あなたのソバがいい

2018年 11月20日 - 日常

「信州信濃の蕎麦(そば)よりも あたしゃあなたの傍(そば)がいい」という都々逸をご存知ですか。
蕎麦は、産地によって異なりますが、夏から秋に収穫されます。
いずれも収穫したては新蕎麦ですが、一般に「新蕎麦」といえば、秋に収穫された蕎麦をさすことが多いようです。
緑がかった美しい色で、香りも良い秋の新蕎麦は、江戸の頃から人気の品でした。
新蕎麦は秋の季語でもあり、様々な句に詠まれています。
「道のべや 手よりこぼれて 蕎麦の花」 蕪村

蕎麦は種をまく時期によって「夏蕎麦」と「秋蕎麦」に大別されますが、一般には蕎麦は秋に収穫され、秋の新蕎麦を略して「秋新(あきしん)」と呼びます。
10月末ごろから出回る新蕎麦は、香り、色、味が優れ、粉に挽いても、貯蔵状態が良ければ変質しにくいという特徴があります。
蕎麦は、白米や小麦粉に比べて良質なたんぱく質を多く含みます。
ビタミンB群やミネラルも豊富で、食物繊維も豊富に含まれています。
大きな特徴としては多量の「ルチン」を含みます。
ルチンはポリフェノールの一種で、 毛細血管を強化し、血管を拡張する事で血流を良くする作用がありますし、記憶細胞の保護・活性化にも有効といわれています。
蕎麦を常食とする山村に長寿の方が多いといわれるのは、このような蕎麦の栄養が一役かっているのかもしれません。
認知症予備軍の法華坊主も、蕎麦の効力で今季を乗り切りましょう。

ゴーン会長逮捕で、株価下落。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です