を無心に口にする。少年は小さな魚がもたらす幸福感をかみしめる。」
これこそ、良い時代かも知れませんね。

台風21号の影響でライフラインに乱れ続く。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

やり残したことはないかい

2018年 09月4日 - 日常

昨日からU18アジア野球が始まり、今夏の甲子園で活躍した高校球児がハッスルしています。
大阪桐蔭の根尾くんも、金足農業の吉田くんも記憶に残っていますが、私が選ぶ100回記念大会の好ゲームは、2回戦・済美13x―11星稜=延長13回タイブレークを挙げたいと思います。
そして皆さんは、星稜の林和成監督の歌が話題になっていることをご存知ですか?
敗戦の夜、宿舎で行われたラストミーティングで、指揮官は「1曲歌ってええか?」と、かりゆし58の「オワリはじまり」を涙交じりに歌い、ナインに贈ったそうです。


もうすぐ今日が終わる
やり残したことはないかい
親友と語り合ったかい
燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい
夕飯時 町 人いきれ「ただいま」と「おかえり」の色
せわしない木漏れ日 花びら「おはよう」と「さよなら」の音
ありふれた日々が君や僕の胸に積もって光る
一生なんて一瞬さ
命を燃やしてるかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい
もうすぐ今日が終わる
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

星稜チームは試合に負けても、この監督やチームメイトと一緒に野球が出来たことが一生の宝物でしょう。
こんなに素敵な指導者もいるわけですから、世間を騒がしている各種スポーツ団体の責任者たちは猛省してほしいですね。

台風21号、甚大な被害をもたらし北日本へ  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ひと足先に芸術の秋

2018年 09月3日 - 日常

先週金曜日、東京の帰りに途中下車して「ターナー 風景の詩」展に寄ってきました。
ターナー展は、昨年11月から北九州で、本年2月からは京都で、4月からは東京で、それぞれ約ふた月ずつ巡回し、7月7日~9月9日は郡山で開催しています。
会場の郡山市立美術館は、建物の改修工事のため2017年10月から休館していて、今回リニューアルオープンです。

英国を代表する風景画の巨匠・ターナー(1775~1851年)は、ヨーロッパ各地を旅行し、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景などをスケッチしてアトリエに持ち帰り、水彩画や油彩画にしました。
自身の作品を普及させるため、版画制作にも力を入れたようです。
写真の普及していない当時、ターナーの版画は、旅行ガイドのような役目も担っていました。

素人の私は、水彩技法の神領域を垣間見て「信じられない、どうなってんの?」とつぶやきながら、ひとつひとつを間近で観てきました。
小作品のためか展示数は多いのですが、半分はエッチングでしたから、細か過ぎてシンドイと思いながらも、閉館までの1時間、それぞれの作品を堪能してきました。
ゆったりとした空間で、たっぷりまるごとターナー、ひと足先に、芸術の秋を満喫です。

大谷・二刀流復活、2失点で2敗目。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

三宅裕司が乳飲み子だった!

2018年 09月2日 - 日常

先週木曜日に「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」を観て感動したことは既報のとおりです。
そのブログを見てくれた友人から連絡があって「私も好き・・・それで孫の名前も千尋(ちひろ)と名づけたの」と連絡をいただきました。

いわさきちひろさんは、本名:松本知弘(まつもとちひろ、旧姓岩崎)で、大正7年生まれの、もちろん女性です。
子供の水彩画に代表される日本の画家で、絵本作家でもあります。
今日は絵から離れて彼女の人となりを探ってみます。
ちひろは27歳の時、宮沢賢治のヒューマニズム思想に強い共感を抱き、日本共産党の演説に深く感銘し、勉強会に参加したのち入党しました。
画家としての多忙な日々を送っていた彼女ですが、30歳の夏、党支部会議で演説する青年松本善明と出会います。
松本善明といえば、弁護士として松川事件やメーデー事件、労働争議に関わり、後に日本共産党衆議院議員となった方です。
2人は党員として顔を合わせるうちに好意を抱くようになり、ある時ちひろが言った何気ない言葉から、結婚する決心をしました。
昭和25年1月21日、レーニンの命日を選び、2人きりのつましい結婚式を挙げました。その時、ちひろは31歳、善明は23歳でした。
翌年ちひろは長男を出産しますが、狭い借間で赤ん坊を抱えて画家の仕事を続けることは困難であったため、やむを得ず信州松川村に開拓農民として移住していたちひろの両親のもとに子どもを預けることにしました。
当然ながら赤ん坊に与えるはずの乳は毎日張ります。
初めのうちは自ら絞って捨てていましたが、「実際に赤ん坊に与えなければ出なくなってしまうのではないか」「息子に会って授乳する時に充分出なくなってしまうのではないか」と懸念したちひろは、当時近所に住んでいた子どもが生まれたばかりの夫婦に頼み、授乳させてもらったといいます。
ちなみに、その乳飲み子は後にタレントとなるあの三宅裕司だったそうです。
今の世の中では考えられない驚きのエピソードですよね。

競泳6冠・池江璃花子、アジア大会MVP  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

台風21号、本州に接近・上陸?

2018年 09月1日 - 日常

今日から9月=長月(ながつき)です。
日増しに夜が長くなるので「夜長月」、それが「長月」になったといわれています。
また今日は、立春から数えて210日目にあたる「二百十日(にひゃくとおか)」です。
この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などといわれ、一つの目安として警戒を呼びかけていたようです。
二百十日が雑節として暦に記載されたのは江戸時代で、先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのです。
まさに来週半ばには、台風21号が日本列島に接近・上陸の可能性があるようですから、最新の台風情報に注意しなければいけませんね。

もうひとつの「二百十日」は、1906年に発表された夏目漱石の短めの小説です。
「草枕」と同じく熊本県が舞台で、作者の熊本滞在中の実体験が元になったと言われています。
主な登場人物は圭さんと碌さんの二人で、小説の大半がこの二人の会話文で成り立っており、夏目漱石の小説の中でもかなり異色の作品だと思います。
二百十日の嵐の中、阿蘇山に登山中、谷に落ちた圭さんを碌さんが助ける場面が印象的です。
豪快な性格で常に碌さんを引っ張っていた圭さんが、碌さんに引っ張り上げられて助けられるという、印象に残る場面です。
物語のクライマックスシーンということもあり、手に汗握る内容になっています。
量が短いので1時間もあれば読めますし、内容が理解ができればめちゃくちゃ面白いとは言いませんが、それなりに面白いですよ。

スリジャヤワルダナプラコッテー、憶えられな~い。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

東京ってイイな!

2018年 08月31日 - 日常

きのう(30日)午後から所用があって上京しました。

まず、親しい友人からいただいたチケットを手に、東京駅にある東京ステーションギャラリーで、いわさきちひろ展「いわさきちひろ、絵描きです。」を観てきました。
彼女の絵は多くの人がみたことがあると思います。
教科書にのっていたり、なんといってもベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」の挿し絵で有名です。
水彩画のぼんやりとした、やさしいタッチの、子どもの絵が、いわさきちひろさんの代表的な絵です。
どの子どもも、かわいい。
しかも、こんな子いるいる!!とつぶやいてしまう絵がならんでいます。

続いて、僕のナビゲーターと合流して、六本木ヒルズにある森美術館「建築の日本展」を観てきました。
本展監修の藤森照信氏は、「丹下健三の登場を機に、日本の現代建築は世界の先端に躍り出て今にいたるが、それが可能になったのは、日本の伝統的建築の遺伝子が、建築家本人の自覚の有無とは別に、大きく関係している。たとえば、空間の感覚とか柱と壁による木の構造とか、内外の区分とか。そうした伝統と現代の見えざる関係について、代表的建築家の実作を取りあげて明らかにする。」と解説しています。
会津の「さざえ堂」の縮小模型も展示してありました。
千利休の作と伝えられ、現存する茶室建築としては日本最古の国宝《待庵》(京都府・妙喜庵)のコーナーは、「わび」の思想を空間化したもので、日本文化を語る上で欠くことのできない建築の一つです。
原寸スケールで再現し二畳の茶席やにじり口(出入口)でよく知られる極小空間を二人で体感することができました。
その後、タワー52Fの屋内展望回廊に移動して都内の夜景を拝観、これまた感激しました。
今日の出来事については、近いうちに報告します。

沖縄副知事、辺野古の埋め立て承認を撤回。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ユーモアと哀愁あふれる世界

2018年 08月30日 - 日常

昨日は、雨模様でしたが、時間を作って「安西水丸展」を福島県立美術館で観てきました。
安西水丸さん(1942年7月22日~2014年3月19日)は、1970年代より小説、漫画、絵本、エッセイや広告など多方面で活躍したイラストレーターです。
はじめ広告代理店や出版社に勤め、デザイン等の仕事をしながら、嵐山光三郎の勧めで『ガロ』に漫画を掲載、南房総での幼少期を題材とした『青の時代』が高い評価を受けます。
独立後は、村上春樹をはじめとする本の装幀や、『がたん ごとん がたん ごとん』などの絵本、和田誠との展覧会、広告や執筆活動など幅広く活躍しました。
「その人にしか描けない絵」を追求し、身近なものを独自の感性で表現した作品は、私たちをユーモアと哀愁あふれる世界へと誘います。
本展では、「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」という安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、原画と資料あわせて約760点によりご紹介します。(企画展HP参考)

シンプルな線で描かれた線と、カッティングシートを使って作る作品。
そのシートと線を少しずらすのが、コツだと安西さんは言われていたとか。
ゆるい線で、「ずれ」もゆるい性質を表すものなのに、どうして都会的な空気が出るの?と不思議でたまりません。
残り少ない期間(~9/2)ですが、ぜひ足を運んでください。
ちなみに、村上春樹さんとは彼がジャズ喫茶の経営者時代からの付き合いで、親交がたいへん深かったそうです。

体操女子でも、暴力・パワハラ?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ステキな夢、ずっと想い出に

2018年 08月29日 - 日常

今夏は記録的な猛暑の連続でした。
ようやくみちのく福島も涼風が吹き出し、少しづつ秋の気配を感じる季節となりました。
そこで、さらにクール・ダウンしようと思い、この時季にピッタリな歌を見つけました。 
有名男性デュオが、優しいメロディ~を歌い上げた「夏の終わりのハーモニー」(作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二)です。

今日の ささやきと 
昨日の 争う声が 
二人だけの 恋のハーモニー 
夢も あこがれも 
どこか 違っているけど 
それが僕と君の ハーモニー 
夜空をただ さまようだけ 
誰よりも あなたが 好きだから
真夏の夢 あこがれを 
いつまでも ずっと忘れずに

玉置浩二が甘い吐息っぽく歌い、井上陽水が夏の爽やかさを歌う、晩夏に聴きたくなるような詩もメロディーも良い曲です。
切ない別れを描いた歌詞と歌声のハーモニーが絶妙です。
もっと聴いていたいのにさらっと終わってしまうところも、「夏の終り」を感じさせます。

皆さんは、夏の終わりを予感させるすべてのものが、恐ろしく感じることがありませんか。
日が短くなってくる気配も嫌だし、朝晩に肌に触れる空気がひんやりしてくるのも辛いです。
宿題を貯めてしまった子供時代の思い出がよみがえってくるのも怖いです。
夏の終わりには、いつもやり残したことがいっぱいあるような焦りに埋没してしまうのは、僕だけでしょうか。
でも皆さんのお蔭で、平成最後の夏もなんとか乗り切れそうです。
明日からも前向きに、今度は平成最後の秋をエンジョイできるよう、皆さん一緒に頑張りましょう。手を携えて・・・。

玉城デ二-、沖縄知事選立候補を正式表明。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

8月は夢花火、私の心は夏もよう

2018年 08月28日 - 日常


夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された 私の心は夏模様
目が覚めて 夢のあと 長い影が
夜に伸びて 星屑の空へ
夢はつまり 想い出の後先

井上陽水さんの「少年時代」の歌詞の一部です。
今から約30年前の曲ですが、この歌を聴くとまさに自身の「少年時代」をも思い出します。
映画「少年時代」の為につくられた曲だそうですが、ビートルズの曲を聞いているような感じがします。
ピアノの使い方がまるでレット・イット・ビーみたいで、間奏での楽器の使い方がペニーレーンを彷彿させます。
そして過去を思い返す感じがイン・マイ・ライフを聞いている時に感じる郷愁を呼びおこします。
メロディーメーカーとしての井上陽水さんの才能を感じます。
ピアノは来生たかおさんが演奏しています。

週間予報のマークにも傘が並んでいるように、東北地方は本格的な秋雨の季節となりました。
南部で激しく降ったかと思えば、今度は北部で強まるなど、東北のどこかでは必ず雨が降っているような状況です。
今週は傘を使う日が多く、気温の変化にも注意が必要ですね。

中央省庁の障害者雇用、27機関で3400人超水増し。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

他人を軽んじてはいけません

2018年 08月27日 - 日常

皆さんには、こんな経験をしたことはありませんか?
私が初めて重度障害者の施設を訪れた時のことです。
障害を持った人たちを目の当たりにして、自分がどう対処していいかまったくわからず、とまどった経験があります。
そんな時、同行していた人の一人が、何のためらいもなく笑顔で接し、ごく自然に語りかけ、手を握りました。
するとしばらくして、相手方の障害者は大いに喜び、微笑み返しました。
私はその光景に不思議な感動を憶えたのです。

南無妙法蓮華経のお題目を信仰する人は、決して他人を軽んじてはいけません。
不軽菩薩(ふきょうぼさつ)は、会う人ごとに合掌し相手を礼拝したといいます。
日蓮聖人のお言葉にも「人を軽しめば、かえって我が身、人に軽易せられん」とあります。
お互いが高下なく、人として認め合い、合掌しあえる明るい社会にならなければと強く願っています。

福島市内の小中学校、今日から2学期。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント