日常

居るべき場所を見失わない。

2019年 06月20日 - 日常

我が家は、『朝日新聞』と地方紙『福島民報』を購読していますが、たまたま入手した今朝の『読売新聞』〈編集手帳〉に次のような記事がありました。

先日亡くなった作家の田辺聖子さんは、色紙にこう書いた。<もろもろの/恩かがふりし/ひとよかな>◇かがふるは受けるの古語で、人の世からたくさんの恩を受けたとの意味だが、この感慨にいたるには晩年までかかった。書きたいから受けた仕事なのに、結果的にはふりかかる火の粉を払わねばならぬという心に余裕のない毎日だったと、多忙な時代を振り返っている(『われにやさしき人多かりき』集英社文庫)◇この人も仕事に多忙をきわめたらしい。麻薬取締法違反で執行猶予付きの有罪判決を受けた、元俳優でミュージシャンのピエール瀧被告(52)である◇俳優業は超のつく売れっ子となり、脚本のセリフ覚えに忙殺される日々のなか、薬物の誘惑に逆らえなかったという。裁判官が判決の際に持ちだしただ被告の部屋の写真が話題になっている。そこには「人生」と揮毫された書が写っていた◇「電気グルーヴ」と改めるまでのバンド名が「人生」だったそうで、裁判官が再起を心から願うと異例の説諭をしたほか、バンド仲間らが支援の声をあげている。恩のかがふる人生を大事に生きてもらいたい。2019.6.20

裁判官は「これからあなたが復帰できるのか、いつ復帰するのかは分かりませんが、薬物がなくてもいい仕事ができる、薬物をやめ続けたと社会の人たちに思ってもらえることを、切に願います」とエールを送ったといいます。
瀧被告ばかりでなく、自分自身が居るべき場所を見失わない上での大切なことこそが、「人生」ではないでしょうか。

東京オリンピック開催まで400日。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

慰安婦をテーマにした話題作。

2019年 06月18日 - 日常

今日は、念願だった映画「主戦場」を観てきました。

「主戦場」は、日系アメリカ人監督ミキ・デザキが「慰安婦問題」をめぐる論争を様々な角度から検証・分析したドキュメンタリー映画です。
日韓関係に大きく影を落としている慰安婦問題。
デザキ監督は、慰安婦たちは性奴隷だったのか、本当に強制連行はあったのか、なぜ元慰安婦たちの証言は二転三転するのか、日本政府の謝罪と法的責任などの疑問を検証するため、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士/タレント)、杉田水脈(自民党政治家)、渡辺美奈(女たちの戦争と平和資料館)、吉見義明(歴史学者)、中野晃一(政治学者)、ユン・ミヒャン(韓国挺身隊問題対策協議会)、パク・ユハ(「帝国の慰安婦」著者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回って取材を行ったドキュメンタリー。
「承諾なく出演させられた。監督にだまされた」として、一部出演者が上映中止を求める事態も起きていますが、よくまあこれだけの否定論者を引っ張り出したなあと感心させられました。
肯定派と否定派どちらが正しいかは永遠にわからないですが、ひとつ言えるのは、慰安婦問題に限らず素直な謝罪と女性へのリスペクトがより当たり前の社会になって欲しいと願うばかりです。
多くの方にぜひ見てほしい「主戦場」は、現在フォーラム福島4で上映しています。

M6.7、新潟・村上は震度6強。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

梅雨に映える紫陽花。

2019年 06月17日 - 日常

昨日の上京の第一の目的は、浅草田圃・長国寺で開かれた「いきいきアジサイ祭」への表敬です。
このお祭りは今年で16回目の催しですが、年々盛大になっています。
期間中、長国寺では、「ほうろく灸祈祷会」を行っています。
頭のてっぺんのツボにお灸をすることで暑気(夏バテ)を封じるといわれます。
ほうろくをかぶり、お灸をしながらご祈祷を受ける江戸時代の行事を復活しています。
ご祈祷のあと参加者は身体健全の「あじさい守と木札」を受け、客殿でおいしい「薬膳きゅうり汁」をいただきます。

梅雨の頃に花が咲き始めるアジサイ。
一般に花と思われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのは萼(がく)。
土の酸性度によって花の色が変わり、一般には酸性が強いと青色、アルカリ性が強いと赤っぽくなり、咲き始めは薄く次第に濃くなっていきます。
アジサイは、ポジティブな花言葉「乙女の愛」「辛抱強い愛」と、ネガティブな花言葉の両面をもっています。
「移り気」「浮気」といったネガティブな花言葉は、土の成分によって花色が変わる性質に由来しています。
また色によっても違い、白色は「寛容」、青色は「忍耐強い愛」、ピンク色は「元気な女性」だそうです。

ストロベリームーン、雲に隠れて・・・。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

影の薄い「父の日」。

2019年 06月16日 - 日常

今日は「父の日」でした。
先月の「母の日」に比べて影の薄い「父の日」ですが、この「父の日」もアメリカで生まれました。
アメリカのジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ・スマート・ドット)が、南北戦争後、男手ひとつで6人の子を育ててくれた父への感謝の気持ちを表すため、「母の日のように父の日もあるべき」と1909年ごろから活動し、1972年にアメリカ国民の祝日になりました。
ドット夫人が父の墓前に白いバラを供えたことから、アメリカではお父さんへバラを贈るのが習わしだったそうです。
その後、「父の日」は日本へも伝わり、1980年代ごろから広がっていきました。
1981年に設立された「FDC日本ファーザーズ・デイ委員会」では、父の日には「黄色いリボン」を送ろうという活動をしています。
「黄色」は古来、イギリスで身を守る色といわれ、アメリカに伝わると「愛する人の無事を願う黄色いリボン」として定着しました。
そこで、お父さんへの感謝の気持ちを、黄色いリボンに込めて伝えましょうという活動が始められたそうです。
決して影が薄いからではありませんが、今日、法華坊主は単身上京し、予定していた用事を日帰りで済ませてきました。(笑)

吹田・交番襲撃事件、犯人は?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

勝手に名乗っている場合も。

2019年 06月15日 - 日常

今日の法事に来た檀家より、日本三大まんじゅうの一つとされる「柏屋 薄皮饅頭」の御供がありました。
日本三大まんじゅうとは、柏屋(福島郡山)の「薄皮饅頭」のほか、塩瀬総本家(東京)の「志ほせ饅頭」、大手饅頭伊部屋(岡山)の「大手まんぢゅう」のことをそう言うそうです。

そこで日本三大〇〇について考えてみます。
日本三大〇〇とは、多くは、具体的・統計的な調査に基づく番付の上位三つではないことです。
かなりの「日本三大〇〇」は2つまでに有名な物件を例示し、宣伝文句のために3つ目が勝手に名乗っているだけのケースが非常に多く、例示される1つ目や2つ目が三大◯◯と名乗るケースは至って少ないようです。
例えば飲食物だけをとってみても、ほんの一例ですが・・・。
◇三大珍味・・・カラスミ(長崎県)、このわた(愛知県)、ウニ(福井県)
◇三大そば・・・わんこそば(岩手県)、出雲そば(島根県)、戸隠そば(長野県)
◇三大ラーメン・・・札幌ラーメン(北海道)、喜多方ラーメン(福島県)、博多ラーメン(福岡県)
◇三大銘茶・・・宇治茶(京都府)、静岡茶(静岡県)、狭山茶(埼玉県)
◇三大七味唐辛子・・・やげん堀(東京都浅草寺)、七味家(京都市清水寺)、八幡屋磯五郎(長野県善光寺)
他にも、自然・地理・建造物・祭り・寺社・歴史・風刺・工芸品・風俗・文芸・芸能・スポーツなど、それぞれに「日本三大〇〇」があるようですが、どこまで信用してよろしのでしょうか。

香港、逃亡犯条例改正を延期。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

雨の日も明るく歩きたい。

2019年 06月14日 - 日常

昨日のブログを読んでいただいた方から、コメントがありました。
「NSPの歌にも、RAINという曲がありますよ!」と・・・。

誰がつついた訳でもないが
いつしか空が割れて
あなたの髪を濡らして遊ぶ
空の子供たちさ
流れる頬の雨が
煙草の火を消したね
ほんとにあの雨は涙じゃなかったの
愛の心 硝子の心 壊れやすい心
♬  
1950年代生まれの者たちとっては、秦基博やAAAの曲よりも天野滋の詩の方が心に浸みるのが納得できますね。

あるランキング調査の「梅雨に聴きたい雨ソング10」によると
1位/森高千里「雨 」
2位/Mr. Children「雨のち晴れ」
3位/小泉今日子 「優しい雨」
4位/秦基博 「Rain」
5位/ゆず「雨のち晴レルヤ」
6位/宇多田ヒカル「真夏の通り雨」
7位/原由子「あじさいのうた」
8位/久保田利伸「LOVE RAIN ~恋の雨~」
9位/RCサクセション「雨あがりの夜空に」
10位 /ポルノグラフィティ「サボテン」
だそうです。
明日は大荒れの梅雨空と予報されています。
「雨の日も明るく歩きたい」「雨の日はいっそ冷たく濡れたい」
雨の日の過ごし方はそれぞれですが、どれか口ずさんでみてはいかがでしょうか。

オオタニサ~ン、日本人初のサイクル安打。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

まわせ、まわせ、水ぐるま。

2019年 06月13日 - 日常

梅雨の時期によく使われる言葉として「梅雨の晴れ間」があります。
まさに今日の福島は、最高気温28.8℃の五月晴れでした。
梅雨の時期は、誰もが気分が落ち込みやすく気分が晴れない日が続きます。
だからこそ、ちょっとした晴れ間がとてもありがたく感じますね。
「梅雨の晴れ間」のような、日本らしい言葉を学んでおくと、梅雨の時期も少しは気分が軽く感じることができるかもしれません。

さて「梅雨の晴れ間」という曲を知っていますか?
男声合唱曲で、北原白秋の詩から着想され、アカペラで歌われます。
♪廻せ、廻せ、水ぐるま、今日の午(ひる)から忠信(ただのぶ)が、隈取(くまどり)紅い(あかい) しゃっ面(つら)に、足どりかろく、手もかろく、狐六法(きつねろっぽう)踏みゆかむ、花道の下、水ぐるま。♫
この歌は「まわせ、まわせ、水ぐるま~」と何度も繰り返されるので、一度聴いてしまうと「まわせ、まわせ、水ぐるま~」という歌詞が、何日も頭の中をぐるぐる回る不思議な曲なんだそうです。

梅雨の晴れ間、空梅雨でなければ晴天が短い上に湿度も高い、本当はあまり気持ちの良い天気ではなかったんですね。
でも、貴重な青空です。
洗濯物を干しながら、空を見上げて、歌を歌いながら本格的な夏を待ちたいと思いませんか。
そんな梅雨の晴れ間に聴きたい曲は、北原白秋のアカペラではなくて、秦基博の「RAIN」とAAAの「恋音と雨空」だそうです。
この2曲は「歌の中で雨は降っているのですが、すがすがしい歌声で心に晴れ間を作り出してくれる曲だ」と若い人が教えてくれました。

ホルムズ海峡で日本のタンカー攻撃される。  法華坊主 joe 

投稿記事を読む - コメント

何れ 菖蒲か 杜若。

2019年 06月12日 - 日常

「何れ 菖蒲か 杜若(いずれ しょうぶか かきつばた)」という、「どちらも似ていて優れており、優劣がつけづらいことを意味する」ことわざがあります。
菖蒲には、「アヤメ科の菖蒲」「サトイモ科の菖蒲」の2種類があります。
「アヤメ科の菖蒲」は、花しょうぶとも呼ばれ、花の見頃はこれから6月頃で、一方「サトイモ科の菖蒲」は、端午の節句にげん担ぎや薬効のためにいただく菖蒲湯や菖蒲酒でご存知ですね。
「かきつばた」「あやめ」「しょうぶ」は3種類ともアヤメ科アヤメ属の多年草植物で、見た目がとても似ています。
それでも、それぞれどう違うのか調べてみると、それぞれの美しさをより堪能できますね。

【かきつばた】
江戸時代の絵師・尾形光琳「燕子花図(かきつばたず)」は世界的にも有名です。
昔はかきつばたの青紫色の花の汁を染料にしていたため、「書付花」と名付けられ、転じて「かきつばた」となったと言われています。
漢字の「燕子花」は、紫色の花がツバメの飛んでいる様子を連想させることにちなんでつけられました。
【あやめ】
あやめの由来は諸説あり、 1)葉の模様や花びらに網目状の模様があることから「文目」から「あやめ」となった  2)輸入した漢部(あやべ)が転じてあやめとなった  3)青禰芽(あおいやめ)から転じたから、などといわれがあります。
「かきつばた」や「しょうぶ」と異なり、水の中ではなく乾いた土地に咲き、やや小ぶりで、花の見頃は5月上旬~中旬です。
【しょうぶ】
菖蒲は「あやめ」「かきつばた」よりも歴史が新しく、江戸時代の旗本・松平左金吾がアヤメ科のノハナショウブを改良し、江戸ハナショウブとして作り出し、後に改良された「肥後ハナショウブ」「伊勢ハナショウブ」の3つの系統に現在は分かれるそうです。
観賞用品種が豊富にあり、色も形もあでやかで華やかで大人気なのが、「しょうぶ」です。

吉田輝星、プロ初勝利。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

カビが生えやすいので「黴雨」。

2019年 06月11日 - 日常

今年の福島県の梅雨入りは6月7日でしたが、暦の上では、今日が「入梅(にゅうばい)」です。
昔は「芒種」後の最初の壬(みずのえ)の日とされていましたが、現在は「芒種」から数えて6日目頃だそうです。
暦の上での梅雨入りをあらわし、梅の実が黄色く色づき、梅雨に入る頃を示しますので、実際の梅雨入りとは異なります。
農家にとっては、田植えの日を決めるうえでも、梅雨の時期を知ることは重要でした。
昔は、今のように気象情報が発達していないため、江戸時代、目安として暦の上で入梅を設けたのだと考えられています。

梅雨期に水揚げされる真鰯を「入梅いわし」と言います。
このころの鰯は産卵前で、年間を通して最も脂がのっておいしいとされています。

梅雨とは、中国・韓国・日本(北海道を除く)などの東アジアに見られる雨季のことで、中国で梅の実が熟する頃の雨季を梅雨(めいゆ)と呼ばれていて、それが日本に伝わったとされています。
また、黴(カビ)が生えやすい時季なので「黴雨」と書いて「ばいう」と名付けられたようですが、ちょうど梅の実が収穫される頃にあたることから「梅」の字をあてて「梅雨」と書くようになったといわれています。

老後2000万報告、麻生さん受け取らず。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

おもてなしの心で何かできないか。

2019年 06月10日 - 日常

先週、東京2020オリンピックパラリンピックの福島県都市ボランティアのオリエンテーションに行ってきました。
都市ボランティアとは、来年のオリパラにおいて、福島県をはじめ競技会場が所在する自治体が募集し、競技会場周辺や主要駅等で交通案内や観光案内などを通じて大会を盛り上げていくボランティアです。
東京2020大会組織委員会では、ボランティア応募者による「東京2020大会スタッフ」及び「都市ボランティア」のネーミング投票を行い、<都市ボランティア> City Cast(シティ キャスト)、そして <大会スタッフ・ボランティア> Field Cast(フィールド キャスト)と決定しました。
競技場などで選手と関わりながら活躍する人、そして、競技場と競技場を結ぶ街で観客のみなさんと関わりながら活躍する人がいることから、「ボランティアひとりひとりに大会を盛り上げる重要な役割を担ってほしい」そんな願いをキャスト(配役)という言葉に込めたそうです。
福島県では、開会式にさきがけて2020年7月22日(水)、7月23日(木)にあづま球場でソフトボール競技が各日3試合ずつ実施され、オリンピック競技全体の開幕を飾ることになります。
また、野球競技は同年7月29日(水)に同じくあづま球場で、1試合の開催予定です。

法華坊主は、大げさなことを言うと「お国のために、福島県民として、おもてなしの心で何か役に立てることはないか」と思い、都市ボランティアに応募しました。
福島県開催当日ばかりでなく、オリパラは来年の7月8月にわたり開催されますので、今から「夏の暑さにも負けぬ丈夫な体」を心がけていきたいと思います。

『感傷旅行』芥川賞作家、田辺聖子さん死去。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント