日常

「ポン」?

2021年 04月12日 - 日常

春の青野菜のお浸しををいただくのに、近年、健康管理を気にとめて、お醬油ではなく「ポン酢」を愛用しています。
普段はミツカンの「ポン酢」を使いますが、最近はいろんな味が出てきて、スーパーには各社各種の商品が陳列されています。

ふぁる در توییتر "関東のスーパーはポン酢の品揃えが悪いって話だけど ...

ところで、「ポン酢」の「ポン」って何なのかご存じですか?
ポン酢は柑橘類の果汁のことで、スダチ・ユズ・ダイダイ・カボスなどの絞り汁です。
最近は醤油などの調味料を加えた「ポン酢しょうゆ」のことも、直接「ポン酢」と呼ばれているそうです。
鍋物やお浸しなど、日本の食卓にはかかせないものとなっているので元々日本の言葉だと思われがちですが、実は語源はオランダ語のポンス(pons)、すなわちビターオレンジ、日本でいうところのダイダイの絞り汁のことからきているそうです。
この酸味のあるポンスに酢を連想して、あて字したのがポン酢の始まりとなったようです。
当たり前のように使っている言葉の中にも、意外な外来語は混じっているものなのですね。

最近は技術の発達により、さまざまなポン酢が出てきています。
定番のユズやスダチのほかにも、ダイダイやミカン、カボス、デコポン、ジャバラといった果物を使ったものもあります。
鯛だしや、とり野菜味噌、玉ねぎ、牡蠣醤油を加えたものもありますし、お酢に注目をして柿酢を加えたものとかもあります。
さらには、ちょいかけボトルのように、卓上に置いて適量が出せる、より使いやすく工夫を凝らした商品まで出てきました。
恥ずかしながら、蓋をあけるときにする「ポンッ」という音がするからとか、フルーツのぽんかんの「ポン」かなと思っていた「ポン酢」も日々進化しているようです。

 

松山英樹、日本人初マスターズV。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

どちらを見ても 山笑う。

2021年 04月11日 - 日常

サクラも盛りを過ぎて、これからは新緑が陽に映え、風は爽やかに感じられる好季節になります。

「故郷や どちらを見ても 山笑う」は、明治時代の俳人・正岡子規の詠んだ俳句です。
郷里である愛媛を長らく離れていた子規が久々の帰郷で目にする懐かしい野山の景色と、その景色を見て歓喜する子規の心とがひとつになって詠まれたものではなかろうかと思います。

花彩々 山笑う - 《花彩々》・・・四季を彩る草花をコンデジやPC画で ...
花が咲き始め鳥が歌う春は「山笑う」、青葉が茂りみずみずしい夏は「山滴る」、紅葉に彩られた秋の山を「山粧う」といい、冬山の静けさは「山眠る」などと、四季折々の山をまるで生きているかのように表す言葉があります。
これは、11世紀の中国の郭煕(かくき)という画家の言葉に由来しているそうですが、とても素敵な表現ですね。

春山淡冶而如笑 (春山 淡冶(たんや)にして 笑(わら)うが如く)。
夏山蒼翠而如滴 (夏山 蒼翠(そうすい)として 滴(した)たるが如し)。
秋山明浄而如粧 (秋山 明浄(めいじょう)にして 粧(よそお)うが如く)。
冬山惨淡而如睡 (冬山 惨淡(さんたん)として 睡(ねむ)るが如し)。

淡冶(たんや)とは、「うっすらと艶めくさま」を言います。
まさに今朝の吾妻・安達太良連峰は、これからの笑いのために大きく深呼吸しているように見えませんか。

 

今日のニュースは何だろう?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

花びらが散ったあとの桜。

2021年 04月10日 - 日常

♪ 花びらが散ったあとの桜が
 とても冷たくされるように
 誰にも 心の片隅に 
 見せたくはないものがあるよね  ♫

この歌い出しで始まる曲をご存じですか‎? ‎
‎わ‎
たしも今回、親愛なる友人の薦めもあって、久しぶりに聴く機会を得ました。
「ささやかなこの人生」は、日本のフォークデュオ「風」が1976年6月25日に発表した楽曲です。
‎桜の花が散ってしまうと誰も見向きもせず、興味がなくなる。
‎花の散った桜が、その姿を本当は隠したい、そして見られたくないように、人間も、綺麗で華やかなところばかりではなく、過去の自分とか 見られたくない姿があるのよ!といった意でしょうか。

芽瑠璃堂 > 風 『(中古盤) ささやかなこの人生 / 時には(7インチ ...

サビの
♫ やさしかった 恋人たちよ
‎ ささやかなこの人生を~ ♪
の部分は、1992年頃のNTTのCMに使われていたことがあるから、タイトルを聴いてもピンとこない人でも、聴けば「ああ、あの曲か」って分かる方も多いでしょう。
‎この曲を聴きながら、名残惜しい今年のサクラを楽しんでください。

 

東京570人、大阪918人。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

サクラに寒気。

2021年 04月9日 - 日常

立春を過ぎた後に冬のような寒さが戻ってくることを「寒の戻り」といいます。
特に、花見の季節の寒の戻りのことを「花冷え」といい、手紙を書く時の時候の挨拶にも使われます。

花冷えの毎日 立正院きしもじん | 立正院きしもじん
「寒の戻り」とは、だんだん暖かくなっていく春の時期に、一時的に冬の寒さがぶり返すことを意味します。
よって、「暖かくなってきた晩春に一時的に寒くなること」というイメージが強いので、4月に使われることが多いようです。「花冷え」は、寒の戻りの類義語として紹介されることが多いようです。
花冷えとは「桜が咲くころに一時的な冷え込むこと」という意味で、寒の戻りの「晩春のころ、一時的に寒さがぶり返すこと」と被っている部分があります。
桜の咲く時期は場所によって大きく変わり、3月末から5月中上旬までとなっているので、その時期に寒くなると「花冷え」という表現をするのだそうです。
寒気の影響で、きょうの福島市は、朝から気温が低く、所々で雨や雪が降りました。
午後も気温は上がりにくく、まさしく「寒の戻り」で、最高気温は3月上旬並みの8.5℃でした。

 

政府、原発処理水海洋放出の方針。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

二本松は、サクラの宝庫。

2021年 04月7日 - 日常

立正院の脇を流れる「境川」の向こう側が二本松市(旧安達町)ですが、市内の各地にはサクラの名所がたくさんあります。

万燈桜 福島県二本松市/桜 - ロコナビ
霞ヶ城公園では、ソメイヨシノを中心に 2,500本もの桜が咲き誇ります。
安達ヶ原公園は、謡曲・歌舞伎の「黒塚」で有名な鬼婆伝説の地にサクラが咲きます。
茶園のサクラは、推定樹齢 800年のエドヒガンザクラです。
本久寺のシダレザクラは、初代二本松藩主丹羽光重公が入府 (1643) した際に植樹したと伝えられ、枝振りが見事です。
鏡石寺のシダレザクラは、枝張り二重の見事な重層樹形で、推定樹齢約400年と言われています。
蓮華寺のシダレザクラは、二枝に分かれ斜めに伸び、奇形を呈しながら小枝が滝のように垂れています。
大隣寺のシダレザクラは、二本松藩主丹羽家累代の菩提寺のシダレザクラです。
岳温泉の桜坂は、安達太良山中腹にある温泉地にあり、開花は市内で最も遅いです。
円東寺のシダレザクラは、推定樹齢400年で、大きく広がる樹形は古刹に調和し趣き深い姿です。
万燈桜(まんとうざくら)は、道の駅「安達」下り線内にある一本桜で、遠くに雄大な安達太良山を望めます。
合戦場(かっせんば)のシダレザクラは、滝が落ちるような見事な花を咲かせます。
愛蔵寺の護摩桜(ごまざくら)は、ベニヒガンザクラの一種で、噴水が滴るように紅色に花を付けます。
中島の地蔵桜(じぞうざくら)は、推定樹齢150年、樹高約10m、枝張り約30mの紅シダレザクラです。
ほかにもまだまだ紹介したいサクラがあります。
今年は開花が早く、散り始めているサクラもありますので、駆け足で巡ってみてはいかがですか?

 

全国の新感染者、3000人超える。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本人にとって桜は特別な花。

2021年 04月4日 - 日常

サクラは、私たち日本人に古くから親しまれており、暮らしの中に深く根付いています。
春の気候や情景を表すことばにも「サクラ」が使われているものがたくさんあります。
古くから「花見」といえば「サクラ」の花を見ることを意味したように、日本人にとってサクラは特別な花で、ただ「花」と表されていても、サクラを指すことが多いようです。

4月といえば】日本の伝統行事・食べ物・風物詩【歳時記】 | ORIGAMI ...

サクラの花の様子をあらわすことばにも味わいがあり、「こぼれ桜」「花吹雪」「花明かり」「花筏=はないかだ」「花の浮橋」・・・があります。
「こぼれ桜」は、サクラの花が満開で、まるで地面にこぼれ落ちたように見える様子のことから、サクラの花びらを散らした模様を指します。
「花吹雪」は、満開の花の中でも、特にサクラの花びらが風に吹かれて舞い散る様子が、まるで雪が吹雪いているように見えることから生まれたことばです。
「花明かり」は、サクラの花が満開で、闇の中でも辺りをほんのりと明るく照らしているように感じられる様子を言います。
「花筏」は、水面に散った花びらが筏のように流れていく様子を言います。
「花の浮橋」は、水面に散った花びらが橋のように集まっている様子です。
日本人らしい感性にあふれた美しいことばを、会話の中でさりげなく使えると素敵ですね。
ついでに「花より団子」は、きれいなサクラの花を見るより、花見団子を食べたほうが良いというところから、「風流を理解する心がないこと」や「名誉よりも実利を優先する」などという意味で使われますので、ご注意を。

 

池江璃花子アッパレ、おめでとう。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

明るく清らかで生き生きと。

2021年 04月4日 - 日常

きょう(4日)は、24節気の一つ「清明(せいめい)」です。
清明とは、「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」という言葉を略したもので、全てのものが明るく清らかで生き生きとしている頃という意味です。
ちょうど、草木が生命力にあふれ、生き物が元気に動き回るという時季です。

中国の「清明節」では、先祖の霊を供養する祝日にあたります。
先祖のお墓の草むしりをしたり、掃除をしたりする日「掃墓節(そうぼせつ)」とも呼ばれ、日本でいうお盆のような日にあたります。
沖縄では、中国から距離的に近いというのもあり「清明祭」が行われていて、「シーミー」や「ウシーミー」と言います。
清明祭では先祖のお墓に親戚が集まり、お墓の掃除やお供えの後に、ご馳走を食べる祖先供養の行事です。

タンポポってみんな同じ種類じゃないの?! お散歩が楽しくなるタンポポ ...

またこの時季になると、冷たい北風が終わりをつげ、春の温かい空気を運んでくれる風を「清明風」と言い、南東から吹いてくる風をさすようです。

 

コロナ第4波?感染倍増の恐れ、「英国型」猛威。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

国の礎を築いた御祭神。

2021年 04月3日 - 日常

きょう4月3日は「神武天皇祭」、すなわち神武天皇の崩御された日であり、神武天皇の偉業を讃える日です。
『日本書紀』は30巻で構成されていますが、最初の2巻には神々の物語が記され、その後の巻には歴代天皇の在位期間に起きた出来事などが記されています。
神代の巻と天皇の巻をつなぐ人物が、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと=神武天皇)です。
天照大神(あまてらすおおみかみ)は、地上を統治させようと天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を、天上の国・高天原(たかまのはら)から南九州の高千穂の峰に降ろします。
その瓊瓊杵尊の曾孫(ひまご)が神日本磐余彦尊です。
神日本磐余彦尊は、天下を治めるのに適当な場所を探し、進軍を開始しました。
北九州から瀬戸内海を通って大阪湾に上陸し、生駒山を越えようとしたとき、この地の豪族である長髄彦(ながすねびこ)に強く抵抗され、大敗を喫します。
一行は海路で熊野に回り、天照大神が遣わした八咫烏(やたがらす)の先導により、険しい熊野の山々を越えて兎田(うだ=宇陀)に至り、次々と豪族を討ち進みます。
長髄彦との再戦では、当初は劣勢でしたが、飛来した金の鵄(とび)が神日本磐余彦尊の弓先に止まって稲妻のように光り輝き、長髄彦の軍勢の目をくらませて、戦う気力をなくさせました。
こうしてこの戦いに勝利した神日本磐余彦尊は、橿原の地で初代天皇として即位したと書紀に記されています。

橿原神宮 | 一般社団法人橿原市観光協会サイト さらら

橿原神宮では、きょう「神武天皇祭」が斎行され、巫女による神楽「浦安の舞」が奉奏されます。
祭典では、国の礎を築いた御祭神の御聖徳を偲び、国家繁栄と御皇室の弥栄、国民の安寧と健康長寿を祈願します。
地元の人々からは、神武天皇の御神徳を敬慕し、親しみを込めて「神武さん」と呼ばれています。

 

大阪で新たに666人感染、過去最多。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

2021の新年度を迎え・・・。

2021年 04月2日 - 日常

サクラが咲きはじめると、そろそろ入学式のシーズン。
満開のサクラの下で記念写真を撮ったと昔を懐かしむ人も多いと思います。
日本の学校では、当たり前のように4月に入学式や新学期を迎えますが、新年は1月からはじまるのになぜ4月?と疑問に思ったことのある人もいるのではないでしょうか。
もともと日本の学校には入学式や新学期という風習はありませんでした。
と言っても、これは昔の江戸時代の話で、当時は学びの場として開設されていた寺子屋などでは特に入学の時期を決めずに、いつでも入学することができたそうです。
この時代の子どもたちは、子どもとはいえ家族の仕事を手伝うことが多かったため、現在のように時間割などもなく、学べる時間だけ学ぶという子どもが多かったようです。
明治時代に入ると、明治維新によって西洋の文化が取り入れられるようになり、教育も西洋の文化にならって9月入学が主流となっていきました。

モクレン(木蓮)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 | LOVEGREEN(ラブ ...

ところが、明治19年(1886年)に国の会計年度が3~4月に行われるようになったことをきっかけに、当時の文部省の指示で高等師範学校は4月入学となりました。
その理由は、学校運営に必要なお金を政府から調達するため、国の会計年度のはじまりとなる4月に合わせないと不便が生じるためと言われています。
その後、全国の師範学校や小学校でも4月入学が広まり、大正時代に入ると高校や大学も4月入学に変わり、現在のスタイルになりました。
「会計年度」が4月になったのは、「かつて日本政府の税金の収入源が農家のお米であったことから、農家の方たちが秋にできたお米を収穫して現金で納税してから予算編成するため、4月にしたほうが都合がよかったこと」や、「経済力を誇ったイギリスの会計年度が4月であったこと」に由来します。
2021の新年度を迎え、心新たに再出発しましょう。

 

有吉弘行&夏目三久が電撃結婚。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

April Fool’s Day。

2021年 04月1日 - 日常

きょうから4月、その和名は「卯月(うづき)」。
由来は、ウツギの花である「卯の花」が咲く季節(実際の開花期は5~6月)だから、という説が有力です。
また、「卯の花」は、その色が似ていることから、おからの別名としても使われています。
4月は入学式や入社式など、新生活がスタートする節目の月で、暖かな陽気に誘われ、草花が咲き、動物や虫たちが顔を出し始める季節です。
日本を代表する「サクラ」も、今年は西から東へと一気に見頃を迎え、春の訪れを感じます。

春空に咲き誇る満開の桜」の画像・写真素材を無料ダウンロード(1 ...

そして今日は、毎年4月1日には嘘をついてもいいという「エイプリルフール(April Fool’s Day)」
西洋にはじまり、そこから世界へと広がっていき、日本には大正時代に伝わり浸透してきたと言われています。
日本ではエイプリル(4月)フール(馬鹿)を直訳して「四月馬鹿」と、嘘をつかれた人を指す言葉も使われています。
「ウソも方便」上手に使えばコミュニケーションのひとつになることもあります。
だますことを目的とせずに、ジョークとして場を和ませたり、相手が信じ込んでいたら、きちんとネタバレして「なーんだ」とみんなで笑い合いましょう。

 

河井克行被告の議員辞職を許可。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント