日常

平成最後の満月。

2019年 04月19日 - 日常

今夜(19日)は、平成最後の「満月」です。
コニカミノルタの「星空ナビ」によると、ネイティブアメリカンたちの間では4月の満月を「ピンクムーン」と呼び、見ると「恋愛運が上がる」「幸せをもたらしてくれる」なんていう言い伝えがあるんだそうです。
実際に月がピンク色になるわけではありませんが、桜などピンクの花に馴染みが深い私たちにとっても「ピンクムーン」という名前は今の時期にピッタリなネーミングに感じますね。

一方、満月の日に頭痛や寝付けない、などの不調を感じる人もいるようです。
「今夜は満月!引力の影響で頭痛がしたり、自律神経が乱れてイライラしたり、眠れなくなる可能性大」
「やっぱり今日は満月だからか体がだるおも」
「不思議だけど、満月休暇欲しいくらい心身の体調に不調感じるんだよなぁ」
これは、満月の日には強い緊張が生じるためです。
もし満月が引き起こす強い「緊張」にあなたの体が反応しているのだとすれば、それはあなたがそれだけ月の力に敏感だということです。
そのぶん、月の様々なパワーをしっかりと受け止められる人だという証拠でもあります。
月は地球に最も近い場所に位置する天体。
海の水ほどの質量のモノを引力で動かしてしまうのですから、その地球への影響力は計り知れません。
月灯りと共に暮らしてきた昔の人たちほど月の満ち欠けを意識しなくなった私たちにも、その力はきっと及んでいるはずです。
日々変化するその影響力を知れば、その力を活かすこともできます。
そして何より、必要以上に自分の力だけで頑張りすぎることもないのだと気づくことができます。
月の影響力を知るということは、少し謙虚な気持ちで毎日を幸せに生きるということにもつながるのです。

博多大吉・赤江珠緒、芝生で添い寝デート?。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

親謁の儀に思う三種の神器。

2019年 04月18日 - 日常

天皇皇后両陛下は伊勢神宮での退位に向けた儀式「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれました。
18日午前10時半前、衣食住や、すべての産業の守り神である「豊受大神」を祭る外宮を参拝し、午後は皇室の祖とされる「天照大神」を祭る内宮を訪れ、30日の退位を報告されました。
参拝にあたり、歴代の天皇が受け継ぐ「三種の神器」のうち「剣」と「勾玉(まがたま)」を持参され、侍従によって運ばれました。

三種の神器とは、天皇の位のしるしとして相伝された三種の宝物、すなわち八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の総称です。

三種の神器になぞらえた「新三種の神器」は、新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴とも言われます。
古いところでは、1950年代後半の「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」が、一般によく知られた物ではないかと思います。
その後、1960年代半ばには、新三種の神器として、「カラーテレビ・クーラー・車」が宣伝されました。
現在、新三種の神器と言われている物は、「ロボット掃除機・全自動洗濯乾燥機・食器洗い機」だそうです。
どの時代であっても、結局はメーカーの宣伝に踊らされることなく、自分に本当に必要な物かどうか、慎重に判断する必要があると思います。

五輪チケット、申込は5月9日開始。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

土旺用事(どおうようじ)

2019年 04月17日 - 日常

今日から(~5月5日)、春の土用です。
土用という言葉でまず思い浮かぶのは土用の丑の日。
土用の丑の日と聞くと多くの人は夏の暑い日にうなぎを食べることを連想するのではないでしょうか。
ところで、土用は夏だけではなく春夏秋冬のそれぞれに年4回あります。
また、昔からの言い伝えで土用の期間は土いじりをしてはいけないとされています。
土用の正式名称は「土旺用事(どおうようじ)」、略して土用と称するのが一般的です。
土用は陰陽道によるもので、具体的には立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間、を指しています。
古来、土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われてきました。
なぜでしょうか?、こちらについてもは陰陽道が影響をしているようです。
陰陽道の神の中の一人に土公神(どくしん・どくじん)という神様がいます。
土公神は土を司る神様で、土用の期間は土を支配するとされていたため、土公神が土を支配している期間は土いじりをしてはいけないと言われています。
現在でも建築関係では土用の期間は土を掘り起こすことを避ける場合があるようで、もっとも土用の期間に入る前に着工して既に土をいじっている場合は、土用の期間に入って土いじりを継続しても良いと言われています。

季節の変わり目でもある土用の期間は、体調を崩しやすかったり、精神的に不安定になったりするので、昔の人々の言い伝えを信じ、静かにゆっくり過ごすのも良いのではないでしょうか。

ルパン三世・モンキーパンチさん逝く。 法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

伊達家の家紋 ”竹に雀” 

2019年 04月16日 - 日常

昨日から仙台に来ています。
毎日11日に有志と共に東日本大震災の被災地を巡って「供養と祈願」を続けていますが、今月は諸般の事情により一週間のお遅れてのお参りとなりました。

仙台といえば「笹かま」。
蒲鉾の歴史は大変古く、平安時代にまでさかのぼりますが、 今日広く親しまれている「笹かま」の名前は、仙台伊達藩時代からになります。
当時は魚が大漁で取れ過ぎてしまうと、新鮮なうちに市場まで運びきることができませんでした。
そこでこの魚を何とかしようと、浜の漁師がヒラメの肉をすり潰して串に刺し、 平たく形づくって焼いて食べたところ、これが大変にうまかった! それ以来、生の魚よりも保存がきき、おいしいということで、広く食べられるようになったそうです。
この形が手のひらに似ていることから「手のひらかまぼこ」、 また舌のような形だということで「べろかまぼこ」など、いろんな名前で呼ばれていましたが、今では「笹かまぼこ」で統一されています。
これは笹の葉の形に似ている事と、伊達家の家紋 ”竹に雀” にちなんだ名前だそうです。
蒲鉾を含む練り物系が苦手な法華坊主ですが、時には一つぐらいお土産などという代物を買って帰りましょうか。

ノートルダム大聖堂、炎上。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

感性にあふれた美しいことば。

2019年 04月15日 - 日常

福島の桜は満開で、今が見頃です。
昨日の休日も各地でお花見が催されていました。
桜は古くから親しまれており、私たちの暮らしの中に深く根付いています。
春の気候や情景を表すことばにも「桜」が使われているものがたくさんあります。
古くから「花見」といえば「桜」の花を見ることを意味したように、日本人にとって桜は特別な花です。

桜の花の様子をあらわすことばには種々あります。
例えば、「こぼれ桜」。
桜の花が満開で、まるで地面にこぼれ落ちたように見える様子のことで、桜の花びらを散らした模様を指します。
また「花吹雪」は、満開の花、特に桜の花びらが風に吹かれて舞い散る様子が、まるで雪が吹雪いているように見えることから生まれたことばです。
「花明かり」は、桜の花が満開で、闇の中でも辺りをほんのりと明るく照らしているように感じられる様子を言います。
「花筏(はないかだ)」は、水面に散った花びらが筏のように流れていく様子を言います。
さらに「花の浮橋」は、水面に散った花びらが橋のように集まっている様子を言います。
日本人らしい感性にあふれた美しいことばを会話の中でさりげなく使えると素敵ですね。
ついでにもうひとつ。
「花より団子」は、きれいな桜の花を見るより、花見団子を食べたほうが良いというところから、「風流を理解する心がないこと」や「名誉よりも実利を優先する」などという意味で使われますからご用心。

11年ぶりメジャー制覇、ウッズ優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

46点ある「三十六景」。

2019年 04月14日 - 日常

映画と読書の回数はカウントが上がりませんが、美術館巡りはそこそこです。
先日、上京の折に太田記念美術館を訪ねました。
ここは、東邦生命保険相互会社会長などの重職を歴任し、実業界の大立者であった5代目太田清蔵(1893~1977年)のコレクションを基礎に、1980年(昭和55年)JR原宿駅そばに開館しました。

今年は、葛飾北斎(1760~1849)が嘉永2年(1849)4月18日に亡くなってから、ちょうど170年の節目の年にあたり、それを記念して「北斎―富士への道」と題し、生涯のテーマであった富士山を北斎がどのように描き続けたかをご紹介(前期 ~4月29日、後期 5月3日~5月26日)しています。
「冨嶽三十六景」は、富士山を日本全国のさまざまな場所から描いたシリーズで、天保2年(1831)頃に制作されました。
題名に「三十六」とありますが、売れ行きがあまりに好評だったため、10点が追加され、全部で46点となっていることをご存知でしょうか。
その中でも世界的に有名なのが、「グレート・ウェーブ」こと「神奈川沖浪裏」でしょう。
山のようにせり上がった波が崩れ落ちようとする瞬間を見事に捉えており、この迫力ある波の描写は、一朝一夕で出来上がったものではなく、波の動きを丹念に観察し続けた北斎の努力によるものであることが、理解できます。

安倍総理、前五輪相辞任後 被災地を初視察。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ふくしまものがたり

2019年 04月13日 - 日常

福島市出身の日本画家・斎正機(さいまさき)さんの作品展「斎正機の世界展~ふくしまものがたり~」は、福島市のとうほう・みんなの文化センターで開催しており、明日(14日)閉幕されるのを前に、独り観でしたが今日の閉館間近にお訪ねしました。

齋正機さんは、1966(昭和41)年福島県に生まれ、県立福島東高校卒業後、1992(平成4)年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業し、1994年に同大大学院を修了し、現在は日本画家として多くのファンに支持されています。
今回の展覧会は、作家の出身地福島県で、初めての大きな回顧展として初期の作品から最新作までの約100点を展示し、齋さんの多才さを紹介しています。
斎さんにとって初めての大規模な作品展では、鉄道の風景を描いた「鉄道シリーズ」や、子どもたちに温かいまなざしを向けた「子どもシリーズ」、2011年から手掛けている東邦銀行のカレンダー原画など約百点を展示されていました。
いつものような親しいお伴はなく独り観でしたが、隠れた逸材はあちこちにおられるものなのですね。

なつぞら、今朝の草刈おんじカッコイイ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

西洋で日本美術品を商った初めての日本人。

2019年 04月12日 - 日常

「林忠正」という方をご存知ですか。
林忠正(1853-1906)は、西洋で日本美術品を商った初めての日本人です。
日本でフランス語を習得し、1878(明治10)年のパリ万国博覧会を機に通訳として渡仏しました。
折しも日本の美術・工芸品が大きな人気を博していた時代、万博終了後もパリに留まる決心をした林は、当地でそれらを商う店を構えます。
林が日本から直接仕入れた絵画や工芸品そして浮世絵などは、彼が提供する商品に関する該博な知識と共に、西洋の日本美術愛好家たちに熱心に受容され、ジャポニスム隆盛の大きな原動力となりました。

「林忠正―ジャポニスムを支えたパリの美術商」展が、国立西洋美術館・版画素描展示室で開催(~5月19日)されており、本展を紹介してくれた方と共に観てきました。

各地で開催された博覧会への参加や自身の美術商としての活動を通じて、日本の美術・工芸品の紹介に尽力する一方、現地で美術館がもつ文化的役割の重要性を認識していた林は、日本での美術館建設を夢見て、同時代の作家を中心とする西洋美術コレクションを少しずつ充実させてゆきました。
国立西洋美術館のコレクションの中核を形成した松方幸次郎に先立つこと実に25年前、林はすでに西洋美術館建設を構想していたのです。
しかしその構想は、林の帰国とその早すぎる死によって実現することはなく、彼のコレクションも生前・没後の数回にわたる売り立てによって散逸を余儀なくされました。
この展覧会は、林忠正の孫の夫人で歴史作家の木々康子氏の所蔵品を中心に、万博などとの関わりや、日本そして西洋の美術・工芸品を介して培われた交友、さらにはコレクションがたどった運命に注目し、林忠正の生涯にわたる活動を概観するものです。
林は、浮世絵をはじめとする大量の日本美術・工芸品を国外に流出させた人物として、ときに批判的に語られることもありますが、「芸術を介した日欧文化交流に尽力した林の功績を再考する機会となれば幸い」と主催者は呼び掛けています。

福島産など韓国禁輸、WTO逆転敗訴。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

いじめのない学校へ。

2019年 04月11日 - 日常

新年度を迎え10日あまりが過ぎ、ピカピカの一年生がランドセルを背負って登校している姿を見かけます。

そこで考えてみましょう。
友だちから悪口を言われたり、意地悪されたりしたら、悲しくなりませんか。
同じことをあなたが誰かにしたら、その子をすごく悲しい思いをするはずです。
嘘をつかれたり、ぶたれたり、他の人からイヤなことをされるのは、みんな嫌いなのです。
あなたが誰かにされて「イヤだな」と思うことは、みんな「イヤだな」と思います。
だから「自分がされたくないことは、人にもしていけない」と、お釈迦さまはそう教えています。
自分が意地悪されたからといって、悔しくて他の人に八つ当たりしてもいけません。
お釈迦さまは「我が身に引き比べて、暴力や争いによって人を傷つけることはやめなさい」と繰り返し説いています。
もし、言葉によるいじめや乱暴な振るまいが見られたら、相手の気持ちになって考えること=すなわち「思いやり」の大切さを教えなければなりません。
全ての学校から、いじめや暴力がなくなることを願っています。

人類初、ブラックホール撮影成功。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春を待つ歌は別れに彩られる。

2019年 04月10日 - 日常


預けし 我が心は 今でも返事を待っています
どれほど月日が流れても ずっと ずっと待っています
それは それは 明日を越えて いつか いつかきっと届く
春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く ♫ 

ユーミンが書いた「春よ、来い」は、誰もが聴いたことがある曲、文語が使われた美しい歌詞が特徴的です。
数々のCMタイアップを経て、今や音楽の教科書にも載っています。
この曲は歌詞には難しい言葉が使われているので、全て記憶されている方は少ないでしょう。

これは冬から初春にかけての歌ですが、今日のように桜の開花が過ぎても冷たい雪が降ると思わず口ずさんでしまいます。
今日、東京・国立劇場で開催された「天皇陛下御即位30年奉祝感謝の集い」でもユーミンが熱唱していました。

僕は、1番の歌詞より2番の歌詞が好きです。
1番は君との別れの前、2番は君と別れた後を歌っています。
かなりの年月が流れたことが推測できますが、それでも「君」を愛し待ち続けているのです。
2番は1番と異なり、平易な言葉で語られているのは「君」を思う語り手の率直な気持ちでしょうか。
難しい文語が使われている分、分かりやすい言葉でストレートに書かれている部分が印象深く残ります。
1曲通して聞いたときに難しすぎる印象を与えないのは、ユーミンのバランス感覚が優れているからですね。

待ってました、総理が桜田五輪相を更迭。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント