日常

明るく清らかで生き生きと。

2021年 04月4日 - 日常

きょう(4日)は、24節気の一つ「清明(せいめい)」です。
清明とは、「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」という言葉を略したもので、全てのものが明るく清らかで生き生きとしている頃という意味です。
ちょうど、草木が生命力にあふれ、生き物が元気に動き回るという時季です。

中国の「清明節」では、先祖の霊を供養する祝日にあたります。
先祖のお墓の草むしりをしたり、掃除をしたりする日「掃墓節(そうぼせつ)」とも呼ばれ、日本でいうお盆のような日にあたります。
沖縄では、中国から距離的に近いというのもあり「清明祭」が行われていて、「シーミー」や「ウシーミー」と言います。
清明祭では先祖のお墓に親戚が集まり、お墓の掃除やお供えの後に、ご馳走を食べる祖先供養の行事です。

タンポポってみんな同じ種類じゃないの?! お散歩が楽しくなるタンポポ ...

またこの時季になると、冷たい北風が終わりをつげ、春の温かい空気を運んでくれる風を「清明風」と言い、南東から吹いてくる風をさすようです。

 

コロナ第4波?感染倍増の恐れ、「英国型」猛威。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

国の礎を築いた御祭神。

2021年 04月3日 - 日常

きょう4月3日は「神武天皇祭」、すなわち神武天皇の崩御された日であり、神武天皇の偉業を讃える日です。
『日本書紀』は30巻で構成されていますが、最初の2巻には神々の物語が記され、その後の巻には歴代天皇の在位期間に起きた出来事などが記されています。
神代の巻と天皇の巻をつなぐ人物が、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと=神武天皇)です。
天照大神(あまてらすおおみかみ)は、地上を統治させようと天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を、天上の国・高天原(たかまのはら)から南九州の高千穂の峰に降ろします。
その瓊瓊杵尊の曾孫(ひまご)が神日本磐余彦尊です。
神日本磐余彦尊は、天下を治めるのに適当な場所を探し、進軍を開始しました。
北九州から瀬戸内海を通って大阪湾に上陸し、生駒山を越えようとしたとき、この地の豪族である長髄彦(ながすねびこ)に強く抵抗され、大敗を喫します。
一行は海路で熊野に回り、天照大神が遣わした八咫烏(やたがらす)の先導により、険しい熊野の山々を越えて兎田(うだ=宇陀)に至り、次々と豪族を討ち進みます。
長髄彦との再戦では、当初は劣勢でしたが、飛来した金の鵄(とび)が神日本磐余彦尊の弓先に止まって稲妻のように光り輝き、長髄彦の軍勢の目をくらませて、戦う気力をなくさせました。
こうしてこの戦いに勝利した神日本磐余彦尊は、橿原の地で初代天皇として即位したと書紀に記されています。

橿原神宮 | 一般社団法人橿原市観光協会サイト さらら

橿原神宮では、きょう「神武天皇祭」が斎行され、巫女による神楽「浦安の舞」が奉奏されます。
祭典では、国の礎を築いた御祭神の御聖徳を偲び、国家繁栄と御皇室の弥栄、国民の安寧と健康長寿を祈願します。
地元の人々からは、神武天皇の御神徳を敬慕し、親しみを込めて「神武さん」と呼ばれています。

 

大阪で新たに666人感染、過去最多。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

2021の新年度を迎え・・・。

2021年 04月2日 - 日常

サクラが咲きはじめると、そろそろ入学式のシーズン。
満開のサクラの下で記念写真を撮ったと昔を懐かしむ人も多いと思います。
日本の学校では、当たり前のように4月に入学式や新学期を迎えますが、新年は1月からはじまるのになぜ4月?と疑問に思ったことのある人もいるのではないでしょうか。
もともと日本の学校には入学式や新学期という風習はありませんでした。
と言っても、これは昔の江戸時代の話で、当時は学びの場として開設されていた寺子屋などでは特に入学の時期を決めずに、いつでも入学することができたそうです。
この時代の子どもたちは、子どもとはいえ家族の仕事を手伝うことが多かったため、現在のように時間割などもなく、学べる時間だけ学ぶという子どもが多かったようです。
明治時代に入ると、明治維新によって西洋の文化が取り入れられるようになり、教育も西洋の文化にならって9月入学が主流となっていきました。

モクレン(木蓮)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 | LOVEGREEN(ラブ ...

ところが、明治19年(1886年)に国の会計年度が3~4月に行われるようになったことをきっかけに、当時の文部省の指示で高等師範学校は4月入学となりました。
その理由は、学校運営に必要なお金を政府から調達するため、国の会計年度のはじまりとなる4月に合わせないと不便が生じるためと言われています。
その後、全国の師範学校や小学校でも4月入学が広まり、大正時代に入ると高校や大学も4月入学に変わり、現在のスタイルになりました。
「会計年度」が4月になったのは、「かつて日本政府の税金の収入源が農家のお米であったことから、農家の方たちが秋にできたお米を収穫して現金で納税してから予算編成するため、4月にしたほうが都合がよかったこと」や、「経済力を誇ったイギリスの会計年度が4月であったこと」に由来します。
2021の新年度を迎え、心新たに再出発しましょう。

 

有吉弘行&夏目三久が電撃結婚。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

April Fool’s Day。

2021年 04月1日 - 日常

きょうから4月、その和名は「卯月(うづき)」。
由来は、ウツギの花である「卯の花」が咲く季節(実際の開花期は5~6月)だから、という説が有力です。
また、「卯の花」は、その色が似ていることから、おからの別名としても使われています。
4月は入学式や入社式など、新生活がスタートする節目の月で、暖かな陽気に誘われ、草花が咲き、動物や虫たちが顔を出し始める季節です。
日本を代表する「サクラ」も、今年は西から東へと一気に見頃を迎え、春の訪れを感じます。

春空に咲き誇る満開の桜」の画像・写真素材を無料ダウンロード(1 ...

そして今日は、毎年4月1日には嘘をついてもいいという「エイプリルフール(April Fool’s Day)」
西洋にはじまり、そこから世界へと広がっていき、日本には大正時代に伝わり浸透してきたと言われています。
日本ではエイプリル(4月)フール(馬鹿)を直訳して「四月馬鹿」と、嘘をつかれた人を指す言葉も使われています。
「ウソも方便」上手に使えばコミュニケーションのひとつになることもあります。
だますことを目的とせずに、ジョークとして場を和ませたり、相手が信じ込んでいたら、きちんとネタバレして「なーんだ」とみんなで笑い合いましょう。

 

河井克行被告の議員辞職を許可。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コロナ、花粉、黄砂・・・。

2021年 03月30日 - 日常

昨夜に観た満月とはうってかわって、今日は朝から黄砂の影響で吾妻山が靄っています。
黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から、強風により大気中に舞い上がった砂や塵が浮遊しつつ降下する現象です。
黄砂は砂漠域で強風が発生すること、地表面が砂や塵を巻き上げる状態であることが重なると発生しやすいとされています。
日本にまで届くような黄砂は、低気圧の南側の強風域で巻き上げられることが多く、日本では春に観測されることが多くなっています。

ぐるっと福島 (福島市二本松市伊達市伊達郡) (@gt_fukushima) | Twitter
黄砂は毎年同じ量の黄砂が同じ量だけ舞うのではなく、植生、積雪の有無、土壌水分量、地表面の土壌粒径などの地表の状態や上空の風の状態によって大きく左右されます。
ですので、黄砂の量が少ないという年もあれば黄砂がたくさん舞うという年もあります。
中国の黄砂が日本に飛んでくるというニュースもよく耳にしますが、全ての黄砂が飛んできているわけではありません。
一般的に粒子の大きい黄砂は風によって上空に舞い上がった後すぐに地表に落ちていきます。
粒子の小さい黄砂が風に乗って日本や、日本周辺の広い範囲に降り注ぐといわれています。
コロナ禍にあっての黄砂対応はたいへんですが、予防と対策を万全にして乗り切ってください。

 

厚労省職員23人が深夜まで宴会。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ネガ&ポジの意味持つ花言葉。

2021年 03月29日 - 日常

連日の暖かさで、境内には多くの花がが咲き競い「春爛漫」となりました。
その中のひとつ「ムスカリ」が青紫色の花が春を彩っています。
その由来は、ギリシャ語の moschos(ムスク)で、麝香のことだそうです。
6万年前のネアンデルタール人が埋葬されていた遺跡には、ムスカリの花が供えられていて、最古の埋葬花としても知られていることがわかりました。
花は一見するとブドウの実のように見えることから、ブドウヒアシンスの別名を持つようです。

ムスカリの育て方|水栽培や球根の植え方、種まき、花後の処理は ...

ムスカリの全般的な花言葉は「失望」「失意」「夢にかける思い」「明るい未来」という意味を持っています。
ヨーロッパでは、青い花は悲しみの象徴とされることが多く、ムスカリも「失望」「失意」というネガティブな花言葉を持っています。
さらに、その失意から立ち直るという意味をこめて「夢にかける思い」「明るい未来」という花言葉がつけられたと言われています。
青紫色の花が印象的なムスカリですが、近年新しい品種も生み出されているようで、ピンク色や白、黄色と花色も豊富だそうです。
また、育てやすく、水耕栽培でも育てることができますし、ガーデニングにもインテリアにもおすすめの植物のようです。
ムスカリを花言葉とともに、大切な人へプレゼントしてはいかがですか?

二階幹事長「内閣不信任案なら解散進言」  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

桜の季節に訪れる別れと旅立ち。

2021年 03月28日 - 日常

1年に1度の桜の季節がやってきました。
そうなると聴きたくなるのが〈桜ソング〉。
法華坊主が選ぶ「桜ソング」ベスト3を・・・。

言葉の魔法:第46回 ケツメイシ「さくら」

1位「さくら」/ ケツメイシ(2005年)
「桜の花びらが舞い散る様子がこんなにも切ないものなのか」と思わせます。
春の切ない想い出、この曲を聴くとそのときにタイムスリップできそうです。
ほんのチョッピリ「あの人のことを思い出そうかな」そんなときにもいいかもしれません。
もちろん、そういった想い出がある・なしに関わらずこの曲は名曲だと思います!
春になると絶対に聴きたくなる1曲!

2位「さくら(独唱)」/ 森山直太朗(2003年)
私は、この曲を卒業式で歌ったわけでもなければ特別なにか思い出があるわけでもないのですが、聴くと毎回のように目頭が熱くなっちゃいます。
「最近この曲聞いてないな」なんていう方、ぜひもう1度聴いてみてください。
「やっぱりイイ!」ってなりますから(笑)
桜の季節になると毎年多くの人の心に感動を残したり、感動をよみがえらせてくれる名曲だと思います。

3位「桜」/ コブクロ(2005年)
ドラマ「Ns’あおい」主題歌で、桜の季節に訪れる別れと旅立ちが描かれています。
寒い冬を越えて春が来るように、「つらいことがあっても、それを乗り越えてまた1つ君は大人になるんだよ」というようなコブクロからのメッセージも込められ、卒業ソングとしても人気があります。
キレイなメロディーを力強く歌い上げる、コブクロの魅力が詰まった1曲。

番外「夜桜お七」/ 坂本冬美(1994年)
1997年にリリースされ大ヒットをした、演歌界の大御所・坂本冬美の代表曲の1つ。
普段演歌を聴かない方も、この曲は知っているのではないでしょうか。
抑えめな歌い出しから、サビでドカンと疾走感あふれるサウンドに変わる、この流れが最高にカッコイイ!
着物姿で妖艶さを漂わせて歌う坂本冬美さんにもうっとり見惚れてしまいます。

 

照ノ富士V、史上最大の復活劇。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

花見の変遷。

2021年 03月27日 - 日常

連日の暖かさも手伝って、一気にサクラが開花しています。
記録に残る初の「花見」は、812年3月28日に神泉苑(京都市中京区)で行なわれた嵯峨天皇主催の「花宴の節」だそうです 。
その前年の811年、嵯峨天皇御幸のおり、地主神社(京都市東山区清水)に植えられていたサクラに魅了され、二度三度と車を引き返しては、見事に咲くサクラを眺めたといいます。
それ以降、嵯峨天皇は毎年、地主神社から桜を献上させて、サクラの花見を行ったそうです。
ちなみに、嵯峨天皇が魅了されたサクラは、その故事から「御車返(みぐるまがえ)しの桜-地主桜-」と呼ばれ、一樹に八重と一重の花が同時に咲く珍種で、日本ではその1本が現存するのみということです。

2019年桜開花予想!来週は関東や九州北部などで桜開花(3/12時点 ...
嵯峨天皇主催の花見の会をきっかけに、貴族の間でサクラの花見が広まっていきました。
安土桃山時代に入ると武家階級にも浸透し、徐々に盛大に行われるようになったといいます。
特に、有名なのが豊臣秀吉公の「吉野の花見」や「醍醐の花見」です。
594年に開かれた「吉野の花見」は、徳川家康、宇喜多秀家、前田利家、伊達政宗などそうそうたる武将をはじめ、茶人、連歌師など総勢5000人を引き連れて吉水院(吉水神社)を本陣として行われました。
実は、最初の3日間は雨が降り続き、秀吉公をたいそう苛立たせたそうです。
しかし、吉野山の僧侶たちが全山をあげて晴天祈願をしたところ雨が止み、無事、歌の会や茶の会、御能の会などを開いて盛大な花見の宴が開かれたそうです。
さらに、1598年には「醍醐の花見」が開かれました。
この花見のために醍醐山に植樹されたサクラは700本、招待された1300人の女性たちには1人3着の着物が与えられ、2回の衣装替えが命じられていたそうです。
また、全国から献上された銘酒や銘菓なども振る舞われ、これを機に花見をしながら宴を楽しむというスタイルに変わっていったそうです。
そして、江戸時代になり「花見」が庶民の春の行楽となり、現在のようにサクラを愛でながら花見弁当を開き、お酒を飲んで楽しんだといいます。
コロナ禍にある今年の花見は、TVや新聞に載るサクラを観て「一人花見」を楽しんではいかがでしょうか。

 

コロナ感染、リバウンドの兆し。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

つらい時間にも意味がある。

2021年 03月26日 - 日常

昨日のローカル新聞『福島民報』「あぶくま抄」に次のような記事が載っていました。
「桜の桜の花芽は夏に形づくられた後、いったん休眠するが、冬の寒さで目覚めて成長が始まる。“休眠打破”と呼ばれる。厳しい冬を経なければ花は咲かない。つらい時間にも意味があることを教えてくれる」
(略)
「京セラ創業者の稲盛和夫さんは自著『京セラフィロソフィー』(サンマーク出版刊)で率先垂範(そっせんすいはん)の大切さを記す。意味は広辞苑に〈人に先立って模範を示すこと〉とある。仕事で部下や周囲の協力を得るには真っ先に自分で行動すべきと説く。職場だけにあてはまる教えではないだろう」

つくし(土筆)で春の食卓を彩ろう

私の周りで「後輩にやれやれと言う前に、率先垂範をお願いします」という話があります。
自ら実践して手本となることはとても重要ですが、ただ単に実践しても後輩には響かないことが多々あります。
あるいは全てを率先垂範してしまうと人が育たず、主体性のない後輩が増えてしまいます。
大事なことは率先垂範を行っている事柄の重要性に気付かせ、行動変容を促さなければならないのではないでしょうか。
年度末に当たり、猛省の念を込めて・・・。

 

新年度予算成立、過去最大106兆円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ナルシストの語源はこの花。

2021年 03月25日 - 日常

昨日に続き、今日も20℃超えの暖かな一日でした。
境内には、スイセンが咲きほころびました。
スイセンは、ほのかな甘い香りで春の訪れを知らせてくれる花で、その香りは天然香料として、香水の原料になっています。
スイセンは、冬から春にかけてラッパ状の花を咲かせる耐寒性のある球根植物で、神話の時代からヨーロッパで親しまれ、日本へは中国を経由して平安時代にもたらされました。

水仙(スイセン)の花言葉】ギリシャ神話が関係する花の意味を解説 ...

ヨーロッパで愛され栽培されてきたスイセンは、紀元前800年のホメロスの詩にも登場し、ギリシア神話のモチーフにもなっています。
学名の「Narcissus(ナルシサス)」は、美少年ナルキッソスが登場するギリシャ神話に由来しています。
このギリシャ神話のエピソードから、スイセンのことをナルシサスと呼ぶようになり、花言葉も「自己愛」や「うぬぼれ」といったものがつきました。
実はナルキッソスは、自己陶酔を意味する「ナルシスト」の語源にもなっています。

 

東京五輪聖火リレーが福島県からスタート。 法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント