日常

今年は南南東

2016年 02月2日 - 日常

明日3日は「節分」。
旧暦では大晦日にも相当する大切な日で、豆まきなど様々な邪気払い行事が行われました。
節分の食べ物にも邪気払いや、福を呼ぶ願いを込めたものがいろいろあります。
おいしいものばかりですので、ぜひ、味わって良い年にしましょう。
その代表格が「恵方巻」です。
yjimage
近年、節分の食べものとして人気なのが「恵方巻」。
恵方巻は、節分に食べる太巻きずしで、関西から始まり、近年、全国に広まった風習です。
豆まきのあと恵方巻を食べるという家も増えていますが、恵方巻の食べ方にはいくつかのルールがあります。
ルールを守って恵方巻を食べ、福をつかみましょう。
節分の夜にその年の恵方に向かって、目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりするのが習わしとされています。
商売繁盛や無病息災を願ってともされていて、七福神に因み、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、だし巻、うなぎ、でんぶ等の七種類の具を入れて食べます。
これには福を食べるという意味合いもあるみたいです。
今年の恵方は、南南東の方角です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春に向けての準備

2016年 02月1日 - 日常

今日から2月。
2月の別名は如月(きさらぎ)です。
中国最古の辞典である「爾雅(じが)」の中の「釈天(しゃくてん)」に「二月を如となす」とあり、漢字はそこからそこからきたようです。
しかし、中国では「きさらぎ」とは読みませんから、読み自体は日本で作られたものでしょう。
その由来にはこれまた複数あります。
1)2月は、ぽかぽか陽気になってうす着になったかと思えば、寒さがぶりかえし、一度脱いだ着物をさらに着なおすので「衣」を「更」に重ね「着」するから「衣更着(きさらぎ)」になったという説。
2)「生更ぎ」からきており、寒い冬から春に向かって草木が生き返り、新しい芽(め)を吹くことを意味する言葉という説。
yjimageUF0EIJUO
立春(りっしゅん)を過ぎれば、こよみの上では春になるといってもまだまだ寒い日が続きます。
そんな中でも、草や木は着実に春に向けての準備を始めている月なんですね。
その他には、梅月(ばいげつ)、梅見月(うめみづき)、雪消月(ゆきぎえづき)、初花月(はつはなづき)、木芽月(このめづき)など、次の季節、春を待ち望む気持ちが伝わってくる言葉が多いですね。
間違いなく、春はもうすぐそこまで来ています。
今月もがんばりましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

頭丸めりゃ良いってもんじゃないだろ

2016年 01月31日 - 日常

今年の正月(1月)もアッという間に終わってしまいました。
お天気も、政治・経済も、芸能界も、何もかもが変動の多い一年のスタートとなりました。
南岸低気圧による大雪、甘利大臣の辞任、日銀のマイナス金利、ベッキーの休業など話題は尽きませんね。
でもスポーツは感動を与えてくれます。
大相撲・琴奨菊の優勝&結婚、サッカーU23リオ五輪予選の優勝、大阪女子マラソン福士の独走Vなどなど。

そんな中、気になったのが野々村元兵庫県議の坊主頭裁判。
yjimage0VDXW2HC
「頭を丸める」という言葉には、主に悪いことをしたときに「坊主にして反省の意」を示すことが多く、男の人がよくする行為です。
最近では、民主党の菅元総理、AKB48の峯岸みなみ、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗などが思い起こせますが、反省の形がなぜ丸刈りなのでしょうか。
だったら、法華坊主は毎日「反省の日々」ですね(笑)。
頭丸めりゃ良いってもんじゃないですよね。
丸刈りで謝罪の意思をみせるのは構わないですが、その一方でそれを不快に思う人もいるということを忘れてはいけないですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

1mmの100万分の1

2016年 01月30日 - 日常

昨日から東京へ出かけてきましたが、都会はマスクを着用している方が多いですね。
インフルエンザの流行が始まったからでしょうか。
インフルエンザのウィルスの大きさはどのくらいだと思いますか?
粒子ひとつの大きさは直径約100nm(ナノメートル)[1mmの100万分の1]と、とっても小さいのだそうです。
この小さなウィルスが感染した人のくしゃみ1回で、大量に空気中に飛び散るのです。
これをほかの人が吸い込んだだけで、のど、鼻、気管支などにウィルスが付着して感染してしまうのです。
そしてやっかいなことにこのインフルエンザウィルスは強い感染力と増殖力を持っているのです。
混雑した電車の中、あるいは学校など人がたくさん集まるところでは、インフルエンザウィルスがいっぱいです。
この時期は人ごみをさけたほうがよさそうですね。
また髪の毛にもウィルスの粒子がついていますので、洗髪もインフルエンザ予防に効果的で、また帽子をかぶって外出するのも防寒にもなっていいのかもしれません。
外から持ち込んだウィルスをよく洗う、これが一番の予防法ですから、外から帰ったら手洗い・うがいを励行いたしましょう。
yjimage

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

白猿に導かれ

2016年 01月28日 - 日常

日蓮聖人にまつわる「猿の話」があるのをご存じでしょうか?
まずその一つ。
日蓮聖人は、鎌倉の松葉ヶ谷に草庵を結び布教活動を行っていたが、様々な法難に逢い、草庵を焼き討ちされてしまいます。
その際、白猿に導かれここ法性寺の岩窟まで逃げてきたと言う伝説があります。
「猿畠山」と書かれた山門の扁額には、日蓮を導いたとされる白猿があしらわれています。
鎌倉七切通しの一つ、「名越切通し」のあたりは現在でも当時を偲ばせる自然が残り、「お猿畠」や「むじなが谷」と言う地名が残っています。
yjimage6LRAYET4
また、日蓮聖人が辻説法を行った鎌倉ばかりでなく、東京湾の無人島「猿島」にも逸話が残されています。
日蓮聖人が、現在の千葉県から鎌倉へ布教をするため舟で海を渡っていると、嵐になってしまいます。
この時、白い猿が現れ、猿島へと導き難を逃れたという伝説が残っており、これが猿島の名前の由来になりました。
その後、鎌倉へ出発するまでの間、島にある岩窟こもって修行を続け、約ひと月後に無事鎌倉へと出立されました。
この岩穴は「お穴さま」として現在でも残されており、この他にも「角なしサザエ伝説」「アワビ伝説」など、日蓮聖人にまつわる様々な言い伝えが残されています。

猿(申)年の正月(1月)も残すところ3日間となりました。
法華信者の皆さん、日蓮聖人の信仰伝説に基づく、より良き1年であられることを重ねてお祈り申し上げます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

17歳以上25歳以下、イイね

2016年 01月27日 - 日常

午後のワイドショーTVでもやっていましたが、今日1月27日は「求婚の日」だそうです。
知っていましたか? 
yjimage869TSJ41
これは、1833(明治16)年のこの日、伊勢新聞と三重日報に、日本で初めての「求婚広告」が掲載されたことで設定された記念日だそう。
この広告を出したのは、中尾勝三郎さんという男性。
求婚広告の全文は、「縁談広告 拙者義某妻離別し虎独身者にて家事不行届甚だ困却致し間今般更?妻娶り度有志の諸君い貧富を不論?照会ありたり。但し年齢十七年以上廿五年以下の者に限る」。
難しい文章ですが、内容が気になりませんか。
大まかに訳すると、「最近女房と離婚して超不自由。貧富にあれこれ言わない、17歳以上25歳以下で嫁になりたい人は連絡して・・・」というもの。
お見合い結婚や紹介が中心だったこの時代に、新聞広告を出すなんて、大胆な試みですね。
その結果は、この広告がきっかけでめでたく19歳の若い伴侶に恵まれたそうです。
ちなみに、世界初は1695年7月19日で、イギリスの新聞に「当方、年齢30歳、資産家、3000ポンド程度の財産を有する若き淑女を伴侶として求む」と掲載されたそうです。

求婚なんて、法華坊主にとっては今から30年近く前の出来事ですが、現在その最中にいる若人にとっては胸キュン、心ウキウキなのでしょうね。
最近では、大関・琴奨菊のプロポーズ秘話が話題ですが、奥さん(祐未夫人)可愛いですね。

ありがとうございました。  法華坊主 Joe

投稿記事を読む - コメント

いばしんえん

2016年 01月26日 - 日常

平成28年(丙申)正月(1月)も残すところ5日となりました。
スタートダッシュはうまくいきましたか。
ところで、申(猿)としにまつわることわざをご存じでしょうか。

〇 猿も木から落ちる(さるもきからおちる)
 木登りに長けた猿であっても、時には木から落ちるということから、達人と呼ばれるような者であっても、失敗することがあるということ。

〇 犬猿の仲(けんえんのなか)
 犬と猿は、仲の悪いものの代名詞とされていることから、非常に仲が悪いことのたとえ。

〇  意馬心猿(いばしんえん)
 意馬心猿とは、心が煩悩や欲望のために働いて抑えがたいことのたとえから、乱れ動く心を、奔走する馬と騒ぎ立てる猿にたとえたことば。

〇 猿の尻笑い(さるのしりわらい)
  猿が自分の尻の赤さに気づかず、他の猿の尻の赤さを笑うことから、自分の欠点には気づかずに、他人の欠点をあざ笑うことのたとえ。
yjimageI3QB1FIY
まだまだ猿にまつわる四字熟語・ことわざがあります。
申年生まれの性格は、世渡り上手で如才なく、人の機嫌を巧みにとるタイプで、いつの間にか頭角を現し、その場その場を要領よく処理して才能に長け、人使いも上手で憎めない性格ではないのでしょうか。

ありがとうございました。  法華坊主 joe
 

投稿記事を読む - コメント

こまめに換気

2016年 01月23日 - 日常

「湿気対策」というと梅雨どきのことと思われがちですが、空気が乾燥する冬場も、結露(けつろ)に悩まされる季節です。
yjimageCQ3XA33T
冬の結露の原因は、おもに暖房された部屋と外の気温の差です。
暖房で部屋を暖めても、タンスなどの陰になった壁や窓は冷えたままです。
ガラスや壁に触れた空気は冷やされて湿度が上がり、空気中の余分な水分が水滴となって結露します。
部屋と外の気温の差が大きいほど、また室内の湿度が高いほど、結露の量は多くなります。
結露を防ぐためには、空気の入れかえ、つまり換気をすることです。
外の空気を入れると、一時的に部屋の気温は下がりますが、乾いた空気を取りこまれて、湿気を減らすことができます。
数分間窓を開けるだけで、十分効果があります。
炊事をしているとき、鍋ものを楽しんでいるときなどは、湿気が多くなっていますから、こまめに換気をするといいですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

大寒雑感

2016年 01月21日 - 日常

今日は大寒(だいかん)。
しばらく留守にしていた間に、急発達しながら本州の太平洋岸を通過した「南岸低気圧」の影響により、大雪が降りました。
昨夜、最終新幹線で戻った境内は、降雪と雪だまりによって大荒れです。
大寒は、大いに寒い時期であり、寒の真ん中で、一年で最も寒い時期です。
最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。
武道ではこの頃寒稽古が行われます。
また、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期にもあたります。
image
さらに、大寒には「卵」をいただくとよいのだそうです。
大寒の日に産まれる卵は、滋養に富んでいると言われ、昔から、健康な暮らしを願って食べ続けられてきました。
それは1年で最も寒いこの時期(大寒の日)、寒さのため、鶏の水を飲む量が減少する反面、飼料を多く摂ろうとします。
そのため、鶏の飼料の栄養分が普段よりも十分に卵に現れ、一年の中でも「最も濃厚でおいしい卵の味」になるからだそうです。
へぇ~。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

次の季節へ移る前の調整期間

2016年 01月17日 - 日常

死者6434人、負傷者4万3792人を出した1995年1月の阪神淡路大震災は、今日17日、発生から21年を迎えました。
あらためてご冥福をお祈りいたします。

さて、明日18日は、土用(どよう)入りです。
土用は、土旺用事(どおうようじ)の略。 
土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。
陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、(余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。
yjimageC636SEF2
今年は
冬土用:1月18日~2月3日
春土用:4月16日~5月4日 
夏土用:7月19日~8月6日
秋土用:10月20日~11月6日
最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。
古来より、土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれました。
お気をつけください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント