日常

その年の恵方を向いて丸かじり

2018年 02月3日 - 日常

節分といえば「鬼は外!福は内!」と言いながらの豆まきを思い出しますが、近年、恵方巻きを取り入れる方が増えています。
恵方巻は、大正時代に大阪の商人や花街で発祥した風習に由来します。
当時は、節分の時期においしく漬けあがったお新香を海苔巻きにし、商売繁盛を願って食べるというもので、景気づけの意味あいが強かったようです。
やがて、それを大阪の海苔や寿司業界が関西地方に広め、メディアやコンビニなどの流通業界の影響もあり、現在は全国的な広がりをみせています。
恵方巻は、その年の恵方(今年は、南南東)を向いて丸かじりすると、願い事が叶ったり幸運に恵まれ、無病息災や商売繁盛をもたらすとされています。
さらに、縁起よく七福神にちなんで7種類の具を入れ、福を巻き込んだ太巻きを食べると良いとされ、福を逃さぬよう包丁で切ったり、途中で喋ったりしてはいけません。
また、太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に見立てて、鬼退治ととらえる説もあります。

また節分に欠かせないものに、「鰯(いわし)」と「柊(ひいらぎ)」があります。
鬼は、鰯の生臭い臭いと、柊の痛いトゲが大の苦手なのです。
そこで、鰯の頭を焼いて臭いを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにする風習があります。
これを「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊」「柊鰯」「柊刺し」などと呼びますが、昔から臭いの強いもの、トゲのあるものは魔除けや厄除け効果があるとされています。
今では玄関先で見かけることも少なくなりましたが、節分のディスプレイには欠かせませんね。
また、節分の食卓に鰯が登場することも多いのですが、鰯を用いる本来の意味も忘れないようにしたいものです。

明日は「立春」ですね。

名護市長選、明日、投開票。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

新年を迎えるために邪気祓い

2018年 02月2日 - 日常

明日(2月3日)は、「節分」です。
本来、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。
ところが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。
そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分といえばこの日をさすようになったのです。
昔は、季節の分かれ目、特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。
おなじみの豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。

古代中国では、大晦日に「追儺(ついな)」という邪気祓いの行事がありました。
これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。
これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。
その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」で、江戸時代に庶民の間に広がりました。
豆を「打つ」から「まく」に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、畑に豆をまくしぐさを表しているからだといわれています。
本来は大晦日の行事でしたが、旧暦では新年が春から始まるため、立春前日の節分に行われるようになり、節分の邪気祓い行事として定着していきました。
明日は家族そろって、豆まきをいたしましょう。

貴乃花親方、理事選2票。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

頑張りすぎず、身丈にそって

2018年 02月1日 - 日常

ご無沙汰しています。法華坊主の矢吹慈英です。
先月3日に、パソコンの不具合を理由にブログ「法華坊主の独り言」を休止しておりましたが、本日より復活再開をさせていただきます。
よろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。
休止の期間が長かったせいか、多方面の皆さんよりご心配をいただきました。
「本当の理由は、パソコンではなくお上人の体調じゃないのか」
「今まで毎日のように更新していたのに、もしかしたら入院しているのではないか」
先月には雪の降るなか、わざわざお訪ねいただいて安否を確認にこられた信者のご婦人もおられました。
まことににありがたい限りで、感謝と御礼を申し上げます。
休止期間中、皆さんにお知らせしたい事項はたくさんありました。
思案した項目とは、例えば「三日とろろ」「小寒」「七草」「鏡開き」「小正月」「やぶ入り」「大寒」などの歳時記。
また「成人の日」「阪神淡路大震災」「皆既月食」などの季節の出来事、さらには法華坊主をとりまく生活環境、例えば「読書」「音楽」「映画」「エンタメ」「スポーツ」「家族」「友人」「健康」そして「信仰」「布教」「弘通」「流布」「品格」等々、毎日のように書き込みの内容について考えていました。
これらの私見については、来年のお正月に、また折々の機会に増補の上ブログにて公開したいと考えています。
しかしこの間、新しいと言いますか、さらに深くと申しましょうか、ブログとはまた違った別の形で自己表現をしていたのも事実です。

あっという間に今年も1/12が過ぎ、ふた月目に突入した本日より、今迄みたいに頑張りすぎず、自分の身丈にあった方法でブログ更新を続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

キョンキョンが独立、既婚俳優との「恋愛関係」も公表。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

休ませてあげて!

2018年 01月3日 - 日常

ごめんなさい。
今年に入ってパソコンが言うこときいてくれません。
法華坊主の片腕として一生懸命ガンバってくれたPCも、お疲れになったのでしょう。
せめて松の内くらい、お休みをあげますからゆっくり休んで下さい。
よって、お伝えしたいことは山ほどありますが、しばらく休業いたします。
悪しからずご容赦下さい。   合掌 法華坊主

投稿記事を読む - コメント

家々に幸せをもたらすために

2018年 01月2日 - 日常

2018新年明けましておめでとうございます。
お正月の元旦は、年神様が新年の幸福をもたらすために各家庭に訪れるとされています。
その目標物として門松やしめ飾り、そして鏡餅に宿ります。
その年神様を「正月様」「歳徳神」とも呼ばれています。
その神様をお迎えしてたくさんの幸せをもたらしてもらうために正月には様々な風習が生まれました。
皆さんは「歳神様」ってどのようなお方かご存じですか。

難しい言葉で言うと「歳徳神・としとくじん」とも呼ばれている「歳神様」は昔から新年になると、家々に幸せをもたらすために降りてくる、と言われていました。
農業国でもあった日本では、「祖先の霊が田や山の神になり、新年には歳神ともなって子孫を見守ってくれる」と考えたようですが、この考え方が一番簡単で分かりやすいのも確かです。
お正月の元旦に上る朝日が「初日の出」ですが、歳神様は日の出と共に降臨すると考えられていたようです。
元日の朝には、歳神様を迎えるために家族が全員揃うことが、慣わしだったとか。
今でも元日の朝は家族揃って食卓を囲みますから、その習わしは生きていることになります。
明治以降は、元旦に見晴らしの良いところへ出向き、その年の最初の日の出を拝む習慣もできたようです。
もちろん、お正月の準備は全て整えてからのことでしょうが、近年は暮れから正月に掛けての「旅行」や「ホテル滞在」なども流行っている様子です。
そんな家でも、歳神様が迷うことなく降りていただけるように「お正月飾り」はきちんと調えてから出かけてください。

今年も、よろしく・・・。  法華坊主

投稿記事を読む - コメント

大晦日の日暮れが新年

2017年 12月31日 - 日常

多忙な12月も、いよいよ最後の日になりました。
歳神様をお迎えする準備は、全て調ったでしょうか。
お正月飾り・おせち料理のほかにも、いろいろとあって大変でしたね。
一年の最後の日を「大晦日(おおみそか)」と呼びます。
大晦日は、歳神様を寝ないでお迎えをする日だったようです。
大切な福を持ってきてくださるのですから、お待ちするのが礼儀だったのでしょうか。
昔は「日没」が一日の境とされていましたから、なんと「大晦日の日暮れが新年」だったようなのです。
そのつながりで考えると、一日の流れは「夜から始まって朝に続く」のですから、「大晦日」は既に新年の始まりだったことになります。
「大晦日には新年を寝ないで待たずとも新年は来ていた」ことになりますよね。
それと意味は違いますが、「日没が一日の終り」ならば「日の出が一日の始まり」と言うことにも納得ができるのですが、でも一日の計算が合わなくなってしまいます。
数え年の数え方では、納得のいく説明がありました。
12月31日の日没で「ひとつ年を取り」、家族全員で祝ったとか。
皆一緒に年をとったわけで、またそれをお祝いしたということでしょうか。

今年もお世話になりました。
拙い文章に親しくお付き合いくださり誠にありがとうございました。
平成30年もまたよろしくお願い申し上げます。

今年のヒットは、LINE。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)

古いものを捨てて新しいものに移る

2017年 12月30日 - 日常

今夜も10時を過ぎましたから、今年も残すところ25時間余。
新年を迎える準備は整いましたか?
除夜の鐘の「除夜」とは、「除日の夜・じょじつのよる」を指しています。
「除」という字には、「古いものを捨てて新しいものに移る」と言う意味があります。
古い年を除き去って新年を迎える日と言う意味と、一年で一番最後の日の意味もあり、「大晦日」のことも指しています。
世界各国の新年の祝い方はそれぞれですが、日本の新年の迎え方は静寂の中に響く「除夜の鐘」の清浄な響きから始まるようにも思いませんか。

ザンネンながら立正院には鐘楼堂も梵鐘もありませんが、「除夜の鐘」は仏教寺院の行事です。
鐘の音は百八つの煩悩を祓うためと言われてきました。
煩悩とは、ひとの心を惑わせたり、悩み苦しめたりする「負の心の働き」のことを指しています。
百八つ全ての煩悩は書ききれませんが、まとめるならば次のようになります。
『欲望』肉体的なもの、精神的なものを含めますが、食欲・色欲・我欲など多くが挙げられます。
『怒り』『執着』『猜疑』など、ひとつひとつ数えたら108見つけられるでしょうか。
また、一年間を表すともされています。
月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した総数が108となるので、1年間を表すともいわれています。
俗説には、「四苦八苦(しくはっく)・4×9+8×9」と言うものがあるそうです。
一つずつ数えて厭なことを思い出すよりも、「百八つはたくさん」と片付けたほうが心が落ち着いてよいかも知れません。
鐘は、31日の大晦日の内に百七つを突き、1日が明けた後に百八つめを突くのが習わしです。

乃木坂46、レコード大賞。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

松を依白として降りてくる年神様

2017年 12月29日 - 日常

明治26年に発表された唱歌「一月一日」の歌詞をご存知ですか?
「年の始めの 例(ためし)とて 終(おわり)なき世の めでたさを 松竹(まつたけ)たてて 門ごとに 祝(いお)う今日こそ 楽しけれ」です。

門松とは、お正月を迎えるにあたって門や玄関にかざる松のことを言います。
正月にはこの松を依白(よりしろ)として「年神」が降りてくるといわれています。
つまり「年神」様が最初に降りてくる目印になるのです。
門松用の松は本来、家ごとに近くの山に採りに行ったそうです。
その行事を「松迎え」といい、本来は12月13日(事始め)に行いました。
昔は椿や栗などが使われていたそうですが、平安時代ごろからおめでたい木とされた松とそのあとに竹が添えられてめでたいものになり竹と松が飾られるようになりました。
門松は、12月13日から28日の間か、30日に飾りますが、29日は「苦」に通じる、31日は「一夜飾り」といって不吉を嫌いその日には飾らないことになっています。
今日、飾り逃したご家庭は明日しかありませんからご注意を!

角界の暴力体質、根深く。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

わくわくドキドキの毎日

2017年 12月28日 - 日常

今年も残すところ3日余り、でも片づけなければいけないことがまだまだあります。
立正院も小さなお寺ですが宗教法人ですから、会社と同じくこの時期に「年末調整」をしなければいけません。
個人ではなく会社などに勤務している場合には、雇用主が従業員の一年間の給与から税金を計算して、既に給与から天引きされている所得税の額を、合計額から精算して納付するのですが、それが「年末調整」と呼ばれる仕組みです。
サラリーマンの人以外には、あまり実感のない年末の行事ですね。
でも家族の人たちも、知っておくことで協力はできることもあるのかも、何事も後学のためですから、気にしておくことです。
ジャンボ宝くじほど多くは望めませんが、小さな夢なら手に入るかも知れません。

そしてその「年末ジャンボ」。
新聞やテレビのコマーシャルでも、賑やかに大宣伝が始まります。
お正月早々に大金の夢が叶ったら、それは素晴らしいことですから購入はしてみたいもの。
暮れの街角に行列のできるのは、年末ジャンボ宝くじの売り出しの日だからです。
1等のよく出る西銀座のチャンスセンター前などは、長蛇の列だとか。
忙しい歳末の仕事の合間に、大金が入るかもしれない「宝くじ」に夢を掛けて並ぶのも、楽しいのかも知れません。
発表までは、わくわくドキドキの毎日を過ごせるのですから、きっと幸せなのでしょう。
買わなければ当たらない、でも買っても当たらないのが「宝くじ」なのかもしれません。
12月31日の抽選発表まで、購入した人は全員同じ夢を見られるのです。

貴乃花親方、理事解任。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)