日常

賀詞の意味を正しく理解しよう

2018年 12月27日 - 日常

年賀状の投函はお済でしょうか?
郵便局は「25日までの投函で元日配達」とPRしていますから、まだの方は急いでください。

「賀詞」とは、年賀状に限らず祝いのことばのことをいいます。
年賀状の場合、「寿」のような1文字の賀詞、「迎春」のような2文字の賀詞、「謹賀新年」のような4文字の賀詞、「明けましておめでとうございます」のような文章の賀詞があります。
このように年賀状の賀詞の種類はいくつかありますが、例えば、年賀状を目上の人へ送る際、賀詞は「謹賀新年」「迎春」「明けましておめでとうございます」の中でどれを選びますか?
形式にとらわれすぎた年賀状は味気ないものですが、賀詞の意味を正しく理解せずなんとなくコレ・・・と安易にセレクトしていると、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。
調べたところによると、賀詞の使い方には最低限のマナーがあるようです。
〇相手が目上の場合には
・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます
〇相手が目下・友人の場合(目上の人に使ってはいけないもの)には
・「寿」「福」など1文字の賀詞
・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞
〇相手を選ばず使える賀詞は
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・Happy New Year
相手によって賀詞を変えられない場合には、相手を選ばず使える賀詞、または相手が目上の場合の賀詞を用いると無難のようです。
昨今は、年賀状を用いず、Male・LINEなどを利用して新年のご挨拶をする方が増えているようですが、いずれにいたしましても「心を込めて」が大切ですね。
そういう私も全く手つかずです(笑)

トランプ夫妻イラク電撃訪問、米軍を激励。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

平成最後のお正月を迎える準備

2018年 12月26日 - 日常

クリスマスが終われば、とたんに街中のあちらこちらに門松や正月飾りが登場します。
小さいころから何気なく身近にあるお正月飾りについて、それぞれにどういう意味があり、いつお飾りするのか理解していたでしょうか?
日本人であれば、無病息災や豊作を願ったり、お世話になった方へ年賀状を送るなど、やはりお正月は特別な時期でもあります。
だからこそ、お正月飾りのたしなみについて少し知っておくと役立つことがあるかもしれませんね。

あまり聞き覚えのない言葉ですが、皆さんは「一夜飾り(いちやかざり)」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?
一夜飾りとは、門松や正月飾りと言ったお飾りを大晦日に飾り付けることを指す言葉です。
一般には、「お正月の神様をお迎えするのに、たった一夜では誠意にかける」とか、「葬式の時には〈一夜飾り〉になる為に、それに通ずるから避けた方がよい」という説などいろいろあります。
さらに「30日は旧暦では大晦日とされるために、一夜飾りと同じ意味である、29日は(二重苦)に通ずるから、門松などは28日までに飾るのがよい」と言われています。
しかし本当の意味は、「新しい年の歳神様が、31日の早朝に、その家に来られる」からです。
ですから31日の昼間や夜に飾ったのでは、間に合わないのです。
門松も松飾りも、歳神様(としがみさま)をお迎えするものです。
31日の早朝に歳神様が来られたときに、松飾りなどがない家には、「この家には、神を迎える意志はないのだな」と家の前まで来て下さっても、そこから家の中へは入られずに、そのままUターンして、お帰りになってしまわれます。
歳神様は、毎年変わられますので、このときに歳神様をお迎え出来なかったときには、その年一年、その家に歳神様はいらっしゃらないことになります。
心を込めてお飾りをし、素晴らしい新年を迎える準備をなさって下さい。

米津玄師、初紅白&初TV歌唱。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

抱えきれないほどのプレゼント

2018年 12月25日 - 日常

今日予定していた用事が叶わなかったため、今年中には必観と決めていた「ボヘミアン・ラプソディ」へ、遅ればせながら行ってきました。

伝説のロックバンド「QUEEN(クイーン)」のリードボーカルにして、史上最高のエンターテイナーと呼ばれたフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画です。
ひとりの男が才能の代償として孤独な人生を送り、そして居場所を見つけるまでの物語でもあり、そんな天才を見守り、愛した人々の物語です。
「ボヘミアン・ラプソディ」はフレディを軸に、バンド、孤独、人間関係、同性愛などすべてを網羅しているストーリーになっていますので、QUEENのファンじゃない方へもお薦めしたい作品です。
クリスマス当日、おひとり様での鑑賞でしたが、抱えきれないほどものすごく重いプレゼントを受け取った気がします。
観て良かった、楽しかった、感動した、と言葉で表現できない作品なんですが、この映画「ボヘミアン・ラプソディ」を一言でいうと〈愛〉ではないでしょうか。
〈愛〉の大切さと偉大さを伝えてくれて、フレディという一人の人間の人生ドラマ、QUEENというバンド、孤独、人種、同性愛、人を愛するということ、すべてがぎゅっと詰まっていて、さらにライブ・エイドの完コピとQUEENの名曲がフレディの声で聴ける素晴らしい作品でした。
最後のウェンブリーでのライブ・エイドの再現シーンでは思わず涙が出て、胸を打つ感動ものです。
もう一度観てみたい映画に、久しぶりに出会いました。
まだ観ていない方、ぜひ観て下さい。お薦めします。

東証急落、終値2万円割れ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

子供の純性を育むための話&歌

2018年 12月24日 - 日常

今夜はXmasEve。
日本のクリスマスは宗教心が伴わない年末恒例行事ですので何ら違和感はありませんが、法華坊主は仏教求道者ですから、今年はクリスマスコメントは差し控えましょう。

過般上京の折に、児童文学をこよなく愛し精通している仲良しの友人が上野の森にある「国立国会図書館国際子ども図書館」に連れて行って案内してくれました。
難しい施設名ですが、平成12年に設立されたわが国初の国立の児童書専門図書館だそうです。
当該施設・建物についてもお伝えしたいことがありますが、今回は、訪ねた時に開催されていた「『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち」(~2019年1月20日)についてお話します。
『赤い鳥』は、鈴木三重吉(すずきみえきち)が創刊した童話と童謡の児童雑誌です。
「蜘蛛の糸」などの広く読まれている童話や、「かなりや」のように今も歌い継がれる童謡を数多く世に送り出した『赤い鳥』は、今年で100年を迎えました。
この展示会では、『赤い鳥』の主宰者として、芸術的観点から児童文学の質の向上を目指した鈴木三重吉、童謡の発展に寄与した北原白秋(きたはらはくしゅう)など、『赤い鳥』で活躍した作家や詩人の作品を通して、『赤い鳥』が日本の児童文学史において果たした役割を紹介していました。
鈴木三重吉の目から見て低級で愚かな政府が主導する唱歌や説話に対し、子供の純性を育むための話・歌を創作し世に広める一大運動を宣言し『赤い鳥』を発刊したといわれています。
もともと童謡は文学的運動としてはじまり、当初は鈴木三重吉も童謡担当の北原白秋も、童謡に旋律を付けることは考えていませんでしたが、西條八十の童謡詩として掲載された「かなりや」に、成田為三の作曲した楽譜の付いた童謡掲載は大きな反響を呼び、音楽運動としての様相を見せるようになりました。
それまでの唱歌と違い芸術的な香気が高い詩、また音楽的にも従来の唱歌と違い単純な有節形式でない唱歌と異なる音楽に、人々は衝撃を受け大評判となったそうです。
今夜は「きよしこの夜」ではなくて、むかし歌った童謡を口ずさんではいかがですか?

テレ朝・玉川徹さん「徹子の部屋」に出演。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

心から安堵しています

2018年 12月23日 - 日常

昨夜のコールドムーン(Cold Moon)をご覧になりましたか?
英語圏では、満月を様々な名前で呼びます。
12月の満月はコールドムーンCold Moon(寒月)と呼ばれ、他にもLong Night Moon(長夜月)やOak Moon(オーク月)などと呼ばれることもあります。
寒空の白い月を眺めながら、この名前をつけたのではないかと思うほど、冬の澄み切った空には寒々とした真っ白な月が輝いていました。

天皇陛下は今日、85歳の誕生日をお迎えになられました。
陛下は会見で、第2次世界大戦では多くの人命が失われたこと、戦後の平和と繁栄が多くの犠牲と国民の努力によって築かれたことを忘れず、後世に正しく伝えていくことが大切だと強調され「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と。
平成7年の阪神・淡路大震災、同23年の東日本大震災など在位中に起きた災害を振り返り、「言葉に尽くせぬ悲しみを覚えます」と述べられました。
その中でも国民の間にボランティア活動など助け合いの気持ちや、防災意識が高まってきたことには勇気づけられると話し、災害時にも「規律正しく対応する人々の姿」に言及されました。
最後に国民への感謝の気持ちを伝え、民間から初めて皇室に嫁いだ皇后さまにも「私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心からねぎらいたく思います」との言葉を贈られました。
一日中、会見の様子をテレビで見たり、新聞掲載の全文を何度も読み返してみましたが、あり難いのひと言で、残された4ヵ月余りのご公務を無事おつとめなされますよう願ってやみません。

伊調が復活V、川井にリベンジ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

血行促進、冷え性緩和、風邪予防

2018年 12月23日 - 日常

お風呂に入っている間に0時を過ぎて、日付が(23日に)変わっちゃいましたね。

冬至(22日)の定番と言えば、昨日のカボチャ(既報済)とユズ湯です。
ユズ(柚子)はミカン科の常緑植物で、表面がでこぼこしていて大きなオオユズ、小ぶりのハナユズとがあります。
耐寒性に優れているので東北地方でも栽培され、かつてはユズの北限の産地として知られる福島市の信夫山が有名でした。
温暖化の影響で北へ北限が移動している(※岩手県陸前高田市で、ブランド化をめざす「北限のゆず」)といわれるなかで、冬の福島盆地特有の寒暖差によって育った信夫山のユズは、肉厚で酸味と香りが凝縮されたユズとして古くから食材として使われ、「ゆず飴」「柚子みそ」「柚子大根」「柚子まんじゅう」など、様々な工夫を凝らした商品が作られてきました。

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。
こうした語呂合せから、冬至の日にゆず湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。
昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。
冬が旬のユズは香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもあり、端午の節句の「菖蒲湯(しょうぶゆ)」も同様です。
また、ユズは実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。
もちろん、ユズ湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。
さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。
ユズ湯に入りながら「一陽来復」と唱えると、さらにハッピーになれるそうです。

東京タワー、明日で開業60周年。。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

人参、大根、蓮根、饂飩、銀杏、金柑

2018年 12月21日 - 日常

明後日(22日)は「冬至(とうじ)」です。
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん・・・など「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。
運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。
また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)、つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。
また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。
本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。
冬至には小豆とかぼちゃを煮た「いとこ煮」を食べるという地方もあります。
本来、いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから「いとこ煮 」と名付けられた料理なので、小豆とかぼちゃ以外の場合もあります。
かぼちゃなどの運盛りのほかにも、冬至の日の食べ物には、小豆(あずき)を使った「冬至粥」があります。
昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていますから、冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうというわけです。
冬至の準備Okですか?

将棋・羽生善治、27年ぶりの無冠。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の

2018年 12月20日 - 日常

サントリー美術館では、「扇の国、日本」展を観た時、檜扇こそが現在の扇子の祖先であることを知りました。
檜扇の後、紙に移行する段階で、扇の形のヒントになった物、それがコウモリです。
コウモリの羽の形を元にして作られた紙扇子、当初は蝙蝠扇(かわほり)と呼ばれていました。
蝙蝠扇は、記録を留める為によく使われていたと言われていますが、次第に心情を詠み、人に聞かせて楽しむ和歌をよみだし、花を挟み、お礼品や贈答品として届ける物になって行きました。
和歌に美しい句が多いのは、この為かもしれません。
この鑑賞をきっかけに、百人一首をもう一度思い起こしてみました。
百人一首を用いて行う競技かるたの世界を描いた「ちはやふる」や、「うた恋い。」といった漫画が、若い世代を中心に人気となっています。
今再び注目を集める、百人一首。
学生時代に勉強したり、お正月にかるたで遊んだ記憶がある方も多いのではないのでしょうか。
一般的に”百人一首”というと平安時代末期から鎌倉時代の初めに歌人である藤原定家が選んだ「小倉百人一首「」のことを指します。

法華坊主のお気に入りの一首は、77番歌です。
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ   崇徳院
訳すると「川瀬の流れが早いので、岩にせき止められる急流がいったん二つにわかれても、その先でまた合流するように、あなたとわたしも一度は別れても、いつかはきっと逢おうと思います」という意味です。
来年のお正月は、家族そろって百人一首を楽しんでみてはいかがですか。

IWC脱退、商業捕鯨再開?。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

民が黙れば民主主義は消える

2018年 12月19日 - 日常

上京していた時、福島では上映していない「華氏119(かしいちいちきゅう)」という映画を観る機会を得ました。
「華氏119」は、2018年にマイケル・ムーア監督が発表したドナルド・トランプ大統領を題材としたドキュメンタリー映画です。
タイトルは、2004年に公開されたジョージ・W・ブッシュ政権を批判した映画「華氏911」にちなみ、「119」はドナルド・トランプが第45代大統領が当選を確実とし勝利宣言をした「2016年11月9日」を意味しています。
トランプ大統領に対する批判を描いていると認識されがちですが、実際はアメリカの特殊な選挙制度や現在の経済状況、トランプを当選させたアメリカ社会に対し鋭く切り込んだ作品となっていました。

ドキュメンタリーは世界の今を知るためのとても素晴らしいツールのひとつですが、それが面白ければなおさらです。
マイケル・ムーア監督のドキュメンタリーは、「地味」「小難しそう」といったドキュメンタリー映画への先入観を取っ払ってくれました。
この映画を観ると、アメリカの今に日本の姿も重なる点が多々あることに気づかされます。
マイケル・ムーア監督がドキュメンタリーを通して私たちに訴えるのは、「民が黙れば民主主義は消える」ということではないでしょうか。

ソフトバンク上場、終値1282円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

扇、もっとも身近な美術品

2018年 12月18日 - 日常

「忙中閑(ぼうちゅうかん)あり」という言葉をご存知ですか?
「多忙を極める中にもわずかな暇はあるものだ」という意味です。
「忙しい中に暇を見出して満喫せよ」などのような意味合いで用いられることが多いようです。
ということで、師走の忙しい時期ではありますが、上京して現実を逃避してきました。
東京・六本木の東京ミッドタウン・ガレリア3Fにあるサントリー美術館では、「扇の国、日本」展を開催しています。
JR東日本「大人の休日倶楽部」の招待で、日本人が愛した悠久の扇の世界を鑑賞してきました。

日本で生まれ発展した「扇」の起源は早く、10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされという文献が残されています。
宗教祭祀や日常生活での用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて携帯できる「扇」は、貴賤を問わず、もっとも身近な美術品として親しまれてきました。
和歌や絵が施されたものは、贈答品として大量に流通し、また、人と人をつなぐコミュニケーション・ツールの役割も担ったそうです。
さらに、屛風や巻物、工芸や染織などとも結びつき、多彩な作品が生み出されていきました。
法華坊主も仕事柄、中啓・雪洞・桧扇といった「扇」を使用しますから、たいへん興味深く拝観してきました。

訪日客、過去最多の3000万人突破。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント