日常

日本人の心を動かす自然の饗宴。

2019年 10月27日 - 日常

天気が回復した10月最後の日曜日、家族揃って行楽に出かけられたご家族もあられるでしょう。
実りの秋は味覚狩りのシーズン、収穫の楽しさと旬の味が堪能できる人気のレジャーですね。
「紅葉狩り」と「りんご狩り」、同じ狩りでも意味が違うのをご存知ですか。
これは、もともと狩猟を意味していたものが、時代とともに意味が広がっていったからです。

「獣を捕まえる」という意味

「小動物や野鳥を捕まえる」という意味

「動植物を採る」という意味~「りんご狩り」「潮干狩り」

「草花などの自然を観賞する」という意味~「紅葉狩り」「桜狩り」

「不都合なものを探しあてて捕らえる」という意味 ~「刀狩り」「魔女狩り」

「紅葉狩り」は、「果実狩り」や「きのこ狩り」と違い観賞するものですから、紅葉見物に出かたときに枝葉を採取してはいけません。
もともと平安時代の貴族の間で始まり、紅葉を見物しながら宴を開き、その美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合」が流行したそうです。
その後、江戸時代から庶民にも広がり、季節行事として定着していったのです。
観賞する意味になったのは、狩猟をしない貴族が野山を捜し求めて花や草木を眺める様子を狩りにたとえて表現したからだとか。
春の花見「桜狩り」に対し、秋の「紅葉狩り」というのは、日本人の心を動かす自然の饗宴といえるのでしょうね。
現代社会では、恐喝などの違法行為である「○○狩り」、例えば「おやじ狩り」「オタク狩り」という使い方もありますから、ご注意ください。

ラグビー決勝(11/2)は、イングランドvs.南アに。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

写真の神様が降りてきた。

2019年 10月26日 - 日常

ボクの頭の中では、「写真家・篠山紀信は南沙織の夫!」ということを前置きして話を進めます。
東京・水道橋のGallery AaMoで開催されている「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show」を観てきました。
2012年に〈熊本市現代美術館〉から始まり、〈東京オペラシティアートギャラリー〉や〈横浜美術館〉など、全国の32会場を7年間に渡って巡回した最後を飾る展覧会です。
今年9月には累計動員が100万人を突破しました。
展覧会は50年以上に渡って写真界の第一線で活躍してきた篠山紀信の作品の中から「GOD」(鬼籍に入れられた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体-美とエロスと闘い)、「ACCIDENTS」(東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのエリアに分かれ、各テーマに合わせた作品が展示されています。
展示作品の中には幅8メートルを越える巨大作品もあり「写真の神様が降りてきた」と篠山自らが厳選した作品125点を、ダイナミックで迫力ある展示空間で堪能できます。
中でも、今は亡き夏目雅子・渥美清・三島由紀夫・美空ひばり・大原麗子・樹木希林・・・の「GOD」エリアは眼を釘付けにさせられ、さらに「BODY」エリアはヌードばかりでなく、刺青の男たちや大相撲の力士の肉体には圧倒され、目を見張るものがありました。
もちろん南沙織の写真もステキでした。
明日が最終日の「篠山紀信展 写真力」を観る最後のチャンスに間に合い、ホッとしています。

NZまさかの敗戦、ラグビーW杯12年ぶり屈辱。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

デザインや機能の進化を紹介。

2019年 10月25日 - 日常

昨日の上京の目的は別にありましたが、突然思いついた企画展を観ることができました。
飯田橋駅そばの、印刷博物館P&Pギャラリーでで開催されている「現代日本のパッケージ2019」展(~12/8)です。
身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされていますよね。
1)市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティション
2)パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルが集い、生産や流通を支える包装材料としての面だけではなく、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティション
3)材料・設計・技術・適正包装・環境対応・デザイン・輸送包装・ロジスティクス・販売促進・アイデア等あらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテスト
以上、三つの大規模なパッケージコンクールの受賞作品を展示、現代のパッケージデザインや機能の進化を紹介していました。
特に、aibo Package、meiji THE Chocolate、サントリーコーヒー500mlペットボトル、カルビー ポテトフリッツ等々、市場で販売されているコマーシャルパッケージの優秀性を探ることができる楽しい企画展でした。
入場無料も魅力です。

被災地に大雨、死者不明複数人。

投稿記事を読む - コメント

秋を彩る楓や蔦は・・・。

2019年 10月24日 - 日常

今日は24節気のひとつ「霜降(そうこう)」です。
秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃で、朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。
初霜の知らせが聞かれるのも大体このころで、山は紅葉で彩られます。 
ぐっと冷え込むこの頃は、楓や蔦の紅葉が色鮮やかになっていき、「錦秋(きんしゅう)」というように、山が秋の色を纏う季語があるように、山々が得も言われぬ美しさを極めます。
また、紅葉に彩られた秋の山を「山粧う(やまよそおう)」といいます。
花が咲き始め鳥が歌う春は「山笑う」、青葉が茂りみずみずしい夏は「山滴る」、冬山の静けさは「山眠る」などと、四季折々の山をまるで生きているかのように表すことばがあります。
これは、11世紀の中国の郭煕(かくき)という画家のことばに由来しているそうですが、とても素敵な表現ですね。

秋の彩りが次第に里へ向かうと、山は枯山となります。
北から南へ、山から里へと、季節は冬を迎える準備をはじめるのですね。
霜は冷気によって大気中の水分が結晶化し、草木の表面や地面が白くなる現象。地表の温度が0度以下になると霜が降ります。
雪と同様、気体の水蒸気からいきなり固体の霜になるわけですから、霜は地上にできた雪ともいえます。
窓にできた霜を見ると結晶の形がはっきりと見えるそうなので、機会があれば見てみたいものです。
この頃から、コートや暖房器具の準備など冬支度を始めます。
読書や編み物をしたりして、秋の夜長を楽しむのもいいですね。

あす、菅原経産大臣、辞職かな。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

紅葉前線、南下中。

2019年 10月23日 - 日常

今日は久し振りの秋晴れ。
山々は秋も深まり、紅葉の便りが聞かれるようになりました。
気象庁では、春のサクラと同じように、統一した基準によって、カエデ、イチョウが紅(黄)葉した日などを発表しています。
標本木を観察することで、季節の遅れ進みや気候の違いなどを把握することができ、また生活情報のひとつとしても利用されています。
気象庁では、カエデの標本木全体を眺めたときに、大部分の葉の色が紅色に変わった状態になった最初の日を、かえでの紅葉日と言うそうです。
カエデは主としてイロハカエデを標本木とするらしく、イロハカエデは東北地方南部から九州地方の山地に広く自生する落葉樹ですが、秋の紅葉が美しいため各地の公園や庭園に植えられています。
イロハカエデは紅葉の他にも、落葉日を観測しています。
また気象庁では、イチョウの標本木全体を眺めたときに、大部分の葉が黄色に変わった状態になった最初の日を、イチョウの黄葉日とは言うそうです。
イチョウは社寺の境内、学校や公園、街路樹としてもよく見かける木で、その種子である銀杏(ぎんなん)は食用にもなります。
このようになじみ深い木ですが、イチョウは雌雄別株の裸子植物で、恐竜が闊歩していた中生代ジュラ紀には地球を広く覆っていたそうで、氷河期にほとんど絶滅し、現在のイチョウの一種だけが中国の一部に生き残ったため、「生きている化石」とも言われています。
種子植物の祖先に近い貴重な木で、野生のものは知られていないわけですから、日本のイチョウもすべて植えられたものです。
明治時代になって、日本の研究者・平瀬作五郎が、イチョウの生殖器官が精子を作ることを発見し、イチョウがシダ類から進化したものであるということが裏付けたという話もあります。
辛い世の中ではありますが、紅葉見物でもなさって、前向きに生きていこうではありませんか。

プロ野球、ソフトバンク3年連続日本一。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

「秋の気配」は、冷たい男の歌。

2019年 10月22日 - 日常

ことし5月の皇位継承に伴って、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿で行われました。
天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられました。  
これにより、まさに令和の時代が本格的に始まりました。



土曜BSプレミアムで放送された小田和正のライブを観た?と、親しい友人から先日LINEがありました。
この時季に小田和正といえば、オフコースの《秋の気配》を思いだします。
《秋の気配》は、過去にオフコースのファンクラブでアンケートをとると必ず1位になったという曲です。
しかし、作詞・作曲を手掛けた小田和正は、この結果を見るたびに「なぜこんなに冷たい男の曲が1位になるんだろう?この曲に登場する男の正体を(ファンたちは)わかっていないな」といつも思っていたんだそうです。
歌詞にある「僕があなたから離れてゆく」という部分だけを観ても、優しい男が本当は彼女を愛している。だけど、やむを得ず離れていく。というような印象を受けてしまいがちですが、これに対して、小田和正の意見は「本当に好きだったら、別れないもんね」だそうです。
さらに、「別れるということは、他に気になる女性が出てきたりして好き度が低下したから」とか、「そういう男の放漫な気持ちを横浜の風景の中に隠したのが《秋の気配》だった」と言われてもねぇ。
一方で、歌詞の中にある「僕のせいいっぱいのやさしさを あなたは受けとめる筈もない」という部分では、悪いのは男の方だと認めていて、この部分の思いが「秋の気配」を製作しようとするきっかけになった!とも語っています。
小田和正の甘い歌声で聴くと〈優しい男〉の歌だと思ってしましがちですが、《秋の気配》は冷たい男の歌である!というのが結論のようです。
小田和正の歌声と歌唱力に酔いしれて、今まで《秋の気配》を、「女性のために身を引く優しい男の歌」だと思って聴いていた人、今夜もう一度お聴きになってみてはいかがですか?

富士山初冠雪、平年より22日遅く。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

55年前の今日、日の丸が。

2019年 10月21日 - 日常

今から55年前の今日、昭和39年10月21日、東京オリンピックのマラソン大会。
裸足のランナーとして有名なエチオピアのアベベ選手に続き、国立競技場に入って来たのは、日本国民の期待にこたえ、力走する円谷幸吉選手でした。
ラジオやテレビのアナウンサーの声が次第に大きくなり、日本中が、その放送に釘付けとなりました。
後方から追い上げるイギリスのヒートリー選手との、今も語り継がれるデッドヒートの末、ついには抜かれたものの堂々たる第3位。
陸上競技日本唯一のメダルを手にすることとなった円谷選手は、沸き起こる大きな歓声を背に、表彰台へと登ったのです。

円谷選手は昭和15年、福島県須賀川市に生まれました。
県立須賀川高校2年の夏、福島縦断駅伝の代走を務めた際に、区間新記録を出したことを機に、本格的な陸上競技への道を歩み始めます。
高校卒業後も円谷選手は、常に走ることを楽しんでいましたが、時には苦しい時もありました。
そんな時、 円谷選手は「忍 耐」の二文字を胸 に、その苦しさを乗り越え、自分の力にして結果を出してきたのです。
そして数々の大会で、世界記録や日本記録を塗り替え、ついに昭和 39年8月のオリンピック候補選手記録会では、10000mで世界最高記録を出した後、マラソンのオリンピック代表選手選考会に臨み、2位の成績を修め、オリンピックヘの出場を決めました。
そして迎えた本番での大活躍が、劇的なデッドヒートの場面とともに、今日まで語り継がれているのです。
いま須賀川市は、今回の台風19号によって犠牲者2名という悲しい出来事がありました。
「忍耐」の二文字を胸に、復興にむけて一歩ずつ前進しましょう。

今夜から大雨、被災地は二次被害に注意。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

あの光るのが阿武隈川。

2019年 10月20日 - 日常

台風19号による被災から9日目を迎え、今日現在、犠牲者は12都県で80人となりました。
福島県内の死者は30人に上り、1人の行方が分かっていません。
浸水などの影響で約1700人が避難所生活を余儀なくされる等、とくに阿武隈川流域で大きな被害がありました。

阿武隈川流域は、福島・宮城両県を南北にまたがる長い羽状の流域で、東北横断自動車道いわき新潟線の開通 により、南北東西交通の要衝となっている福島中通り地方や仙台東部道路等の整備により仙台都市圏とのアクセス性が向上してきた宮城県南地域を擁しています。
阿武隈川本川は、その源を福島県西白河郡西郷村に位置する旭岳(標高1,835m)に発し、阿武隈山地や奥羽山脈から流れ出る社川、釈迦堂川、大滝根川、荒川、摺上川等の支川を合わせながら福島県中通り地方を貫流し、福島・宮城県境の狭窄部を抜け、白石川を合わせて、岩沼市、亘理町の境で太平洋に注ぐ一級河川です。
西側に奥羽山脈、東側に阿武隈山地が縦走し流域全体の8割を山地面積が占めているため、多くの樹種が生息します。
流域内には、福島県の白河市、須賀川市、郡山市、本宮市、二本松市、福島市、宮城県の丸森町、角田市、岩沼市・・・、流域構成市町村は39市町村があります。

高村光太郎が妻・智恵子との純愛を綴った不朽の名作『智恵子抄』で有名です。
「あれが阿多多羅山、あの光るのが阿武隈川」と詠った、あの阿武隈川の氾濫や決壊によって命を落とすほどの災害を被ったことは残念でなりません。
流域の被災された皆様に、あらためてお見舞い申し上げます。

ラグビー日本、南アに敗れ史上初4強逃す。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

スポーツはやはり秋に限る。

2019年 10月19日 - 日常

秋といえば、「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」、そして「スポーツの秋」です。
秋は運動会が開かれることも多いですし、「スポーツの秋」という言葉はすっかり定番になっています。
特に今年は、ラグビー、バレーボール、、陸上などの世界大会はじめ、国内の野球、サッカー、ゴルフなど多くのスポーツで熱狂しています。
私も特に不思議に思うことなくいましたが、なぜ秋にスポーツなのでしょうか?
振り返ると、1964年(昭和39年)の東京オリンピックがきっかけになっているという説が有力なようです。
東京オリンピックの開会式が行われたのが10日10日。
これを記念して、もっとスポーツに親しもうという趣旨で制定されたのが、「体育の日」です。
そしてこの体育の日の前後に、スポーツに関するイベントや運動会が開催されるようになりました。
というわけで、秋はスポーツというイメージが広がったんだそうです。
日本は農耕民族で、秋はその農作業が一段落する時期でもありましたから、運動会を秋に行う習慣は東京オリンピック以前からあったようです。
今更ではありますが、来夏の東京オリンピックマラソンと競歩の会場を札幌に移す検討が始まりました。
もともと真夏の開催を懸念する話はありましたし、9月下旬に開かれたドーハ世界陸上のマラソンと競歩で棄権者が続出したことが影響していることも踏まえ、IOCバッハ会長の「私たちは選手の健康を常に懸案事項の中心に置いています。マラソンと競歩の(開催地)変更案は懸念を私たちが真摯に受け止めている証し。選手に最高の状態を確保する措置だ」とのコメントも、致し方ないのかもね。
世界有力スポーツの日程や放映権料に惑わされず、スポーツはやはり秋に限るということでしょう。

ラグビー日本代表、あす南ア戦。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

関根のヴァーミリオン。

2019年 10月18日 - 日常

福島県立美術館で開催されている「生誕120年・没後100年 関根正二展」(~11/10)を観てきました。
関根正二は福島県白河に生まれ、東京移住後16 歳でデビュー、19 歳のときに描いた《信仰の悲しみ》(重要文化財)が二科展樗牛賞を受けますが、翌年スペイン風邪で急逝してしまいます。
彼は、宗教的感情にみちた作品を描き、20 歳2カ月で夭折してから今年で100年を迎えました。
対象を刻み込む卓越した素描力と、朱や青緑色の鮮烈な色彩による神秘性を漂わせた作品群は、今なおわれわれの心をとらえて離しません。
展覧会は、関根の作品約100点、資料約20点、書簡約40点に加え、同時代の文学者や画家たちの作品と資料約50点をあわせて展示してありました。
ずいぶん前ですが、大原美術館で観た、関根正二19歳のときの作品《信仰の悲しみ》は、印象的でした。
大原美術館に展示されている作家のなかでは、関根正二が最年少です。
東京のあるコレクターが持っていたもので、1964(昭和39)年、東京画廊の山本孝氏が譲ってもらい、大原美術館に持ち込んだそうです。
その当時、若くして亡くなった関根はあまり評価されていませんでしたが、大原總一郎氏は数日眺めたあと購入を決断したというエピソードがあります。
「大原さんはこの作品をことのほか気に入り、『関根の数少ない絵の中でも傑作だから、大切にするように』と言っていた」と当時を知る元館長の藤田慎一郎氏が述べています。
必見の価値ありですから、福島に来たこの機会に鑑賞をお勧めします。

明日の降雨予報、被害がないように・・・。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント