日常

夏至  今日は何を食べるの?

2013年 06月21日 - 日常

今日は二十四節気のひとつで、一年で最も昼の時間が長くなる日=夏至(げし)です。
それは、太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こる現象です。
ちなみに今日の福島の日の出は4:16、日の入りは19:03で、日照時間は実に14時間47分。
しかし、実際は夏至は今日のように梅雨の真っ只中なので、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。

夏至とは、この日を過ぎると本格的な夏が始まると意味です。
ところで今日は何を食べるかご存じですか。
冬至には南瓜(かぼちゃ)を食べるように、夏至でも何かを食べるとい習慣はありますが、何を食べるかは地方によってまちまちです。
例えば、関西地方ではタコの8本足のようにイネが深く根を張ることを祈願してタコを食べる、と聞いたことがあります。
関東地方でも新小麦で焼餅をつくり神に供える風習があるそうです。
いずれにしましても、田植えという最大事の農作業を終え、秋の五穀豊穣を祈った名残でありましょう。

今夜の我が家は、タコではなくて、頂き物の螺貝(ツブ)をご馳走様になりました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

旧暦 5月12日

2013年 06月20日 - 日常

今日は、旧暦で申すと5月12日に当たります。
今日は、何の日?

日蓮聖人が『立正安国論』を著された鎌倉時代のこと。
鎌倉幕府の政策を批判し、激しい布教活動で他宗を批判した日蓮聖人が、念仏宗派など他宗の人々や、北条氏の怒りにふれて、伊東への流罪を宣告されたのが、弘長元年(1261)の5月12日です。(もちろん当時は旧暦)
そして、小舟に乗せて送られてきた日蓮聖人は、満潮時には波の下に沈んでしまう岩(俎岩=まないたいわ)の上に置き去りにされますが、危機一髪のところを川奈の漁師に救われ難を逃れられたという出来事がありました。
これを伊豆法難といい、日蓮聖人の四大法難のひとつに数えられています。

  俎岩

先日、その俎岩を臨む静岡県伊東市に行ってきました。岸壁の下にある波に囲まれた岩が、俎岩です。

川奈の海には、その当時を彷彿とさせる日蓮聖人像が建立されています。
また付近にはそれぞれの沿革を有した古刹があり、今なお聖人の信仰を集めています。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

福島も ようやく梅雨入りしました。

2013年 06月18日 - 日常

水不足に悩む今季、東北地方も今日ようやく梅雨入りをいたしました。
気象庁は、「北陸と東北地方が梅雨入りしたと見られる」と発表しました。北陸と東北南部では平年より6日遅く、東北北部は4日遅い梅雨入りです。
水不足解消に一役買ってくれると有り難いですね。
大雨をもたらす可能性が高いと言われている台風4号、土砂崩れや川の氾濫はご遠慮申し上げますが、田畑にはほどよい恵みの雨となるよう祈っています。

梅雨の季節と言えば、紫陽花(アジサイ)です。
境内のアジサイはまだ開花前ですが、昨日うかがった地方では満開のアジサイが咲き誇っていました。

調べてみると、花言葉は「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」と種々あるようです。意味深ですね。

もともとは、「あずさい」と呼ばれていたそうです。
「あず」は「集まる」、「さ」は真、「い」は「藍(藍色)」の省略形・・・つまり、「真の藍色が集まっている花」といったような意味合いをなす、と言われています。

これから入梅時季を楽しむためにも、地元のアジサイの開花が待ち遠しいですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ニッポン ガンバレ

2013年 06月15日 - 日常

昨日、雨乞いの話をしたからではないでしょうが、今日はしっかりとした雨が降りました。
まだまだ今までの乾きを潤すには不足していますが、まさに恵みの雨です。
田んぼの稲も息を吹き返し、畑の作物も潤いを感じています。

明朝、早くにサッカー・ブラジル戦があるので、今夜はお休みなさい。
私の予想は、まことにザンネンですが、0-3でブラジルの勝利ですかね。
アウェーイは不利ですし、99%がブラジルファンでしょうから仕方ないでっすね。
ニッポンの健闘を祈ります。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

あめ、あめ、ふれ、ふれ・・・

2013年 06月14日 - 日常

東京は、昨日一日雨降りのようでしたが、私の周りははまったく雨が降りません。
期待していた台風3号は大きく東へ逸れ、でも梅雨前線は少し脅かされて曇り空を装っていますが、雨はなし。
今日も「曇り一時雨」の予報とは違い、30℃を超え、晴れ間が広がっています。
「恵みの雨」が待ち遠しいですね。
恵みの雨とは、大地をうるおして草木を生育させる雨。慈雨。また一般に、天の助けのように降る雨。

まったく話はそれますが、先日ある田舎の町を訪ねたとき、昔懐かしい光景を見ました。

この頃のほうが良かったのではないですかね。
貧しくても、苦しくても、人の心に温もりがあったのではないでしょうか。

日蓮聖人の時代、雨乞いをしたという記録があります。
「鎌倉時代、世間では干ばつが続き人々を苦しめていました。その頃、律宗には極楽寺良観という僧侶がいました。良観は、北条幕府の厚い信頼を受けており、公共事業なども行っていました。また、祈雨の修法を得意としており、世間では生き仏と崇められ信頼されていました。文永8年(1271)に幕府は良観に雨乞いを命じました。その良観に対して日蓮聖人は「7日以内で雨を降らしたら日蓮は負けを認めて、良観の弟子になろう。だがもし雨が降らなかったら法華経を信じるようにしなさい」という挑戦を申し出ました。雨乞いが得意な良観はすんなり挑戦を受けましたが、7日延長し、14日かけても雨は降らず、良観は涙を流し敗北を認めました。」というものです。

そろそろ雨乞いの儀式が求められるのかも・・・。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

子に過ぎたる財(たから)なし

2013年 06月9日 - 日常

満月会頂経式(まんげつえ ちょうぎょうしき)、略して満月式(まんげつしき)、俗にいうお宮参りにこられたご信者さんがありました。 
生後30日を過ぎた男児とパパ・ママ、そしておじいちゃん・おばあちゃんが揃ってのお参りです。
4月以降、数組のお参りがありましたが、いずれの赤ちゃんもとっても元気良く「健やかに育ちますように」との思いをこめてご祈願いたしました。

日蓮大聖人のお言葉に「子に過ぎたる財(たから)なし 子に過ぎたる財なし」という有名な御文があります。
赤ちゃんの泣いたり笑ったりする何気ない表情に、大人たちは喜び、笑い、右往左往して抱っこしたりあやしたりして、和やかな雰囲気を作り出します。
まさに宝物を扱う姿と似ています。
この授かった宝物をさらにピカピカに磨き上げるも、錆びて色付んでしまうのも、パパとママ、そして家族の皆さんのこれからの愛情によるものでしょう。
増益壽命 智慧明了 福徳円満 無病息災 身体健全 無事成長をあらためてご祈願いたします。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

CATSを観て  自分はこういう奴だ!

2013年 06月8日 - 日常

突然ですが、私は「猫」が苦手です。
お参りに行った先でも、数匹の猫を飼っているお宅に伺うと、猫の臭いとか抜け毛とかが気になって早々に引き上げてくることがあります。

そんな私ですが、ミュージカル「CATS」は大好きです。
大学を卒業したときに初めて観る機会を得、ほんとに久しぶりに今回また仙台で観てきました。

横着なおばさん、一匹狼、金持ち、娼婦、年老いた元スター、犯罪者、etc…、様々な立場・性格の猫が「自分はこういう奴だ!」と、魂を訴えます。
キャッツの評価・好き嫌いも様々ですが、登場するいろんな猫の姿を描いたストーリーが、猫の世界ばかりでなくて人間の世界にもスライドできるようで、そこが私は大好きです。
一度観てみてください。野性的で気高ささえ感じさせる24匹の猫たちの生き様は、あなたの明日に希望を与えてくれるはずです。

PS➀ 総選挙、さしこが第1位にはザンネン。高みな総監督ガンバレ。
PS➁ 過去のブログで、シャクヤクをシャクナゲと誤記した箇所を指摘していただき有り難うございました。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

笑顔咲くたび 伊達な旅

2013年 06月7日 - 日常

昨日は、東京から駆けつけてくれた同信の方々と総勢15名で被災地(宮城県)を供養して歩きました。
1人よりも2人、2人よりも3人、少数よりも多数、無勢よりも多勢。
おかげさまで、大きな声でお題目をお唱えすることができました。お疲れさまでした。

参詣の後、「テレビでは見ていたが、自分の目で爪痕を確認することができました」「またご一緒させてください」「次回のご予定はいつですか」との言葉をいただき、私も思いを新たにもう一踏ん張りせねばいけないなと励まされました。
この大災害を風化させることなく、目をそらさず注視していくことが大切なのです。

仙台・宮城が持つ魅力を多くの方に感じていただこうと「笑顔咲くたび 伊達な旅」をキャッチフレーズに、仙台・宮城デスティネーションキャンペーンを展開しています。デスティネーションキャンペーンとは、JR6社と地元の観光関係者や自治体が一体となって展開する大型観光キャンペーンです。

むすび丸(むすびまる)は、宮城県観光PRマスコットキャラクターで、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会事務局所属宮城県観光PR担当係長です。豊かな食と文化に恵まれた宮城を「おにぎり」の頭で表現し、「伊達」を象徴する兜の前立を模して三日月をあしらっています。
ぜひ被災地へ、ぜひ仙台へ、ぜひ南東北へお越してください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

仲良きことは 美しきかな

2013年 06月5日 - 日常

戦いには勝者と敗者がいます。
表現は適切でないかもしれませんが、人生にも勝者と敗者がいます。
勝ち負けは別として、みんな仲良くしないといけませんね。

昨夜から日本はひとつになり、サッカーの日本代表が2014年W杯ブラジル大会の出場を決めました。
ニッポン チャチャチャ  ニッポン チャチャチャ

「仲良きことは 美しきかな」は武者小路実篤の言葉ですが、これは文学作品からの引用ではなく、実篤が野菜や花などを描いた絵に書き添えた「讃」とよばれる短い言葉だそうです。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

ならぬことは ならぬものです

2013年 06月4日 - 日常

先日、地域の防犯協会に所属しているため年度初めの総会に出席してきました。

そこで発表された「少年の非行」についての勉強会がありました。(数字は福島県警管内)
1 刑法犯少年の検挙・補導人員は前年に比べて約24%減少となり、統計をとり始めた昭和24年以降、初めて1000人を下回ったそうです。(全国26位、東北2位)
2 成人の検挙人員を含めた刑法犯全体に占める犯罪少年の割合は約22%で、前年比5.9ポイント減少だそうです。
3 刑法犯少年の学識別は、中学生が29%、高校生が38%と、中・高校生で全体の67%を占めているそうです。
4 刑法犯少年のうち、非行歴のある少年は32%と、昨年よりわずかですが増加しているそうです。
5 不良行為少年は、前年に比べ175人(2.5%)増加し、深夜徘徊・喫煙の両行為で伝体の約83%を占めているそうです。

「ならぬことは ならぬものです。
これは、会津藩の武士の子供たち心構えとして有名な「什の掟」の一言です。
自分自身を律する約束として、現代の子どもにこうしたことを教えるのも大人の役目だとは思いませんか。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント