日常

口腔ケアを実践する習慣。

2020年 06月4日 - 日常

きょう6月4日は、6(む)と4(し)の語呂合わせで、「むし歯予防の日」と言われています。
また、6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが「歯の衛生週間」を実施しています。


日本は、日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国です。
しかし、残念ながら、歯の寿命は50~60歳代で、高齢になるに従って、歯を失う人が多いのが現状です。
けれども、日頃から歯磨きなどの口腔ケアをしっかり行っていれば、歯の寿命をもっと延ばすことができます。
最近では、80歳まで20本の自分の歯を持とうという「8020運動」も提唱されています。
「歯の衛生週間」をきっかけに、歯を長生きさせるための口腔ケアを実践する習慣を身につけましょう。
おかげさまで、私は今のところすべて自分の歯です。

 

藤井七段、最年少タイトル(棋聖)挑戦。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

天命に生きる幸せ。

2020年 06月3日 - 日常

測量法が昭和24年6月3日に公布され、平成元年に満40年を迎えたことを機会に、測量の意義と重要性に対する国民の理解と関心を高めることを目的として、6月3日を「測量の日」として制定しまし た。
測量は国土の利用、社会資本の整備等国民生活の安全性・快適性の向上に重要な役割を果たしてきましたが、測量についての国民の認識や社会的評価が必ずしも高いとはいえず、測量成果が不適切に扱われている問題も生じていました。
そのような状況の中で、国民に対し、測量における知識の普及・啓発を図るため「測量の日」が設けられました。

「測量」といって思いだすのは、日本で初めて実測による地図をつくった伊能忠敬(いのう ただたか)ではないでしょうか。
50歳をこえてから20年近くにわたり、日本全国津々浦々にいたるまで測量を行い、現在の日本地図とも大差のない精密度を誇る地図を作り上げました。
伊能忠敬の名言に「日本国中測量したことは、私の天命でした」という言葉があります。
この言葉以外にも「天命」という字がよくみられるように、忠敬にとって測量と地図制作が、いかにやりがいを感じ、充実感溢れる事業であったかが伺えます。
現に測量の命令が幕府から言い渡される度に、忠敬は満面の笑みで出発していったと言います。
そして忠敬と弟子が作り上げた精密な地図は国家機密として厳重に保管されるほど、国にとって大切なものになりました。
自己満足で満たされるものは、自分の中で完結する小さな欲求ですが、自分を超えるような大義や志、それがまた誰かの為に存在していると実感できた時、人は最大の幸福感を感じるのかもしれません。
伊能忠敬が過酷な測量の旅へ満面の笑顔で出かけていったように、私たちがこれから取り組む「新しい日常」においても、天命に生きる幸せを見い出したいものです。

 

巨人、坂本と大城のコロナ感染発表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ぼくの心にバラが咲いた。

2020年 06月2日 - 日常

先日、バラの漢字についてブログりましたから、今日はバラの歌についてお話しします。

♪ バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが 淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで 淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
バラよ バラよ 小さなバラ そのままで そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで 淋しかった ぼくの庭が 明るくなった ♫
フォークソングが流行りはじめた1960年代後半、「バラが咲いた」は象徴的な歌でした。
1966年、新人のマイク真木がギターを弾き語りかけるように歌う姿はすがすがしく、優しいメロディーとさわやかな歌詞が曲の清廉なイメージを膨らませました。
フォークブームのなかで音楽がそれほど得意でない者もギターを買いだした時代、この曲はシンプルなコード進行と歌いやすさで、最初の練習曲として取り上げられたものでした。
フォークの魅力の一つは、自ら楽器を奏で自作の曲を歌うスタイルにあり、言いたいことを歌にして世に訴えたのです。
この点からすると、「バラが咲いた」は純粋なフォークとは違い、すでに流行歌を世に送り出していたハマクラこと、浜口庫之助の作詞・作曲で、歌謡曲的な面があり、モダンフォークとも言われました。

 

東京、初の「東京アラート」発動へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)

自然と寄り添う生活。

2020年 06月1日 - 日常

きょうから6月、和名では水無月(みなづき)と言います。
雨がたくさん降る時季なのに〈水の無い月〉って変なの!って思われますよね。
「水無月」の〈無〉は〈の〉にあたる連体助詞ですので、「水無月」は〈水の月〉ということになります。
田植えが済み、田に水を張る必要があることから〈水の月〉→「水無月」と呼ばれるようになったようです。
新暦では日本の6月は梅雨どきですが、旧暦の6月は梅雨が明けた夏の酷暑の頃にあたります。

制服のある学校や企業などでは、6月1日と10月1日に衣替えを行うところが多いですが、これは公家や武家で行われていた衣替えの風習の名残りです。
衣替えは、中国にならって平安時代の宮中で定着した習慣で、「衣更え」「更衣」とも表記します。
きょうのニュースでは、本来4月の入学式に着る予定だったブレザーを着ずに、夏服で入学式を迎えた!と報じていました。これもコロナの影響ですね。

第2波、第3波の発出も予想されていますので、今月ももう少し辛抱しましょうか。

 

コロナ収束願い、各地の夜空に大輪咲く。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

思い出に夢をひとつだけ。

2020年 05月31日 - 日常

♫ いつか遊びに行きたいなんて 微笑みを浮かべて五月の別れ 月と鏡はおにあいだから それぞれにあこがれ 夜空をながめ 星の降る暗がりでレタスの芽がめばえて 眠りから醒めながら夢をひとつだけ あなたに叶えてくれる
果てしなく星たちが訳もなく流れ去り 愛された思い出に夢をひとつだけ あなたに残してくれる ♪

 

5月はそろそろ夏が始まるタイミングでもあり、うきうきした気分になることも多い季節ですが、井上陽水はあえて「別れ」をテーマに『5月の別れ』を1993年3月に発表しました。
その年の春から夏にお茶の間で流れていたキリンラガービールのCMソングとして覚えている人も多いでしょう。
1番の歌詞では、空が青く澄みわたり木々も緑に染まるこの季節を、2番では月や星の見える情景を巧みに取り込んでいることが、鮮やかな季節にもかかわらず、逆に悲しさを増幅させています。
緑の風が音と音の間を吹き抜けて行くような甘美な別れの歌、きょうで5月も終わりです。
明日からの6月、あらたな目標に向かって努力しましょう。

 

コロナ、世界の感染者600万人。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

バラって漢字で書ける?

2020年 05月30日 - 日常

きょう福島市の最高気温は、30.1℃の真夏日。でも湿度が低く、爽やかな清々しい初夏の陽気でした。
そんな中でも、美しく可愛らしく、様々な表情のバラが街中に咲き誇っています。
5月はまさにバラの季節ですね。
バラの優美な香りは、気持ちを落ち着かせて、心身をリラックスさせてくれるそうで、華やかなな香りに包まれて、癒しのひとときになりました。

さて、バラは漢字でどう書くでしょう。
1990年代のはじめごろ、安田成美さんが「ねえ、バラって漢字で書ける?」と尋ねる主婦を演じたキッコーマンのCMが、ちょっと話題になったことがありました。
画数も多いし、字の形からしても何となくバラの雰囲気が伝わってくるようなところが、人気のある理由でしょう。
日本語の「ばら」は「いばら」と同系統のことばで、それが指すトゲのある植物のことを、中国語では「薔薇」と書き表します。
「薔薇」は音読みではショウビとかソウビと読みますが、「ばら」の方が日本語としてはわかりやすいということで、「薔薇」と書いて「ばら」と読む、ということになったようです。
華やかな色合いの花びらが幾重にも重なったゴージャスな雰囲気は、なんとなく西洋風なイメージがありますが、「薔薇=バラ」は、純粋に東洋世界の産物なのです。
薔薇は、難読漢字としては最も有名なものの1つで、細かく解説すると、次の通りです。
薔は、《部首》くさかんむり〈草冠〉13画(総画数16画〕、草冠+土+人+人+回。
薇は、《部首》くさかんむり〈草冠〉13画(総画数16画〕、草冠+彳+山+一+ル+攵。

 

東京都14人感染、5日連続の2桁。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

あなたのコロナ対策が、みんなを救う。

2020年 05月29日 - 日常

何か大きな事件や大災害があった後、テレビCMで多くなるのが「エーシー」のフレーズ、そうACジャパンの広告です。
東日本大震災の後、何度も見かけたのを覚えているでしょう、「ぽぽぽぽ~ん」。

♪こんにちわ・こんにちワン/ありがとう・ありがとウサギ/こんばんわ・こんばんワニ・/さようなら・さよなライオン/魔法の言葉で 楽しい仲間が ぽぽぽぽ~ん
おはよう・おはよウナギ/いただきます・いただきマウス/いってきます・いってきまスカンク/ただいま・ただいマンボウ/素敵な言葉で 楽しい仲間が ぽぽぽぽ~ん
ごちそうさま・ごちそうさマウス/おやすみなさい・おやすみなサイ/こんにちは・こんにちワン/ありがとう・ありがとウサギ/挨拶するたび 友だち増えるね ぽぽぽぽ~ん ♪

今回の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下ではどうでしょう。ACジャパンは4月の後半から、「コロナ対策臨時キャンペーン」と称し、「あなたのコロナ対策が、みんなを救う。」のスローガンの下、8篇の新作CMを出稿しました。
1 ふたつのありがとう篇
2 同じくらい篇
3 手を洗うまで篇
4 いろんな会篇
5 距離をとろう篇
6 コロナが終わったら篇
7 街やインフラ篇
8 病院の皆さん篇
自粛ムードが続く中、今後もしばらくはこれらのCMが多く放映されるでしょうから確認してみてください。

 

ブルーインパルスが東京の空を感謝飛行。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

緑が鮮やかな季節。

2020年 05月28日 - 日常

「初夏は、いつから初夏と言うの?」と尋ねられると、明確な時期を答えられる方は少ないのではないでしょうか。
草や木が新緑に覆われ、爽やかな風が吹くころ、人はそれを「初夏」だと感じます。
初夏は、その字の通り夏の初めを指しますが、これはそのままの意味の他に、旧暦による「初夏」の区分も関係しています。
さらに春夏秋冬よりもさらに季節の節目を知る上で設けられた24節気で見ると、初夏とは「立夏」から「芒種」まで時期としていたことから、5月上旬から6月上旬までを初夏と呼ぶようです。

初夏になると、足元に咲く花だけでなく、つる性の植物や背の高い植物、株がこんもりと広がる植物など個性豊かな花たちと出会うことができます。
暖かな日差しがふりそそぎ、朝晩涼しい風が吹き抜けるこの季節は、植物たちにも快適な季節です。
初夏はアジサイやシャクヤク、アヤメやオダマキといった日本で昔から親しまれた風情のある花が楽しめます。
ロベリアやカンパキュラといったキキョウ科の植物や、ゴマノハグサ科のジキタリスやトレニアなど、ブルーや薄いピンク、白の花も多く、ガーデンはとてもナチュラルで上品な雰囲気になります。
バラやクレマチスがひときわ美しく咲き、風に揺れる姿はほんとうに素敵です。
花鳥風月に疎い私でも、チョッと花の名前を列記してみました。間違っていたらごめんなさい。

 

東京15人 3日連続2桁、若者&経路不明者。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春すぎて 夏来にけらし・・・

2020年 05月27日 - 日常

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山(持統天皇)

1235年(文歴2)年の今日(5月27日)、藤原定家が「小倉百人一首」を撰したとされています。
小倉百人一首は、天智天皇から順徳天皇の時代まで100人の歌人の歌を一首ずつ取り上げた歌集ですが、近世以降、歌カルタとして普及し、現在にいたっています。

 

小倉百人一首には100首もの歌があるうち、恋愛の歌はなんと43首もあることをご存じでしたか?
百人一首の舞台は、およそ800年前。当時の恋愛というと、堅苦しくて難しそうなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、当時の人たちも、わたしたちと同じように愛しい人を思い、別れを悲しみ、恋に悩んでいました。
その中でも、法華坊主が撰ぶBEST5は
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ 砕けてものを 思ふころかな(源重之)
うかりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを(源俊頼朝臣)
すみのえの 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ(藤原敏行朝臣)
難波潟 みじかき葦の ふしの間も あはでこの世を 過ぐしてよとや(伊勢)
逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも うらみざらまし(中納言朝忠)

激しい恋心を胸に秘めた歌をはじめ、会いたい気持ちを募らせる片思いの歌、浮気な男を恨む女の歌、嫉妬や失恋に涙を流す切ない歌、意中の人を夢にまで見る歌など、百人一首の恋の世界をお楽しみいただいてはいかがでしょうか。

 

林・新東京高検検事長「政治と距離保つべき」  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

レタスは金気を嫌う。

2020年 05月26日 - 日常

世のご婦人は当たり前にご存知でしょうが、ご信者さんから「ブーケレタス」というちょっと変わったレタスをいただきました。
ブーケレタスは、千葉県の「葉っぱや」という会社が開発した非結球レタスの改良品種だそうです。
葉の形状が、花嫁が結婚式で手にする「ブーケ」に似ていることから「ブーケレタス」と命名されたとのことです。
水耕栽培用の品種で、各地で栽培が広まっており、その出荷にあたっては、葉を傷めないよう専用のパックが用いられ、このパックはペットボトルと同じ材質でリサイクル可能です。
ブーケレタスの葉はとても複雑な形状をしており、1枚の葉でもボリューム感があります。
葉の食感や味自体はサラダとあまり変わらない感じです。

一般にレタスと呼ばれている物はキク科アキノノゲシ属 の植物のなかで、「チシャ」の分類に入り、その葉を野菜として食べます。
チシャには一般的な玉レタスやサニーレタスをはじめ、サラダ菜など色々な種類があり、それらを総称してレタスまたはチシャと呼んでいるそうです。
レタスの種類は世界各地でみられ、各国で栽培され食用とされ、そしてどの国でもほとんど生のままサラダとして食べる野菜として親しまれています。
ちなみに、レタスの主な産地は長野県で、全国の約1/3を出荷し、次いで茨城、群馬が続きます。

 

福島市の老舗百貨店「中合」閉店へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント