日常

関根のヴァーミリオン。

2019年 10月18日 - 日常

福島県立美術館で開催されている「生誕120年・没後100年 関根正二展」(~11/10)を観てきました。
関根正二は福島県白河に生まれ、東京移住後16 歳でデビュー、19 歳のときに描いた《信仰の悲しみ》(重要文化財)が二科展樗牛賞を受けますが、翌年スペイン風邪で急逝してしまいます。
彼は、宗教的感情にみちた作品を描き、20 歳2カ月で夭折してから今年で100年を迎えました。
対象を刻み込む卓越した素描力と、朱や青緑色の鮮烈な色彩による神秘性を漂わせた作品群は、今なおわれわれの心をとらえて離しません。
展覧会は、関根の作品約100点、資料約20点、書簡約40点に加え、同時代の文学者や画家たちの作品と資料約50点をあわせて展示してありました。
ずいぶん前ですが、大原美術館で観た、関根正二19歳のときの作品《信仰の悲しみ》は、印象的でした。
大原美術館に展示されている作家のなかでは、関根正二が最年少です。
東京のあるコレクターが持っていたもので、1964(昭和39)年、東京画廊の山本孝氏が譲ってもらい、大原美術館に持ち込んだそうです。
その当時、若くして亡くなった関根はあまり評価されていませんでしたが、大原總一郎氏は数日眺めたあと購入を決断したというエピソードがあります。
「大原さんはこの作品をことのほか気に入り、『関根の数少ない絵の中でも傑作だから、大切にするように』と言っていた」と当時を知る元館長の藤田慎一郎氏が述べています。
必見の価値ありですから、福島に来たこの機会に鑑賞をお勧めします。

IOC、マラソン札幌変更へ強権発動?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

復旧作業、長期化。

2019年 10月17日 - 日常

台風19号による記録的大雨で、東日本を中心に浸水被害を受けた被災地の生活再建やインフラ復旧は時間がかかる見通しです。
16日現在、犠牲者は74人に上り、総務省消防庁によると、行方不明者は5県で15人。
床上浸水などの住宅被害は1万棟を越え、停電や断水も続くほか、橋の流出で運転を見合わせる鉄道もあります。

先月、ある団体の視察研修で「栃木県防災館」へ行く機会がありました。
福島県には、この類の体験館が未設置が理由です。
栃木県防災館は、宇都宮市に在る地震・火災・大雨・大風などの災害を疑似体験ができる北関東では唯一の施設です。
私が体験したひとつめは「地震」で、床が前後左右に大揺れし、つかまっていないと立っていられないくらいの揺れを体感できます。
震度2程度から最大震度7までの体験が可能です。
次に体験した「煙迷路」は、ドアからドアへ、非常口の明かりを頼りに出口へ逃げる迷路です。
実際火事になると、真っ暗な中を非難しなければなりませんので、このコーナーでは煙もうもうの中、本番さながらの避難体験ができました。
3番目の「大雨」では、滝のような豪雨を体験できます。
普通の雨よりもはるかにたくさんの雨量で、あまりの水量と勢いに圧倒されました。
最後に体験した「大風」は、風速30メートルを体感できます。
これは幼稚園生が飛ばされてしまうくらいの強風で、大人でもバーにつかまっているのがやっとの状況でした。
今回の台風19号被害を経験し、このような防災館が身近にあって体験することが出来れば、なお一層の備えを十分にできるのではないかと実感いたしました。

16日の記事でしたが、日付が変わって17日の公開になってしまいました。

福島交通バス、県内150路線運休。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

生活への影響は長期化する恐れ。

2019年 10月15日 - 日常

台風19号の影響で、福島県内では新たにいわき市で7人が死亡していたことが確認され、これまでに25人が死亡し、5人が行方不明になっています。
土砂崩れや洪水被害に加え、断水が各地で続いており、生活への影響は長期化する恐れが出ています。

台風19号の被害も生々しい今日(15日に)開かれた参院予算委員会で、災害対応をめぐる野党の政府追及は抑え気味でした。
「被災地は苦しんでいる。なぜ予算委をやることを了としたのか」と迫りましたが、野党が台風対応で政府を徹底的に糾弾する場面は少なかったようです。
自民党の二階幹事長は、台風19号の被害をめぐり、「まずまずには収まった」と発言したことについて、夕方になってようやく「不適切だった」と述べ、事実上、撤回しました。
自民党は時たま、要職の人物がこんな無神経な発言を繰り返します。
ただ今回はそれをたしなめる幹事長の発言となれば、いくら撤回したとしても、ことは重大、国民はなめられたものですね。

また、小泉環境大臣は気候変動問題について「セクシーであるべきだ」と発言し、その真意を記者に問われて「説明すること自体がセクシーじゃないよね」と答えていました。
立憲民主党の熊谷参議院議員は「あまりに不誠実ではないか」とする質問主意書を提出しました。
これに対し、政府は今日(15日)の閣議で「発言が妥当ではないとは考えていない」とする答弁書を決定しました。
二階幹事長も、小泉環境相も、立場を弁えず調子に乗っているんじゃないの?

ラグビー日本、世界ランク至上最高の7位。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

台風19号の爪痕深く。

2019年 10月14日 - 日常

今日は「体育の日」です。
本来なら秋のスポーツ行事満載の日柄であったでしょうが、台風19号の影響で中止や延期さらには自粛した行事もあって、今年はザンネンな「体育の日」となりました。
「体育の日」は今でこそ10月第2月曜日に制定されていますが、2000年までは10月10日に定められていました。
「体育の日」が誕生したのは1966年。1964年に開催された東京五輪の開会式が10月10日だったため、それを記念したものです。
2018年6月20日に公布された「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」により「体育の日」が「スポーツの日」に変わります。
法律施行は2020年1月1日ですから「体育の日」は2019年10月14日=今日が最後です。

また今日は「鉄道の日」でもあります。
わが国に近代化をもたらした鉄道は、1872 年10月14日、新橋~横浜間を陸蒸気(SL)が礼砲が轟く中、時速30数kmで走り開通した日を記念して、「鉄道の日」と定めました。
台風19号がもたらした大雨に伴う長野県の千曲川堤防決壊の影響で、北陸新幹線の車両が「水没」しかける衝撃的な姿が明らかになったことを受けて、インターネット上で北陸新幹線に対する激励の声が相次いで寄せられています。
「鉄道の日」だった今日も、鉄道ファンだけでなく、新幹線の通勤利用者などからも、北陸新幹線への思いがあふれ、「またカッコいい姿で走るのを信じて応援します」「1日も早い完全復旧を願っています」などのメッセージが記されました。

韓国チョ法相、辞任を発表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

悲喜交交。

2019年 10月13日 - 日常

台風19号で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
立正院の近辺も小さな川の氾濫で田んぼや道路が冠水したり、境内の駐車場も浸水しました。 
夜中には雨漏りや一時停電も発生し心配しましたが、人的被害はなく安堵しています。


今日は天候も回復し、「松川提灯祭り」が予定通り開催されました。
松川提灯祭りは、約60年前に、松川町の5つの若連が、5台の山車に提灯を付け、松川の町内を練り歩いたのが始まりとされています。
現在、本祭りの夕方から、松川町八町連合、松川町五町連合が中心となり、13台の山車に、それぞれ約350個の提灯を付け、子どもたちのお囃子を奏でながら松川町内を二手に分かれて練り歩きます。
先週「二本松の提灯祭り」を観た後ですので、伝統と格式が足元にも及ばないことを差し引いても、昨日宵祭りが中止になったためか、山車からの掛け声はより一層大きくなり、子どもたちのお囃子も激しさを増し、参加者と観客が一体となった祭りのフィナーレも見どころでした。

ラグビー日本、初の決勝T進出 28―21で勝利。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

命が助かる可能性が高い行動。

2019年 10月12日 - 日常

今日(12日)午後7時前に、大型で強い台風19号は伊豆半島に上陸しました。
気象庁はその前の午後3時半、静岡県と神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県に、台風19号にともなう大雨の特別警報を発表しました。
気象庁は、周囲の状況を確認し、避難場所までの移動が危険な場合には近くの頑丈な建物に移動したり、外に出るのがすでに危険な場合は建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。
午後7時50分、新たに茨城県、栃木県、新潟県、福島県、宮城県に大雨の特別警報を発表しました。
5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で、気象庁はすでに大雨特別警報を出している1都6県とあわせて最大級の警戒を呼びかけています。


私は昨日より、日蓮大聖人御会式法要に出仕するため沼津の御本山を訪ねていましたが、急きょ自坊へ帰院の選択をしました。
途中、高速道路は通行止あるいは速度制限をしていましたが、通行する車の数は少なく、叩きつける激しい雨と横殴りの風の中、連れの二男とともに先ほど無事帰宅しました。
まだ引き続き注意が必要です。
皆さんも今後の情報に十分警戒してください。
今日は満62歳の誕生日でしたが、記憶に残る一日となりました。

投稿記事を読む - コメント

青い月夜の 十三夜。

2019年 10月11日 - 日常

今夜は「十三夜」。
十三夜と言えば、樋口一葉の短編小説を思い起す人も多いでしょう。
あるいは島倉千代子(他にも何人かが)が歌った「十三夜 端唄~深川~」でしょうか。
♫ 河岸の柳のゆきずりに
  ふと見合せる 顔と顔
  立ちどまり
  懐かしいやら 嬉しいやら
  青い月夜の 十三夜  ♫

十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことで、旧暦8月15日の十五夜の後に巡ってくる十三夜をさします。
十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、中秋の名月(十五夜)から約1カ月後に巡ってくる十三夜のお月見を昔から大切にしていました。
十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」「片月見」と呼び、縁起が悪いこととされています。
また、十三夜は栗や豆の収穫祝いでもあるため、別名「栗名月」「豆名月」といい、月見団子とともに栗や豆を供えて食べる風習があります。
台風19号の影響で、今年は十三夜の名月を拝することは難しいようですが、その心だけは感じ取ってください。

明日、またひとつ歳を重ねます。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

先史から現代までの立体教科書。

2019年 10月10日 - 日常

DIC 川村記念美術館に続いて、「歴博」の愛称で親しまれている国立歴史民俗博物館に立ち寄りました。
同館は、昭和58年3月に開館し、日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する歴史民俗博物館で、千葉県佐倉市 にある佐倉城址の一角、約13万平方メートルの敷地に延べ床面積約3万5千平方メートルの壮大な規模を有する歴史の殿堂です。
原始・古代から現代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに、実物資料に加えて精密な複製品や学問的に裏付けられた復元模型などを積極的に取り入れ日本の歴史と文化についてだれもが容易に理解を深められるよう展示されています。 


「先史・古代」「中世」「近世」「民族」「近代」「現代」に分けて、日本の歴史・文化の流れの中から重要なテーマを選び、生活史に重点をおいて構成し、実物資料や複製資料、復元模型などを使用して各テーマをできるだけ具体的に解説してありました。
先史時代から現代まで、歴史の教科書に載っている図版が立体で見られ、立体教科書という感じです。
土器や土偶はレプリカを展示し、当時の生活を再現した人形や、町並みを再現した模型もありました。
寺子屋では、双六や算木を体験し、当時の算術を学ぶコーナーもありました。
規模が大きい割にはエスカレータやエレベータがあまりなく、殆ど徒歩で移動しましたが、歴史に興味のある方にはぜひおすすめのスポットです。
途中立ち寄りの場所だったため時間制限があり、それでも3時間かけて駆け回るように見てきたことが残念でなりません。
次回は丸一日かけて、各時代ごとの展示室、特に興味のある近代・現代を見て回ろうと思います。
ナビさん、次回もお付き合いよろしくお願いいたします。

台風19号、勢力落とさず接近…上陸の恐れ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

作品・建物・自然の三要素。

2019年 10月9日 - 日常

先日上京したときに、念願叶って「DIC川村記念美術館」を訪ねる機会を得ました。
ここは、DIC株式会社がその関連グループ会社とともに収集した美術品を公開するために、1990年5月、千葉県佐倉市の総合研究所敷地内に設立した美術館です。
17世紀のレンブラントによる肖像画、モネやルノワールら印象派の絵画から、ピカソ、シャガールなどの西洋近代美術、日本の屏風絵、そして20世紀後半のアメリカ美術まで、広いジャンルの作品を収蔵しています。
特に、レンブラント・ファン・レイン「広つば帽を被った男」を常設展示してあることでも有名です。
初代館長の川村勝巳氏は、経営の労苦の合間にひとり絵画と語らうことを無上の喜びとしていましたが、この、若くして成功した商人と思われる肖像画には、旧友と再会したような思いを抱いていたといいます。
館内で最小の展示室に一点だけ飾られている特別な作品は、必見の価値ありです。
ちょうど、「描く、そして現れる―画家が彫刻を作るとき」と題する企画展も併催していました。


DIC川村記念美術館の特徴のひとつが、北総台地の自然と調和した庭園です。
里山の地形を生かした緩やかな起伏のある敷地内には、木立の中を縫う散策路や千葉県の在来植物が茂る小道、芝生の広場やモネの作品を思わせるスイレンの池などがあり、緑豊かで穏やかな景色が広がり散策できるはずでしたが、過日の台風15号による倒木整理のため、当面の間休園ということでした。ザンネン!
DIC川村記念美術館では、17世紀のレンブラントから20世紀美術に至る多彩なコレクション、展示作品に最もふさわしい空間づくりを目指した建物(海老原一郎氏設計)、四季折々の変化が楽しめる美しい自然環境をテーマに、「作品」「建物」「自然」の三要素を調和させることで、理想の美術館を実現させようと努めているそうです。
雑踏の中に存立する都会の美術館とは異なり、広大な敷地の中に優雅に佇む郊外の美術館は、心の癒やしともなりました。
ご一緒した千葉県在住のナビゲーターとともに、庭園散策を含めた再訪を心待ちにしています。

ノーベル化学賞にリチウムイオン電池開発の吉野彰氏ら。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

草木に冷たい露が降りる頃。

2019年 10月8日 - 日常

今日(8日)は、二十四節気のひとつ「寒露(かんろ)」です。
晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことで、草木に冷たい露が降りる頃という意味です。
今年は10月になっても30℃を超える日があったりして、なかなか涼しくなりませんでしたが、朝晩はひんやりと冷え込むようになってきました。
秋の長雨が終わると、本格的な秋の始まりになり、五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。
露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される季節でもあります。
またこの頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなり、夜には月も美しく輝いて見えます。
寒露の頃になったら、空を見上げてみてはいかがでしょう。
これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に出会えるはずです。

舞茸・シメジ・椎茸などいつも目にする茸の中に、この時季になると秋の味覚の王様〈松茸〉がお目見えします。
生産地を見ると中国・北朝鮮・韓国などはるばる運ばれてきたものが多く、日本産はすっかり高級品になって庶民の食卓にはなかなか登場していただけません。
松林が少なくなったことが原因だと聞きますが、松くい虫の暴れ方も酸性雨などさまざまな環境悪化のひとつなのかもしれません。
環境問題が改善されると、日本産松茸が庶民価格で出回るのでしょうか。
どんなに小さなことでも、できることから環境へ負荷をかけない努力を重ねることが大切なのですね。
松茸のためにも、努力してみましょうか。

囲碁・柴野虎丸、初の10代名人。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント