日常

素晴らしい未来が到来するように

2016年 02月8日 - 日常

旧正月元旦の朝だけあって、今朝の境内は最も寒い時期を下回る今季最低のマイナス7.7℃でした。
古人の教えに「新暦よりも旧暦の正月の方が寒い」という言葉がありますが、まさにその通りでした。
お~、寒い。
ところで皆さんは、中華料理屋さんの前を通ったときに「福」という漢字が上下さかさまになっているのを見たことありませんか。
yjimage
一昨年、台湾を旅行したとき、ガイドさんが教えてくれました。
中国では毎年、旧暦の正月になると家々の門や壁、鴨居の上に大小さまざまな「福」の字が飾られます。
これは古くから伝わる伝統的な正月の風俗だそうです。
「福」の字は、現在は「幸福」を意味しますが、昔は「福気」「福運」を指していました。
今も昔も、人々が幸せに暮らせるよう、また素晴らしい未来が到来するようにとの願いが込められています。
そして「倒」の発音と「到」は、「dào」という発音が同じことから、「福」の字を逆さに貼って「倒福(福が逆さ)」=「到福(福が到る)」の意味を表すとのことでした。
春節を迎え、中華圏や中華街へ出かけたとき、あるいは近くのラーメン屋に行ったとき、逆さ「福」を探してみてください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

中華圏で最も重要とされる祝祭日

2016年 02月7日 - 日常

中国では旧正月の「春節(しゅんせつ)」に合わせて7日から7連休となり、海外に旅行する人たちの出国ラッシュが本格化しています。
春節とは、中国の旧暦の正月のことです。
yjimageT17HM6GZ
新年を迎えるための飾り付けを行い、大晦日(おおみそか)の晩は家族や親戚が集まって食事をするそうです。
家々では赤い提灯や灯籠を飾り、縁起の良い言葉が書かれた赤い短冊のような紙を貼る習わしがあるといいます。
新年を迎えると、新しい衣服を着て、親戚や友人宅に挨拶回りをしたり、町中では花火や爆竹が派手に鳴らされます。
春節から3日間が祝日となり、都市部に働きに出ている人の多くは帰省するそうです。
中国のほか、台湾、シンガポール、あるいは海外の中国人たちもチャイニーズニューイヤーとして春節をお祝いします。
最近はこの時季を利用して来日する中国人の「爆買い」に期待が寄せられています。
明日がその旧暦正月の元旦です。
そんな中、今日の午前9時31分ごろ、北朝鮮が「地球観測衛星」と称する事実上のミサイルが打ち上げられました。
困った隣国ですね。

ありがとうございました。

投稿記事を読む - コメント

油揚げが大好物

2016年 02月6日 - 日常

今日は「初午(はつうま)」です。
初午とは、2月最初の午(うま)の日で、本来は農作業が始まる旧暦の2月に行われていました。
711年(和銅4年・奈良時代)のこの日に、稲荷社の本社である京都の伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座されたといわれています。
この日をしのび、伏見稲荷大社をはじめ、愛知の豊川稲荷や佐賀の祐徳稲荷神社など、全国の稲荷神社で盛大にお祭り(初午大祭)が行われます。
また、立春を迎える2月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされています。

稲荷神社(お稲荷様)は、全国各地にあるように思えますが、天満宮(天神様)と比べてどちらが多いと思いますか。
全国に神社は約8万社(81,166社)ありますが、その数は次の通りです。
1、八幡信仰・・・7817社(鶴岡八幡宮・宇佐神宮)
2、伊勢信仰・・・4451社(伊勢神宮)
3、天神信仰・・・3953社(大宰府天満宮・北野天満宮)
4、稲荷信仰・・・2924社(伏見稲荷大社)
さらには熊野信仰、諏訪信仰、祇園信仰、白山信仰、春日信仰などと続くようです。

稲荷神社といえばきつねですが、きつねは稲荷神のお使い役で油揚げが大好物です。
初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを奉納しました。
これが、いなり寿司の始まりで、きつねの大好物の油揚げを人間もたくさん食べられるよう考案されたのが、いなり寿司です。
yjimage
稲荷神社といなり寿司を「おいなりさん」と呼ぶのも頷けます。
いなり寿司は、東日本では米俵に見立てた俵型ですが、西日本ではきつねの耳に見立てた三角が主流です。
今夜の食卓に稲荷寿司は並ぶのでしょうか。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

一年のはじまり

2016年 02月4日 - 日常

季節を分ける二十四節気の中には、立夏や立冬など「立つ」のつく日があります。
暦の上でそれぞれの季節が始まる日ですが、その中でも「立春」は特別な存在です。
今、わたしたちが使っている暦では、お正月から1ヶ月遅れて立春を迎えますが、昔のひとが使っていた旧暦では、元日と前後して立春となりました。
つまり、立春はお正月、1年の始まり。
季節を分けるだけでなく、1年を分ける日でもありました。
八十八夜、二百十日など農作業で重要な節目となる日は、全て立春から数えています。
小寒から立春の前日(節分)までが寒の内で、気温の変化をみても、ちょうど寒さの底ですね。
まだまだ寒さは残りますが、明るい暖かな春への期待がふくらんで、「立春」は現代でも特別な存在といえそうです。
yjimage
またこの日の早朝、禅寺の門に「立春大吉」の文字が貼り出されます。
「立春大吉」の文字は左右対称で縁起がよく、厄除けになるといわれています。
法華坊主には、左右対称がなぜ縁起が良いのか、なぜ厄除けになるのかが理解できませんが、ポジティブに考えることにいたしましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

福は内!、鬼は外!

2016年 02月3日 - 日常

暦(こよみ)では、今日2月3日が「節分」です。
節分はもともと、立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、四季の分かれ目を意味していました。
それが、いつのころからか立春の前日だけが残ったのは、暦の「立春」を年のはじめとする「立春正月」からきています。
気候が冬から春になるということで、この日は一年の最後の日と考えられていました。
節分は「厄を祓(はら)う日」と考えられ、昔から魔除け(まよけ)・厄除(やくよけ)・無病息災などを願う色々な行事が行なわれてきました。
いった大豆をまく「厄払い」の行事は、「人に疫(えき)をもたらす鬼(おに)を追って、来たるべき春に福を求める」という中国「明(みん)」の時代の風習で、室町時代に伝わったといわれます。
yjimage
この日の夜、家の入り口に鰯(いわし)の頭をさした「柊(ひいらぎ)」の枝を掲げておく風習もあります。
こうしておくと鬼が柊の枝に刺さって痛がり、鰯の悪臭にびっくりして逃げていくと考えられていました。
同様に、強いにおいを出すにんにくやねぎをさしておく地方もあるそうです。
魔除け、あるいは邪気(じゃき)をはらって無病息災を願う行事のひとつといえます。
また、その年の恵方(えほう)=〈その年の歳徳神(としとくじん)がいる方向〉を向いて、太巻きの寿司をまるかぶりするという風習が東海や関西地方にあります。
こうすると一年間健康でしあわせに暮らせるというものです。
法華坊主が子供の頃には、東北地方に恵方巻などと言った風習はありませんでしたが、最近はスーパーやコンビニの商戦に引っかかって、各家でも恵方巻を頬ばるようになりました。
今夜は大きな声で「福は内!、鬼は外!」と豆をまき、邪気をはらい福をかきこんでください。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

今年は南南東

2016年 02月2日 - 日常

明日3日は「節分」。
旧暦では大晦日にも相当する大切な日で、豆まきなど様々な邪気払い行事が行われました。
節分の食べ物にも邪気払いや、福を呼ぶ願いを込めたものがいろいろあります。
おいしいものばかりですので、ぜひ、味わって良い年にしましょう。
その代表格が「恵方巻」です。
yjimage
近年、節分の食べものとして人気なのが「恵方巻」。
恵方巻は、節分に食べる太巻きずしで、関西から始まり、近年、全国に広まった風習です。
豆まきのあと恵方巻を食べるという家も増えていますが、恵方巻の食べ方にはいくつかのルールがあります。
ルールを守って恵方巻を食べ、福をつかみましょう。
節分の夜にその年の恵方に向かって、目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりするのが習わしとされています。
商売繁盛や無病息災を願ってともされていて、七福神に因み、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、だし巻、うなぎ、でんぶ等の七種類の具を入れて食べます。
これには福を食べるという意味合いもあるみたいです。
今年の恵方は、南南東の方角です。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春に向けての準備

2016年 02月1日 - 日常

今日から2月。
2月の別名は如月(きさらぎ)です。
中国最古の辞典である「爾雅(じが)」の中の「釈天(しゃくてん)」に「二月を如となす」とあり、漢字はそこからそこからきたようです。
しかし、中国では「きさらぎ」とは読みませんから、読み自体は日本で作られたものでしょう。
その由来にはこれまた複数あります。
1)2月は、ぽかぽか陽気になってうす着になったかと思えば、寒さがぶりかえし、一度脱いだ着物をさらに着なおすので「衣」を「更」に重ね「着」するから「衣更着(きさらぎ)」になったという説。
2)「生更ぎ」からきており、寒い冬から春に向かって草木が生き返り、新しい芽(め)を吹くことを意味する言葉という説。
yjimageUF0EIJUO
立春(りっしゅん)を過ぎれば、こよみの上では春になるといってもまだまだ寒い日が続きます。
そんな中でも、草や木は着実に春に向けての準備を始めている月なんですね。
その他には、梅月(ばいげつ)、梅見月(うめみづき)、雪消月(ゆきぎえづき)、初花月(はつはなづき)、木芽月(このめづき)など、次の季節、春を待ち望む気持ちが伝わってくる言葉が多いですね。
間違いなく、春はもうすぐそこまで来ています。
今月もがんばりましょう。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

頭丸めりゃ良いってもんじゃないだろ

2016年 01月31日 - 日常

今年の正月(1月)もアッという間に終わってしまいました。
お天気も、政治・経済も、芸能界も、何もかもが変動の多い一年のスタートとなりました。
南岸低気圧による大雪、甘利大臣の辞任、日銀のマイナス金利、ベッキーの休業など話題は尽きませんね。
でもスポーツは感動を与えてくれます。
大相撲・琴奨菊の優勝&結婚、サッカーU23リオ五輪予選の優勝、大阪女子マラソン福士の独走Vなどなど。

そんな中、気になったのが野々村元兵庫県議の坊主頭裁判。
yjimage0VDXW2HC
「頭を丸める」という言葉には、主に悪いことをしたときに「坊主にして反省の意」を示すことが多く、男の人がよくする行為です。
最近では、民主党の菅元総理、AKB48の峯岸みなみ、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗などが思い起こせますが、反省の形がなぜ丸刈りなのでしょうか。
だったら、法華坊主は毎日「反省の日々」ですね(笑)。
頭丸めりゃ良いってもんじゃないですよね。
丸刈りで謝罪の意思をみせるのは構わないですが、その一方でそれを不快に思う人もいるということを忘れてはいけないですね。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

1mmの100万分の1

2016年 01月30日 - 日常

昨日から東京へ出かけてきましたが、都会はマスクを着用している方が多いですね。
インフルエンザの流行が始まったからでしょうか。
インフルエンザのウィルスの大きさはどのくらいだと思いますか?
粒子ひとつの大きさは直径約100nm(ナノメートル)[1mmの100万分の1]と、とっても小さいのだそうです。
この小さなウィルスが感染した人のくしゃみ1回で、大量に空気中に飛び散るのです。
これをほかの人が吸い込んだだけで、のど、鼻、気管支などにウィルスが付着して感染してしまうのです。
そしてやっかいなことにこのインフルエンザウィルスは強い感染力と増殖力を持っているのです。
混雑した電車の中、あるいは学校など人がたくさん集まるところでは、インフルエンザウィルスがいっぱいです。
この時期は人ごみをさけたほうがよさそうですね。
また髪の毛にもウィルスの粒子がついていますので、洗髪もインフルエンザ予防に効果的で、また帽子をかぶって外出するのも防寒にもなっていいのかもしれません。
外から持ち込んだウィルスをよく洗う、これが一番の予防法ですから、外から帰ったら手洗い・うがいを励行いたしましょう。
yjimage

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

白猿に導かれ

2016年 01月28日 - 日常

日蓮聖人にまつわる「猿の話」があるのをご存じでしょうか?
まずその一つ。
日蓮聖人は、鎌倉の松葉ヶ谷に草庵を結び布教活動を行っていたが、様々な法難に逢い、草庵を焼き討ちされてしまいます。
その際、白猿に導かれここ法性寺の岩窟まで逃げてきたと言う伝説があります。
「猿畠山」と書かれた山門の扁額には、日蓮を導いたとされる白猿があしらわれています。
鎌倉七切通しの一つ、「名越切通し」のあたりは現在でも当時を偲ばせる自然が残り、「お猿畠」や「むじなが谷」と言う地名が残っています。
yjimage6LRAYET4
また、日蓮聖人が辻説法を行った鎌倉ばかりでなく、東京湾の無人島「猿島」にも逸話が残されています。
日蓮聖人が、現在の千葉県から鎌倉へ布教をするため舟で海を渡っていると、嵐になってしまいます。
この時、白い猿が現れ、猿島へと導き難を逃れたという伝説が残っており、これが猿島の名前の由来になりました。
その後、鎌倉へ出発するまでの間、島にある岩窟こもって修行を続け、約ひと月後に無事鎌倉へと出立されました。
この岩穴は「お穴さま」として現在でも残されており、この他にも「角なしサザエ伝説」「アワビ伝説」など、日蓮聖人にまつわる様々な言い伝えが残されています。

猿(申)年の正月(1月)も残すところ3日間となりました。
法華信者の皆さん、日蓮聖人の信仰伝説に基づく、より良き1年であられることを重ねてお祈り申し上げます。

ありがとうございました。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント