日常

餅は、ハレの食事。

2021年 01月10日 - 日常

餅が苦手な法華坊主が、「雑煮」についてブログります 。
正月の食事は雑煮からはじまりますが、雑煮に餅は欠かせません 。
餅はハレの食事を意味します 。
年越しの夜に神を迎えて、年神に捧げた神供をともに食べ(相嘗:あいなめ)ることによって、神と人がよろこびをともにする「直会(なおらい)」といわれてます 。
大晦日の夜に年神に捧げた供御をいただいて、聖なる火で煮炊きして神とともに食事する、それはハレの日の膳であり、直会の膳なのです 。
年神に捧げた神供と同じものを神の前で食べ、 身体の内におさめることによって年神の魂(力)を授かるというのです 。

大人の自由研究】お雑煮のおもちは丸or四角?つゆの味は?具材はナニ ...
雑煮で正月を祝うようになったのは室町時代といわれています 。
雑煮は、餅が臓腑を保養するところから「保臓(ほうぞう)」といい、本字は烹雑で、烹は煮と同じであるから雑煮になったそうです。(貞丈雜記)
雑煮を食べるときは、柳の白木で少し太目につくった柳箸を使います。
柳は枝が水につかっているので、水の霊気に清められているということで、聖木とされています 。
また「家内喜(やなぎ)」にかけてめでたいといい、柳箸によって邪を払い、一年の息災を祝います 。
やなぎの漢字はき(木)と卯を合わせた字で、卯は東=春陽を意味します。
このように柳は、初めから陰を屈服させ悪魔を退ける木としてよく知られてきました。
こんな蘊蓄を申させていただいた法華坊主は、令和3年1月10日を過ぎても、まだ餅ひと口も食していません。

 

コロナ恐怖で引退の序二段力士に賛否。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

重大で対策を至急に必要とする事態。

2021年 01月9日 - 日常

昨日(8日)から新型コロナウイルスの流行を受けて東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県に緊急事態宣言が発出されました 。
そして今日、京都・大阪・兵庫の2府3県の知事は、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、緊急事態宣言の再発令を正式に要請しました。
昨年春にも出された「緊急事態宣言」とはいったいどんなものなのでしょうか?
『日本国語大辞典』では、緊急事態を次のように定義しています 。
(1)重大で、対策を至急に必要とする事態 。
(2)治安上急迫した危険が存在する状態。現在の日本において、内閣総理大臣は、大規模な災害、騒乱などに際しては治安維持のため緊急事態の布告を発し、一時的に警察を統制することができ、また、一般の警察力では治安を維持できないと認められる事態に際しては自衛隊に治安出動を命ずることができることになっている。

緊急事態宣言要請 街の人たちの反応は | NHKニュース

緊急事態宣言の発令で夜の街から人が消えた去年4月の東京都内でしたが、きのう都内の繁華街は多くの人の姿が見られました。
緊急事態宣言の再発に街の人からは「午後8時以降の外出自粛で感染者は減るのか疑問」「緊急事態宣言を出して元に戻せるのか」などと不安の声が聞かれました。
政府も国民も昨年春とは違い、緩々ですから、この先の感染拡大が心配です。

 

トランプ投稿、永久停止。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お年玉ちょう~だい。

2021年 01月8日 - 日常

お正月に年神様を迎えるときには、神に供え物を捧げ、年神様からは新しい魂が分け与えられます。
現在の節供(せっく)は、特定の年中行事を意味しますが、本来は、神への供物が「節供」で、神から与えられる魂が「お年玉」です。
「節」とは神祭りの日のことで、「節供」とは、神の到来する節の日に神に供える供御のことです。
正月が最も重要な節の日であるため、年神様に供える料理を「節供料理」というようになり、縮まって「おせち」となりました。
年神様を迎える正月は家族が一同に会し、供物の一部を分かち食する「直会(なおらい)」を行い新年を祝いました。
現在、一般的にお節料理と言えば重箱に盛られた重詰めの料理のことをいいますが、 本来の意味からすると雑煮や屠蘇もお節料理の一種と考えられます。

Haiku in English on Sunday (73) 年玉を並べて置くや枕もと: リアルET ...
子どもたちの正月一番の楽しみで、重要な資金源になっている「お年玉」。
いまでは、現金をぽち袋に入れて、大人から子どもに渡すものになっていますが、かつては全く違うものでした。
もともとは、年神様から新年に授かる「新しい魂」を「年魂 」(としだま)といいました。
いまでは誕生日がくるとひとつ年を取りますが、かつては正月に年神様から「年魂」をもらってみんなひとつ年をとったのです。
これが数え年という年齢の数え方で、年神様の「年魂」をいただく、これが本来のお年玉です。
また「お年玉」はお父さんが子どもへ、主人から使用人へ、師匠から弟子へというように、目上の人から目下の人へ渡すものです。
新年に目下のものが目上のものに何かをさし上げるときは「御年賀」「御年始」とします。

 

福島県内38人感染、新型コロナ計1140人に。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

寒中御見舞申し上げます。

2021年 01月7日 - 日常

寒中御見舞申し上げます。
立正院第二世・隆照院日意(矢吹泰英)上人、遷化(せんげ=令和2年8月7日)の折は、皆様より心温まる御厚情をたまわり、あらためて御礼申し上げます。
師父は生前、喪中葉書を頂戴しますと「この御方は本当に喪に服しておられるのだろうか」とつぶやいていたことを思い起こします。
たしかに我が家の場合、上人が法壽95歳をもって霊山会上に化を遷したことは、穢れでもなく、忌み嫌うことでもなく、喪に服することでもないと思い、寺族そろって慎ましやかに新年を迎え、そして本日5度目の月命日忌を営修いたしました。
きょう1月7日は、20年前に亡くなった母・ユキイの祥月命日でもあります。
今ごろ二人で、遺った家族の先行きを案じて何か語り合っていることでしょう。
余計なことを申し述べました。
本年も変わらぬご厚誼をお願いいたしますとともに、皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。
まだまだ厳しい寒さが続きます。どうぞご自愛ください。 合掌

七草がゆは1月7日に、春の七草・日本のハーブでおなかいたわり

お正月7日「人日の節供」に邪気を払うために食べるのが「七草粥」です。
早春にいち早く芽吹く春の七草の生命力にあやかって、無病息災を祈る「七草粥」を家族みんなで食べて、健やかな1年を祈りましょう。

 

「切り札」の緊急事態宣言発令、効果は?  法華坊主 joe

 b

投稿記事を読む - コメント

疫病除けの縁起物。

2021年 01月6日 - 日常

今年は、丑(牛)年です。
干支(丑)にまつわる郷土玩具は全国各地にありますが、「赤べこ」はご存じですか?
赤べことは福島県の会津若松市でつくられてきた、牛の姿をした郷土玩具です。
今日では東北地方における観光土産のひとつという印象のある赤べこですが、古くは「厄除け牛」や「幸運の牛」と呼ばれており、魔除けや疫病除けの縁起物として会津の人々に親しまれてきました。
赤べこには仲間がいます。
実は赤べこは、会津地方でつくられてきた「会津張り子」のひとつで、他には学問の神様・菅原道真公をかたどった「会津天神」や何度転がしても起き上がる「起き上がり小法師」、「会津だるま」などがあります。
張り子とは木型に何枚もの紙を貼り重ね、乾いたところで型を抜いてつくる工芸品のことで、会津張り子の発祥は、江戸時代の歌舞伎から着想を得てつくられた福島県三春町の「三春張り子」の模倣という説と、1590年に伊勢(現在の三重県)から会津に転封(てんぽう)された領主の蒲生氏郷(がもう・うじさと)が、京都から職人を招いて藩士たちに張り子づくりを学ばせたのが始まりとする説があるそうです。

疫病(コロナ)除けの赤べこ : 南会津の輪!!

かつて会津では疱瘡(ほうそう)が流行したことがありましたが、赤べこ伝説の牛が身代わりになり、病気から守ってくれるという、願いを込めて病が治った時の模様を黒と白で描き、家に飾ったと言われていましす。
赤べこ伝説の赤い牛にあやかって赤く塗られたという説もありますが、これには古くからの民間信仰が関係しており、赤色は「呪術的な意味で、病気を退散させる」と考えられてきたためです。
いまなお感染拡大が続くコロナウイルス退散のためにも、一つお手元に置いておかれることもよろしいですね。

 

全国のコロナ感染者、初の6000人超。

投稿記事を読む - コメント

寒の入り。

2021年 01月5日 - 日常

きょうは24節気のひとつ「小寒(しょうかん)」です。
小寒とは、「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなるころで、小寒から節分までの30日間のことを「寒の内」といいます。
「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也」という言葉が、江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書『暦便覧(こよみびんらん)』にあります。
寒は「寒の入り」で、「この日から立春の前日である節分までが〈寒〉となりますよ」という意味です。
この日から、寒中見舞いを出し始めます。
寒中見舞いは、元々は「折見舞い」と言って、暑中・残暑・寒中・余寒などに時候の挨拶としてはがきを送り合う習慣のひとつでした。
しかし、最近は何らかの理由で年賀状を送れなかった方が代わりに出されることが多いようです。
まだまだ厳しい寒さが続きますから、どうぞご自愛ください。

 

首都圏で感染拡大 3県で最多。  法華坊主 joe

 

投稿記事を読む - コメント

First? Start?

2021年 01月4日 - 日常

2021年が本格始動、官公庁や多くの企業はきょう4日が「仕事始め」でした。
新型コロナウイルスの感染確認が相次ぐ中、例年と違う取り組みも見られました。

 

初めと始めの違いと使い分け方はあるの?挨拶はどちらを使うの ...

 

「初め」と「始め」という言葉は、同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあり、間違って使うことがあります。
「初め」と「始め」の違いを分かりやすく言うと、何かの出来事の「最初」が「初め」であり、何かの出来事の「開始」が「始め」であるという違いです。
また英語で表現するところの「First」が「初め」であり、「Start」が「始め」ということです。
そこで、年明けの「仕事はじめ」は、使い分けで混乱しやすい言葉ではないでしょうか。
この言葉は仕事を「Start」させるという意味ですので「仕事始め」となります。
この言葉は、新年によく使用されるので「書き初め」や「初夢」などの言葉と混同されがちで、つい「仕事初め」と書いてしまうこともあるものです。
新年に仕事を「Start」させるという意味であると考えると間違えずに済むようです。
「初め」と「始め」の使い分けで迷った場合には、「最初」ということを表現したいのか、「開始」ということを表現したいのかを考えると分かりやすいでしょう。
さらによく言いがちな「まずはじめに」は日本語としては重複表現であり本来は、正しくないことばであるということも知っておいてもいいですね。

 

緊急事態宣言、9日に発令?  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

箱根駅伝、駒沢大が最終10区で逆転。

2021年 01月3日 - 日常

お正月の風物詩「箱根駅伝」は、3日、復路のレースが行われ、2日の往路で3位だった駒沢大が最終の10区で逆転し、13年ぶりの総合優勝を果たしました。
駒沢大は、往路優勝の創価大に52秒の差をつけて10時間56分04秒でフィニッシュし、2008年以来、13年ぶり7回目の総合優勝を果たしました。
駅伝】箱根駅伝公式プロ&ポスターに思い込め「応援したいから、応援に ...

第1回大会は、アメリカ大陸の継走での横断を実施するための代表選考会という位置付けで、1920年2月14日に行われました。
これは、1912年のストックホルムオリンピックに出場した日本人五輪選手第1号の金栗四三が、「五輪で日本を強くするには、長距離、マラソン選手を育成すること」と発案したことがきっかけだそうです。
別の説として、箱根駅伝は飛脚制度をもとに、手紙に見立てた襷を、東京から東海道の宿駅があった鶴見(川崎宿)、戸塚(戸塚宿)、平塚(平塚宿)、小田原(小田原宿)で引き継ぎ、箱根町郵便局(箱根宿/箱根関所)まで届ける観光イベントだったという説もあるようです。
その目的は、箱根で観光客が少なくなる冬に観光客を呼びこみ、2日間に渡って開催する事で旅館やホテルに宿泊してもらうためだったと言われています。
第二次世界大戦中の1941年から一時中断されましたが、1943年に一度だけ戦時下で開催され、その後に再び中止となり、戦後の1947年に復活しました。
第32回(1956年)から現在の1月2・3日の開催となりました。

 

バド桃田賢斗、PCR検査で陽性。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

一年の抱負や目標をしたため。

2021年 01月2日 - 日常

きょう1月2日は「書き初め」。
法華坊主も身を浄め心を込めて『法華経 如来壽量品第十六』(偈)を浄書(写経)しました。

自我偈 Instagram posts - Gramho.com

書き初めは、1月2日に行うのが、現在では一般的です。
書道や茶道、三味線などのお稽古ごとは「1月2日から習い始めると上達する」と言われていて、この日を初稽古の日とする習い事は多いようです。
書き初めは、平安時代の宮中における「吉書の奏(きっしょのそう)」という行事がルーツです。
吉書の奏は、改元・代替わり・年始など、ものごとがあらたまった節目に、天皇に文書を奏上するというものです。
この吉書の奏は鎌倉・室町幕府にも引き継がれ、「吉書始め」という新年の儀礼行事として定着します。
江戸時代になると、この吉書始めが庶民の間にも「おめでたい新年に書道(習字)をする」という行事となって広がりました。
江戸時代には、自宅で書き初めをする場合は、「年が明けて最初に汲んだ井戸水(=若水:わかみず)を神前に供えたあと、その若水を使って墨をすり、恵方に向かって詩歌を書く」というのがスタンダードだったようです。
時は流れて、現代の書き初めには、おめでたい言葉や詩歌、または今年一年の目標や抱負を書くことで、行動を新たにするという意味があるようですね。

 

箱根駅伝、まさか創価大が往路初優勝。  法華坊主 joe

 

投稿記事を読む - コメント

縁起の良い年になるように・・・。

2021年 01月1日 - 日常

新年明けましておめでとうございます。
昨年はコロナ禍で自粛期間が続く一年でしたが、いかがお過ごしでしたか?
今年は、画面越しばかりではなく、直接お会いしたいですね。
本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします。

3ページ目)台湾発! 干支別2020年の運勢 葉っぱ占いで有名な張先生が ...

今年2021年は「丑(牛)」年です。
牛は昔から食料としてだけでなく、農作業や物を運ぶときの労働力として、人間の生活に欠かせない動物でした。
勤勉によく働く姿が「誠実さ」を象徴し、身近にいる縁起の良い動物として十二支に加えられたようです。
また「紐」という漢字に「丑」の字が使われおり、「結ぶ」や「つかむ」などの意味を込めたとも考えられています。
学問の神様の菅原道真をまつる天満宮には丑(牛)の像が置かれていますが、なぜ牛なのか、不思議ですよね。
これは「菅原道真が丑年だった」「道真が暗殺されそうになったところを飼い牛が救った」「道真の遺体を運んでいるときに牛が座り込んで動かなくなったのでそこに埋葬した(その場所が大宰府天満宮)」など、牛と道真にまつわる様々ないわれからでしょう。
また黙々と働く牛の様子は道真の教えにも通ずるものがあり、牛を神の使いとして祀っているそうです。
大宰府天満宮や京都の北野天神にはいくつか牛の像がありますが、そのどの牛も座り込んだ姿をしています。
また、仏教が生まれたインドでは牛は神様として大切にされています。
牛には神に近い尊いイメージがあるようです。
2021年は丑年、〈神に近い〉とされる牛が干支ということならば、やはり、縁起の良い年になることを期待しましょう。

 

⚽J1川崎、天皇杯初優勝。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント