日常

今夜のお月様は満月。

2021年 10月20日 - 日常

八月の満月 | 銀座四丁目診療所 ブログ

今夜のお月様は満月です。
きょう20日23時57分頃に満月の瞬間を迎えるようです。
アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前をつけていました。
10月は「狩猟」を始める頃にちなんで、この時期に見える満月をハンターズムーン(狩猟月)と呼んでいたとか。
同じまるい月でも、季節感が感じられますね。

 

阿蘇山で噴火が発生。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

冬の足音が聞こえてきています。

2021年 10月18日 - 日常

きょう18日午前7時半ごろの吾妻山は、白く雪化粧していました。
福島地方気象台は18日、吾妻山で「初冠雪」を観測したと発表しました。
初冠雪は平年より8日・去年より7日早くなりました。
福島県内にも冬の足音が聞こえてきています。

2021年、2022年の「十三夜」はいつ?十三夜の読み方、お月見の由来 ...

今夜の月(十三夜=じゅうさんや)をご覧になりましたか?
十三夜とは、昔使っていた月の満ち欠けをもとに1か月の日付を決める太陰太陽暦(旧暦)の9月13日の夜を指し、この日に見える月は旧暦の8月15日(十五夜)に出る月(中秋の名月)と並ぶ名月とされています。
平安時代に中国から伝わったとされる十五夜の月を愛でる風習とは異なり、十三夜の少し欠けた月を愛でる風習は日本独特のものと言われています。
また、十三夜の月は、十五夜の月(中秋の名月)とセットで呼ばれることも多く、旧暦8月の十五夜の月を「前の月」、9月の十三夜の月を「後(のち)の月」と呼んだり、2つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼ぶこともあります。
そして、片方しかお月見を行わないことは「片見月(かたみづき)」と呼ばれ、縁起の悪いものとされています。

 

小室圭さんが秋篠宮邸へ、長髪バッサリ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

明日は平日なのでご注意!

2021年 10月10日 - 日常

雑務に追われ、さらには緊張の紐が緩むと、いろんなこと忘れてしまいますね(笑)。
8日は24節気のひとつ「寒露(かんろ)」でした。
寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことです。
秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになり、この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。
露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。
この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。
夜には月も美しく輝いて見えますから、空を見上げてみてはいかがでしょう。
これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に出会えるはずです。

10月11日は「平日」です 五輪で祝日移動、注意を:東京新聞 TOKYO Web

そして、明日はご注意!
カレンダーでは10月11日が「スポーツの日」で祝日になっていても、実は平日なのでご注意ください。
政府広報室が、公式ツイッターでこんな呼び掛けをしています。
東京五輪の開催に伴い、スポーツの日を開会式の7月23日に移動させたためです。
しかし、印刷の修正が間に合わなかったカレンダーや手帳が多く流通しています。
今年に限り祝日を移動する改正特別措置法が昨年11月末に成立し、スポーツの日は開会式の7月23日に、7月19日の「海の日」は開会前日の同22日に移りました。
8月11日の「山の日」も閉会式の同8日に、9日は振り替え休日となりました。
ですから、明日10月10日のカレンダーが赤字(祝日)でも、学校や会社に登校・出勤してくださいね。

熱海・土石流から100日目。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

外国人技能実習生の失踪映画。

2021年 10月7日 - 日常

今日は午後、時間を作って久しぶりに映画を2本観てきました。
最初に観た「海辺の彼女たち」は、世界第4位の移民大国・日本における外国人技能実習生の失踪問題を扱った作品です。

海辺の彼女たち : ポスター画像 - 映画.com

ベトナムからやってきたアン、ニュー、フォン。
彼女たちは日本で技能実習生として3カ月間働いていましたが、ある夜、過酷な職場からの脱走を図ります。
ブローカーを頼りに、辿り着いた場所は雪深い港町で、不法就労という状況に怯えながらも、故郷にいる家族のため、幸せな未来のために懸命に働き始めます。
藤元明緒監督が眼差しを向ける日本の一面を、私たちはしっかりと認識しておかなければなりません。
夢と希望に胸を膨らませて日本に来たはずなのに、法律も守らないような職場で長時間労働させ、賃金もまともに払わないなんて事実なんだろうが悲しくなります。
実習生の人たちが日本を嫌いにならないで欲しいと願います。
そして、3人のベトナム人技能実習生を演じたのは、ベトナムでのオーディションで選ばれた俳優たちだそうですが、これはドキュメンタリーではないのか?と錯覚してしまうほどの圧倒的なリアリティーがありました。
特にフォンという女性が、無音の中で重い決断を下すラストシーンは・・・。

 

埼玉・東京で震度5強。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

禁断の果実=イチジク。

2021年 10月6日 - 日常

今日お訪ねしたお寺さんで、境内に実った「イチジク」を生食でご馳走になりました。

イチジク】剪定の基本を庭師が伝授 | 庭.pro(ニワドットプロ)

イチジクは、アラビア地方が原産で、わが国には江戸時代に入ってきています。
一日に1果づつ熟すことから「一熟」がなまって「イチジク」になった説、中国名の「インジェクフォ」から由来、「イヌビワ」(別名コイチジク)から由来した説があります。
イチジクを漢字で書くと「無花果」で、花が咲かずに実を結ぶことから来ていると思われるが、じつは「花だけの果実」です。
イチジクの木は古くから世界各地で生命の木、知恵の木とされていました。
イチジクは果物の中でも歴史が古く、地中海沿岸地方には、西暦紀元前から栽培が行われていた記録が残っています。
エジプトでは第12王朝時代(紀元前2400~2200)の彫刻にすでに見られるイチジクですが、紀元前2000年以上前から栽培されていたとされ、アダムとイブが腰に当てて裸を隠したことは有名です。
ギリシャ神話でも女神デメテルがイチジク栽培を伝え、名付け親だといわれています。
また、ローマ、ギリシャ、オリエントに至る地域では実がたくさんなるということから、多産・繁殖のシンボル、「知恵の木の実」と呼ばれ、多く栽培され、現在世界的に見ても多く栽培している地域です。
そんな、ちょっぴり謎めいた魅惑の果実・イチジクは、低カロリー(100gあたり54kcal)で栄養的に見ても魅力たっぷり。
美容・健康に役立つ栄養豊富で、身体にも嬉しいイチジク。
特に旬の今しか食べられないフレッシュなイチジクは、まさに禁断(?)の美味しさ。
ぜひ、この機会に味わってみてはいかがですか?

真鍋淑郎さん、ノーベル物理学賞。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

治まる御代に神様の めぐみ仰ぐや村祭り。

2021年 10月1日 - 日常

きょうから10月、今年も残り3ヶ月です。
10月は、八百万(やおよろず)の神様が人々の運命を話し合うため、全国から出雲の国へ出かけることから、和名を「神無月(かんなづき)」といいます。
神様をお迎えする出雲では、「神在月(かみありづき)」といわれています。
気候は、朝晩の冷え込みがはっきりし露が冷たく感じられる頃、五穀の収穫もピークを迎え、各地で収穫を感謝する「秋祭り」が開かれます。
田の神様は、収穫が終わると山へ帰って山の神様になり、春になると里へ降り、田の神様になるといわれています。
秋祭りでは神様も人々とともに祭りを楽しむとされ、もてなしのために音楽や踊りを披露するようになりました。
神楽、田楽、能などは、こうした祭りから生まれたものです。
日本は古くから稲などの穀物が豊かに実る国として行事や習わしが受け継がれてきました。
昨年来、新型コロナウイルスのまん延により、秋のお祭りや行事が中止や縮小になって寂しい限りですが、来年こそは!の思いを持って、心折れることなく一歩一歩前に進みましょう。

神無月/かんなづき - 語源由来辞典

小生の拙いブログ「法華坊主の独り言」にお付き合いくださる皆さん、ありがとうございます。
ここまでは、なるべく多くの機会に、できれば毎日欠かすことなく、独り言をお届けしようと努めてきましたが、少々疲れました。
これからは無理せずに、思い起こすことをその時に、お伝えしたいことをその都度に、適時ブログることといたします。
少しサボっているとお叱りを受けることを承知で、今後も細々と続けていきますのでよろしくお願いします。
今月迎える誕生日で、法華坊主も満64歳になりますから・・・(笑)

 

岸田総裁の自民党、新体制が発足。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋を代表する味覚「栗」。

2021年 09月30日 - 日常

秋を代表する味覚、「栗(くり)」。
一般的に生で食べられることがないので間違えられやすいのですが、野菜ではなく木に実る果物です。

栗の木には雌花と雄花があり、受精した雌花が実をつけます。
もともと雌花にはトゲがあり、これが実をつけたときにイガになります。
イガは他の果物でいう皮に当たり、その中にある栗が果肉と種です。
一般的に栗の皮だと思われている鬼皮が、他の果物の果肉にあたる部分。
表面の皮(鬼皮)だけむいた渋皮つきのものが種。
雌花にあるトゲの部分は総苞(そうほう)といい、その中には将来、種となる子房が、通常3つずつ入っています。
受精すると総苞はイガになり、子房が栗となります。
そのため、一般的な品種ではイガの中に3個の「3つ栗」です。

山形県の巨木 大井沢の大栗

「桃栗3年、柿8年」といわれているとおり、栗の木は成長が早く、すぐに大きく育ちます。
樹齢20年で幹の太さが20センチメートルから30センチメートル、樹齢100年では太さが1メートルを超える巨木にまで大きくなるとか。
「全国巨樹・巨木林の会」の調査により、日本一の木と確認されたのは、山形県西川町にある「大井沢の大栗」です。
樹齢は300年以上と推定され、一説には800年ともいわれていて、高さが15メートル、幹まわりが8.5メートル(断面を円形とすると太さ2.7メートル)にもなる巨大な木です。
大井沢の集落には、出羽三山への宿坊の一つとして栄えた名残か、 今でも複数の民宿が営まれていて、温泉施設(大井沢温泉・湯ったり館)もあります。
北に月山、西に障子ヶ岳や天狗角力取山、南に大朝日岳、名峰に囲まれた山里の宿場です 。
大井沢は、大栗の見学と名峰への登山を合わせた宿泊地として、最適な場所ともいえるでしょう。

 

甘利幹事長、高市政調会長、福田達夫総務会長。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

3種の交配によって誕生した赤梨。

2021年 09月29日 - 日常

親しい友人の御仏前にお供えしていただこうと思って、お彼岸前に送った梨の礼状が届きました。
バカのひとつ覚えで、福島県産の果物に優るものは無し!との思いからいから「あきづき」を選定しました。

粟野果樹園 梨 あきづき5キロ箱(8玉) - 干し芋の通販。茨城県産の平 ...

「あきづき」は2001年に品種登録され、「新高」「豊水」「幸水」の3種の梨の交配によって誕生した赤梨です。
幸水の甘み・豊水のジューシーさ・新高の日持ちの良さを併せ持ち、さらにその見た目の美しさから、梨生産者があつまる品評会でも高い評価を受け、「梨の完成系」という呼び声も高い梨です。
500gはあろうかという大玉はずっしりとした重量感で、赤茶色の果皮にナイフを入れると果汁が滴るほどジューシー。
果肉は緻密で、ほどよいシャキシャキ感とやわらかさが一体となった理想の食感。
糖度も12~13度と高糖度で酸味が少ないため甘みを強く感じられ、口の中が甘い梨のジュースで満たされます。
鼻に抜けるフルーティーな香りも他の和梨にはない、「あきづき」ならではの魅力です。
梨はそれぞれ甘味や食感で個性が分かれている果物で、品種は50種類以上もあると言われています。
しかし、全国で出回っている梨の7割が「幸水」と「豊水」だそうで、もしかしたらそれ以外の梨を食べる機会は少ないのではないでしょうか。
ぜひ、フルーツ王国・福島産の梨を召し上がれ~。

 

岸田文雄前政調会長、自民党新総裁。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

それってもしかすると・・・かも。

2021年 09月28日 - 日常

自粛生活により在宅の機会が増えたことで、例年にはなかった思わぬ症状を抱える人が増えているそうです。
体の休息はできているはずなのに、なんだか疲れがとれない、肩や腰が痛い、頭痛がする、めまいがする、眠れない、倦怠感、イライラ・・・。
それってもしかすると「寒暖差疲労(かんだんさひろう)」かも。

元気なし|疲れた|疲労 - 人物イラスト|無料素材
室内外などで大きな気温の変化があると、体温を維持するために必要な「自律神経」の働きが必要以上に活発になり、普段以上にエネルギーを消費してしまいます。
その結果「自律神経」が疲弊してしまい、寒暖差に体がついていかない状態となることを「寒暖差疲労」と言うそうです。
暖かい屋内から気温の低い屋外へ出る場合や、昼間と夜間の寒暖差が激しい季節の変わり目などは、とくに「寒暖差疲労」が蓄積されやすいので注意が必要です。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大により在宅時間が増えたことで、例年以上に寒暖差に弱くなっているという人が増えていると言われています。
普段の生活のなかで自律神経を鍛えることができていた例年とはちがい、自粛生活によって知らず知らずのうちに寒暖差に弱くなってしまいがちな今年は、意識的な運動や温活で心身のバランスを整え、疲労を溜めない生活を心がけましょう。
不死身と思って過信していた法華坊主も、満身創痍の今秋です。

 

櫻井翔&相葉雅紀、結婚をW発表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の七草は、すべて花。

2021年 09月27日 - 日常

秋の七草の名前、ぜんぶ言えますか?
秋の七草とは、萩(ハギ)・尾花(オバナ)・葛(クズ)・撫子(ナデシコ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・桔梗(キキョウ)の7つの花です。
春の七草は、1月7日にお粥に入れて食べます。
地方により七草の内容が異なることもありますが、初物(はつもの)の野菜で栄養を補い、胃腸を休め、無病息災を願うという気持ちがこもっています。
対して秋の七草は、すべて花です。
尾花と呼ばれるススキも花の一種で、姿を愛でて、過ごしやすい季節の到来を喜ぶものです。
夏の暑さが一段落した秋の好天気に自然の中へ出かけてみませんか?
きっと身近に秋の七草があるはずです!

ススキのなびく風景。 - 気ままな趣味の散歩道

奈良時代に決められた秋の七草ですが、昭和になってから新しい秋の七草を選ぶという試みが2度行われ、それぞれ新しい秋の七草が選ばれました。
1度目は1935年に東京日日新聞社(今の毎日新聞社)が提案し、著名人7人に依頼、ひとり1種ずつ挙げてもらって秋の七草としたらしいです。
その「新・秋の七草」は、劇作家・小説家の長谷川時雨が選んだ葉鶏頭(ハケイトウ)、小説家・菊池寛が選んだ秋桜(コスモス)、歌人の斉藤茂吉が選んだ彼岸花(ヒガンバナ)、俳人・高浜虚子が選んだ赤まんま(イヌタデ)、植物学者の牧野富太郎が選んだ菊(キク)、歌人・与謝野晶子が選んだ白粉花(オシロイバナ)、作家・永井荷風が選んだ秋海棠(シュウカイドウ)で、ちょっとバラバラな印象かな。
その後、平成~令和の世までまったく続いてないのもうなずける感じですが、作家と花のイメージをひとつひとつ追ってみると、面白いかもね。
さらに2度目は1980年に行われ、植物学者の本田正次博士らが、ホトトギス、ノギク、カルカヤ、ヒガンバナ、マツムシソウ、ワレモコウ、リンドウの7つを選びました。
秋の七草は、時代による花の開花時期や人気の変化を表しているのかもしれませんね。

 

大谷10勝目ならず、偉業はお預け。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント