日常

必然的に生れて来るものは貴い

2019年 07月15日 - 日常

「生誕125年記念 速水御舟」展は、山種美術館で開催中(~8/4)です。
山種美術館の創立者・山﨑種二(山種証券創業者)は、御舟の芸術を心から愛し、機会あるごとに作品を蒐集していました。
1976年には、旧安宅産業コレクションの御舟作品105点の一括購入を決断し、それ以前に所有していた作品を合わせると、計120点の御舟作品が山種美術館の所蔵となりました。

御舟は、40年の短い生涯のうちに次々と作風を変えながら、画壇に新風を吹き込んでいった日本画家です。
多くが所蔵家に秘蔵されて公開されることが少なかったため、「幻の画家」とも称されています。
7月7日までの前期では、御舟の数多い名作の中でただ2点、重要文化財に指定されている 《炎舞》 と《名樹散椿》 が、贅沢にも同時公開されていました。
《炎舞》の背景の闇の色は、御舟自らが「もう一度描けといわれても、二度とは出せない色」と語っており、照明によってその都度見え方が変わりますが、羊羹の色のようにも見え、また作品そのものが光っているかのように見えました。
《名樹散椿》は、御舟が35歳の年に、イタリア政府主催によるローマ日本美術展覧会に出品するために描かれたもので、背景の金地には、金箔ではなく、金砂子を何度も撒いて整える「撒きつぶし」の技法が用いられているそうです。
展覧会では、御舟の作品とともに、彼の残した言葉も多く紹介されていました。
たとえば、
「梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りて来て、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い」
「必然的に生れて来るものは貴い。自分はそれを真実と呼ぶ」 など、気になる言葉に惹かれ、同伴した友人に図録を買ってもらいました。

参院選、ラストサンデー奔走。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

徹底した描写・写実の画家。

2019年 07月13日 - 日常

皆さんは、速水御舟(はやみぎょしゅう)さんをご存知ですか?
恥ずかしながら、僕はまったく存じ上げないお方でした。
先日、上京の折に山種美術館で開催されている「生誕125年記念 速水御舟」展(〜8月4日)を観て感激しました。
「速水御舟」といっても、残念ながら熱心なアートファン以外には、その存在は馴染みが薄いと思われます。
速水御舟は1894年に東京浅草生まれ、大正時代の重要な日本画家です。
家は質屋であり、御舟は質草の鎧兜や骨董に親しんで育ち、14歳の折、歴史画を得意とする日本画家の松本楓湖に入門。
楓湖門下の兄弟子として今村紫紅・小茂田青樹らに出会い、1914年、横山大観が紫紅らとともに日本美術院を再興すると、紫紅を慕う御舟も日本美術院に出品します。
「洛外六題」(1917)は大観や下村観山に激賞され、在野の若手日本画家のホープとして期待を一身に受けるようになります。
3年後、26歳の御舟が発表した作品が「京の舞妓」で、従来の日本画とは全く異なる、グロテスクなまでの写実生が特徴ですが、画壇では酷評されました 。
特に31歳の御舟の作品「炎舞」は、御舟の最高傑作として知られ、様式的な炎の描写、写実ながらも平面的に配置された蛾が特徴のようです。
35歳の時に描いた「名樹散椿」も有名です。
その後、ヨーロッパ旅行を経て御舟の画業はますますの進展を迎えますが、間も無く腸チフスに罹患し、わずか40歳でこの世を去ったのでした。
今回の展覧会を観て、御舟の作品はもちろん、短い生涯でありながらその生き方や哲学的な考え方にも感銘しました。
展覧会を見ての感想は、明日ブログしますね。

ジャニーさん、家族葬でお別れ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

心をこめてのおもてなし。

2019年 07月12日 - 日常

東京(首都圏)は、明日からお盆です。
日本で最初にお盆を行ったのは推古天皇で、今から1400年も前の飛鳥時代です。
長い間、貴族や僧侶だけが行う特別な行事でしたが、江戸時代に入ると、ろうそくや提灯が大量生産されたこともあって、一般の人にも定着していきました。

お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
これはインドの言葉のひとつでサンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字で記したもので、その意味は「逆さ吊り」と云われています。
その意味だけを聞くと怖いようですが、逆さ吊りにされているような苦しみにあっている人を救うための法要、そこから親孝行の大切さを説いた教えのひとつとなり、これが起源とされています。

お盆の行事期間は地域によって異なりますが、今では大きく3つに分かれています。
1)新暦の7月15日(新盆)⇒ 7月13日~15日 東京・横浜など
2)新暦の8月15日(月遅れ盆)⇒ 8月13日~15日 その他の地域
3)旧暦の7月15日(旧盆)⇒ 8月20日前後 沖縄地方など
お盆は、先祖の霊が家へ帰ってくるのをもてなし供養する日本の夏に欠かせない行事の一つですから、心をこめておつとめいたしましょう。

八村塁、NBAサマーリーグ大活躍。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

♬ 今日の風 北北東の風

2019年 07月11日 - 日常

晴れ間の時間もあるとの予報でしたが、今日も東北地方の太平洋側では、「やませ」と呼ばれる冷たく湿った風が吹いていました。
「やませ」が吹き続けると、冷たく湿ったオホーツク海気団らの北東気流で、もともと冷湿なうえに霧を伴うために日照量が不足し、農作物への被害が大きくなることがあります。
長期間にわたって吹く風は、「餓死風」や「凶作風」などといわれ恐れられてきました。
「やませ」の影響で、稲が十分に育たなくなったり、病気が発生しやすくなったりして、収穫が少なくなる「冷害」の被害にみまわれるのです。
一方、同じ東北地方でも、奥羽山脈をこえて日本海側には比較的暖かくかわいた風が吹きおります。
秋田県では「宝風」とよぶ地域があるほど、稲の成長に適した風が吹き、乾燥した適度にあたたかい風が、病気をふせぎ豊かな実りをもたらすのです。
仙北市生保内(おぼない)地区にある民謡「生保内節」にも登場します。
「吹けや生保内東風 七日も八日も 吹けば宝風 ノオ稲みのる」
一つ山脈を越えるだけでこんなにも扱いが違うなんて驚きですよね。
東北の気候を理解するには、千島海流と奥羽山脈が重要である、と・・・。

〈やませ〉とは直接関係ありませんが、NSPの「北北東の風」が気になります。
♫ かなわぬ夢ばかり 追いかけてばかりより
  今のこのひとときを たいせつにしよう
 今日の風 今日の風 北北東の風 ♬

はやぶさ2、りゅうぐうに着陸。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

県内各地に低温注意報!

2019年 07月10日 - 日常

今日も梅雨寒のいち日でした。
福島県内は中通りと浜通りの一部で、最高気温が4月下旬並みの異常気象が続いています。
気象台は、平年よりも日照時間が少なく、気温の低い日がこのあと2週間程度続く見込みだとして、農作物の管理などに十分、注意するよう呼びかけています。

「サムサノナツハオロオロアルキ」。
〈寒さの夏はおろおろ歩き〉は宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」の一節です。
岩手県の農業技術者だった賢治にとって、寒い夏は実らぬ稲と飢饉の到来を意味していました。
その賢治はイーハトーブの冷害による飢饉で父母を失い、妹をさらわれた少年の物語「グスコーブドリの伝記」を書き、技術者となったブドリは火山の噴火による温室効果ガス放出で冷害から人々を救おうと自らの身を犠牲にするのです。
賢治の心配を超えて、品種改良などによって人々は飢饉の恐怖から解放され、逆に温室効果ガスによる地球温暖化が心配な世となりましたが、依然、人々を困らせる「サムサノナツ」は時おりやってくるのです。
原因は、これも過去の冷害をもたらしたオホーツク海高気圧からの冷たく湿った東風「やませ」です。
米不足を招いた26年前の冷夏を思い出しますが、それほどでなくとも低温と日照不足による農業への影響は避けられそうにありません。
時代変われど、天の気まぐれの下で「オロオロアルキ」するしかないのが人間です。
余談ですが、もちろん宮沢賢治が、私たちと同じように法華経の信奉者であることも忘れてはなりません。ナ~ム~

マーくん、球宴初登板で日本人初勝利。

投稿記事を読む - コメント

実が赤く怪しげな提灯。

2019年 07月9日 - 日常

夏の風物詩のひとつ、東京・浅草寺の「ほおずき市」が今日から始まりました。
この時季になると、グレープが歌った「ほおずき」(詞・曲 さだまさし)を思い出します。
♫いくつかの水たまりを残して
 梅雨が駆け抜けてしまえば
 しめった風の背中越しに
 きみの好きな夏が来ます
 あの日きみにせがまれて
 でかけた小さなお祭り
 綿菓子の味アセチレンの光
 きみは赤いほおずきを買った ♬

ほおずきを漢字で表すと「鬼灯」と書きますが、なんと読むのかわからず困ったことがありました。
芥川龍之介の『開化の良人』に記された「・・・目まぐるしく行き交う 提灯 ばかりが、もう鬼灯ほどの小さな点々に赤く動いていました・・・」という文章を読んだ時のことです。
「鬼」という字からちょっと怖いように思えますが「亡くなった人の霊」と言うような意味がありますし、盆提灯にも似ていることから、ほおずきを「鬼灯」と書くようです。
名前の由来には諸説がいくつかあり、①実が赤く染まった頬を連想させ、果実を鳴らして遊ぶ子供たちの様子から「頬突き」と呼ばれていたことや、②ホホというカメムシがつきやすいことから「ホホ付き」と呼ばれていたことがなどが有名なエピソードです。」
花言葉は、「偽り」「ごまかし」「欺瞞」「心の平安」「不思議」「自然美」ですが、その理由は、実の大きさに対して中は空洞で種も小さいことから、「偽り」「ごまかし」「欺瞞」という花言葉がつけられたそうです。

ハンセン病家族訴訟、控訴断念。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

華麗なるメランコリー。

2019年 07月8日 - 日常

先日紹介した東京都庭園美術館で、エコール・ド・パリの重要な芸術家として位置付けられるキスリングの個展「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」が、昨日まで開催されました。
ポーランドのクラクフで生まれたキスリングは、同地の美術学校を卒業後、19歳で渡仏し、モンマルトルやモンパルナスで、ピカソ、ジョルジュ・ブラック、モディリアーニなど多くの芸術家と知り合います。
友人や妻、女優、モデル、少年、少女の肖像画を豊かな色彩で描いたキスリングですが、とくにフランスの女性小説家・コレットの娘を描いた「ベル=ガズー(コレット・ド・ジュヴネル) 」は、透明感あふれる絵具の表情や写実的に描きこまれた細部、そして、憂いを含んだ大きなアーモンド形の瞳など、キスリングの肖像画のスタイルがよく表れている作品でした。
何と言っても気になるのは、そのワンピースの柄で、どうしてもあの紙袋を想像してしまいます。
そうです、伊勢丹の紙袋です。
2007年に日本国内を巡回した展覧会以来、12年ぶりのキスリング展は、今後、岡崎市立美術館(7/27~9/16)、秋田県立美術館(9/29~11/24)でも巡回開催されます。
「モンパルナスのプリンス」と呼ばれ、時代の寵児となったキスリングを堪能してみてはいかがですか。

ジャニー喜多川さん死去、87才。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「小暑」なのに20℃届かず。

2019年 07月7日 - 日常

今日(7日)は、24節気の「小暑(しょうしょ)」です。
小暑には、暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってくる時季です。
しかし、今日の福島市の最高気温は20℃に届かず、4月下旬並みの気温でした。
暦とは裏腹に、今年は夏の太平洋高気圧の勢力は弱く、オホーツク海高気圧が優勢で、しばらく厳しい暑さはないだろうと予報されています。
本来ならこの日から暑中見舞いを出し始めても良いのですが、今年はちょっと涼しすぎますね。

今日は「七夕」、街でも色とりどりの短冊をさげた笹を目にします。
江戸時代、大奥では五色の短冊に歌を書いて結びつける流行が生まれ、民間ではその短冊に歌ではなく願い事を書くようになり、現在のような七夕の様子が出来上がったといわれます。
五色は、「この世のものはすべて、木・火・土・金・水から成り立っている」という中国の信仰(五行)からきたものです。
五行のうち、
〈木〉を表す短冊は青(もしくは緑)で、伸びるものや成長するものをあらわしますから「子供の成長」や「昇進出世」の願いに最適です。
〈火〉は赤で、情熱や活力をあらわしているので、「恋愛成就」や「活躍の場が欲しい」といった願いに向いています。
〈土〉は黄色で、安定や維持をあらわし「家内安全」の願いにピッタリです。
〈金〉は白で、勝負や洗練を表すので「金運アップ」や「勝利祈願」を願う人が書くと良いでしょう。
〈水〉は黒(もしくは紫)で、柔軟さや清純さを表しますから「転職」「引っ越し」など変化した安寧の願いに適しています。
これまで特に意識することなく好きな色の短冊に願い事を書いていたという人も、見合った色の短冊に書けばその効果アップが期待できるでしょう。

石川遼、3年ぶりⅤ、初のメジャータイトル。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

光害の影響が深刻に。

2019年 07月6日 - 日常

あす7日は「七夕」。
七夕は五節句のひとつで、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といい、また笹を用いて行事をすることから、別名「笹の節句」と呼ばれています。
七夕は、遊んでばかりで働かなくなった織姫と彦星を戒め、働くことを条件に年に一度だけ再会することが許された「七夕伝説」をもとに、技芸の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」が生まれ、日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説や、「お盆前の清めの風習」などが結びついて現在のようなかたちになりました。
「乞巧奠」が七夕の節供に変化していきましたが、もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。
七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女」の伝説に由来します。
「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。
そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。
余談ですが、最近の研究結果によると、天の川が肉眼で見られるのは日本の人口のたった3割なのだそうです。
梅雨の時季にあわせて、夜間照明で夜空が明るくなる「光害(ひかりがい)」の影響が深刻になってきているのが原因です。
七夕の夜の織姫星と彦星の美しい輝きは、灯りによる安全で便利な暮らしと星空の共存を考えてほしいという、私たちへのメッセージかもしれませんね。

明日、涼しい「小暑」にこのまま「冷夏」?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

アール・デコ様式に和の感性。

2019年 07月5日 - 日常

先日上京した折に、一度はと願っていた「東京都庭園美術館」(港区白金台)を訪ねることが出来ました。
東京都庭園美術館は、朝香宮(あさかのみや)邸として1933年に建てられた建物を、そのまま美術館として公開しています。
フランスに長期滞在した朝香宮鳩彦王が、帰国後に建設した歴史ある大邸宅は、建物そのものが芸術作品です。
基本設計と内装の一部は、宮内省内匠寮の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。
建物は2014年に改築された2つの常設展スペースとカフェ、店舗が入った別館が増築されました。
これら2つの建物の周りには広い回遊式庭園があり、日本の伝統的な茶室、ヨーロッパ風のバラ園、彫刻などが鑑賞できるほか、モダンなレストランもあります。
著名な芸術家アンリ・ラパンの内装設計や彼がデザインした香水塔、また随所にルネ・ラリック作のレリーフやシャンデリアなども配置され全館が当時の様式に包まれ、ウィンタールームの床には市松模様など、さりげなく和の要素も取り入れられ、見どころ満載です。
西洋風の大邸宅を見学し、緑豊かな庭園を歩いていると、東京の中心にいることを忘れてしまいます。
都心でありながら、茶室のある日本庭園も含め芝生の庭園散策も緑多く、芝生広場のイスに腰かけていただいた軽食と合わせとても気持ちいい空間でした。
今回の目的は、現在開催されている「キスリング展」の駆け込み鑑賞でしたが、あまりにも建物が素晴らしかったので、美術展より先に紹介しました。
「キスリング展」は明後日(7/7)までですので、お急ぎください(笑)。

なつぞら、千遥の決意に涙腺崩壊。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント