日常

少しでも長く続いて、終わらないで‼

2018年 08月5日 - 日常

三日連続の線香花火です。
江戸時代の俳諧選集である『洛陽集』には、葦やよしよりもう少し細い藁(わら)の先に火薬を付けた花火を香炉に立てて遊んでいる女性の様が詠まれています。
香炉や火鉢に立てた花火の格好が仏壇に供えた線香に似ているところから「線香花火」の名前がついたと言われています。
その線香花火に、2種類あるのをご存知でしょうか。
一つは、葦や藁の管の中に火薬を入れたもので、遊び方も手に持って上方45度に向けたり、火鉢などに立てて楽しむ 「スボ手牡丹」と呼ばれるものだそうです。
それに対して「長手牡丹」と呼ばれる線香花火は、藁ではなく和紙を使い、そこに火薬を付けて縒ったもので、下に垂らして燃やすものです。
「スボ手牡丹」は、細い葦や藁の入手が容易ではないためか江戸ではやがて廃れていきますが、関西では今も線香花火といえば「スボ手」のほうがなじみが深く文化として浸透しているそうです。
「スボ手牡丹」が廃れていった江戸でやがて人気を集めていくのが「長手牡丹」で、江戸の長手、上方のスボと分かれるのも文化の違い、風土の違いなのでしょう。
歴史を本で読んだり学ぶ楽しさは、事実を踏まえながらいろいろな可能性を想像すことでもあります。
「スボ手牡丹」に対して「長手牡丹」があるように、「鍵屋」といえば「玉屋」であり、「スボ手」を産み大流行させたのが鍵屋なら、「長手」を考案して大流行させたのであると考えることも許されるはずです。

夏の思い出として、線香花火を挙げる人が多いことはご存知でしょう。
暑い夏の日、家族や友達、恋人と一緒にはしゃいだ後、帰る前に最後にしゃがみこんで身を寄せ合い、小さな花火に火を点けた途端に周囲が急に静かになって、線香花火のパチパチという消え入りそうな音と光だけが響くのです。
線香花火の小さな火に願うその気持ちは、夏という一つの季節の終わりを感じる、少し切ない感情と似ているのだと思います。
今日みたいな日々がもう少し続いて欲しい、そんな気持ちと重ねてしまうのだと。
線香花火は、どこか少し切なくて、寂しい。でも、その燃える姿はとても綺麗なんです。
夏の夜、線香花火に火を点けて数十秒間に想いを馳せる・・・、そんな時間をあなたも過ごしてみませんか?

高校野球100回記念大会、開幕!  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

線香花火は夏の思い出

2018年 08月4日 - 日常

8月に入って初めての土曜日、各地で夏祭りが行われています。
昨日、「線香花火」の歌曲についてお話ししましたが、読者からさらに良い知恵を授かりました。。
フォークの吉田拓郎も「せんこう花火」歌っています。
🎶 せんこう花火がほしいんです/海へ行こうと思います/誰かせんこう花火をください/ひとりぽっちの私に/風が吹いていました ♫
吉田拓郎は「この歌はね、短いし、なんてことない歌なんだよね。なんてことない歌なんだけど、そのなんてことなさの中にどうしようもない寂寥感みたいなものが詰まってる。長々と気持ちを綴ることだけが寂しさの表現じゃないってことが伝わる名曲。作詞は古屋信子さん。なんでもないのに泣きました。」と語っています。
楽曲の解説には「孤独感に押しつぶされそうな古屋信子の歌詞、その痛みを見事に表現した拓郎のヴォーカル。わずか2分程で終わってしまうのが実に惜しいミディアム・ナンバーで、初期拓郎の隠れた名曲のひとつ。」と記してあります。
しかし、作詞者は謎に満ちています。
古屋信子とクレジットされることが多いのですが、吉屋信子というクレジットもあるし、著作権登録では古沢信子となっています。
吉屋信子という方は明治生まれの女流作家です。

そしてもう一曲は、けやき坂46の「線香花火が消えるまで」。
🎶 掌(てのひら)で囲いながら/僕がマッチを擦ったら/闇の中に浮かんだよ/君が指先でつまむ/最後の線香花火/もう火を点けていいの?/これが終わってしまえば/月明かりだけになって/愛が見えにくくなる/だから風の向きを気にしたり/モタモタしながら/時間を稼いだんだ ♫
詞はもちろん秋元康ですが、昭和生まれの法華坊主にはあわただしくてついていけません。

投稿記事を読む - コメント

線香花火が消える前に

2018年 08月3日 - 日常

全国各地で夏祭り・花火大会が催されています。

🎶 線香花火チリチリと松葉模様描いてる/金魚鉢ではポトリ紙の花咲く/水の中で開く花/外に出せばただの紙/そうよ私はここで生きているだけ/あなたには二度と逢えないわ/お互いに不幸になるだけよ/さよなら さよなら/お酒でも飲みます ♫
昭和の話ですが、元ブルー・コメッツの大ちゃんこと井上忠夫、ブルコメ解散後のソロ初シングル曲です。
1976年(昭和51年)、GS大スターだった井上忠夫の初シングル「水中花」ですが、それ程の話題にならず、小ヒットにとどまった夏場の曲です。
最近、公園の歌姫・あさみちゆきがカバーして話題になっている曲でもあります。

線香花火にちなんだ曲をもう一つ。
🎶 はじっこつまむと線香花火/ペタンとしゃがんでパチパチ燃やす/このごろの花火はすぐに落ちる/そうぼやいてきみは火をつける/浴衣なんか着たら気分がでるのにね/湯上がりでうちわを片手だったらね/はじっこつまむと線香花火/僕は燃えかす拾う係りでも ♫
一関工業高等専門学校の同級生であった三人が結成したフォークグループNSPの曲「線香花火」(1976年)。天野滋の抒情的な歌詞と曲は、今もスリーハンサムズによって歌い継がれています。

他にも「線香花火」という曲は、さだまさし(詞・さだまさし)、ガガガSP(詞・コザック前田)、井上苑子(詞・柳沢亮太)、Sonar Pocket(詞・Sonar Pocket)、aiko(詞・aiko)等が素敵な楽曲を残しています。

レスリング連盟・山根会長、悪あがき?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

日本を代表する夏祭り

2018年 08月2日 - 日常

8月に入り、東北の夏祭りがスタートしました。
「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「仙台七夕まつり」の3つをあげて「東北三大祭り」と呼ぶことが多く、これに「山形花笠まつり」を加えて4大祭りとすることもあります。
その中のひとつである「青森ねぶた祭」は、「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」とともに津軽地方の夏の風物詩です。
ねぶたの由来は、7月7日の夜に、穢れを川や海に流す七夕の灯籠流しや灯籠送りが変形したものと考えられています。
七夕行事のひとつに、秋の収穫前に労働の妨げとなる睡魔を追い払うため、人形などの形代に睡魔を委ねて祓え流す「眠り流し」という習慣があり、これがさまざまな祭りになって発展しました。
ねぶたは「眠たい」の方言の「ねぶたい」が訛ったものと考えられています。
「眠り流し」にまつわる風習は全国でもみられましたが、とりわけ東北地方で発展しました。
青森の「ねぶた」や弘前の「ねぷた」の他、秋田の「竿燈まつり」や能代の「ねぶながし」も、「眠り流し」の行事といわれています。
祭りの行われる8月2日~7日は、夕刻になると灯籠に明かりがともされ、毎日20数台もの「ねぶた」が市の中心街を練り歩きます。
各ねぶたにはそれぞれ500~1000人ほどの跳人(ハネト:踊り子)がついて、ねぶたとともに市内を行進します。
跳人が「ラッセラー、ラッセラー」という掛け声とともに、お囃子のリズムに合わせて飛び跳ねて踊るのもねぶた祭の見どころです。
最終日は、「眠り流し」の風習に習って、ねぶたが船に乗って海上を運行します。
夜空には約10000発の花火が上がり、祭りのフィナーレを飾ります。

法華坊主も縁あって、何度もねぶた祭に参加し跳人を演じてきました。
青森ねぶた祭は、お祭り中のお祭りです。

高校野球、聖光学院VS報徳学園。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期

2018年 08月1日 - 日常

今日から8月(葉月=はづき)です。
葉が紅葉して落ちる月「葉落(はおち)月」から「葉月」となったいわれています。
葉が落ちるのは秋では?と思われるかもしれませんが、旧暦では、8月は秋なのです。
でも実際は、先月から続く猛暑の連続で、今日も福島市は最高気温38.1℃の危険な暑さでスタートしました。
東北では、青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつり、山形花笠まつり、仙台七夕まつりなどが開催され、8月盆も重なって夏本番を迎えます。

また今日1日は、「二の丑」です。
夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。
年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあり、この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。
土用の丑の日にウナギを食べると夏バテをしないといわれています。
実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。
知り合いのウナギ屋さんが夏はウナギが売れないと困っていたのを見て、店の前に「土用丑の日、ウナギの日」という貼り紙をしたのです。
これが大当たりして、土用の丑の日にウナギを食べる風習となりました。
元々この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物=「ウナギ」として定着したのでしょう。
栄養たっぷりのうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょ。

命にかかわる危険な暑さ、明日も続きそう。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

暑い夏は継続中。

2018年 07月31日 - 日常

ちょっとご無沙汰している間に、7月も今日で終わりです。

振り返ってみると、6日には、オウム真理教教祖・麻原彰晃(松本智津夫)ほか元幹部だった早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、中川智正、遠藤誠一の計7人の刑が執行されました。
9日には、6月28日から台風7号と梅雨前線の影響で西日本を中心に広範囲かつ記録的な大雨が続き、200名を以上の死者・行方不明者が出て、今回の豪雨を気象庁は〈平成30年7月豪雨〉と命名しました。
23日には、二十四節気において最も暑い日とされる「大暑」のこの日、埼玉県熊谷で41.1℃を記録し、日本の最高気温記録が5年ぶりに更新されました。
政治の世界では、佐野文科局長が受託収賄容疑で逮捕、息子の大学入学のため東京医科大学に便宜をはかったと・・・。
20日には、統合型リゾート実施法案(IR法案)が成立し、国内カジノが解禁されます。
他にもたくさんの出来事がありましたが、法華坊主は熱中症にも負けることなく乗り切ることができました。
明日から8月です。
お盆の時季でもあり、また頑張らねばと身を引き締めています。

ボクシング連盟、お前もか!  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

互いがかけがえのない存在

2018年 07月24日 - 日常

昨日、林明子原画展のお話しました。
林明子さんの代表作に『こんとあき』があります。
こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。
あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしましました。
あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。
あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。
こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか? 
互いがかけがえのない存在である、こんとあきの冒険の物語です。

しっぽを電車のドアにはさまれたり、犬に砂の中に埋められたり・・・。
次々と大変な目にあっても「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言い続け、あきに心配をかけまいとする、こん。
こんが必死に買いに行った駅弁『あげどんべんとう』は レシピが存在するそうです。
狐の好きな油揚げの味付けしたのが乗ったご飯と、鳥取名物のとうふちくわ、デザートはスウィートポテトプリン。
福音館書店から発行された「絵本のたのしみ」の中で紹介されています。
まだまだ隠された秘密があるようですから、楽しみに読んでみます。

2年後の今日、東京五輪開幕。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

絵本のひきだし

2018年 07月23日 - 日常

昨日、横浜で所用がありましたので上京していました。
今日は東京・松屋銀座で開催されている絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めた「絵本のひきだし 林明子原画展」を観てきました。

林明子さんは、ベストセラー絵本『はじめてのおつかい』を代表作に、数々の名作を世に送り出した人気絵本作家です。
今回、はじめての展覧会となる本展では、そんな林さんの描く美しい原画約200点を展示し、会場は全6章のテーマに分けて構成されていました。
第1章「若きイラストレーターとして」では、絵本作家としての扉を開くこととなった『かみひこうき』や『しゃぼんだま』といった、貴重な初期作品を展示。また絵本作家としてデビューする以前に描いたという、初々しい作品も合わせて展示されています。
ベストセラー絵本の背景に迫る第2章「はじめてのおつかい」では、同作の原画を一堂に集結。
林さんの物語絵本のデビュー作でもある『はじめてのおつかい』は、作家・筒井頼子さんが文章を担当。
その後も『あさえとちいさいいもうと』『いもうとのにゅういん』など、共作を手掛けることとなる2人の知られざるエピソードも合わせて紹介されています。
2人の手掛ける共作は、いずれも幼い女の子を描いた物語。
その原画からも子供時代に誰しも経験したであろう胸のドキドキが、伝わってきます。
また林は、ほかの作家との共作によっても、数々の名作を生み出しています。
第3章「ふくらむ作品世界」では、ジブリでアニメーション化された『魔女の宅急便』(作・角野栄子)や、いろんな動物たちと一緒にお風呂を楽しむ『おふろだいすき』(作・松岡享子)などの原画を展示されています。
第4章「林明子のものがたり」では、文・絵ともに林さんが手がけた作品「はっぱのおうち」「こんとあき」「まほうのえのぐ」など原画です。
第5章「様々な技法で」では、その作品によって描く手法を使い分ける林さんの多様な絵本製作について紹介しています。
第6章では夫で児童文学者の征矢清(そやきよし)氏との共作「ひよこさん」における原画を公開しています。
今回は、林明子さんの作品をよく知るナビゲーターとご一緒でしたので、〈こん〉の手作り秘話やご自身の育児体験も教えていただきましたので、楽しい展覧会でした。

埼玉・熊谷で41.1℃ 国内最高を更新。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

土を動かすと神様に失礼にあたる

2018年 07月21日 - 日常

昨日から夏の土用の期間に突入したことは、お話した通りです。
土用とは雑節の一つで、この期間中は土を動かしてはいけないというのが、昔からの決まり事でした。
それでは、なぜ土を動かしてはいけないのでしょうか?
土用という言葉のとおり、この期間中は「土公神(どくしん・どこうしん)」という、陰陽道における土の神様、のちに仏教では「堅牢地神」(けんろうちしん)でもありますが、この土の神様が土用の期間中は土にいるといわれてきました。
だから、土を動かすと神様に失礼にあたるので、「土に触れてはいけない」「土を動かしてはいけない」といわれてきたんです。
土の神様がいる間は、土に触れてはいけないというところから「庭で土を起こす作業」「建物の土台に関わる工事」は禁忌となります。
ただし、土を動かさない建築資材の搬入や、庭作業道具の手入れや購入などは問題ありません。
家を建てるときや庭作りをするときには、土用に作業をしないように注意してください。
因みに、昔は土を掘り返す事が一切禁じられていたので、東宮の邦良親王がなくなられたときですら、「春の土用のため埋葬できない」と記録が残っています。
それくらい、たとえ死者の埋葬であったとしても土を掘り返してはいけないといわれていたので、家屋などの建築、畑仕事はなおさら禁忌とされていたんです。

土用の丑の日にウナギは食べなくても構いませんが、お風呂に浸かって土作業は避けるというのが昔からの風習です。
土の神様のいる、土用中の土作業には気を付けてください。

関脇・御嶽海、初優勝。  法華坊主 joe  

投稿記事を読む - コメント

鰻と梅干しの食べ合わせ

2018年 07月20日 - 日常

昔は、季節の変わり目にさまざまな禁忌や風習がありました。
特に夏の土用は梅雨明けと重なるため、衣類や掛け軸などの湿気をとる「土用の虫干し」をしたり、梅干し・うどん・瓜(うり)など「う」のつくものを食べて食い養生をするようになりました。
ウナギもまさに「う」のつく食べ物で、夏バテ防止に役立ちます。
今日、ウナギを食べられなかった方、心配ありません。
年によっては「土用の丑の日」が2度巡ってくることもあり、1度目を「一の丑」、2度目を「二の丑」といいます。
今年は「一の丑」が今日7月20日、「二の丑」が8月1日です。

ところで、昔から「ウナギと梅干しを一緒に食べてはいけない」とよくいわれますが、どうしてそんな言い伝えが広まったのか、果たしてこの説は本当なのか、気になりますよね。
実は「ウナギと梅干し」の食べ合わせは、栄養的・医学的にまったく問題はなく、むしろ理にかなった相性の良い組み合わせなんです。
ウナギに多く含まれるビタミンB1と、梅干しに多く含まれるクエン酸は、いずれも疲労回復に効果的な栄養素のひとつ。
よって、ウナギに梅干しを組み合わせることで、夏のスタミナアップ&夏バテ予防に大きく役立つというわけです。
さらに、梅干しの酸味が胃酸の分泌を促し、鰻の脂分の消化を助けるので、消化不良や食後の胃もたれを軽減してくれます。
にもかかわらず、なぜこの食べ合わせが悪いという説が広まったのでしょうか?
昔は、ウナギの脂っこさと梅干しの酸味が刺激し合い、消化不良を起こすと考えられていたようです。
また、サッパリとした梅干しは食欲を増進させ、高価なウナギを食べすぎてしまうことから、過食防止や贅沢への戒めという意味もあったようです。
消化不良を起こすという説は過ちとしても、過食防止や贅沢への戒めという点は、現代にも通じる訓示といえるかもしれませんね。

IR整備法、参院本会議で可決・成立。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント