日常

新しい世界へと旅立つときに。

2020年 04月14日 - 日常

「餞」あるいは「贐」、何と読みますか?

かつて日本では、旅立つ人のために「送別会」をする際に、道中の無事を祈って、その人の馬の「鼻」を、これから向かう目的地の方向に「向け」てやる習慣がありました。つまり「鼻向け」です。ここから、「はなむけ」ということばが、旅立ちや門出を祝福して金品・詩歌・激励のことばなどを送ることの意味になりました。
「はなむけ」は、漢字では「餞」と書くことができます。これは、「餞<せん>別」の「餞」ですね。「新たに来た人」に「餞別」を渡す人はいないでしょう。「はなむけ(餞)」も同じことです。このことを覚えておけば、「はなむけ」を間違って使ってしまうこともないと思います。
これは、本来とは違う意味で使われることが多いことばです。以前に実施した世論調査では、「社長が新入社員にはなむけのあいさつをした」という表現が「おかしくない」と答えた人が、半数を超えていました。
異動していく人に使うのはかまいませんが、くれぐれも異動してきた人に「はなむけ」を送らないように。「来たばかりなのに、もうどこかに行けというのか」などと思われてしまったら、その人に「顔向け」できなくなります。

「はなむけ」にはもうひとつ「贐」という字もあります。「贐」は貝偏に尽きるという意味の「盡」から成る文字です。
貝偏は「財」「貯」のようにお金や宝に関係する漢字を作るもので、「贐」はお金や宝を尽きるまで出すという意味を持つ漢字です。盛大にお祝いしたいときには、「餞」より「贐」を使う方が適しているそうです。

「はなむけ」は、人生の門出に花を添えるものです。
旅立つ人に幸多かれと祈り、祝福と励ましを込めて贈るのが「はなむけ」で、そのためにも「はなむけ」の正しい意味や使うべき場面をしっかりと押さえておき、適切に使えるようにしておくことが大切です。
新しい世界へと旅立つときの不安や緊張を「はなむけ」で和らげてあげることができれば、社会人として合格でしょう。

 

国内の感染者、累計8000人超に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

旬は、短し。

2020年 04月13日 - 日常

春になると、野菜や果物の売り場もより一層彩り豊かになりますね。この時期にはたくさんの野菜や果物が旬を迎えます。旬の食材は勢いがあり力がみなぎっていますので、おいしい時期を逃すことなく食卓に並べることが望まれます。

ある食品会社が「春の味覚といえば?」というアンケート調査を実施しました。
総合ランキングの1位は「タケノコ」で60.8%、2位は「菜の花」で47.1%、3位は「たらの芽、ふきのとうなどの山菜」で41.9%、4位は「春キャベツ」で37.7%、5位は「新たまねぎ」で29.1%という結果でした。以下、6位「桜餅・草餅」、7位「イチゴ」、8位「新じゃがいも」、9位 「カツオ」、10位 「アスパラガス」と続きます。

1位のタケノコ(筍)は、春の味覚の代表選手。おいしく食べられる期間は短く、頭が土から出るか出ないかの時期が食べ頃です。繊維質が豊富で腸内環境を整える効果もある筍は鮮度が命。採れたてをさっと湯がいて、筍ご飯や煮物、酢の物などにするのがおすすめです。
2位の菜の花は、黄色く鮮やかな菜の花はアブラナの花芽です。ほんのり苦味はありますが、ビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富です。定番のおひたしだけでなく、スープ、パスタなどにも入れてもおいしいそうです。
3位の山菜は、雪解けと同時に顔を出すふき(ふきのとう)、たらの芽、わらびなど、春は20種類以上の山菜が採れる時期です。天ぷら、吸物、炊き込みご飯、炒め物など用途もいろいろ。種類が多いので選ぶだけでも楽しくなりそうです。

いずれも旬は短いそうですから、ぜひ一番おいしい時期に食卓に登場させてあげてください。

 

世界のコロナ死者、11万人を超す。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

山が満面の笑みをたたえている。

2020年 04月12日 - 日常

春の山を表現する言葉に「山笑う」があります。明日から東日本は大荒れの予報ですが、境内から見える今日の山々はまさに春の装いでした。
2月には寒さが少し和らぎ梅の花を始めが咲き始めて、ほんのちょっとだけ春の息吹を感じるようになります。イメージとしては山が微笑む程度でしょうか。
3月になると桃や桜も咲き始め、木々の新芽が出てきて冬枯れの寂しい山から少しずつ色づき始めます。
4月には桜の花も散って葉桜となり、山々の色合いも完全に新緑へと様変わりします。こうなると山が満面の笑みをたたえている風情ですね。
「山笑う」とは上手いことを言ったものです。

「山笑う」の表現を最初に書物に残したのは、郭煕(かくき)という中国の北宋時代の画家だそうです。郭煕は自身が表した書物「臥遊録」の中にこう記しています。
〇 春山淡冶にして笑うが如く(春の山は、あっさりとして艶めかしく、笑っているように描くべきである)と。
郭煕の「臥遊録」では、春以外の季節も山を使って表現することがあります。
〇 夏山蒼翠として滴(した)たるが如し、(夏の山は、緑が生い茂って、滴るように描くべきである)
〇 秋山明浄にして粧うが如く、(秋の山は、明るく清らかで、化粧をしているように描くべきである)
〇 冬山惨淡として睡(ねむ)るが如し(冬の山は、寂しく暗く、眠っているように描くべきである)
この言い回しが現代の詩歌の世界にも受け継がれ、俳句などの季語として定着している、というわけです。
すなわち、春が「山笑う」、夏が「山滴る」、秋が「山粧う」、冬が「山眠る」と言うんですね。

俳句の世界では、季語としては「山笑う」「山睡る」が人気が高く、「山粧う」は季語には入っているけどあまり人気ではない!と言っていました。
「山滴る」に至っては、歳時記の中でも季語として認められていない事が多くあるそうです。実は夏の季語としては「山滴り(岩などから水がしみ出てくる様子)」というよくにた言葉があり、これとの混同を避けるためと言われています。
俳句の世界は未知の世界ですけど、山ひとつをとっても素敵な表現がありますね。

 

報ステ・富川アナもコロナ感染。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

色鮮やかに残る日本の春。

2020年 04月11日 - 日常

私たちが小学校の時には習ったというのか、聴いたというのか、今でもこの時季になると口ずさむことがありますが、現代の小学生はこの曲を知っているのでしょうか。

♪ 春の小川はさらさらいくよ 岸のすみれやれんげの花に すがたやさしく色うつくしく 咲けよ咲けよとささやきながら  ♪
♪ 春の小川はさらさらいくよ えびやめだかやこぶなの群れに きょうもいち日ひなたで泳ぎ 遊べ遊べとささやきながら ♪

1912年に発表された小学校唱歌「春の小川」です。作詞は高野辰之さん。この歌のモデルとなった川は、原宿~渋谷付近を流れる河骨川。と言ってもそれは過去の話で、1964東京オリンピックの際に下水道の一部とされ、今ではこの川を見ることはできません。この詞が書かれた明治の頃、河骨川の支流は、春にはメダカやコブナが泳ぎ、岸辺にはレンゲやスミレ、黄色いコウホネが咲くのどかな場所だったとか。子どもがいなかった高野さんは養女を迎え、ずいぶん可愛がり、よく散歩に連れて行っていたそうです。

春の小川のあぜ道には、ツクシやワラビやタンポポが顔を出し、さらさら流れる透き通った小川の流れの中でメダカやコブナといった小魚があちことで泳ぎまわる農村の春。
いまの都会の子どもたちには想像も付かない景色でしょうね。もちろん田舎の子どもたちでも、今は見受けられぬ光景となりました。
花と緑の山野の中で、薄紫色のレンゲが一面に咲き乱れる田園風景・・・。コロナ鬱にならぬよう、心の中に今もって色鮮やかに残る日本の春の景色を思い起してはいかがでしょう。

 

ガンバレ岩手、唯一の感染者ゼロ県。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(2)

季節を感じられるのは嬉しいこと。

2020年 04月11日 - 日常

本来4月は気分が上がる季節なのです。
春は、桜が咲いたり、ぽかぽかとあたたかい陽気が続いて、気持ちよくウキウキ・ワクワクとする季節です。
また、新生活が始まる季節でもあり、新たなスタートの時期でもありますが、今年は残念なことに新型コロナウイルス感染拡大のせいで、ハラハラ・ドキドキの毎日が続いています。
せめて、春の陽気にピッタリな曲や、新生活を頑張るあなたを応援するエールが込められた曲を探して口ずさんでみてはいかがでしょう。

「春咲小紅」矢野顕子
矢野顕子の5枚目のシングルで、聴くとウキウキしてくる曲ですよ。カネボウ化粧品の春のキャンペーンのCMソングに起用されました。
コピーライターの糸井重里が作詞を担当し、歌詞のふわふわした雰囲気と矢野顕子の歌唱が合っていて、聴いていて春を感じずにはいられません。
返事は遅れてしまったけれど、大切な人を待っているという女性の思い。ひらひらやキラキラのような言葉も歌詞によく出てくるので、自然に幻想的な雰囲気になるのかもしれません。

「赤いスイートピー」松田聖子
松田聖子の8枚目のシングルです。呉田軽穂(松任谷由実)作曲による松田聖子への最初の提供曲。松田聖子の曲の中でも、特に人気のある曲です。この曲を境にして、女性のファンの比率が上がったことでも有名。
少し無口で気が弱いけれど、素敵だなと思う男性の存在。ついていきたいと願う可愛らしい女性の心が、春の雰囲気にとても合っています。カラオケで歌いたい!と思う人は、今もかなり多いと思います。

「不思議なピーチパイ」竹内まりや
竹内まりやの4枚目のシングルです。資生堂化粧品の’80春キャンペーンCMソングとして使用されています。
初めての恋ではないけれど、恋をすると違う自分にな・・・。ピーチパイが様々な想像をさせてくれる、女性らしさ溢れる素敵な曲です。
この曲を聴くといいことがありそう!と女性にドキドキさせてくれるような曲だと思います。恋が始まる予感で、小さな宇宙が回ったり光にゆれる気分になったり。まぶしい大人の世界を感じられる自分を嬉しく思う曲でもありますね。

「微笑がえし」キャンディーズ
キャンディーズの活動期間内ラスト・シングルで、オリコンでは最初で最後の1位を獲得しました。歌詞の中にシングル曲「春一番」「わな」「アン・ドゥ・トロワ」などの、タイトルが入っているのは、作詞者の阿木曜子からのはなむけだったそうです。
歌詞をたどっていくと、これまでのキャンディーズの様々な姿が浮かんできてファンにとっては、今も忘れられない大切な曲です。新しい季節に向けて青春を感じながらも、歩いて行こうとする姿が浮かんでくる曲です。

「色・ホワイトブレンド」中山美穂
中山美穂の4枚目のシングルで、中山美穂自身が出演したCM、資生堂‘86春のキャンペーンソングです。
シンガーソングライターでもある竹内まりやが曲を提供して、「大好きな季節が私をきれいにしてくれる」の歌詞がとてもポジティブなイメージで、あどけなさの残る中山美穂の可愛らしさや、少し背伸びをした大人っぽさにピッタリだと思いました。
たとえこれまでに悲しい恋をしたとしても、この曲を聴くと春の優しさと一緒に素敵な明日が待っていると思えるような曲のひとつです。

独断と偏見で青春時代の5曲を選びましたが、季節を感じられるのは、とても嬉しいことです。季節を楽しみながら、若かりし頃の色々な思いを大切にして進んでいける、そんな曲がたくさんあるように思います。

 

東京都、11日0時から休業要請。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

マスク2枚にだまされず。

2020年 04月9日 - 日常

4月に入っても、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国的なマスク不足が解消されていません。国内メーカーがそろって増産し、大手家電メーカーまで生産に参入する中、どうしてマスクはいまだに「買えない」のでしょうか。新型コロナウイルス対策として、唐突に総理の口から発せられた「布マスク2枚」、緊急事態宣言が出されている東京などから優先的に、全ての世帯に来週から順次郵送を始めるそうです。

一般社団法人日本衛生材料工業連合会の資料によると、日本でのマスクの歴史は、明治初期に始まります。
当時のマスクは、真ちゅうの金網を芯に布地をフィルターとして取り付けたものです。主として粉塵よけに利用されていました。このマスクが、1918年のインフルエンザ(スペイン風邪)大流行をキッカケに、予防品として注目を集めるようになります。その後、マスクは徐々に普及し、1923年、内山武商店から発売された「壽マスク」が、商標登録品第1号に認定。マスクの改良も徐々にすすみ、金網をセルロイドに変えたものやフィルター部分に別珍や皮革などを使用したものが現れます。
昭和に入り、インフルエンザが再び猛威をふるった1934(昭和9)年に、マスクは大流行します。以後、インフルエンザがはやるたびに、マスクの出荷量も爆発的に増加。枠のない布地だけのものや1950年には日本初のガーゼマスクが布に代わるマスクとして誕生し、マスクは次第にその形を変えていき、1973年に不織布製プリーツ型の原型が日本での生産・販売されるようになりました。1980年代からの花粉症の流行もそれまでのインフルエンザ用途に加えて一般家庭でのマスクの普及を促進させることとなり、立体マスクの登場など2000年以降、普及が促進されました。

コロナウイルスの感染拡大の影響による品薄は、いつ解消されるのでしょうか。総理の「布マスク2枚配布」にだまされず、心身ともに健全なる生活を営み、長いトンネルではありますが新型ウイルスに負けぬよう頑張りましょう。

 

布マスク配布に、経費466億円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

かけがえのない命の尊さ。

2020年 04月8日 - 日常

仏教での「花まつり」とは、〈お釈迦さまのご生誕をお祝いする日〉のことです。お釈迦さまが誕生したのは、今から約2500年前の4月8日と言われていますから、毎年4月8日の前後には、宗派に関係なく全国の寺院や地域をあげてお祝いしています。花まつりは、お釈迦さまが生まれた時に龍が天から飛んできて、香湯をそそいだといういわれがあることから、灌仏会とも言われています。お釈迦さまは、釈迦族の王シュッドーダナとその妃マーヤーの長子としてルンビニー園で生まれました。伝説では、お釈迦さまは、お生まれになってすぐに7歩進み、右手で天を、左手で地を指差し「天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と宣言されたといわれています(『長阿含経』)。

「天上天下唯我独尊」とは、この世に個として存在する「我」より尊い存在はないという意味で、人間の尊厳を表した言葉です。「我」は釈迦のことではなく、この世に生まれた個人の誰もが、その存在が尊いものだという意味です。また「独尊」には、唯一の尊い使命という解釈があり、お釈迦さまが、この世にあらわれた目的は、一切の人を救うことだとする説もあります。

思いを巡らせれば、私どもは皆、お釈迦さまと同じように、誰にもかわることの出来ない、かけがえのない「いのち」を生きていることに気づくことでしょう。人類が誕生して以来、数え切れないほどの人びとが生き、また現在、数10億の人びとが共に存在しているなかで、誰1人として「わたし」と同じように生き、悩み、考え、行動する人はいないのです。4月8日は、お釈迦さまの誕生をお祝いすると同時に、それぞれの「かけがえのない命の尊さ」に眼を向け、正しく生きることをお誓いする日にしたいものです。

花まつりに欠かせない「甘茶」は、ガクアジサイの変種でユキノシタ科の植物「アマチャ」の若葉を煎じた飲み物です。甘茶は生薬としても知られるように、無病息災の効験があるとして重宝されています。
また、奈良時代から江戸時代ごろまでは、甘茶ではなく香水(こうずい)という水が使われていたようです。

 

1日の感染者数500人超え、最多更新。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「おうち時間」を有意義に‼

2020年 04月7日 - 日常

毎日読んでくれている友人から「昨日はブログどうしたの?」という連絡が来ました。そこで今になって確かめてみたら、昨日アップしたつもりの記事が公開されていなくてガッカリしています。それも、下書きにも残っていません。昨日の記事は、石破茂衆議院議員が春を迎えるこの時季に聴きたい楽曲についてのコメントに対して、共感するものがあり、ユーミンや南沙織、柏原芳恵、キャンディーズ・・・を追いかけてみました。ザンネン。

今月も皆大好き、満月の日がやってまいりました。2020年4月7日深夜から8日未明にかけて、「ピンクムーン」と呼ばれる4月の満月が夜空を照らします。ネイティブアメリカンの間で4月の満月は「ピンクムーン」と呼ばれており、6月の「ストロベリームーン」と並んで人気な満月です。実際に月がピンクになる訳ではありませんが、冬が過ぎ暖かい4月には綺麗な花々が咲くように、花の色にちなんで4月の満月に付けたと言われています。この満月を見た人は「恋愛運にご利益がある」「幸せをもたらしてくれる」というロマンチックな噂があるそうです。

今夜は北海道から九州にかけて広い範囲で晴れる予報で、夜空を眺めるのにはピッタリな天気になるでしょう。
空気も乾燥しているため、より一層輝きを増した月を見ることができそうです。月明りを上手に避けて、周りの星を観察するのも良いですね。
コロナウイルス感染拡大防止で自宅待機が要請されています。時間がある夜には、ゆったりと夜空を眺めてみるのも良いのではないでしょうか。暗いニュースばかりの毎日ですが、こんな時は「おうち時間」を有意義に使いましょう!

 

首相が緊急事態宣言、7都府県で5/6まで。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)

体にやさしい食べ物「おから」。

2020年 04月5日 - 日常

豆腐を作るときに出るしぼりかすである「おから」、私はけっこう好きです。野菜と一緒に煮ておかずにするのは定番ですが、ケーキやクッキーに使ったり、ハンバーグのたねに加えたり、今では様々な使い方がされていますね。そんなおからですが、「卯の花」とも呼ぶこともあります。和食の世界では、本来の食材の呼び名ではなく、別の名前で呼ぶケースがあります。そのひとつがおからですね。おからの〈から〉が〈からっぽ〉に繋がるのを嫌い、卯の花という別名が付けられたといわれています。卯の花という名前は白いウツギの花にたとえて付けられたようです。卯の花はさらに別名があり、それは「きらず」。卯の花は包丁を使わなくても調理ができることからこの名前が付けられたとのことで、漢字で書くと「雪花菜」となります。

おからには、食物繊維のはたらきで便秘の解消が期待できたり、食物繊維とビタミンEのはたらきで美肌効果が期待できたりと、体にやさしい食べ物です。また、かさましになり、たんぱく質も含まれるのでダイエットの方にもおすすめだそうです。

江戸中期の儒学者・荻生徂徠(おぎゅうそらい)が若い頃、あまりに貧しいため、近くの豆腐屋からおからを分けてもらい、飢えをしのいだといわれています。講談や落語の有名な演目のひとつ(「徂徠豆腐」)がそれです。また、『高野聖』で有名な泉鏡花(いずみきょうか)も、貧乏時代にはおからで食いつないでいたという逸話もあります。

 

首相以外の閣僚は布マスク使っていない。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

清々しく明るく美しい季節。

2020年 04月4日 - 日常

今日は24節気のひとつ「清明(せいめい)」で、春分から数えて15日目です。
春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもので、万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。この頃はまさに桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンでもありますね。南の地方ではつばめが渡って来る頃でもあり、雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。

 

沖縄では「清明祭(シーミー)」といって、墓前に親族が集まり、酒・茶・お重を供えた後、皆でご馳走をいただく習慣があるそうです。清明祭は中国から伝わったとされ、「清明の節」の期間に先祖のお墓に親戚が集まり、お線香やお花、重箱につめた料理をお供えし供養します。基本的には清明の入りから15日以内に行うのが基本だそうですが、現代では休日に行うことが多ようです。沖縄のお墓の前は「清明祭」をするための広いスペースがちゃんと設けてあります。ここで、お重を囲んで宴が催されます。気候もいい頃ですし、今ではピクニック感覚でどのお墓もとても賑やかだそうですが、ことしはコロナウイルスのせいで、どうなされているのでしょう。

 

コロナ感染、世界で100万人超、国内で3千人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント