日常

寒さ厳しく「寒の入り」

2019年 01月6日 - 日常

今日1月6日は二十四節気のひとつ「小寒(しょうかん)」。池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。「寒の入り」ともいい、寒さの始まりを意味します。
小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。「寒中見舞い」は寒さの厳しい折に、相手の健康を気遣う季節の便りです。年賀状の返礼が遅くなった場合や、喪中の方へのご挨拶にも「寒中見舞い」を送ると良いですね。

また、七十二候では「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に入ります。芹が盛んに育つ頃という意味で、芹は春の七草のひとつです。

明日1月7日は「人日の節供」で、春の七草を入れた七草粥を食べる風習がありますね。
“人日”(じんじつ)とは文字通り”人の日”という意味です。古代中国では1月7日に「人」の運勢を占い、七種菜羹(ななしゅのさいかん)という汁物を食べて無病息災や立身出世を願うという風習がありました。これが日本古来の「若草摘み」という風習と結びついて「七草粥」となりました。江戸時代には「人日の節供」「七草の節供」として五節供の一つになり、1月7日に七草粥を食べる習慣が定着しました。

その背景には、「七草粥」でお正月のちそうに疲れた胃腸をいたわり、不足しがちな青菜を食べて栄養を取る生活の知恵もあったようです。
本来は春の七草を前日に摘みに行きますが、今はスーパーなどでも七草セットが売られているので手軽に作れます。明日は、七草粥で無病息災といきましょう!

テニス錦織、 2年11カ月ぶりツアーV。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今後の企画展に興味津々

2019年 01月5日 - 日常

毎週金曜日夜8時00分~BS11で放映されている「フランス人がときめいた日本の美術館」をご存知でしょうか。美術ファンの間でベストセラーとなっている書籍『フランス人がときめいた日本の美術館』を番組化しています。
著者で数々の美術展をプロデュースしているフランス人の美術史家ソフィー・リチャード氏のメッセージをもとに、フレッシュで透明感のある旅人たちが、日本の美術館の魅力・価値を発見していく美術探索ドキュメンタリー番組です。

昨日の後半は、「三菱一号館美術館」を紹介していました。
日本の近代建築の父と呼ばれるコンドルが設計した三菱一号館は、1894年に竣工した日本で初めて賃貸オフィスビルを備えたレンガ造りのビルでした。高度経済成長期に一度老朽化で建て替えられますが、2010年、復元され三菱一号館美術館として蘇ったのです。開館以来、定期的に「企画展」を開催している東京三菱一号館美術館です。

昨年12月に上京の時に初めて三菱一号館美術館を訪ねる機会がありましたので思い起こして見入りました。
三菱一号館美術館では、去年の秋から今年2月11日まで、ニューヨーク近代美術より前に独自の審美眼でモダンアートの作品を集めたダンカン・フィリップスのコレクションを開催中していました。そのコレクションには、モネやドラクロワなど今では巨匠として名だたる画家たちの絵が並んでいます。
世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールベ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作75点を展覧してありました。同伴のナビゲーターと一緒に年間パスを購入するなど、今後の企画展に興味は深まるばかりです。    

「すしざんまい」マグロ3.3億円。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

家族の幸福を願う「おせち」

2019年 01月4日 - 日常

お正月も三が日が過ぎ、官公庁などは今日から仕事始め。「おせち」でちょっとふっくらになられた方もおられるのでは?

さてそこで、そもそもなぜ「おせち」というのでしょう?
「おせち」は御節料理のことですが、これは、季節の変わり目(=節)の大切な日(=節日)をお祝いする行事(=節供、節句、節会)のために、神様にお供えする料理(=節供料理)という意の「御節供(おせちく)」を略したものです。
神様にお供えしたものを分かちあうことで結びつきを深め、供に祝い、その恩恵にあずかるという意味があります。
本来はお正月だけのものではありませんでしたが、年に何度もある節日の中で正月が最も重要だったため、おせちといえば正月料理をさすようになりました。

おせちのルーツは平安時代の宮中行事で、元日や五節供(五節句のこと)などの節日に節供料理をふるまう習わしがありました。
当時の庶民には縁遠いものでしたが、江戸時代に一般大衆に広がり、やがて1番目の節日であり最も重要な正月の料理を意味するようになりました。

お正月のおせち料理には、たくさんのいわれやしきたりがあります。そのどれもが家族の幸福を願うものばかり! その知恵と愛情を詰め込んで、おせちを美味しくいただきましょう。
お正月の祝い膳は「お屠蘇(おとそ)」「祝い肴」「おせち」「お雑煮」の順にいただくの、ご存知でした。

紅白、歌手別最高視聴率はサザン45.3.%。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

三日とろろ美味しうございました

2019年 01月3日 - 日常

今年の箱根駅伝は、青学大のV5ならず東海大が初優勝しました。

さてそこで、現代の学生ランナーは、円谷幸吉(つぶらやこうきち、1940~1968)の雄姿をご存知でしょうか? 
福島県須賀川市出身の円谷幸吉は、1964年の東京オリンピック最終日・男子マラソンで、エチオピアのアベベ、イギリスのヒートリーに続き、第3位(2時間16分22秒8)の栄冠を獲得しましたが、その後、挫折・苦悩の日々が続き、オリンピックから4年後の1968年1月8日に27歳で自殺しました。

「父上様、母上様、三日とろろ 美味しうございました」から始まり、「幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました」で結ばれている遺書にしたためた家族達への感謝と、特に「幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」の言葉は、当時の世間に衝撃を与えました。

円谷の遺書にある「三日とろろ」(みっかとろろ)とは、福島をはじめとする東北の一部などでお正月の 3日にとろろご飯をいただく風習です。

なぜ1月3日に食べるのかというと、願掛けのような意味もありますが、
 〇 長生きする。
 〇 とろろには風邪予防の効果があり、その1年風邪を引かない。
 〇 とろろには整腸作用・滋養強壮作用があるため、おせち料理などで疲れた胃をいたわる。
といった理由があります。
また、とろろご飯というと、麦とろご飯を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、麦は食物繊維が多く、消化に時間がかかり胃への負担が大きいので三日とろろを召し上がるには白いご飯の方が適しています。

熊本県でM5.0、震度6弱の地震。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

初夢にふさわしい夢は?

2019年 01月2日 - 日常

新年になって最初にみる夢が「初夢」です。
かつては、節分の夜あるいは大晦日や元日の夜に見る夢を初夢としましたが、現代では、事始めが正月の2日であることから2日の夜の夢を初夢とするようになりました。

それにしても、どうして初夢にこだわるのでしょう? それは、その夢の内容で1年を占ったからです。
江戸時代に流行った「初夢にふさわしい夢ベスト3」は、「一富士・二鷹・三茄子(いちふじ・にたか・さんなすび)」です。
いずれも縁起がよくめでたい吉夢ですが、3つとも天下をとった徳川家康のお膝元・駿河の名物なので、家康にあやかったとも言われています。

一富士 ⇒「富士山」高くて美しい山、山のように末広がりのものが出てくる夢で、高い目標や理想を表し、立身出世を象徴します。

二鷹 ⇒「鷹」鳥のように大空を舞うものが出てくる夢で、可能性の広がりや自由な行動力を表し、開運や夢の実現につながります。

茄子⇒茄子や、果実、野菜など実るものが出てくる夢で、事を「成す」に通じ、蓄財や子孫繁栄を表します。

せっかくなら今夜の初夢は、こうした良い夢を見てくださいね。

箱根駅伝、青学大V5へ暗雲、往路6位。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

過去を振返り今を生きる

2019年 01月1日 - 日常

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2019年の干支(えと)は「己亥(つちのとい)」で、60年で一周する干支のうち36番目にあたります。「亥」には無病息災を願う意味があるものの、実際には災害や事故などが発生しやすい年であるといわれています。

たとえば、阪神大震災が発生した1995年は亥年でしたし、近代の東京に大規模な被害をもたらした関東大震災も1923年、亥年の9月でした。震災だけではなく、1995年には世間を震撼させた地下鉄サリン事件も発生しています。

さらに、60年前、前回の己亥にあたる1959年には、吉事と災い双方で大きな出来事がありました。

1959年(昭和34年)の日本は戦後復興も一段落し、高度経済成長の真っ只中。「岩戸景気」と呼ばれる時期でした。さらに、4月末で退位される今上天皇がご成婚された年でもあり、テレビ中継されたパレードに多くの人が見入りました。

一方で、亥年の特徴といわれるとおり大きな災害・事件も起きました。戦後有数の大きな被害をもたらした「伊勢湾台風」が日本列島を襲ったのは1959年でした。また世界的に見れば、キューバ革命やチベット蜂起などが発生した年です。国内外を問わず、歴史に残る出来事がありました。

過去を振り返り、今年一年を楽しく生き抜くために惜しまぬ精進をお祈りいたします。

宇賀なつみアナ、 テレ朝退社へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

行く年来る年、戌から亥へ

2018年 12月31日 - 日常

立正院ご信者の皆さん、法華坊主の独り言にお付き合いいただいた読者の皆さん、今年も一年間お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

2018年のニュースを振り返ると、働き方改革関連法案の可決、大手も参画し急速に普及したキャッシュレス決済、トヨタも本腰を入れ始めたモビリティの活性化など、大変革への助走ともとれる出来事が多く見られました。

一方で2018年を表す漢字「災」にも象徴されるように、大規模な自然災害も相次ぎました。生活再建や防災対策は引き続き大きな課題の一つです。そしてクリスマスを直撃した株価の下落。一時1万9,000円を割り込み不安を残す年末となりました。

今年一年を振り返り、2019年が皆様にとってより良き一年であられますことをお祈りいたします。

紅白、白組が2年連続38度目の優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大晦日だからこそ家族そろって

2018年 12月30日 - 日常

お坊さんばかりでなく、猫も走ると言われる師走ですが、月末に向かって大掃除やお正月の買い出しなど、誰もが忙しい時間を過ごされたことでしょう。

そして明日は、大晦日当日。

「・・あれ?以外とすることがないかも」そう思った方は多いのではないかと思います。しかし、大晦日には現代の私たちは忘れかけている大切な行事や風習がたくさんあります。

昔は数え年だったため、新年を迎える(つまりは大晦日の日没後)と1つ年をとっていたので、家族全員でお祝いするという意味でも家族で集まることが多かったようですが、現代は「大晦日を家族で過ごす」と決めている方は少ないのではないかと思います。
しかし、新年の初詣は恋人や友達と予定されている方も、大晦日は家族と過ごされてみてはいかがでしょうか。

特に普段は仕事や学校で擦れ違いが多い場合は、大晦日だからこそ家族そろって過ごすことに意味があります。「今さら話すことがない」と思うかも知れませんが、家族と共に一年の出来事を振り返ることは、自分の過ごし方を顧みることができると共に、これまで知らずに過ごしていた家族の在り方などについても考えることができるまたとない好機です。

乃木坂46、レコ大2連覇。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

人間の煩悩の数=108

2018年 12月29日 - 日常

年越しの風物詩といえば「除夜の鐘(じょやのかね)」、お寺の鐘が響き始めるといよいよ今年も終わりだと実感します。

除夜の鐘とは、12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟んで撞かれる鐘のことです。
12月31日、大晦日の夜を1年の日ごよみを除く夜と言うことで除夜と言います。
除夜の鐘は108回撞かれますが、この回数には諸説あります。
① 眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根(ろっこん)のそれぞれに、好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう:きよらか)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・現世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表すという考え。
② 月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表すという考え。
③ 四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108をかけたとも言われている考え。
いずれの考え方を尊重するにいたしましても、鐘を撞く前には鐘に向かって合掌することが大事で、108回のうち107回は旧年のうちに撞き、残りの1回を新年に撞くと良い言われています。

30日にかけて続く年末寒波、帰省に影響。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

年越しそばを食べるわけ

2018年 12月28日 - 日常

大晦日になぜ、「年越しそば」を食べるのでしょうか。
1年の締めくくりに食べる年越しそば。「人生はそばのように細く長く生きるという意味で食べる」という説はよく聞きますがなぜそばでないとだめなのでしょう。
年越しそばは、大晦日の夜に行う年越しの行事を総称して年取り、またはお年取りということから「年(歳)取りそば」ともいいます。
また、大晦日の別称から「大年そば」「大つごもりそば」ともいい、「つごもり」とは「月ごもり」が詰まった言葉で、月の末の日の意味です。
年越しそばの風習が広まったのは江戸時代中頃で、いまも歳末の風物詩になっています。

古くから続く食習の起源、由来ははっきりとしないことが多いですが、大晦日の夜にそばを食べるという年越しそばも例外ではなく、いくつかの説が伝えられています。
1.そのうち最も広く知られているのは、そばは細く長くのびることからの縁起説で、寿命を延ばし家運を伸ばしたいという願いがこめられています。
2.そばは切れやすいことから、一年の苦労や厄災、あるいは借金を断ち切るという意味があるともいわれます。
3.また、金箔を使う細工師は飛び散った金粉を集める時に練ったそば粉を使うことから、そばは金を集めるという縁起で食ベるようになったという説もあります。
4.そばは風雨で垂れても、日に当たるとすぐに立ち直る植物なので、それにあやかってという説もあります。 
年を越す前に食べきらなければならず、蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないなどと言われます。

防衛省が韓国駆逐艦レーダー照射の動画公開。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント