日常

日増しに夜が長くなる。

2021年 09月1日 - 日常

きょうから9月、「長月(ながつき)」です。
長月というのは明治時代に現在の暦、新暦が採用される以前に用いられていた旧暦で9月をあらわす名前です。
新暦になってからも、風習で旧暦の名称が使われることもあるため、現在でも9月を意味する別名として用いられています。

お月見は十五夜だけじゃない】秋の行事“十三夜”はいつ?「十三夜に曇り ...

長月の頃になると日が短くなり、次第に夜の時間が長くなってきます。
この夜が長くなっていく様子から「夜長月(よながづき)」とされましたが、省略されて長月になったという説があります。
長月は稲が熟成しきる時期です。
そのことから「稲熟月(いねあがりつき)」や「穂長月(ほながづき)」といった名前が付きました。
これらの名前が転じたり省略されたことで長月になったともいわれています。
稲穂が熟成したらもちろん収穫されます。
稲刈りの時期でもあることから「稲刈月(いねかりづき)」となりましたが、「ねかづき」に変化し、最終的に「ながつき」なったという考えもあります。
未だ収まらないコロナ禍、気をつけて素敵なひと月にしましょう。

 

コロナ、国内感染者150万人超え。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ゆく季節と訪れる季節がひとつに。

2021年 08月31日 - 日常

夏から秋に移る頃の暑気と冷気が行き合う空のことを「行合の空(ゆきあいのそら)」と呼びます。
入道雲が湧き上がっている空にうろこ雲や巻雲が見える時があります。
ゆく季節と訪れる季節が一つになった、風情を感じる空ですね。

行き合いの空 | 葬祭・仏壇・墓石のほこだて仏光堂(仙台市、宮城県 ...

まだまだしんどい暑さが続くものの、なんとなく空を眺めていると、見慣れたもくもくした雲だけでなく、うろこのような雲や、ハケでサッと描いたようなすじ状の雲も見え始めています。
ちょうど、積雲や積乱雲のように夏らしい雲と、うろこ雲やすじ雲のような秋らしい雲が、同時に空に見えるような状態を、古くからの日本語で「行き合いの空」と呼ぶあたりは、日本人の表現力の豊かさでしょうか。
夏が去る前に名残惜しそうにもたもたしているところへ秋が追い付いてきたような、そんな微笑ましい場面にも思えます。
9月は各地で行き合いの空が目撃される季節です。

そして、東北では地上でも「行き合っている」ものがあります。
関東に住んでいる人の多くは、サルスベリは「夏の花」という印象があると思います。
実際に関東~九州のほとんどの地域では、サルスベリは夏に咲きます。
一方、東北では初秋の花。
7月の終わりごろから咲き始めて、10月頃まで楽しめるところもあります。
そして、この時期になると、早くも北からススキ前線が南下してきます。
北海道で8月のはじめごろから現れるススキは、8月の終わりから9月にかけて、東北でサルスベリが咲くころにタイミングを図ったかのように現れます。
北上していくサルスベリと南下してくるススキがちょうど東北ですれ違うのです。
サルスベリとススキが同時に見られるのは、みちのくならではの光景です。

 

二階幹事長、9月上旬交代へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

感染症が「無し」となるよう願いながら。

2021年 08月30日 - 日常

今朝の『福島民報』あぶくま抄に、次のような記事が載っていました。
題は「災いナシ」です。

株式会社福島民報社様 ユニフォームスポンサー決定のお知らせ - 福島 ...

 

梨の収穫が盛んな時期となった。
頬張ると、みずみずしく芳醇(ほうじゅん)な果汁が口の中いっぱいに広がる。
歌人の若山牧水は〈こほろぎのしとどに鳴ける真夜中に喰ふ梨の実のつゆは垂りつつ〉と表現した。
日本における栽培の歴史は古く、七世紀末の持統天皇の時代には奨励されていた。
江戸時代には国内各地で生産され、多くの品種が生み出されたと伝えられる。
現在、本県は全国でも上位の栽培面積と生産量を誇る。
今は「幸水」が出荷の最盛期を迎えている。
これから「豊水」や「二十世紀」「あきづき」「南水」などが続く。
秋の味覚として、県内外の食卓に上る。
語音は「無し」に通じる。
財産や幸運がなくなるとして敷地に植えるのを忌んだり、縁起を担いで「有りの実」と言い換えたりする。
その一方、家の建材に使えば、「何もなし」で盗難に遭わないとも言われてきた。
良くも悪くも考え方次第なら、御利益がある方向で考えたい。
今年は春先の遅霜によって大きな被害が出た。
生産者は困難を乗り越え、何とか出荷にこぎ着けた。
感謝の念とともに、新たな災害や人々を苦しませている感染症が「無し」となるよう願いながら、旬の恵みをいただく。

とても気に入った文章でしたので、転載させていただきました。

 

下村氏、総裁選への立候補を断念。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

取り戻せない時間を大切にしたい。

2021年 08月28日 - 日常

8月も残り3日、ひと月の過ぎていくのが早いのにビックリいたします。
月日が過ぎることの早さをたとえるときによく使われることわざに「光陰矢の如し(こういんやのごとし )」があります。
意味は「月日が過ぎるのは矢のように早いこと」で、たとえとして使われます。
「光陰」とは月日や歳月または時間という意味です。
「光陰」に続く「矢の如し」とは、「矢のように」という意味です。
月日の過ぎるのは放たれた矢のように早く、また二度と戻ってこないものだ、と取り戻せない時間を大切にしたいという教訓として使われます。

弓道で的中が安定しないなら先ずこの3点を見直しましょう

「光陰矢の如し」は漢文で「光陰如箭」と書きます。
「箭(や)」とは「矢」と同じ意味です。
唐の時代の書物に「光陰如箭」が使われている例が多くあるようですが、日本のことわざの出典がどれであるのかは明らかになっていません。
「光陰矢の如し」の出典は不明ですが、日本の古い文献などにみられる例としては、鎌倉時代の「曽我物語」や江戸時代の「浮世草子」、仏教の経典などに「光陰矢の如し」の記述があるようです。
また、平安時代の古今和歌集に収められた歌には「弓」を射るように時間が早く過ぎるとの思いを詠ったものがあります。
近代では、福沢諭吉が書いた『旧藩情』の中に、「光陰矢の如く」の表現で時が早く過ぎることをたとえた一文があります。
いつの時代にも過ぎ去る日々を惜しむ気持ちは変わらないのです。

 

甲子園、決勝は「智弁」対決に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

♪今は秋です。

2021年 08月27日 - 日常

去ってゆく夏にどこか切なさを感じませんか?
毎年夏が終わるたびに、限りある人生のなかの大事な時間がまたひとつ通り過ぎてゆくような気分になるのはワタシだけでしょうか?
作詞活動50周年を迎えた作詞家・松本隆の話を、親しい友人と先日しました。
松本隆の作品には、夏の終わりを表現する素晴らしい作品がたくさんあります。

美しい夏-歌詞-岩崎宏美-KKBOX

その中から1曲。
1976年7月にリリースされた岩崎宏美の3枚目のオリジナルアルバム『飛行船』からの曲で、「美しい夏」(作詞:松本隆 作曲:萩田光雄)。
「美しい夏」というタイトルの曲は、桜田淳子のシングル曲のほうが印象が強いかもしれませんが、岩崎宏美の「美しい夏」こそみなさんにぜひ知っていただきたい曲です。
このアルバムで初めて松本隆が作詞に起用され、この曲と「ワンウェイ・ラブ」を書いています。
去り行く夏、ひと夏の恋の終わりをまるで紙芝居の絵のように描き出す松本隆の詞が素晴らしく、特に好きなのが「♪あゝ君に聞いた電話番号も/破いてしまえば風が運んだわ」の一節。
夏という季節は、人生でいうところの青春時代。
そんな、人生のなかで一番熱く心を燃やし動かした瞬間を、夏という季節が呼び戻してくれるのかもしれませんね。
しかし、ワタシにはこの歌に描かれるような甘酸っぱい恋の想い出あるわけでもなく、松本隆の描く夏は、まるでそういった体験をしてきたかのような錯覚になるから不思議です。
それこそ「美しい夏」というのは、誰しもの心の中にあるものなのかもしれません。
♪今は秋です。

 

コロナ、自宅療養が11万人超に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

見立ての世界を体感。

2021年 08月26日 - 日常

今月29日で終了する「MINIATURE LIFE展 2021~田中達也・見立ての世界~」(とうほう・みんなの文化センター)を観てきました。
2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当したミニチュア写真家・見立て作家-田中達也さんの作品展です。
田中さんは海外ファンも多く、インスタグラムのフォロワー数は、なんと270万人を超える人気です。
そして、2011年から一日も休むことなくインターネット上で作品を発表し続けてきた田中さんの活動は、2021年春、10周年を迎えました。

田中達也見立ての世界の新着記事|アメーバブログ(アメブロ)

ジオラマ用の人形と日用品をモチーフに見立て、ユニークで小さな不思議世界を作り出します。
クロワッサンの雲が青空に浮かび、コッペパンの新幹線やお寿司のSLが出発、動物たちはブロッコリーのサバンナを行く・・・。
独自の発想力が生み出すその作品は、思わず「くすっ」と笑ってしまうような楽しいものばかりでした。
代表作から新作まで選りすぐりの写真作品約110点が勢揃いし、実物のミニチュア作品約40点も観ることが出来ます。
福島会場限定作品「桃源郷」「おこサマーランチ」も登場しており、ご当地にマッチした心配りは素晴らしい企画でした。
視点を変えることで、いつもの日常が遊び心たっぷりの世界に生まれ変わる〈田中達也・見立ての世界〉を体感出来ますので、残り数日ですが訪ねてみては如何ですか。

 

ファイザーワクチン、3カ月後の抗体1/4に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本らしい夏の風情。

2021年 08月25日 - 日常

週末には、厳しい残暑が復活しそうです。
今夏もハンディ扇風機を持って、夏場の暑い通勤通学やお出かけに重宝した方もたくさんいるのでは。
近頃は静かで長時間駆動する高性能モデルや薄型コンパクトで携帯性の良い扇風機、羽根なしの軽量タイプ、さらにはお洒落でデザイン性の高い物やかわいい扇風機まで、多くのハンディ扇風機が登場しています。
しかし、「浴衣(ゆかた)に団扇(うちわ)で涼(りょう)をとる」、これこそ日本らしい夏の風情です。
節電、エコの時代、団扇のやさしい風も見直されています。
団扇の語源には諸説ありますが、うちわは羽を使ってハエや蚊などの害を打ち払うことを指す「打ち」という言葉と、その道具である「」を組み合わせて「打ち羽(うちわ)」となったことが語源とされています。
害を打ち払うという行為にはハエや蚊などの虫だけではなく、病魔などの害を撃ち払う魔除けの意味合いも含まれていたそうです。
なぜ漢字で「団扇」と書くのかというと、語源のままの漢字であれば「打羽」となるはずですが、実際には「団扇」という漢字が用いられています。
この団扇という漢字は、実はもともとは中国で使用されていた中国語です。
中国語で丸いという意味である「」という漢字と、観音開きの開閉の際に風が生じる様子を表した「」という漢字2文字で、中国では「団扇」と呼ばれていました。
「打羽」という漢字が当初の日本では使われていましたが、次第に中国語の団扇を日本でも使用するようになり、現在でも団扇の漢字が使用されています。
これが団扇という漢字の由来です。

団扇(うちわ)の起源 | 館山市役所

団扇といえば、何の心配や不安もなく豊かで気楽な生活を送る様子を指す「左団扇」という言葉がありますが、この左団扇にも語源があります。
利き手が右手であることを前提とし、利き手でない左手を使ってゆったりうちわを扇ぐ様子は、仕事などに追われずゆったりした時間や生活を送っているように見えます。
その様子が「左団扇」という言葉の語源ですが、間違った使い方していませんか?

 

尾身会長「銀座も1回行ったでしょ」、バッハ再来日を批判。   法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

暑さが和らぐ時季。

2021年 08月23日 - 日常

今日は24節気のひとつ「処暑(しょしょ)」、暑さが和らぐという意味です。
萩の花が咲き、穀物が実り始める頃で、厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。
夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、まだまだ注意が必要です。
夏の家具や雑貨を片づけ、秋の準備を始める目安にしましょう。台風への備えもお忘れなく・・・。
江戸時代の暦の解説書『暦便欄』では、「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすればなり」と記されています。
残暑はまだ厳しいものの、夏の太陽の勢いが徐々に鎮まり、朝晩は過ごしやすくなる時季です。
福島市内の小中学校では、夏休みが終わり今日から新学期が始まりました。

二十四節気と七十二候 処暑 | 二十四節気 処暑 | 七十二候 | 処暑 | 永寿院

この時季、京都を中心に盛んなのが、8月24日を中心に行われている「地蔵盆」です。
地蔵盆は、子どもたちが主役のお祭りで、地域を守り地獄の鬼から子どもを救う守り神であるお地蔵様を、子どもたちが供養する行事です。
また「おわら風の盆」をはじめ、風を鎮める祭を行う地域もあります。

 

厚労省と東京都、病床確保要請へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

余慶の功徳を授かる。

2021年 08月22日 - 日常

本日は、当山《盂蘭盆施鬼鬼法要》に、ご参詣お焼香たまわり、洵にありがとうございました。
コロナ禍ではありましたが、おかげさまをもちましてつつがなく執り行うことが 出来ましたこと厚く御礼申し上げます。
本日の皆様の尊い行いは、ご先祖さまはもちろんのこと、有縁・無縁あるいは頼るところ障るところの精霊、 また水子の精霊、土地や建物にまつわる因縁の精霊に報いられ、これによって、私たちも日々安穏に暮らすことができる余慶の功徳(よけいのくどく)を授かることとなりましょう。
今後とも、立正院の護持にご協力いただきますようお願い申し上げ、ご尊家皆々様のご健勝をお祈りいたします。
本日は、ご参詣まことに有り難うございました。

施餓鬼旗】 日蓮宗用 ツイール地2 15×122cm 4枚組

過去最多の8人が立候補した横浜市長選挙は、立憲民主党が推薦した元横浜市立大学教授の山中竹春氏の初めての当選が確実になりました。
菅総理大臣が支援した元国家公安委員長の小此木八郎氏や、4期目を目指した現職の林文子氏らは及びませんでした。
今回の選挙戦は、神奈川県内に緊急事態宣言が出される中で、過去最多の8人が立候補し、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の横浜市への誘致計画や、感染の急拡大が進む新型コロナウイルス対策などを争点に論戦が交わされました。
このコーナーでは、あまり政治のことを申し上げない方針できましたが、今回ばかりは「今後の政局、他人事ではありませんね」・・・。

 

巨人に電撃トレードの中田翔、移籍1号。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

郷土への理解を深め、郷土愛を育みながら。

2021年 08月21日 - 日常

普段まったく気にしていませんでしたが、朝刊を見て今日(21日)が「福島県民の日」であることに気づきました。

福島県地図イラストのフリー素材|イラストイメージ
あらためて福島県のHPを探ってみたら、
「明治9年8月21日に、旧福島県・磐前県・若松県の3県が合併して、現在とほぼ同じ福島県の姿が誕生したことから、郷土への理解を深め、郷土愛を育みながら、県民が心を合わせてより豊かな福島県を築き上げ次世代に引き継ごうと、平成9年に制定しました。」と載っています。

県名の由来は、
〇「福島県史」「図説福島市史」よると、
明治9年に、当時の若松県、磐前(いわさき)県、福島県が合併して、現在とほぼ同じ姿の福島県が誕生しました。
「福島」の名称は、そのころの県庁所在地だった福島町から取ったものですが、文禄2年(1593年)ごろ、木村吉清によって、福島城として使われたのが初めてだといわれています。

〇「ふるさと再発見20」よると、
福島の中心街一帯はかつて信夫の里の杉目(すぎのめ)郷と呼ばれた地域にあたり、目の前に阿武隈川をのぞんだ土地。
ここに応永20年(1413年)ころ、当時の伊達盆地の支配者である伊達持宗が杉目城(大仏城=だいぶつじょう)を築き、福島が町になる転機をつくった。
伊達氏はこのあと、独眼竜政宗の時代に、中通りと会津の全域を支配するまでに育ったものの、天正18年(1590年)天下を握った豊臣秀吉に追われ、さらに北方の土地へと移っていく。
新しく中通りと会津の支配者となったのは秀吉の信任厚い蒲生氏郷(がもううじさと)である。
氏郷は会津黒川城を本拠とし、伊達盆地の杉目城をその支城としていたが、城の名を縁起のいいものにするため、黒川を若松に、杉目を福島にしたと伝えられている。
福島の名は福にあやかったもののようである。

〇さらに、伝説集「信夫伊達風土記」よると、
信夫(しのぶ)郡は、むかし見渡す限りの湖で真ん中に信夫山(しのぶやま)があった。
この山には吾妻(あづま)おろしが吹きつけていたため、吹島(ふくしま)と呼ばれるようになった。
その後、長い歳月を経て、湖が干上がり陸地ができ、次々と集落が生まれた。
吹島は風が吹きつけることをきらって、吹を福とし、福島と呼ぶようになった。

と記されています。
我が郷土「福島」について、再認識する機会を得ました。

 

明日、立正院「うら盆施餓鬼会」奉修。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント