日常

季節を感じられるのは嬉しいこと。

2020年 04月11日 - 日常

本来4月は気分が上がる季節なのです。
春は、桜が咲いたり、ぽかぽかとあたたかい陽気が続いて、気持ちよくウキウキ・ワクワクとする季節です。
また、新生活が始まる季節でもあり、新たなスタートの時期でもありますが、今年は残念なことに新型コロナウイルス感染拡大のせいで、ハラハラ・ドキドキの毎日が続いています。
せめて、春の陽気にピッタリな曲や、新生活を頑張るあなたを応援するエールが込められた曲を探して口ずさんでみてはいかがでしょう。

「春咲小紅」矢野顕子
矢野顕子の5枚目のシングルで、聴くとウキウキしてくる曲ですよ。カネボウ化粧品の春のキャンペーンのCMソングに起用されました。
コピーライターの糸井重里が作詞を担当し、歌詞のふわふわした雰囲気と矢野顕子の歌唱が合っていて、聴いていて春を感じずにはいられません。
返事は遅れてしまったけれど、大切な人を待っているという女性の思い。ひらひらやキラキラのような言葉も歌詞によく出てくるので、自然に幻想的な雰囲気になるのかもしれません。

「赤いスイートピー」松田聖子
松田聖子の8枚目のシングルです。呉田軽穂(松任谷由実)作曲による松田聖子への最初の提供曲。松田聖子の曲の中でも、特に人気のある曲です。この曲を境にして、女性のファンの比率が上がったことでも有名。
少し無口で気が弱いけれど、素敵だなと思う男性の存在。ついていきたいと願う可愛らしい女性の心が、春の雰囲気にとても合っています。カラオケで歌いたい!と思う人は、今もかなり多いと思います。

「不思議なピーチパイ」竹内まりや
竹内まりやの4枚目のシングルです。資生堂化粧品の’80春キャンペーンCMソングとして使用されています。
初めての恋ではないけれど、恋をすると違う自分にな・・・。ピーチパイが様々な想像をさせてくれる、女性らしさ溢れる素敵な曲です。
この曲を聴くといいことがありそう!と女性にドキドキさせてくれるような曲だと思います。恋が始まる予感で、小さな宇宙が回ったり光にゆれる気分になったり。まぶしい大人の世界を感じられる自分を嬉しく思う曲でもありますね。

「微笑がえし」キャンディーズ
キャンディーズの活動期間内ラスト・シングルで、オリコンでは最初で最後の1位を獲得しました。歌詞の中にシングル曲「春一番」「わな」「アン・ドゥ・トロワ」などの、タイトルが入っているのは、作詞者の阿木曜子からのはなむけだったそうです。
歌詞をたどっていくと、これまでのキャンディーズの様々な姿が浮かんできてファンにとっては、今も忘れられない大切な曲です。新しい季節に向けて青春を感じながらも、歩いて行こうとする姿が浮かんでくる曲です。

「色・ホワイトブレンド」中山美穂
中山美穂の4枚目のシングルで、中山美穂自身が出演したCM、資生堂‘86春のキャンペーンソングです。
シンガーソングライターでもある竹内まりやが曲を提供して、「大好きな季節が私をきれいにしてくれる」の歌詞がとてもポジティブなイメージで、あどけなさの残る中山美穂の可愛らしさや、少し背伸びをした大人っぽさにピッタリだと思いました。
たとえこれまでに悲しい恋をしたとしても、この曲を聴くと春の優しさと一緒に素敵な明日が待っていると思えるような曲のひとつです。

独断と偏見で青春時代の5曲を選びましたが、季節を感じられるのは、とても嬉しいことです。季節を楽しみながら、若かりし頃の色々な思いを大切にして進んでいける、そんな曲がたくさんあるように思います。

 

東京都、11日0時から休業要請。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

マスク2枚にだまされず。

2020年 04月9日 - 日常

4月に入っても、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国的なマスク不足が解消されていません。国内メーカーがそろって増産し、大手家電メーカーまで生産に参入する中、どうしてマスクはいまだに「買えない」のでしょうか。新型コロナウイルス対策として、唐突に総理の口から発せられた「布マスク2枚」、緊急事態宣言が出されている東京などから優先的に、全ての世帯に来週から順次郵送を始めるそうです。

一般社団法人日本衛生材料工業連合会の資料によると、日本でのマスクの歴史は、明治初期に始まります。
当時のマスクは、真ちゅうの金網を芯に布地をフィルターとして取り付けたものです。主として粉塵よけに利用されていました。このマスクが、1918年のインフルエンザ(スペイン風邪)大流行をキッカケに、予防品として注目を集めるようになります。その後、マスクは徐々に普及し、1923年、内山武商店から発売された「壽マスク」が、商標登録品第1号に認定。マスクの改良も徐々にすすみ、金網をセルロイドに変えたものやフィルター部分に別珍や皮革などを使用したものが現れます。
昭和に入り、インフルエンザが再び猛威をふるった1934(昭和9)年に、マスクは大流行します。以後、インフルエンザがはやるたびに、マスクの出荷量も爆発的に増加。枠のない布地だけのものや1950年には日本初のガーゼマスクが布に代わるマスクとして誕生し、マスクは次第にその形を変えていき、1973年に不織布製プリーツ型の原型が日本での生産・販売されるようになりました。1980年代からの花粉症の流行もそれまでのインフルエンザ用途に加えて一般家庭でのマスクの普及を促進させることとなり、立体マスクの登場など2000年以降、普及が促進されました。

コロナウイルスの感染拡大の影響による品薄は、いつ解消されるのでしょうか。総理の「布マスク2枚配布」にだまされず、心身ともに健全なる生活を営み、長いトンネルではありますが新型ウイルスに負けぬよう頑張りましょう。

 

布マスク配布に、経費466億円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

かけがえのない命の尊さ。

2020年 04月8日 - 日常

仏教での「花まつり」とは、〈お釈迦さまのご生誕をお祝いする日〉のことです。お釈迦さまが誕生したのは、今から約2500年前の4月8日と言われていますから、毎年4月8日の前後には、宗派に関係なく全国の寺院や地域をあげてお祝いしています。花まつりは、お釈迦さまが生まれた時に龍が天から飛んできて、香湯をそそいだといういわれがあることから、灌仏会とも言われています。お釈迦さまは、釈迦族の王シュッドーダナとその妃マーヤーの長子としてルンビニー園で生まれました。伝説では、お釈迦さまは、お生まれになってすぐに7歩進み、右手で天を、左手で地を指差し「天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と宣言されたといわれています(『長阿含経』)。

「天上天下唯我独尊」とは、この世に個として存在する「我」より尊い存在はないという意味で、人間の尊厳を表した言葉です。「我」は釈迦のことではなく、この世に生まれた個人の誰もが、その存在が尊いものだという意味です。また「独尊」には、唯一の尊い使命という解釈があり、お釈迦さまが、この世にあらわれた目的は、一切の人を救うことだとする説もあります。

思いを巡らせれば、私どもは皆、お釈迦さまと同じように、誰にもかわることの出来ない、かけがえのない「いのち」を生きていることに気づくことでしょう。人類が誕生して以来、数え切れないほどの人びとが生き、また現在、数10億の人びとが共に存在しているなかで、誰1人として「わたし」と同じように生き、悩み、考え、行動する人はいないのです。4月8日は、お釈迦さまの誕生をお祝いすると同時に、それぞれの「かけがえのない命の尊さ」に眼を向け、正しく生きることをお誓いする日にしたいものです。

花まつりに欠かせない「甘茶」は、ガクアジサイの変種でユキノシタ科の植物「アマチャ」の若葉を煎じた飲み物です。甘茶は生薬としても知られるように、無病息災の効験があるとして重宝されています。
また、奈良時代から江戸時代ごろまでは、甘茶ではなく香水(こうずい)という水が使われていたようです。

 

1日の感染者数500人超え、最多更新。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「おうち時間」を有意義に‼

2020年 04月7日 - 日常

毎日読んでくれている友人から「昨日はブログどうしたの?」という連絡が来ました。そこで今になって確かめてみたら、昨日アップしたつもりの記事が公開されていなくてガッカリしています。それも、下書きにも残っていません。昨日の記事は、石破茂衆議院議員が春を迎えるこの時季に聴きたい楽曲についてのコメントに対して、共感するものがあり、ユーミンや南沙織、柏原芳恵、キャンディーズ・・・を追いかけてみました。ザンネン。

今月も皆大好き、満月の日がやってまいりました。2020年4月7日深夜から8日未明にかけて、「ピンクムーン」と呼ばれる4月の満月が夜空を照らします。ネイティブアメリカンの間で4月の満月は「ピンクムーン」と呼ばれており、6月の「ストロベリームーン」と並んで人気な満月です。実際に月がピンクになる訳ではありませんが、冬が過ぎ暖かい4月には綺麗な花々が咲くように、花の色にちなんで4月の満月に付けたと言われています。この満月を見た人は「恋愛運にご利益がある」「幸せをもたらしてくれる」というロマンチックな噂があるそうです。

今夜は北海道から九州にかけて広い範囲で晴れる予報で、夜空を眺めるのにはピッタリな天気になるでしょう。
空気も乾燥しているため、より一層輝きを増した月を見ることができそうです。月明りを上手に避けて、周りの星を観察するのも良いですね。
コロナウイルス感染拡大防止で自宅待機が要請されています。時間がある夜には、ゆったりと夜空を眺めてみるのも良いのではないでしょうか。暗いニュースばかりの毎日ですが、こんな時は「おうち時間」を有意義に使いましょう!

 

首相が緊急事態宣言、7都府県で5/6まで。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)

体にやさしい食べ物「おから」。

2020年 04月5日 - 日常

豆腐を作るときに出るしぼりかすである「おから」、私はけっこう好きです。野菜と一緒に煮ておかずにするのは定番ですが、ケーキやクッキーに使ったり、ハンバーグのたねに加えたり、今では様々な使い方がされていますね。そんなおからですが、「卯の花」とも呼ぶこともあります。和食の世界では、本来の食材の呼び名ではなく、別の名前で呼ぶケースがあります。そのひとつがおからですね。おからの〈から〉が〈からっぽ〉に繋がるのを嫌い、卯の花という別名が付けられたといわれています。卯の花という名前は白いウツギの花にたとえて付けられたようです。卯の花はさらに別名があり、それは「きらず」。卯の花は包丁を使わなくても調理ができることからこの名前が付けられたとのことで、漢字で書くと「雪花菜」となります。

おからには、食物繊維のはたらきで便秘の解消が期待できたり、食物繊維とビタミンEのはたらきで美肌効果が期待できたりと、体にやさしい食べ物です。また、かさましになり、たんぱく質も含まれるのでダイエットの方にもおすすめだそうです。

江戸中期の儒学者・荻生徂徠(おぎゅうそらい)が若い頃、あまりに貧しいため、近くの豆腐屋からおからを分けてもらい、飢えをしのいだといわれています。講談や落語の有名な演目のひとつ(「徂徠豆腐」)がそれです。また、『高野聖』で有名な泉鏡花(いずみきょうか)も、貧乏時代にはおからで食いつないでいたという逸話もあります。

 

首相以外の閣僚は布マスク使っていない。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

清々しく明るく美しい季節。

2020年 04月4日 - 日常

今日は24節気のひとつ「清明(せいめい)」で、春分から数えて15日目です。
春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもので、万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。この頃はまさに桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンでもありますね。南の地方ではつばめが渡って来る頃でもあり、雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。

 

沖縄では「清明祭(シーミー)」といって、墓前に親族が集まり、酒・茶・お重を供えた後、皆でご馳走をいただく習慣があるそうです。清明祭は中国から伝わったとされ、「清明の節」の期間に先祖のお墓に親戚が集まり、お線香やお花、重箱につめた料理をお供えし供養します。基本的には清明の入りから15日以内に行うのが基本だそうですが、現代では休日に行うことが多ようです。沖縄のお墓の前は「清明祭」をするための広いスペースがちゃんと設けてあります。ここで、お重を囲んで宴が催されます。気候もいい頃ですし、今ではピクニック感覚でどのお墓もとても賑やかだそうですが、ことしはコロナウイルスのせいで、どうなされているのでしょう。

 

コロナ感染、世界で100万人超、国内で3千人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

花七日(はななぬか)

2020年 04月3日 - 日常

「花七日(はななぬか)」という言葉がありますが、桜は咲いてから散るまでが7日間に過ぎないということで、盛りの短くはかないことのたとえです。

桜の開花情報が話題となる季節になりました。まず山桜が開き始め、その後に里の桜が開き始め、今はそろそろ里の桜が咲く時期になりました。桜は種類やそれが生えている場所によって違いはありますが、開花からおよそ 7日ほどで満開を迎えるそうです。満開を迎えた桜は後は散るばかり。その盛りの短さから生まれた言葉が、今日取り上げた「花七日」です。花一時(はないっとき)とも言います。美しい桜の盛りがわずかに7日というのは何とも惜しいけれども、もし桜が7日で散る花でなくて、1年中咲き続けている花だとしたら、花と言えば桜と言うほど、愛された花となったかどうか。少なくとも今ほどみんなが桜に注意を向ける事は無かったでしょうね。

コロナウイルス騒ぎがなかったら、近郊のサクラ散策に伺いたいのですが、今年は何もかもが自粛とあらばまことに残念ですね。

 

福島市の小中、6日から午前中のみ授業。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ポジティブ=陽性。

2020年 04月2日 - 日常

「ポジティブ」と言えば、人間の性格や言動を表す言葉として主に浸透しており、「性格がポジティブ」と言えば「性格が前向き」「性格が明るい」「プラス思考の持ち主」の様な意味合いが含まれています。他に、ポジティブという単語には「陽性の~」という意味が含まれていて、それが電極の陽であったり、医学用語の陽性であったり、様々な使い方をされているようです。

新型コロナウイルスのニュースで繰り返し使われている「検査の結果、陽性反応が出た」「検査の結果は陰性だった」という表現は、日本語を英語に直訳しようとすると悩んでしまいそうですが、これらは英語で、
陽性の:positive
陰性の:negative と表します。
「ポジティブ」というと何だか良いニュアンスを感じますが、病気などの検査結果を表す “positive” は「陽性の」なので、その病気にかかっているということになります。
逆に「ネガティブ」にはいいイメージがあまりないですが、検査結果では「陰性の」を表すので、その病気にはかかっていません。
もちろん病気だけではなく、妊娠検査薬や薬物検査などの「陽性/陰性」も “positive/negative” で表すそうです。言葉の使い方、用語の意味、難しいですね。

政府マスク2枚配布に賛否両論。

投稿記事を読む - コメント

ポジティブに輝いていきましょう。

2020年 04月1日 - 日常

新年度スタートの今日4月1日は、前線を伴った低気圧が本州の南岸を進んだため、福島では朝から雨が降っていて、一時は本降りとなりました。4月の和名は「卯月(うづき)」です。卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したもの、あるいは十二支の4番目が卯(うさぎ)なので
「卯月」いわれるようになったという説もあります。

新年度に入り「心機一転」といきたいところですが、やはり今年の場合は、新型コロナウイルスの影響は甚大です。それでも、ポジティブな動きが見え始めています。例えば、自粛ムードが広がっていますが、4月1日の恒例行事である、企業からの「嘘ネタ」も例年より少ない気がします。近年は「エイプリルフール」に伴い、各企業の広報部が考え抜いて作った「嘘ネタ」が朝からリリースされ、そのおもしろさが競われていました。SNSなどで反響の大きいものは、夕方や夜のニュースで取り上げられることもあります。新年度を迎えるにあたり、気持ちも新たにリフレッシュして挑みたいですよね。4月から新しい環境に身を置く人も、そうでない人も、ポジティブに輝いていきましょう!

 

ようやくマスク着用、首相とその周辺。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

燃え尽きました。

2020年 03月31日 - 日常

今日(3月31日)は俗にいう年度末です。これは、ひとつの年度の終わりで、日本では3月末(あるいは末日の31日特定)を指す場合が多いようです。会計や学業、農産物の作付・収穫などの種々の目的から、1年をある日から次の年のある日の前日まで「年度」として区切っていますが、その末期、末日にあたる期間のことです。

日本においては、会計年度(官公庁の歳入歳出を画定する期間)や学校年度が4月1日から翌年3月31日となっているため、ある事業やサービス等の終了と開始や人事異動が年度移りに併せて行われていたり、定められた学業を終えた児童・生徒が卒業し新しく入学するものと入れ替わるといったドラマを演出する舞台となっています。 会計年度が4月~翌3月なのは日本の他、イギリス、デンマーク、カナダなどです。 アメリカ合衆国は10月~翌年9月、中華人民共和国は暦年と同じ1月~同年12月であり、それぞれ9月と12月の下旬が「年度末」になります。
なお、学校年度ではアメリカやヨーロッパ諸国は9月~翌年8月の期間となるため、卒業式は6月頃になったりしています。

法華坊主の年度末の思い出は、1981(昭和56)年3月31日、人気アイドルのピンク・レディーが東京・後楽園球場で「さよならコンサート」を開いた日です。ミーとケイは会場を埋めたファンに5年間の応援を感謝し、ヒット曲「ペッパー警部」「ウォンテッド」「UFO」などの25曲を熱唱し、「燃え尽きました」と抱き合って泣いたシーンは今も忘れられません。しかし、当日はみぞれ交じりの冷雨が降り続く悪天候であり、主催者発表3万人とはいえ、 空席が目立ったスタンド(消防庁発表1万5000人)に象徴されるように絶頂期の面影はほとんど無く、何かと比較されたキャンディーズの解散コンサート(1978年4月)が超満員だったのと比べると、あまりにも寂し過ぎるものでありました。

 

コロナ、福島でも3例目4例目の感染。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント