日常

悪い人たちがふたたび大集合

2018年 07月17日 - 日常

平成最後の夏、今日も猛暑(福島の最高気温35.7℃)の一日、前向きに過ごすことができましたか?。
昨日は上野の「エッシャー展」について記しましたが、昨日酷暑のなかエッシャー展に続いて観た「江戸の悪PARTⅡ」についてお話しましょう。
開催会場は、渋谷区神宮前にある「太田記念美術館」。
ここは、東邦生命保険相互会社会長などの重職を歴任し、実業界の大立者であった五代目太田清蔵氏(1893~1977年)のコレクションを基礎に、昭和55年(1980年)に開館した美術館です。
資料によると、肉筆浮世絵約500点、浮世絵版画約10000点、浮世絵関係の版本及び骨董品約200点、旧鴻池コレクションの扇面画約900点、さらに浮世絵研究家の長瀬武郎から寄贈された肉筆画と版画約650点で、総計12000点を超える大規模なコレクションを所蔵しているそうです。

公式HPによると、盗賊・侠客・悪女・ストーカーから悪の妖術使いまで江戸の「悪い人」たちがふたたび大集合。
2015年に当館で開催されて好評を博した同名の展覧会が、展示点数も約220点に倍増し、パワーアップして帰ってきます。
月岡芳年、東洲斎写楽、歌川国芳、葛飾北斎、歌川国貞-さまざまな浮世絵師たちが描いた悪人たちを大特集、と記されています。
1階と2階の展示室には、悪人が大集合していて、さまざまなタイプの悪人に出会えます。
特に入場してすぐの1階では、履物脱いで畳に正座して、悪人と対面することができます。
地下1階の展示室では、「恋と悪」「善と悪のはざま」 というテーマで悪人が紹介されていました。
どこか同情できてしまう悪人も少なからずいました。
当時の人たちは現実、虚構を問わず、「悪」の持つ魅力に好奇心を抱き、時に酔いしれたのですね。
歌舞伎・浄瑠璃はもちろんドラマや映画もそうですが、魅力的な悪役キャラって多いということを改めて、実感させられる展覧会でした。
さて国会に目を向けてみますと、西日本豪雨災害に乗じてカジノ法案や参院6増法案をごり押し可決成立を謀るアベ自民党は、魅力も好意もまったく感じられない「悪」の塊です。

林明子 原画展も観てみたい。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

奇想の版画家=視覚の魔術師

2018年 07月16日 - 日常

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で”ミラクル”な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。
実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、8つのキーワードを通じて紐解いていきます。
デジタル時代の今だからこそ、「版画」にこだわり続けたエッシャーの偉業を再認識できる貴重な機会となることでしょう。
【公式ホームページより】

今日、機会をいただいて酷暑の中ですが会場まで30分並んだ甲斐あって、上野の森美術館で「エッシャー展」を観てきました。
例えば、
1)魚が鳥に変化するトリックが楽しい作品。
この頃にはエッシャーはベルギーに拠点を移し、グラナダの『アルハンブラ宮殿』で強い感銘を受けたという、モザイク模様の研究を始めています。
2)多元的な視点が複雑に交錯する『階段の家』は、まさにエッシャー世界を象徴する“新しい遠近法”を代表する作品。
この作品に登場する奇妙な虫のような生物は、彼のほかの作品にも登場しています。
3)『上昇と下降』は“ペンローズの階段”と呼ばれる不可能図形をもとに描かれています。
右回りに移動する人々は階段を上り、左回りに移動する人々は階段を下り続けています。
永遠に終わらない上昇と下降、いつまで見ていても飽きない絵ですね。

“視覚の魔術師”とも称されるエッシャーは、「トロンプ・ルイユ(騙し絵)」の画家としては世界一の知名度を持つアーティストです。
建築をモチーフとした幾何学的な騙し絵や、無限回廊などの不思議な騙し絵を、誰もがきっと見たことがあるはずでしょう。
「気合い入れて観よ」と思うお伴と一緒ならば、極暑なんて克服できます。
今夏、貴方もぜひエッシャーにお会いしてみては如何ですか。

W杯、フランス5大会振り2回目の優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

涼を楽しむ風鈴

2018年 07月15日 - 日常

「風鈴の音色に涼を感じるこの頃・・・」粋な言葉ですね。
風に揺れて「ちりん、ちりん」と涼やかな音色を奏でる「風鈴」は、夏の風物詩。
風鈴の音色を聞くと、ふと涼を感じるものです。
暑い時期ですが、お気に入りの風鈴を軒先や室内の風の通り道につるして、爽やかに過ごすのも良いものです。
風鈴のルーツは、仏教伝来とともにもたらされた「風鐸(ふうたく)」です。
風鐸は、今の風鈴とは全く違う重い音色で、邪気を遠ざける魔除けの鐘としてつるされるものです。
今でもお寺の軒先などに見ることができます。
風鈴がいつから日本の夏の風物詩になったのかははっきりしませんが、江戸時代の浮世絵には、浴衣を着て涼んでいる美人とともに今と同じ形の風鈴が描かれています。
青銅製が中心だった風鈴ですが、江戸時代に入ると、ガラス作りの技術がもたらされ、ガラス製の江戸風鈴が作られるようになりました。
江戸の街にはたくさんの物売りがいて、売り声も高くにぎやかに売り歩いていましたが、「風鈴売り」だけは、風鈴の音色がよく聞こえるように声を上げずに売り歩いていたといわれます。

立正院の堂内にも、たくさん風鈴がつるしてあり、涼を楽しむことができます。
ぜひお参りください。

西日本豪雨、死者200人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今を懸命に正しく生きる

2018年 07月14日 - 日常

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、お正月と同じく重要な行事の一つとされています。
先祖の霊があの世から戻ってきて、また、天に帰っていくという日本古来の信仰と、仏教の行事が結びついたものとも言えましょう。
この盂蘭盆会はサンスクリット語の「ウラバンナ」の音訳で、「さかさまに吊るされた苦しみ」と言う意味です。

その昔、お釈迦さまの弟子(十大弟子)のひとりに目連尊者(もくれんそんじゃ)という方がおりました。
目連尊者は、神通力に長けていたので、ある時その神通力をもって、死んだ自分の母親がどこの世界に生まれ変わったかを覗き見てみました。
その結果、亡き母が餓鬼道(がきどう)に堕ちて苦しんでいるのを見いだします。
目連尊者は母を救うべく、自らの神通力をもって、母に飲食(おんじき)を与えようとしますが、たちまち紅蓮の炎となって母の身を包み、その苦しみをかえって増してしまいました。
そこで目連尊者は、母の救済法をお釈迦さまに問います。
するとお釈迦さまは、「母ひとりを救うだけでなく、多くの僧を集めて、彼ら修行者に飲食物を供養し、皆で祈るべきです」と教示され、雨季の終わる7月15日という日を選んで、これを実行し、ついに母を成仏させることができたといわれます。
これがお盆の由来です。
また日蓮聖人は、目連尊者のお話を紐解いて、『盂蘭盆御書』に「私たちが今を懸命に正しく生きることによって、私たちの父母も祖父母も、ひいては七代前のご先祖様も仏になることができ、さらには子や孫、七代先の子孫までも仏になることができる」と説かれております。
お盆は特定の先祖を供養するにしても、そのお心を仰げば仰ぐほど、大いなるご先祖様によって私たちのいのちが恵まれたことを知り、感謝する気持ちを思い出させる良い機会と言えるでしょう。

今日、福島も梅雨明け。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

先祖の霊が迷わないように

2018年 07月13日 - 日常

今日も東京日帰りしてきました。

お盆の行事のひとつ「迎え火」というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。
一般的には、盆入りの7月13日(または8月13日)の夕方に行われ、この日をお盆の迎え日とも呼びます。
お盆の迎え火では、一般的に「おがら」を用います。
おがらとは皮を剥いだ麻で、ホームセンターや花屋さん、スーパーなどで手に入ります。
本来は焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿におがらをのせて燃やし、焙烙がない場合は、耐熱の平皿を代用することもあります。
玄関先や庭で行うことが多いです。
おがらの他に、松明や藁、ろうそくを用いる場合もあります。
また地域によっては、お墓からの道すじにたくさんの松明を灯したり、河原にろうそくを並べたりするところもあります。
東京都などの都市部では、送り火を「またぐ」という文化があります。
焚いているおがらの上を3回またぐことで「病気から身を守ることができる」と考えられてきたようです。
今夜実行できなかったお宅では、8月のお盆でも「迎え火」「送り火」の風習がありますから、ふるさとに帰省した折に実践してみては如何ですか。

水害のドサクサに紛れ、与党法案審議。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お盆は先祖の霊を迎える日

2018年 07月12日 - 日常

東京は今、「お盆」の時季です。
法華坊主も、上京して「棚経」に出かけています。
一般的なお盆の期間は、8月13日から16日までですが、地方によっては違いがあり、7月に行われています。
一概に言えませんが、大きく言えば、7月にお盆を行うのは南関東(東京・横浜など)・静岡旧市街地・金沢旧市街地・北海道の一部地域(函館など)があります。
お盆は、先祖の霊を迎える日で、昔、亡くなった人は7月の15日に帰ってくるとされていました。
新暦では8月の半ばにあたるため、昔の季節感そのままにできるよう、8月半ばにお盆の行事を行うところがほとんどです。
盂蘭盆会の行事についてはあらためて紹介しますが、これが日本の祖霊信仰と融合し、日本独自のお盆の風習がつくられていきました。
日本で最初にお盆を行ったのは推古天皇で、今から1400年も前の飛鳥時代です。
長い間、貴族や僧侶だけが行う特別な行事でしたが、江戸時代に入ると、ろうそくや提灯が大量生産されたこともあって、一般の人にも定着していきました。

東京での夜、昨日は久しぶり❓に旧知の親しい友人と会食するという楽しい出来事がありました。
お相手はお酒を飲みませんが、話題が豊富で、僕の最終新幹線までの3時間、おおいに語り続けました。
過去のこと、現在のこと、将来のこと・・・などたくさん。
お盆とはまったく関係ありませんが、渡辺真知子の歌に「現在・過去・未来」で始まる「迷い道」という歌がありましたね。
法華坊主は、3番の歌詞が好きです。
「捨ててしまったわ/昔のプライドなんて/もしも許されるものなら/きっと生まれ変わる/まるで喜劇じゃないの/ひとりでいい気になって/扉を開けているの/今もあなたの為に/ひとつ曲り角/ひとつ間違えて/迷い道くねくね」

五輪聖火リレー、福島県からスタート。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

相手に対する思いやりや気持ち

2018年 07月9日 - 日常

今日も昨日に引き続き「お中元」の話をしましょう。
お中元で贈るものは、本来お盆のお供え物だったことから食べものが主流になりますが、先方に喜ばれることが大切なので、好みや家族構成などに配慮して選びましょう。
夏場は食べものの傷みが早いので、生ものや賞味期限の短いものは、不在期間にあたらないよう、事前に確認しておくと安心です。
また、目上の方に対しては、お金を贈ることと同様の金券類、踏みつけることに通じる履物類、勤勉を奨励する筆記用具や時計を贈るのは失礼だといわれています。
そんなつもりはなくても気にする方もいらっしゃるので、こうしたものは避けたほうが無難でしょう。

お中元で贈る品物として最低限、気を付けないといけないことは、贈った相手にとって有用な品物かどうかということです。
例えば、ビールが飲めない相手にビールをお中元で贈ったところで、贈られた人も消費に困ってしまうだけです。
これではせっかくもらったお中元も、あまりうれしくありませんね。
また、お酒だけでなく食べ物に関しても、相手の嫌いな食品やアレルギーなどにも気を付けておきたいところですね。
もちろん、お中元のマナーも注意しなければならない点ですが、お中元はその年の半年間の感謝の気持ちを示す為に贈るものなので、一番大切なのは相手に対する思いやりや気持ちです。
そこを怠ってしまうと、人によっては嫌がらせと受け取られてしまうかもしれません。
あるアンケート調査によると
第1位  お米
第2位  食用油
第3位  そうめん
第4位  お茶
第5位  ギフトカタログ  が人気だそうです。
ご参考にしてください。

聖光学院、強打で12連覇へコールド発進。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

感謝の気持ちを込めて、適時に

2018年 07月8日 - 日常

「暑中」とは、暑い最中と察しはつきますが、実は24節気の「小暑」=7月7日から大暑までのおよそ15日間と、「大暑」=7月23日から立秋までのおよそ15日間をさします。
この小暑と大暑を合わせたおよそ30日間が「暑中」です。
「暑中見舞い」はこの「暑中」の期間に出すものですが、梅雨の最中はさすがに的外れなので、梅雨明けが明けてから出し、立秋(8月7日ごろ)を過ぎたら「残暑見舞い」にして、8月末までに届くようにします。
また「暑中見舞い」は、暑中にお盆の供物や夏負けをふせぐ食べ物を持参して挨拶をする習慣が大正時代に簡素化され、挨拶状をやりとりするようになったものです。
お盆の供物を贈る習慣はお中元に変化していったため、お盆を過ぎると表書きを「暑中見舞い」とするわけです。
挨拶状を送る習慣は、親交を深めるツールとして発達していきました。

お中元は、古代中国の「三元」(さんげん)の行事に由来します。
中国の三教(儒教、仏教、道教)のひとつ道教では、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元と呼び、上元に天神様、中元に慈悲神様、下元に水と火の神様を祀る三元という風習がありました。
このうちの中元が、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びつき、お盆の供物を親戚などに届けるようになったのが、お中元の由来とされています。
やがて江戸時代になると、親類やお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈りものをする習慣へと変化し、定着していったのです。
お中元を贈る時期は地方によって異なります。
本来、中元は旧暦7月15日をさし、お盆のお供えものを贈っていた風習に由来するため、それをどう捉えるかで違ってくるからです。
最近は全国的に新暦で考えるところが増えていますが、新暦の場合は7月初旬から7月15日までです。
月遅れで考えるところでは、8月初旬から8月15日までです。
昨今では、暑中見舞いも7月に入るとすぐに、お中元に至っては6月中に届く場合もありますから、本義をよく考えて適切な時期に心を込めて送り届けることに心がけたいものです。

西日本豪雨、被害甚大。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

東の空を見上げてみては?

2018年 07月7日 - 日常

今日は24節気のひとつ「小暑(しょうしょ)」です。
暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、今回のように集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。
天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
暑さを乗り切るために、しっかり食べて体力をつけておきたいですね。
また、この頃は蓮の花が咲き始める頃でもありますから、少し風流に蓮観賞に出掛けてみるのもいいですね。
午後には花がしぼんでしまいますので、行かれる時は朝の早い時間がおすすめです。

そして今日は「七夕」でもあります。
七夕は五節句のひとつで、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といいます。
また、笹を用いて行事をすることから、別名「笹の節句」と呼ばれています。
七夕は、中国伝来の【七夕伝説】と【乞巧奠(きっこうでん)】に、日本古来の【棚機つ女】の伝説や、【お盆前の清めの風習】などが結びついて、現在のようなかたちになりました。
「乞巧奠」が七夕の節供に変化していきましたが、もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。
七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女」の伝説に由来します。
「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。
そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。
御地の今夜は、天の川が見えますでしょうか。

高校野球福島大会、きょう開幕。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ロマンチックな織姫と彦星の星物語

2018年 07月6日 - 日常

日本列島を低気圧が通過し、梅雨前線の活動が活発になっています。
ところによっては大雨特別警報が発表され、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

明日は「七夕」です。
七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。
明日の新暦7月7日はまだ梅雨のさなかで、星空もよく見えないでしょう。
旧暦の七夕は夜空もきれいですから、月遅れで東の空を見上げてみてはいかがでしょう。
天の川に輝く琴座の「ベガ」が織姫(織女星)で、鷲座の「アルタイル」が彦星(牽牛星)。
この2つの星と白鳥座の「デネブ」を結んだものが「夏の大三角形」と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。
白鳥座は、二人の橋渡し役となる「カササギ」です。
さて二人の星物語について話を進めると、天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。
織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。
そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかりで、これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。
こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。

オウム真理教・麻原元代表ら7名、死刑執行。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)