日常

キツネの好物、油揚げ

2018年 03月27日 - 日常

今日は、旧暦の「初午(はつうま)」です。
「初午」は2月の最初の午の日です。
この日は稲荷神のお祭りで、全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。
稲荷神のお使いといわれるキツネの好物の油揚げをお供えします。
稲荷神社は全国に約4万社あり、農業、漁業、商売、家庭円満にご利益があるとされ、京都市伏見区の伏見稲荷大社が総本社です。
伏見稲荷によると、和銅4年(711年)の2月の最初の午の日に、祭神が稲荷山(伊奈利山)の三箇峰に降りたという故事から、稲荷神を祭る祭事が行われるようになったとされます。
旧暦2月の初午の日は今の3月にあたり、ちょうど稲作を始める時期だったため、農耕の神様を祭るようになりました。
稲荷の名は「稲生り」から来たともいわれ、その日から習い事を始めるという風習もありました。
初午は伏見稲荷をはじめ大阪の玉造稲荷、愛知県の豊川稲荷など、各地の稲荷神社で盛大に祭がとり行われます
ご近所のお稲荷さんにも赤いのぼりが立ち、賑やかになるでしょう。
初午の日には、油揚げばかりでなく、赤飯や団子などを供えてお祭りします。

初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを奉納しました。
これが「いなり寿司」の始まりで、キツネの大好物の油揚げを人間もたくさん食べられるよう考案されました。
稲荷神社もいなり寿司も親しみを込めて「おいなりさん」と呼ばれています。

佐川氏、首相らの指示「ない」。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

加齢とともに、こそあど言葉

2018年 03月26日 - 日常

今日の福島は、最高気温22.7℃で5月中旬の気温でした。
境内のヒヤシンスも色鮮やかに咲き誇っています。

先日、LINEをしていたら「僥倖」という言葉で、返信がありました。
そうです、「ぎょうこう」と読み、思いがけない幸い、あるいは偶然に得る幸運という意味です。
藤井四段(当時)が20連勝したとき「自分の実力からすれば僥倖としか言い様がない」とコメントしていました。
「僥倖」の他にも終局後などに語る「望外(ぼうがい)」「茫洋(ぼうよう)」などの言葉の数々が中学生離れしていると話題になっています。
望外=望んでいた以上によい結果であること。
茫洋=広々として限りのないさま。
中学3年生の言葉とは思えません。
藤井少年の日課は、学校から帰宅した後におやつを食べることと新聞を読むことだそうです。
「本を読むのは好きです。母が歴史ものが好きなので、家にあった司馬遼太郎作品などは手に取ってみました。旅行記とかは好きで、村上春樹さんの『遠い太鼓』も好きです。村上さんの小説は読んだことがないのですが・・・。椎名誠さんの『あやしい探検隊』シリーズがやはり好き」とのコメントのごとく、平素の生活が語彙力を育んだのでしょう。
最近、加齢とともに「こそあど言葉」が増えてきた法華坊主ですが、ボキャブラリー貧困にストップをかけるよう頑張ります。

首相、自民党大会で改憲に意欲。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

楽は苦の種、苦は楽の種

2018年 03月24日 - 日常


楽に生きたいと願うのが私たちですが、人生はそれほど甘くはありません。
娑婆(しゃば)という言葉をご存知でしょうか。
娑婆とは、仏教の言葉で、その意味は、「耐え忍ばなければ生きていけない世界」ということです。
でも私たちが信ずる法華経には「我がこの土は安穏にして、天・人、常に充満せり」(『如来壽量品』)とあります。
お釈迦さまもまた、正しい法をしっかり受持するならば「たとえ苦しみの世界でも、生きがいのある世界として受けることができますよ」と語られました。
そのためには、苦から逃げようとするのではなく、むしろ信念をもって受けとめることが大事です。
日蓮聖人は、信者の四條金吾殿に宛てた手紙の中で「苦をば苦と悟り、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうち唱え居させ給え」と諭されています。
前向きに生きることが、お題目信仰の真髄といえるでしょう。
お彼岸も無事お勤めすることができました。
これから日増しに温かくなる春の陽気に負けぬよう、努力精進を続けて参りましょう。

センバツ聖光学院、開幕戦飾る。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春に咲く牡丹にちなんで「牡丹餅」

2018年 03月21日 - 日常

関東地方で21日午前、雪の積もっている所があります。
箱根では20日夜に降り出した雨が雪に変わって積もり始め、21日朝は道路が真っ白に染まり「春分の日」とは思えない雪景色になった、と報道されています。
低気圧の接近とともに寒気が南下しているため、甲信地方や関東地方の山沿いを中心に大雪になりそうです。
まさに今日は「春分の日」。
祝日法によると、春分の日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』です。
春分とは、太陽がちょうど黄径0度(春分点)に到達した瞬間のこと。
太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
この日から夏至まで昼がだんだん長くなり、夜が短くなります。
ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしています。

お彼岸のお供えものの定番といえば、「ぼたもち」や「おはぎ」です。
どちらも、もち米とうるち米を混ぜて炊き、適度につぶして丸めたものを小豆あんで包んだ和菓子ですが、春は春に咲く牡丹にちなんで「牡丹餅」といい、秋は秋に咲く萩にちなんで「御萩」というようになりました。
また、小豆は秋に収穫されるので、春はかたくなった皮を取ったこしあん、秋は皮ごと使った粒あんを使っていました。
そのため、本来「牡丹餅」はこしあん、「御萩」は粒あんを使って作るんだそうです。
皆さん知ってましたか?

冬に逆戻り、サクラも足踏み。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

彼岸は、悟りの世界と通じるとき

2018年 03月20日 - 日常

日曜日から秋田に出かけていましたが、新幹線の車窓から見える角館付近はまだ多くの雪が残っていました。
明日は「春分の日」です。
春分の日を中日とした前後3日、合計7日間を彼岸といいます。
秋にも秋分の日を中日とした彼岸があるため、春のお彼岸(春彼岸)、秋のお彼岸(秋彼岸)などと呼び分けることもあります。
お彼岸といえば、お墓参りをする風習がありますが、その理由は、太陽が真東から昇って真西に沈むため、西にあるとされるあの世と東にあるとされるこの世が最もつながりやすいと考えられているからです。

お彼岸は、迷い・悩み・煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるときでもあります。
自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になる・・・。
「暑さ寒さも彼岸まで」には、励ましの意もあったのです。
明日は彼岸の中日ですが、雪マークの予報。
なごり雪?ですかね。

地下鉄サリン事件から23年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今日彼岸 菩提の種を蒔く日かな

2018年 03月18日 - 日常

今日から一週間は、春のお彼岸です。
春分の日を中日として、その前後おのおの3日にわたる一週間を〈お彼岸〉と称し、この期間に寺院では彼岸会という法会を行い、信者は寺に参詣し説法を聴聞また墓参などを行います。

彼岸といえばお墓参りが頭に浮かびますが、彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。
日本では、神仏両方を共にまつるという風土があるので、太陽神を信仰する「日願」と仏教の「彼岸」が結びついたからという説があります。
また、春の種まきとも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。
お彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」といいます。
自宅に仏壇があるときは、彼岸の入りの前日に仏壇の掃除をすませ、新しい花を供え、さらには故人の好物を供えて供養します。
お彼岸の間は毎日、朝晩に灯明と線香をあげて仏壇に礼拝します。
中日の前後にはお墓参りをして故人をしのびますので、日頃なかなかお墓参りに行けない人も、お彼岸を機会にお墓の掃除をしお墓参りをしましょう。

17日、東京サクラ開花、歴代3位の早さ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

明日から春の彼岸

2018年 03月17日 - 日常

「三寒四温」は寒い日が3日続いて暖かい日が4日続いてまた寒い日に戻ることで、この時季すなわち春先によく耳にします。
一方、秋の9月10月にも同じように肌寒い日と暑い日が交互に現れることがあって、「三寒四温をくり返しながら冬になっていく」と言われることもあります。
でも、本当は冬のことばで、「三寒四温をくり返しながら春になっていく」が正しい使い方だそうです。
もともとは気象庁の定義にあるように「冬の現象」ですが、日本では2月から3月にかけて三寒四温のような天気になります。
そこで、天気予報やニュースでは、「三寒四温」は、冬である2月いっぱい、長くて3月上旬までに使われる用語のようです。
言葉は難しいですが、生き物でもありますから、半世紀後にはまた変わっているのでしょうね。

明日から、春の彼岸です。
彼岸を迎えれば、厳しい残暑や寒さに目処がつくため、「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

テニス大坂なおみ、女王ハレプ破る大金星。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

私が生まれてきた訳は

2018年 03月17日 - 日常

昨日と打って変わって、ふたたび冬に逆戻り。

先日、恩師の論文集刊行記念祝賀パーティーにサプライズ参加した岩崎宏美さんが手話を交えて歌った曲の歌詞が印象的でした。
曲は、さだまさしさん作詞・作曲の「いのちの理由」。

私が生まれてきた訳は
父と母とに出会うため
私が生まれてきた訳は
きょうだいたちに出会うため
私が生まれてきた訳は
友達みんなに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
(中略)
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを傷つけて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに傷ついて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに救われて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを救うため
(中略)
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたを護るため

前川講師問題、どこがいけないの?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

スギのほかにも50種類の植物

2018年 03月15日 - 日常

日曜日から、東日本大震災の被災地法要、続いて御本山の新貫首晋山式の打合会、さらに恩師の古希記念論文集の刊行祝賀会と、転々として昨日帰宅しました。
昨日の福島市の最高気温は21.7℃。、そして今日は今年最高で5月下旬並みの23.2℃。
春本番を超して初夏の装いでした。

そこで気になるのが花粉症。
今や国民の4人に1人が花粉症で、その原因の7割がスギ花粉です。
さらに年々増加する傾向にあるので、すでに花粉症の方は症状が軽くなるように、発症していない方は今年も発症しないよう、しっかり対策しておきましょう。
日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。
人間の体はアレルギーの原因物質(=花粉)を体内に取り込むと、それを無害化するための抗体を作ります。
抗体の量が一定水準を超えると、花粉症の症状が発生しますから「自分は大丈夫だ」と過信していると、いつか発症しますよ。

改ざん問題はなぜ漢字で改竄と書かないの?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

震災避難生活者は、約7.5万人。

2018年 03月10日 - 日常

平成23年の東日本大震災発生から3月11日で丸7年を迎えます。
明日は被災各地で追悼のイベントが行われることでしょう。
復興庁が今年1月にまとめた震災による避難生活者は、約7万5000人。
この2年で10万人以上減ったが、まだプレハブ型仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者が約2万人います。
親戚、知人宅に身を寄せている避難者も約2万人に上ります。
福島県は昨年3月末をもって、避難指示区域外から全国に避難している「自主避難者」への住宅無償提供を打ち切りました。
このタイミングで避難先の各市町村が自主避難者の多くを「避難者」に計上しなくなったこともあり、公的な数字としての避難者数は大きく減っています。
震災後の避難生活による体調悪化、自殺などによる「震災関連死」は、この2年で200人余り増えました。
東日本大震災で史上最悪の原子力災害を引き起こした東京電力福島第1原発では、廃炉作業が続いています。
風評被害も含め、まだまだ復興途上です。

私たち法華宗東北教区も、明日から被災地を巡り「供養と祈願」の行脚を続けます。

財務省、森友文書の書き換え認める方針  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント