日常

善哉? 汁粉?

2021年 01月22日 - 日常

寒いこの季節に食べたいぜんざい」や「おしるこ」。
みなさんは「ぜんざい」「おしるこ」と聞いて、どんなものを想像しますか?
ぜんざいは「善哉」と書き、その語源は2つあるとされています。
一つめは、もともと「善哉」は仏教用語で「すばらしい」を意味するサンスクリット語「sadhu」の漢訳であり、この食べ物のあまりのおいしさから僧が「善哉」と称賛したことから、と言われています。
もう一つは、出雲地方の神事「神在祭」でふるまわれた「神在餅」が由来とされ、「神在餅」の「じんざい」が訛り、「ぜんざい」へと変化した、と言われています。
神前に供えていた餅と小豆を一緒に煮て、小豆雑煮を作って再び供えていたものを「神在餅」と呼んでいます。
おしるこは漢字で「お汁粉」と書きます。
汁はツユがある料理、粉は具をさしたといわれています。
江戸時代末期にはあったといわれ、当時は甘いものというより、汁物というイメージでした。
砂糖は貴重な時代であったため、塩気のある味だったというワケです。
また、「餡汁粉餅」(あんしるこもち)「汁粉餅」と呼ばれていたそうです。

おしるこ」と「ぜんざい」 - 違いがわかる事典

地域性も絡んできてやや複雑です。
炊いた小豆に砂糖を加え汁状にしたものに餅や白玉を入れたものがおしるこです。
関東では粒あんもこしあんもあり、関西ではこしあんのものをおしること呼びます。
関西のぜんざいは粒あんのもの、関東のぜんざいは汁気の少ない濃いあんを餅や白玉にかけたものを言います。
ぜんざいやおしるこを食べる際には、違いを意識してみるのもいいですね。

 

「#自民の二大老害は政界を去れ」  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

二本松の在来種「アサツキ」。

2021年 01月21日 - 日常

「アサツキ」という野菜をご存じですか?
ネギの仲間で、根の浅いところでできるところから〈アサツキ〉という名前がついたと言われています。
旬は今頃(冬)で、収穫時期と雪が積もる期間が重なることから、生産量が非常に少ない野菜です。
本来は、福島県二本松市地方の在来種で、寒い時期の青菜として貴重な存在でした。
葉が非常に細く、独特の辛みとシャキッとした食感が魅力で、薬味としてはもちろん、さっと火を通すとほんのりとやわらかな甘みが出て、一度食べたらやみつきになります。

福島地域からの便り(平成21年度):東北農政局

アサツキの生産は、二本松市が福島県内の9割を占め、県内はもちろん東北・北海道へ出荷される地域特産野菜として昭和20年代から栽培されています。
栽培方法は露地栽培とハウス栽培があり、栽培方法により荷姿が変わります。
露地栽培では葉が短く、鱗茎が曲がった「鷹の爪」型の荷姿となり、ハウス栽培では葉を伸ばして葉ねぎのような荷姿となります。
アサツキは、ニラやネギと同じ仲間で、ビタミンB2・K、βカロテン、カルシウムなどを含み、独特の香り(硫化アリル)は消化分泌を助け、新陳代謝を促進し、疲労回復に効果があり、酢味噌和え、かき揚げ、卵とじや酒のつまみにと、寒い冬を乗り切るための野菜としてたいへん重宝されています。

 

福島県、コロナ累計感染者数1500人超え。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

寒さ(冷え)が一番厳しい時期。

2021年 01月20日 - 日常

きょうは24節季のひとつ「大寒(だいかん)」です。
寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。
小寒から立春までの30日間を「寒の内」といい、大寒はそのまん中にあたります。
この時季、寒稽古など耐寒のためのいろいろな行事が行われます。
また「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。

いよいよ大寒を迎えます。水道管の凍結にはご注意を!】 | 株式会社 ...

大寒の朝に汲んだ水は1年間腐らないと言われ、昔の人たちは長期間保管していたそうです。
今でこそ、きちんと管理された水道水を利用していますが、昔は井戸水を生活に使っていました。
そのため、夏のように、外気温が高い時に汲んだ水というのは、すぐに細菌が繁殖してしまいます。
しかし、大寒の日の朝は凍てつくような寒さで、その中で雑菌もなかなか繁殖できません。
そこから、「大寒の水はきれい」「質が良い」と言われていたようです。
また「大寒の卵を食べると、1年を健康で過ごすことが出来る」とも言われています。

 

今夜(1/21)2時にバイデン新政権誕生。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

風邪の予防の金柑。

2021年 01月19日 - 日常

「金柑の甘露煮」をいただきました。 ‎
‎制作者(調理人)によると、金柑は下準備として、洗ってへたを取り、竹串か爪楊枝でまんべんなく穴をあけるそうです。
鍋に下準備をした金柑とひたひたの水を入れて火にかけ、一度茹でこぼします。 ‎
‎再びかぶるくらいの水と砂糖(金柑の重さの半量が目安)を入れ、沸騰したら弱火にしてアクを取りながらコトコトと煮ます。 ‎
‎皮がやわらかくなって、つやがでたら火を止めてそのままおき、金柑に味を含ませます。 ‎
‎保存は、熱湯消毒した清潔な保存瓶などに入れて冷蔵庫で保存し、煮汁(シロップ)はお湯で割ると、体が温まるおいしいホットドリンクになるようです。

金柑(キンカン)の甘露煮 レシピ・作り方 by 根岸農園|楽天レシピ

皮に甘みがあり、皮ごとおいしく食べられ、ビタミンCが豊富な金柑は、風邪の予防にもなると昔から薬用にも用いられてきました。 ‎
‎寒い時期に風邪予防にもなりますね。

 

雪吹雪の東北道で多重事故。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

アレクサンドラ王妃が愛した花。

2021年 01月18日 - 日常

1月の誕生花であるスイートピーは、イギリスのアレクサンドラ王妃が愛した花です。
あまりにもお気に入りだったことから、後にエドワード朝を象徴する花となり、スイートピーの存在が瞬く間に各国へと広がりました。
そんなスイートピーの特徴は、ほのかに漂う甘い香りです。
麝香(じゃこう)に似たその香りは、寝室にぴったりだといわれています。
スイートピーの花言葉は、「門出」や「優しい思い出」「別離」「ほのかな喜び」などです。
これらの花言葉は、スイートピーの花が〈今にも羽ばたきそうな蝶〉に似ていることから誕生したといわれています。
そのため、高校を卒業し大学生活を始める方、そして大学を卒業し就職する方など、新たな一歩を踏み出す方へ贈る花として愛用されています。

春の妖精にふさわしいスイトピーの記録 by ますとら - スイートピーの ...

松田聖子さんの歌で有名な赤いスイートピーですが、実は赤のスイトピーはめずらしいそうです。
聖子ちゃんの歌の頃は(1982年)ここまで赤々したスイトピーは実在してなかったらしいです。
三重県の農家さんが「赤いスイートピー」のイメージに合わせて18年かけて品種改良しました。

 

森友も加計も桜にも触れず、いつもの棒読み。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

阪神淡路大震災から26年。

2021年 01月17日 - 日常

6434人が犠牲となった阪神淡路大震災からきょう(17日)で26年です。
兵庫県は新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあるため、追悼行事の多くが規模を縮小して「密」を避けるなど、例年と異なるかたちで行われたようです。
法華坊主も、地震が発生した午前5時46分に、寺の本堂で読経唱題を勤め27回忌の追悼を行いました。
阪神淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、学生を中心としたボランティア活動が活発化し、「日本のボランティア元年」と言われました。
これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、1995年12月の閣議で「防災とボランティアの日」が制定され、翌1996年から実施されました。

mold Twitterissä: "1995年1月18日朝日新聞朝刊。「兵庫南部地震(阪神 ...

2021年の1月も半分以上が過ぎました。
お正月になると、「今年こそは」と思いを新にされる方も多いかと思います。
お正月は、日頃、生活に追われて忘れているものを思い起こさせてくれるよい機会でもあります。
お正月のいろいろな習俗には、単なる語呂合わせのようなものもありますが、その奥には、私たちの祖先が精一杯生きていくなかで、いかにより幸せに生きるべきかという神仏への切なる願いがいたるところにこめられています。
それが長い間の伝承となって現在のしきたりをつくっていると思いませんか。

 

卓球・石川佳純、5年ぶり日本一。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

成人にふさわしい・・・。

2021年 01月16日 - 日常

私たちの頃、「成人の日」は1月15日、その日に成人式が行われていました。

振袖姿を華やかに!成人式後ろ姿に差が出る帯のご紹介*。 | 振袖・卒業 ...

日本で最初の成人式は、1946年11月22日に現在の埼玉県蕨市で開催されました。
1945年の太平洋戦争敗戦で、日本全体が意気消沈していたため、青年たちを励まそうと始められたようです。
これに日本国政府が影響を受け、成人の日制定のはこびとなりました。
1948年制定の祝日法では、「成人の日」は1月15日と定められていましたが、これは元服が小正月にあたる1月15日に行われることが多かったからとされています。
旧暦の1月15日は満月にあたるため、年の初めと考えられていたようです。
しかし、2000年のハッピーマンデー制度導入に伴って、「成人の日」は1月の第2月曜日に変更されており、今年は1月11日でした。
コロナ禍前の成人式では、自治体ごとに、年度内に成人する若者を招いてイベントを行いますが、自治体ごとに内容はさまざまで、自治体出身の有名人を招いて講演会をしたり、パーティが開かれていました。
今年は、コロナウイルス感染拡大により中止や延期、あるいは規模を縮小したり屋外で開催されたところもあったようです。
成人式は元服や裳着を由来とすることもあり、男子は羽織袴、女子は振袖といった正装をすることが多いようですが、衣装に決まりがあるわけではありません。
それぞれが「成人にふさわしい」と感じる衣装で参加するのが本義でしょう。
むしろ、正装をして、酔っぱらったり騒いだりするよりは、大人らしい普段着で、礼儀正しく祝うのが成人らしいと言えるのではないでしょうか。

 

画家の安野光雅さん、94歳で死去。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今朝はお粥を食べましたか?

2021年 01月15日 - 日常

1月の半ばとなりますと、寒の厳しさもひとしおとなります。
お正月の晴れやかさが懐かしいところですね。
古くからの行事に「小正月(こしょうがつ)」があります。
元日の「大正月(だいしょうがつ)」に対して15日を「小正月」と呼びます。
「大正月」は別名「男正月(おとこしょうがつ)」とも呼ぶことから、「小正月」は「女正月(おんなしょうがつ)」と対をなしています。
意味にもぴったりで、元日からゆっくりすることのできない女性が、やっと年始回りや、女性だけの集いをすることを言います。
今でも、家庭を持っている女性は正月はプライベートにさく時間が持ちにくいもの、普遍的な行事とも言えますね。

小正月は家庭的な行事を行う日!「女正月」という別名もある ...
「小正月」は「餅花(もちばな)」を飾ることから「花正月(はなしょうがつ)」とも呼びます。
餅花とは、柳などの枝にお餅やお団子を小さく丸めて刺す紅白の飾りで、五穀豊穣を願うものです。
養蚕の盛んな地域では、米粉で繭の形を作って飾ったことから「繭玉(まゆだま)」と呼ばれています。
また、15日の朝は「十五日粥(じゅうごにちがゆ)」を食す習慣がありますが、春の木に宿る生命力にあやかったもので、「成木責(なりきぜめ)」や「粥の木(かゆのき)」などの習慣にも通じます。

 

世界の累計感染者数、9000万人超。

投稿記事を読む - コメント

忘れ去られゆく日本の伝統と習慣。

2021年 01月14日 - 日常

明日の小正月を迎え、「だんごさし」を行いました。 ‎
‎昔は、お正月を送ったら、小正月の1月14日にだんごをさして神棚に麩菓子等をぶら下げて飾るという、福島に伝わる伝統行事です‎。 ‎
‎農家にとって米と絹は、「税」の役目を果たす非常に大切なもので、その年の豊作と養蚕の安全を祈りました。 ‎
‎木にはだんごの他に宝船や小判の作り物をささげて縁起をかついだようです。 ‎
‎だんごをゆでたお湯は家のまわりにまいて、野菜の虫除け(害虫)と病気が入らないようにとお願いします。

ダンゴさし(十六団子)|Web資料館|三春町歴史民俗資料館 - 三春町 ...

忘れ去られゆく日本の伝統と習慣。 ‎
‎いつも申し上げるように「意味のない外国へのあこがれ」「異様なまでの欧米化」。 ‎
‎ご先祖様が、イヤそこまで遡らなくとも父母たちが、一生懸命守って来た日本の伝統と文化、そして習慣を忘れてはいけません。 ‎
‎先人が行なってきた全てをとは申しませんから、一つでも二つでも、型が無理なら魂だけでも後人に継承する努力を、もう一度考え直す時期に来ているのではないでしょうか。 ‎
‎改革とは、先人の行跡を検証した後に執り行う行動です。

 

トランプ、2度目の弾劾訴追。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

福が重なる縁起物。

2021年 01月13日 - 日常

今年のお正月はコロナウイルス感染拡大のため、寂しいお正月となりました‎‎。 ‎
‎いつもは大勢で楽しくいただくおせち料理も、いつもとは違った味わいでしたね。
‎ところで、おせち料理はなぜ重箱に詰めるのか、理由を考えたことはありますか? ‎
‎お正月は、新年の神様である「年神様」を家に迎え入れ、五穀豊穣、家内安全、子孫繁栄などの福を授けてもらうための行事です。 ‎
‎おせち料理は年神様のお供え料理であり、家族の幸せを祈る縁起物としての位置付けがありました。 ‎
‎おせち料理は縁起物なので、 重箱に詰めることにも「福が重なる」「めでたさが重なる」という願いが込められているのです‎‎。

国内最安値! 【ふるさと納税】JB09.日本料理てら岡・おせち「博多寿与 ...

現在使用されている重箱は三段重が一般的ですが、正式には四段重が基本です‎‎。 ‎
お重は上から、「一の重」、「二の重」、「三の重」、「与の重」と呼びます‎‎。 ‎
‎「四」は「死」を連想させることからお正月には縁起が悪いという理由で、「四の重」とは言わずに「与の重」と呼びました‎‎。 ‎
‎おせち料理を重箱に詰めるときは、お重ごとに詰める料理が決まっており、それぞれ、五、七、九の奇数の種類を詰めると縁起がよいとされています‎‎。 ‎
‎奇数は吉数とも呼ばれ縁起が良いためです。
一の重は「祝い肴」で、黒豆・数の子・田作り・紅白かまぼこなどを詰めます。
二の重は「口取り肴」いわゆる「口取り」です‎‎。 ‎
‎「口取り」とは、「八寸」と呼ばれるもので、会席料理の際に最初に出される料理のことです‎‎。 ‎
‎おせち料理では、きんとん・伊達巻き・昆布巻きなど甘いものや、紅白なますなど酢の物を詰めます。
三の重は「焼き物」で、海老の塩焼き・ブリの照り焼き・イカの松笠焼きなど海の幸が中心となります。
与(四)の重は「煮物」で、野菜のお煮しめや筑前煮など山の幸を詰めていきます。
これは一例に過ぎず、古くから伝わる重箱の使い方も日々変化おせち料理の内容、お重の段数や詰め方などは地方によってしきたりが違うため、少しずつ異なります‎‎。 ‎
‎また、近年では家族の好みや流行も取り入れられるようになり、洋風おせちや中華おせちなどおせち料理も多彩に変化してきました‎‎。 ‎
‎特徴はそれぞれですが、先人の知恵や風習を大切にして、来年こそは家族そろっておせち料理を楽しみたいですね。

 

福島県は「コロナ緊急対策期間」、~2/7。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント