日常

祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日

2018年 09月23日 - 日常

今日は「秋分の日」=秋彼岸のお中日です。
24節気のひとつ「秋分」は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に日の出が遅く、日の入りが早くなり、本を読みふけったり、趣味に没頭したりできる「秋の夜長」になっていきます。
「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として国民の祝日でもあります。
秋分の日の前後3日間、合計7日間は秋の彼岸(秋彼岸)といい、先祖の墓参りをする習慣があります。
一般に仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、春と秋の彼岸にお墓参りをするようになったのです。
他の仏教国では彼岸にお墓参りをする風習はなく、日本独特のものです。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、春分の日を境に寒さが和らぎ、秋分の日を境に暑さも和らぐということを表した言葉です。
彼岸は春の種まき、秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、大切な行事となりました。

今日はまさに秋日和、「天高く馬肥ゆる秋」を画に描いたように、真っ青な秋空に真っ赤な彼岸花が映えていました。
彼岸花は、まるで彼岸に合わせたかのように、秋分のころに咲くことから名づけられましたが、別名を曼珠沙華(まんじゅしゃげ)といい、サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味します。
1日に10㎝以上も伸び、花のある時期には葉がないのが特徴です。
球根には毒がありますが、昔は水にさらして毒を抜き、万一の時の非常食にもなったそうです。
秋のお彼岸は、明日から後半の3日間が残っていますから、更なる仏道修行にご精進ください。

大坂も、桃田も、負けちゃいました!  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

月は、風雅の対象&信仰の対象

2018年 09月22日 - 日常

明日は「彼岸のお中日」、明後日は「お月見=十五夜」です。
お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべますが、十五夜とは本来は満月のことですから、年に12回または13回めぐってきます
中でも旧暦の8月は一年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになりました。
十五夜を「ちゅうしゅうのめいげつ」といいますが、「仲秋の名月」と書いても「中秋の名月」と書いても正解、漢字によって意味が違うのです。
「仲秋の名月」・・・旧暦の秋は7月・8月・9月で、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。
つまり仲秋とは8月の別称で、仲秋の名月=8月の名月という意味になります。
「中秋の名月」・・・秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。
そのため、中秋の名月=8月15日の名月という意味になり、十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いのです。

お月見にお供えものをするようになったのは、月が風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。
お月見は収穫に感謝するお祭りですから、収穫物(米粉でつくったダンゴ、里芋やさつまいも等々)をお月様にお供えするようになりました。
収穫を祝うお供え物はどれも旬の食材ばかり、供えた後はおいしくいただいてかまいません。
供えたものを下げていただくことで、神様との結びつきが強くなると考えられています。
現在では、十五夜を楽しむ風習は薄れているかもしれませんし、昔の日本人と現代の日本人の生活様式は異なるため仕方がないことです。
どれだけ時代が変わっても月の美しさだけは変わりません。
今年のお月見は三連休の最終日、今からお供え物を用意をして、お月様への感謝と収穫の喜びを体感し、名月の美しさを感じてはいかがでしょうか。

大坂なおみ、お団子ヘアーで負けなし。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

九月の雨は冷たくて

2018年 09月21日 - 日常

今日は一日中雨が降り続き、最高気温17.4℃、10月下旬並の気温です。
こんな時に思いだすのが太田裕美が歌った「九月の雨」(作詞:松本隆. 作曲:筒美京平)です。

車のワイパー透かして見てた
都会にうず巻くイルミネーション
くちびる噛みしめタクシーの中で
あなたの住所をポツリと告げた
September rain rain
九月の雨は冷たくて
September rain rain
想い出にさえ沁みている
愛がこんなに辛いものなら
私ひとりで生きてゆけない
September rain rain
九月の雨は冷たくて

せつないメロディーと、まるで一篇の短い小説のような歌詞。
その完成された作品をより一層際立たせる、卓越したボーカル。
1970年代アイドル歌謡の金字塔ではないでしょうか。
記したのは1番の歌詞ですが、僕は3番が好き!。
九月の雨は、明日まで降り続きそうですからお身体に気をつけて・・・。

小泉進次郎が、負け犬=石破氏についた理由?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

民主化闘争を描く衝撃の実話

2018年 09月20日 - 日常

昨日(19日)は朝鮮南北首脳による合意文書「平壌共同宣言」が発表されました。
ちょうどその頃、私は「1987、ある闘いの真実」を観ていました。

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。
徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長が指揮する取り調べは、日に日に激化していました。
そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡します。
隠蔽のために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請しますが、何かおかしいと感じたチェ検事は検死解剖を命じます。
解剖により学生は拷問致死であったことが判明しますが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策します。
これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走しますが、警察による妨害もエスカレートしていきます。
また、拷問で仲間を失った大学生たちも立ち上がろうとしていました。
一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話です。
映画に詳しい知人によると、「光州事件を扱った映画、『タクシー運転手』の後に見ると、時系列で〈その後〉を追うことができる。」そうです。
日本はバブルの真っただ中、経済の拡大に浮かれていた1987年。
全斗煥政権の強圧的な政治に国民の不満が募る中、身柄を拘束されていた大学生の死に、拷問を疑った検事、記者、そして悲しみに暮れる親族と彼らを取り巻く学生たちが、互いを信じ、行動を積み重ねていきます。
権力による抑圧と暴力の記憶に委縮する人々が、無言で、しかし自分の立場ででき得る限りの抵抗を試み、その抵抗は次第に公道へ、広場へと導かれ、政権打倒へのうねりを打っていく映像は、「現代史」に属するほんの30年前の出来事に、正面から向かい合う隣国の人々、その〈熱さ〉を感じる作品でした。

自民党総裁選、安倍首相、石破氏を破り3選。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

天界に咲く花

2018年 09月18日 - 日常

明後日の秋彼岸の入りを前に、彼岸花が咲いています。
彼岸花の別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。
めでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ていて、サンスクリット語ではmanjusakaと書きます。
開花期間が1週間ほどなのに、秋の彼岸と時を同じくするかのように開花する彼岸花は、あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花でもあります。
お彼岸に咲き、土葬をモグラや野ネズミなどから守る意味もあって墓地などによく植えられているため、「死人花(しびとばな)」「地獄花(じごくばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」のようなちょっと怖い呼び名もついています。
彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」などとも呼ばれています。
花の様子から、「天蓋花(てんがいばな)」「狐の松明(きつねのたいまつ)」「狐のかんざし」「剃刀花(かみそりばな)」など、全国にはたくさんの呼び名があります。
また、花のある時期には葉がなく、葉のある時期には花がないという特徴から、「葉見ず花見ず(はみずはなみず)」と呼ばれています。

彼岸花というと思いだすのが、阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲、山口百恵が歌った「曼珠沙華」です。

涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃
形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃
あなたへの手紙 最後の一行 思いつかない
どこでけじめをつけましょ 窓辺の花が咲いた時
はかなく花が散った時 いいえ あなたに愛された時
マンジューシャカ 恋する女は
マンジューシャカ 罪作り
白い花さえ 真紅にそめる

お彼岸には是非お墓参りをし、墓地のそばや田んぼのあぜ道に咲いている彼岸花を見て、ご先祖さまを思い起こしてください。

山本KID徳郁さんが死去、41歳。 法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お年寄りを敬い、長寿を祝う

2018年 09月17日 - 日常

今日は「敬老の日」、長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。
敬老の日といえば、9月15日を思い浮かべる方も多いはず。
1951年、全国社会福祉協議会により「としよりの日」が制定されたのが始まりで、老人福祉法の制定に伴って「老人の日」と改称され、1966年に9月15日が「敬老の日」として国民の祝日になり、親しまれてきたからです。
その後、祝日法改正(いわゆるハッピーマンデー法)によって、2003年から「敬老の日」が9月の第3月曜日に変更され、老人福祉法の改定によって9月15日は「老人の日」、9月15日~21日は「老人週間」となりました。
9月15日の由来は、593年に聖徳太子が身寄りのない老人や病人のための救護施設「悲田院」を設けた日といわれていますが、諸説あります。
老人の捉え方は人によって様々です。
心身共に若々しく老人と呼ぶのは憚られる方もたくさんいます。
よく「もう〇〇が受けられる年齢だから」などと言いますが、一般的には何歳からが老人なのでしょうか?
身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、JR各社では50歳ぐらいから各種割引があります。

我が家にも大正生まれの老人(師匠)がいますが、酷暑の今夏を無事乗り切って、気儘にではありますが毎日元気でいてくれることが有り難いです。

希林さん 最期は自宅で家族に看取られて。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

秋の味覚を存分に・・・。

2018年 09月15日 - 日常

二週続きの三連休、初日の今日(15日)は、秋雨前線の影響で午前中は雨、午後から曇り空になりましたが、朝晩と日中の寒暖差が大きくなるため、体調管理にも気を付けなければなりません。
でも「食欲の秋」ですから、おいしいものは見逃せませんよね。
我が家でも初物のマツタケを少々いただきました。

何を食べてもおいしく感じてしまう秋。
ダイエットのことはちょっとおいておき、秋ならではの味覚も存分に楽しみたいものです。
独身女性を対象にした「秋の味覚」についてのある調査によると、
第1位 「サンマ」
第2位 「栗」
第3位 「さつまいも」
第4位 「梨」
第5位 「かぼちゃ」
第6位 「ぶどう」
第7位 「柿」
第8位 「イチジク」
第9位 「秋鮭」
第10位 「マツタケ」
だそうです。
どれもおいしい秋の味覚、いずれかを選ぶというのは難しいですよね。
この時期にしか食べられない秋の味覚は、栄養価もぐっと高まっているそうです。
どうせ食べるならおいしくて体にもいいものを選んで、今しかない秋の味覚を存分に楽しんでくださいね。

明日引退のアムロ、ベスト盤は230万枚=最後まで記録ずくめ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

栗は秋の味覚の代表格

2018年 09月13日 - 日常

昨日訪れた秋田県鹿角市の「大湯環状列石」の脇に、大きな栗の木がありました。
「栗」は秋の味覚の代表格です。
洋菓子店や和菓子店にさまざまな栗のお菓子が並び、甘党にはわくわくする季節です。
栗ごはんや渋皮煮なども、ぜひ味わいたい秋の味覚です。
栗と日本人のつながりは古く、縄文時代にまでさかのぼります。
青森県青森市にある三内丸山遺跡(約5,500年前~4,000年前)の発掘で、原始的な狩猟生活をしていたと考えられていた縄文時代の人々は、実は集落をつくって暮らし、その周りに栗やクルミの木の林を作って、その実を主食にしていたことがわかりました。
栗は大事な食料であり、縄文時代から栽培されていたのです。
弥生時代以降、雑穀の栽培や稲作が始まっても、栗は飢饉などに備える救荒作物として植えられてきました。
また、栗の実を干し、臼でついて殻と渋皮を取り除いたものを「搗ち栗(かちぐり)」といい、保存食として用いられてきました。
臼でつくことを「搗つ」といい、それが「勝つ」に通じることから「勝ち栗」とされ、勝利を祈願する縁起物として戦国武将が戦の前に食べたといわれます。

ちなみに、大湯環状列石は三内丸山遺跡などと共に「北海道・北東北の縄文遺跡群」として、平成30年度の世界文化遺産推薦候補に選定されたそうです。

全米王者・大坂なおみ、凱旋。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

田の実りをお供えし豊作祈願

2018年 09月10日 - 日常

今日9月10日は、旧暦の8月1日です。
旧暦8月1日は「八月朔日(はちがつついたち)」を略して「八朔(はっさく)」といいます。
この時期に田んぼでは早稲(わせ)の穂が実ることから、本格的な収穫を前に「豊作祈願」と「田の実りをお供えする」という意味を込めて、西日本を中心に各地で様々な行事が行われていました。
「八朔節供」「田の実の節供」などといい、現在でも八朔にまつわる風習が残っています。
西日本ではこの「穂出し」を祈願する行事を「たのむ」「たのみの祝い」「たのもの節供」などといい、九州北部では、七夕の笹のようなものを立てて田の畔で作頼みをする風習があります。
また、八朔に「穂掛け」という、早稲の穂を採ってきて焼米を作るなどの刈り初めの行事を行うところもあります。
四国や中国地方には、「八朔の馬節供」と称して、馬や鶴亀などの形の米粉の細工を作って親戚や近所の家に贈る風習があります。
そして、それを初めて生まれた子どものお祝いとして飾り、上巳の節供や端午の節供のように「八朔の節供」として祝うところもありました。
香川県丸亀地方には今も「八朔だんご馬」の風習が残っており、八朔に地元で採れた米の粉で、前肢高く上げた、いななく駿馬を作り、男児のいる家に贈り、飾る風習があります。
江戸幕府では、天正18年(1590年)のこの日に徳川家康が江戸入りしたことにちなみ、「八朔」を正月元日に次ぐ重要な日としており、「八朔御祝儀」といい、大名・旗本が白帷子姿で総出仕する日となっていました。
また、花街でも八朔に挨拶まわりをする風習がありました。
今でも、京都の芸舞妓は8月1日(現在は新暦8月1日)に正装姿で芸事の師匠や茶屋をまわっています。

ちなみに柑橘系のハッサクも漢字では「八朔」と書きます。
一説には、万延元年(1860年)頃、瀬戸内海の因島の恵日山浄土寺境内に毎年実をつける蜜柑の老木があり、住職の恵徳上人が食べたところ大変美味で、早いものは八朔(旧暦8月1日)の頃に味がのって食べられたところから「八朔」と命名したと言われてます。

自民党総裁選、安倍首相と石破氏の論戦始まる  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

菊を用いて不老長寿を願う

2018年 09月9日 - 日常

今日(9日)は、五節句のひとつ「重陽の節句(ちょうようのせっく)」で、菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。
五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、
➀ 1月7日の「人日の節句」(七草粥)
➁ 3月3日の「上巳の節句」(桃の節句/雛祭り)
➂ 5月5日の「端午の節句」
➃ 7月7日の「七夕の節句」
➄ 9月9日の「重陽の節句」をさします。
古来、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。
中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

古来、菊は薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。
菊のおかげで少年のまま700年も生きたという「菊慈童(きくじどう)」伝説もあります。
また、他の花に比べて花期も長く、日本の国花としても親しまれています。
中国由来の行事で、日本では平安時代ごろに貴族の宮中行事として取り入れられました。
当時は、中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて厄祓いや長寿祈願をしていました。
これが時代とともに民間にも広がり、江戸時代に五節句のひとつとなって親しまれるようになりました。
今では五節句の中でも影が薄くなりましたが、五節句を締めくくる行事として、昔は最も盛んだったといわれています。

テニス・大坂なおみ、全米OP優勝  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント