日常

夏目漱石、異色の作品。

2019年 09月1日 - 日常

今日から9月、そして今日1日は立春から数えて210日目に当たる「二百十日(にひゃくとおか)」です。


夏目漱石が1906年に発表した「二百十日」という短めの小説があります。
「草枕」と同じく熊本県が舞台で、作者の熊本滞在中の実体験が元になったと言われています。
主な登場人物は、圭さんと碌さんの二人。
小説の大半がこの二人の会話文で成り立っており、夏目漱石の小説の中でもかなり異色の作品だと思います。
タイトルの「二百十日」とは、前述のとおり、立春から210日目にあたる日で、現在の9月1日前後のことです。
古来より台風が多い日と言われていて、農家にとっては厄日に当たります。
作中では、阿蘇山に登る圭さんと碌さんが、「二百十日」の天気の悪さに見舞われ、その内容は、阿蘇山への登山をメインイベントに、主人公が度々、権力に対する不満を口にするというものです。
作者自身の思いも投影されているのでしょうね。
ただ、圭と碌の息の合ったコンビネーションと、とぼけた味わいの会話の応酬が心地よかったです。
半熟卵のオーダーが全く通じないために、生卵と固ゆでの卵を食べるシーンには笑わされます。
「吾輩は猫である」の苦沙弥とそのお客さんとの間で延々と繰り返される、無駄話にもつながるものがありました。
一部の特権階級が権力を握っていた、明治時代の社会制度への痛烈なメッセージも込められていて考えさせられます。
大自然のど真ん中に投げ出された時の無力さと、いつの時代にも変わることのない阿蘇山の雄大なシルエットとのコントラストが心に残りました。
1時間もあれば読了できる小説ですので、一度みなさんも眼を通してみてください。

競泳・萩野公介とmiwaが今秋結婚へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年も残り1/3。

2019年 08月31日 - 日常

一昨日、福島市陣場町の自宅兼店舗に放火したとして、福島北署は非現住建造物等放火の疑いで飲食店経営の仲又忠光容疑者を現行犯逮捕しました。
ガソリンのようなものをまいて火を付けたといいいます。  
先月、京アニ放火事件があったばかりで、模倣犯ではなさそうですが、心配な事件が近郊で起こっています。


8月も「最後の日」になりました。
今年は、梅雨も長引きましたし、お盆には台風、そして秋雨前線の影響もずっと続いております。
こんな猛暑が激しかったり、雨や曇りの日が多かった8月は、はじめての経験でした。
8月を終えると9・10・11・12の4カ月、今年も残すところ1/3です。
日蓮聖人は『報恩抄』の中で、「春は花さき、秋は果(このみ)なる。夏はあたたかに、冬はつめたし。時のしからしむるに有らずや」と示され、それぞれの季節に順応してお題目の信仰に励みなさい!と説かれています。
また私たちと同じようにお題目を唱え、法華経の信者であった宮沢賢治も、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ 夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ・・・」と記して、これまた驕ることなく、欲することなく、日々精進しなさい!と教えています。

なつぞら・来週副題は「なつよ、天陽くんにさよならを」  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

心を掴んで離さない傑作。

2019年 08月31日 - 日常

今回の上京では、福島ではやってない「存在のない子どもたち」を観ました。
ナディーン・ラバキー監督が手がける社会派ドラマで、レバノンの貧民窟に住む少年ゼインが、さまざまな困難に向き合いながら、ひたむきに生きていく様を捉えます。
ゼイン役のゼイン・アル・ラフィーアを筆頭に、出演者の大半を演じる役柄によく似た境遇にある一般人をキャスティングしているとのことで、ラバキー監督も検事役で出演していました。
この映画は、第71回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したほか、アカデミー賞およびゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされるなどの評価を得ています。

この映画が突き付けているのは、わたしたちが当たり前に受け取っている「近代国民国家」の暗部であり、社会システムに組み込まれた「構造的暴力」の静かな告発です。
この映画を観て、多くの方が忘れてしまいがちな、世界中に根差す貧困問題を思い返してくれることを祈ります。
そして、絶望の中に生き、親からの愛情を知らない子供が、人を思いやり、愛することが出来るということに心をえぐられ、涙する作品でした。
映画を見ることで世界を変えられませんが、「存在のない子供たち」を観れば、いつもより少しだけ、優しい心でいられるかもしれませんね。

「報ステ」金曜MCに森川夕貴アナ起用へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

前線がウロウロする秋の長雨。

2019年 08月28日 - 日常

気象庁は28日朝に福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発令しました。
これまでに経験したことのないような豪雨となっていて、最大級の警戒が必要です。
前線の活動が活発になっている影響で、九州では1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測しました。
24時間の雨量は平年の8月1カ月分の2倍に達し、観測史上1位となっている所があります。
29日にかけては西日本から北日本の広い範囲で大雨の恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。


ここ最近、ニュースで「秋雨前線」という言葉をよく聞くようになり、まだ季節は夏ですが、秋の訪れを感じますね。
日本列島を秋雨前線がウロウロする秋の長雨シーズン。
この天気をもたらす秋雨前線の正体は何でしょう?
「前線」とは、性質の異なる空気の境目。
「暖かい空気」や「冷たい空気」の境目などにできます。
性質の異なる空気がぶつかる場所では上昇気流が起こり、雲が発生します。
季節の変わり目は「北の冷たい空気」と「南の暖かい空気」に挟まれるため、東西に長い前線ができます。
よって、秋雨前線は「秋の空気」と「夏の空気」の境目で、秋になると北から冷たい空気がやってくるので、季節が進むにつれて秋雨前線の位置は次第に南下します。
南から台風が北上してくる時に秋雨前線があると、暖かく湿った空気で前線が刺激され、台風が離れている段階から大雨になることがあります。
秋雨前線が停滞する時期は、台風の動向にも注意が必要です。

上野厚労政務官、口利き疑惑で辞任。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

単なる複製やコピーではない。

2019年 08月27日 - 日常

昨日、沼津での会合の帰り、横浜・そごう美術館で開催の『令和元年記念 北斎展[HOKUSAI] 』(~9/1)を観てきました。
今回は、冨獄三十六景がリ・クリエイト(複製画)で勢揃いしており、最新のデジタル・リマスタリング技術で180年前の色彩を求めて再創造した冨獄三十六景全46作品(拡大版)を一堂に展示してありました。
さらに、富獄百景102図も勢揃いしており、初摺本を底本に制作された復刻本を1枚ずつほどいての展示です。
他にも、北斎漫画全15編の展示や、版画の制作過程を道具も展示しながらわかりやすく解説が加えてありました。
本展の監修が、生物学者の福岡伸一先生であることを知り、納得しました。

葛飾北斎は、90才を迎える直前「天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となる得べし」と言い残して死にました。
天がせめてあと5年寿命を与えてくれたなら、わたしは真の画家となることができただろうに、と。
クリエイト・アートは、単なる複製やコピーではありません。
画家の生命は、周りを額で囲まれた四角い絵の中にあるのではなく、むしろ四角いフレームに囲まれた絵と絵の「あいだ」にこそあるのです。
全作品、全連作を、北斎の生きた時間軸に沿って陳列し、芸術作品の「あいだ」、つまり文脈を浮かび上がらせる試みなのです。
このときはじめて、画家の人生の生命潮流全体が浮かび上がってくるのだ、と紹介してありました。
北斎の作品群を一堂に集めることによって立ち上がってくる彼の躍動と潮流。
それと同時に絵の細部に宿る彼の試行錯誤や苦悩、そして渇望を感じてほしいと思わせる貴重な展覧会でした。
観後会は、東京駅の沖縄料理店でリ・クリエイトの魅力について語り合いました。

GSOMIA破棄は側近スキャンダル隠し?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

あなたの好きな「朝ドラ」は?

2019年 08月25日 - 日常

「朝ドラ」の愛称で親しまれているNHK連続テレビ小説は、現在放映中の「なつぞら」で100作目です。
主演の広瀬すずは、今月20日にクランクアップし、 1年3ヶ月にわたる撮影も「本当に大丈夫でした!」とコメントしました。
そこで、「朝ドラ」はなぜこれほど愛されるのでしょうか。
そして、あなたの一番好きな「朝ドラ」は、どの作品ですか?
『週刊朝日』(2019/8/30号)の記事によると、放送順に
おはなはん(1966)、雲のじゅうたん(1976)、おしん(1983)、はね駒(1986)、ふたりっ子(1996)、あぐり(1997)、ちゅらさん(2001)、芋たこなんきん(2006)、ちりとてちん(2007)、ゲゲゲの女房(2010)、カーネーション(2011)、あまちゃん(2013)、ごちそうさん(2013)、花子とアン(2014)、マッサン(2014)、あさが来た(2015)、とと姉ちゃん(2016)、ひよっこ(2017)、まんぷく(2018)、なつぞら(2019)が、BEST20だそうです。
法華坊主の朝ドラデビューは、能年玲奈主演の「あまちゃん」です。
昭和の名作の数々も負けてはおらず、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という圧倒的な記録をたたき出した「おしん」は、今なお圧倒的人気です。
平均視聴率でみれば「おしん」に続いて、「繭子ひとり」47.4%、「藍より青く」47.3%、「鳩子の海」47.2%など、70年代の作品が上位に並び、00年代以降の作品の平均視聴率が20%前後であることを考えると、そのころはテレビが文化の中心であったことが実感できます。
「なつぞら」は、歴代のヒロイン(松嶋菜々子、北林早苗、岩崎ひろみ、小林綾子、比嘉愛未、山口智子、貫地谷しほり、原日出子、三倉茉奈、藤田三保子、田中裕子、藤澤恵麻=なつぞら出演順)らが続々登場することでも話題を集めています。
そして2020年春からは、「マッサン」以来の男性主人公となる窪田正孝主演の「エール」が放送予定で、全国高等学校野球大会の歌としておなじみの「栄冠は君に輝く」など数々の名曲を作った福島県出身の作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語が描かれます。

石川遼、完全V達成でツアー通算16勝目。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

黄金日車・こがねひぐるま

2019年 08月24日 - 日常

喜多方市にある三ノ倉高原のひまわり畑が満開で、緩やかな傾斜地を埋め尽くす圧巻の光景をひと目見ようと、大勢の人が訪れています。
三ノ倉スキー場に隣接する6.5ヘクタール超の牧場跡地に植えられた数は約200万本。
ひまわりには、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴うさまざまな被害を乗り越えようとの思いが込められています。

ひまわり「向日葵」は、夏の代表的な花です。
読んで字のごとく、花がが太陽に向って回るという意味の名前で、「日車(ひぐるま)」「日輪草(にちりんそう)」とい別名があり、雅語では「黄金日車(こがねひぐるま)」といいます。
ちなみに「雅語(がご)」とは主に平安時代の言葉で、和歌などに用いられる洗練された上品な言葉のことです。
茎は直立で1~3mくらいで、茎や葉には粗毛が付いていて、種子からはヒマワリ油が抽出されます。
日本には寛文年間に中国経由で渡来し、鑑賞以外、油科植物としても栽培されています。
花言葉は、「あこがれ」「あなたを見つめる」などの太陽を追っていく性質からくる花言葉がありますし、「愛慕」「敬慕」「愛慕」「崇拝」「情熱」などのまぶしい花言葉もあります。
敬老の日に、「光輝」などの意味合いの花言葉で花束を贈るのもいいですね。
「あなたを幸福にする」「あなたは素晴らしい」なんていうロマンチックな花言葉もありますから、思い人にはひまわりの花束をぜひ贈りたいですよね。

水卜麻美アナが「24時間駅伝」走る!  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

厳しい暑さ、峠越す。

2019年 08月23日 - 日常

今日は24節気のひとつ「処暑(しょしょ)」、暑さが和らぐという意味です。
萩の花が咲き、穀物が実り始める頃で、厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。
この頃は台風のシーズンでもあり、二百十日、二百二十日とともに台風襲来の特異日です。
夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、まだまだ注意が必要です。

今年は夏風邪のせいか、鼻水・咳・ノドの痛みなどに悩まされました。
特に、お盆前は声が出ずらく、檀家のオバさんに「演歌歌手?と一緒で、声を出すお仕事のひとは大変だね」と言われてしまいました。
反論するわけではありませんが、ボクはハスキーな声好きです。特に女性の!
ハスキーな声の女性は、セクシーでもあり、落ち着いてる印象や、けだるい感じもまた魅力に感じたりします。
代表的昭和の女性を挙げるならば、大原麗子に青江三奈や、ボヘミアンを歌った彼女に、りりぃ、藤圭子など・・・。
平成なら、宇多田ヒカルに、YOU、土屋アンナ、菜々緒 、木下優樹菜、鈴木紗理奈、水川あさみ・・・二階堂ふみ に中村あゆみもいますね。
声が出にくくなっている貴女、いつまでも「しわがれた声」を保持してくださいね。

日韓の確執「GSOMIA破棄」拡がる波紋。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

RENDEZVOUSとは関係ないが。

2019年 08月22日 - 日常

「RENDEZVOUS」これ、なんと読みます。
昨日、某所を訪ねた時、休業中の店名らしきものとして掲げてありました。
「ランデブー」とは、英語で「rendezvous」と記述して、待ち合わせ・待ち合わせの場所・集合する・たまり場、などといった意味になるのだそうです。
そもそもフランス語で「rendez-vous」と記述する語句で、デート・待ち合わせ、との意味になるとのこと。
そこに由来して、待ち合わせの約束・場所、との意味で英語でも使われるようになったのだとか。

そのrendezvousとは直接関係ありませんが、「みんなのミュシャ」展(~9/29)を渋谷のbunkamura ザ・ミュージアムで観てきました。
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。
「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。
ミュシャ財団監修による今回の展覧会は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。
さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどっています。
2mを超すような巨大リトグラフも、資料集になるような装飾デザインも、そして鉛筆描きの習作ですら美しいのはなぜでしょう。
8歳の時に描いた磔刑図だって美しいのです。
なにが美しいのかを言葉にして挙げると、目力とか、姿勢とか、陰影とか、気品とか、陳腐なものになってしまいますが、「ミュシャが多用し、後世の作家も愛用した形式を繰り返し示すことで、理解がしやすくなっている」とナビゲーターは教えてくれました。

大阪・履正社、初の全国制覇。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本で愛されている絵本。

2019年 08月21日 - 日常

今日の午後は、鬼婆から人魚姫に変身したお方にお逢いすることが出来、楽しいひと時でした(笑)
くれぐれも、夏風邪と車の運転にはご注意ください。

新宿にある損保ジャパン日本興亜美術館で、「みんなのレオ・レオーニ展」が開かれてます(~9/29)。
レオ・レオーニは、1910年、オランダ生まれで、イタリアに暮らしていましたが、1939年、第二次世界大戦中にユダヤ系であるレオーニはアメリカに亡命イラストレーター、グラフィック・デザイナーとして活躍していた1959年、孫のために制作した『あおくんときいろちゃん』で絵本作家としてデビューしました。
1999年にイタリアで亡くなるまでに、40冊近くの絵本が発表され、日本でもその多くが翻訳出版されています。
赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』は、小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。
レオ・レオーニは、ねずみの『フレデリック』や、しゃくとりむしの『ひとあし ひとあし』など、小さな主人公たちが「自分とは何か」を模索し、学んでいく物語を、水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を用いて描きました。
今回は、ヨーロッパとアメリカを移動し続けたレオーニの波乱の生涯を、作品と重ね合わせながら紹介しています。
世代を超えて日本で愛されている絵本『スイミー』の幻とされた原画(スロバキア国立美術館所蔵)が展示されていましたが、計5点の原画は絵本『スイミー』の絵とは少し違うので、眼を細めてじっくりと観てきました。

ADR、福島に東電10億円賠償へ。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント