日常

「ほおずきの唄」の主題歌。

2020年 03月24日 - 日常

昨日で春のお彼岸も終わり、それぞれにご先祖様の菩提を弔ったことでしょう。30年も前の話ですが、和菓子屋さんのご主人にこんな言葉を聞きました。「お彼岸は、入りがあるけど明けはないようなもんだ」と。たしかにお盆は迎え盆・送り盆と言われるようにスタートとゴールがはっきりしていますが、お彼岸はお中日を過ぎると何となく終わってしまうような気がしませんか。ご主人は続けて「ぼたもちもおはぎも、お中日が過ぎるとさっぱり売れねぇんだよ」と、嘆いていました。

♪  集めた落ち葉に火をつけて  君はぽつりとありがとう  彼岸過ぎたら  僕の部屋もあたたかくなる  両手をあわせたかたわらで  揺れてるれんげ草  あなたの大事な人を  僕にまかせてください  ♫

彼岸明けのブログを打つにあたって、相応しい歌詞の曲があったはずだと思っていましたが、なかなか思い出せずモヤモヤしていました。そんな時、風信子の君が「さだまさしの詩曲でクラフトが歌った『僕にまかせてください』は今頃の歌かな」とヒントをくれました。 Just Timely 「僕にまかせてください」は、1975年(昭和50年)に日本テレビ系で放送された土曜ドラマ「ほおずきの唄」の主題歌として起用され、50万枚のヒットを記録した曲です。 当初、さだまさしは楽曲名を「彼岸過迄」としていたそうですが、ディレクターからイメージが暗いと指摘を受け、ディレクターからの代案で「僕にまかせてください」が楽曲名として採用された、という逸話も残っています。

 

五輪1年程度延期、聖火リレーは見送り。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント(1)

春の訪れを告げる風信子。

2020年 03月23日 - 日常

今日は北西の風が吹く寒い一日でしたが、境内には早咲きの桜が3輪、丈の短いチュウリップと濃厚な香りのヒヤシンスが花を咲かせ、コロナ騒ぎの中でも春ますの訪れを感じます。特に陽当たりのよい場所にあるヒヤシンスは、ユニークな形の花をたくさん咲かせています。

甘く強い香りがするヒヤシンス、小さな花弁がたくさん集まったその丸い姿もかわいらしい花です。ヒヤシンスを漢字で「風信子」「飛信子」と書くこともあり、〈風信じる子〉は、なんだか寒い冬の風の中でも春を信じて大きく育つヒヤシンスを思い起こさせてくれますし、〈飛信子〉と書くのはヒヤシンスの場合は音からの当て字ではないでしょうか。英語名は、common hyacinthまたはgarden hyacinthともいわれるそうで、英語名のhyacinthという言葉にはギリシャ神話に登場する美しい青年に関する由来があるとのことです。

ヒヤシンスの原産地は地中海沿岸で、イランやトルクメニスタンといわれています。明るく色とりどりの花があるヒヤシンスは、種類によっては大きなもの、小さなもの、野性味あふれたものなど同じヒヤシンスの仲間でも違った雰囲気が楽しめる花です。

♫ カーテンの隙間から流れてくる  壁を狙ってひと筋の光  じっと黙って動こうとしない  ヒヤシンスの影が泣いてるよ  雪の降る夜 土曜の夜に あの娘と僕とヒヤシンス  雪降る夜 土曜の夜に  ふとんにくるまるあの娘と僕と ♬

先日ご一緒した友人が、N.S.Pのアルバムにも『風信子』(詞・曲 天野滋)という名曲があるよ!って教えてくれました。

 

「五輪延期の判断も」と安倍総理。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

お客様を敬いもてなす座布団。

2020年 03月22日 - 日常

お檀家のお宅に彼岸のお経にお伺いすると、必ず座布団を出してくれます。仏壇の前でお経をあげるときも、その後にお茶をご馳走になるときも・・・。しかし、その置き方・向き・表裏などはそのお宅によってマチマチです。

座布団は、表を上にして、正面をお客様の膝頭がくる方に向けることが基本です。座布団の中央にあるしめ糸に注目  ⇒ 「しめ糸」の房があるほうが表です。最近は、両面使えるよう「しめ糸」がない座布団や、両面に房のある座布団もあります。座布団は、真ん中に房がある方が表で、座布団の向きは表を上にします。

次に、座布団の輪に注目   ⇒   一方が輪になっていて、三方が縫い合わせてありますから、輪が正面となります。座布団は縫い目のない輪の方が正面で、座布団を置く向きは、輪の方に膝頭がくるようにしましょう。子供の頃から慣れ親しんでおくと安心ですね。 座布団カバーをかけているときは、ファスナーが後ろ側になるはずです。座布団カバーをかけた場合は、座布団の置き方向きはファスナーが後ろ側になります。

また、なにげなく座布団を踏んでしまいがちですが、これは無礼なことなのです。かつて、高貴な人しか座布団を使うことができませんでした。その名の残りで、座布団にはお客様を敬いもてなすという意味が込められています。従って、座布団を踏みつけることはもてなしの心を踏みにじる行為となり、大変失礼なことなのです。

座布団には、次のようなマナーもあります。
〇 先方にすすめられる前に座布団に座らない
〇 座る際はにじって座る
〇 挨拶するときは座布団からおりる
〇 座布団の位置を勝手に動かさない
〇 座布団を勝手に裏返さない
〇 座布団は正面を向けてすすめる

今はフローリングなどといって和室のないお宅もありますから、座布団も不要かも知れませんが、知っているのと知らないのとでは大違いです。

 

無観客の大相撲春場所、白鳳優勝で幕。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

長命寺、それとも道明寺?

2020年 03月21日 - 日常

春の三連休の中日、皆さんはどのようにお過ごしになられたでしょうか?

春の風物詩のひとつに桜餅があります。桜餅というと、関東ではクレープ状にあんを巻いた「長命寺(ちょうめいじ)」、関西では粒々の道明寺粉で作ったお餅であんを包んだ「道明寺(どうみょうじ)」が一般的です。お餅の形が異なりますが、桜の葉っぱが巻かれているということは共通しています。桜餅は、見た目だけでなく香りも楽しめる和菓子です。あの独特な香りは、桜の葉っぱ由来のものです。桜餅は、人工的な香料などを使用しているのではなく、葉っぱで桜の香りづけをしているのです。生の桜の葉に香りはありませんが、塩漬けすることであの独特な桜の香りが出てきます。桜色のお餅には香りはありませんから、この塩漬けの桜の葉っぱを巻くことでお餅に香りをうつしているのですね。この葉っぱがあるおかげで、春を感じられるのかもしれませんね。

そもそも、桜餅にはなぜ葉っぱが巻かれるようになったのでしょうか。もとをたどれば、1717年頃に江戸の向島(現在の東京都墨田区向島)にある長命寺の門番であった山本新六が、土手に植えられていた桜の木の落ち葉に悩まされ、葉っぱを何かに使えないかと考えた末に、樽で塩漬けにした葉っぱをお餅に巻いたのがはじまりとされています。花見の際、桜餅を売ったら喜ばれたのだそうです。そして今もなお、長命寺の桜もちのお店は存在しています。当初、悩まされた桜の落ち葉が一転、おいしい和菓子として生まれ変わり、300年経った今でも人気の和菓子として愛されているのですからすごいですよね。

 

新型コロナ、世界の感染者25万人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

自然をたたえ、生物をいつくしむ日。

2020年 03月20日 - 日常

24節気のひとつ「春分」の今日は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日でもあります。

春分の日の前後3日間、合計7日間は春のお彼岸(春彼岸)といい、先祖の墓参りをする習慣があります。仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、春と秋のお彼岸にお墓参りをするようになったのです。

お彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。日本では、正月など神道にまつわる行事を行う一方、仏教を説いたお釈迦さまの教えも受け入れてきました。お彼岸は「日願」でもあるため、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかったという説もあります。また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」と呼びます。普段のお彼岸と同じように、彼岸入りには仏壇・仏具を清め、お彼岸の期間は、お花やお供え物を供えましょう。初彼岸だからといって特別なことはないですが、家族みんなでお墓参りに行って故人や先祖を供養できるといいですね。

また、お彼岸は迷い、悩み、煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるときでもあります。自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になるよ・・・「暑さ寒さも彼岸まで」には、励ましの意もあったのです。

 

地下鉄サリン事件から25年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

一年中満開の桜が楽しめる名所。

2020年 03月19日 - 日常

今日の福島は、最高気温21.4℃、今年最高5月上旬並みの暖かい日でした。来週にも桜の開花があるかもしれませんね。

春の一大イベント「お花見」も今年は新型コロナウイルスの影響で自粛ムードです。今回上京の折に散策した目黒川は、桜並木が上流から下流にかけての約4kmにおよび、約800本のソメイヨシノがピンクのベールで取り囲み、日中は木漏れ日が差す可愛らしいピンクのトンネル、そして夜にはライトアップされたぼんぼりが夜桜と目黒川を照らしゆらゆらと川面に映りだされるようです。例年は桜並木沿いに多くの屋台が立ち並ぶそうですが、今年は新型コロナウイルスの影響で自粛が続いていました。

目黒川のほとりに、一年中満開の桜が楽しめる!都心の隠れた名所「郷さくら美術館」があります。郷さくら美術館では、昭和生まれの日本画家およそ300名の作品を収集し、展覧会ごとにテーマを設定した「コレクション展」という形式で収蔵作品を公開しています。800点にもおよぶ収蔵作品のほとんどが、屏風画をはじめとした50号をこえる大作であることも、この美術館の特徴です。そして、桜を描いた日本画のみを集めた〈一年を通して満開の桜を楽しめる〉展示室「桜百景」が、多くのファンを魅了しています。同美術館では、開館一周年にあたる2013年から「桜花賞展」を開催し、毎年若い作家による桜をテーマにした日本画のコンペティション形式の展覧会が開かれ、〈目黒川のもうひとつのお花見〉として人気を集めています。ちょうど訪ねた時は、今年の「桜花賞展」(第8回)が開催されていて、各方面より推薦された30人の若手作家が出品した未発表の50から80号サイズの日本画が展示してありました。これからの日本画壇を担う新しい才能の発掘・育成の手助けを目的とした、郷さくら美術館ならではの展覧会だそうです。花見山や喜多方日中線を題材とした作品もあり、一足お先に福島の桜を堪能することが出来ました。

 

心愛さん虐待死、父親に懲役16年。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春の訪れを感じさせてくれる桜。

2020年 03月18日 - 日常

コロナパニックの最中でしたが、一昨日より上京してきました。東京は、先週土曜日14日に桜の開花宣言が出されましたが、新幹線の窓越しに見る飛鳥山の桜、レンタカーの車窓から見た千鳥ヶ淵の桜、友人と歩いた目黒川沿いの桜、花種によっては満開の桜もいくつかありましたがソメイヨシノはこれから盛りを迎えるようです。

今年は例年と違ったスタイルでお花見をしなければなりません。今日ではお花見といえば桜ですが、奈良時代のお花見とは中国から伝わった梅をさしていました。万葉集には梅を題材にした和歌が多く詠まれ、当時の貴族が梅を愛でていたことがわかります。平安時代になると花見の対象は梅から桜へと変わり、貴族たちは邸内に桜を植えることが大流行し、豊臣秀吉が京都の醍醐寺で約1300人を従えて行った「醍醐の花見」も有名です。庶民のお花見は、江戸時代になって流行しました。

種類やその時々の天候にもよりますが、桜の花の見ごろは約2週間で、「咲いた!」と思っているとすぐに桜吹雪になってしまいます。はらはらと散っていく桜の花びらにもまた風情があるものです。同じ桜でも花の表情は毎年変わるといいますから、同じ場所で毎年比べてみるのも楽しいですね。現在日本で見られる約8割以上の桜、ソメイヨシノはおもに鑑賞を目的として江戸時代に生まれた園芸種で、「接ぎ木」など人の手をかけないと増やすことができない桜です。ところが近年、全国のソメイヨシノが病気などで弱ってきています。お花見で人が地面を踏み固めることで、根が養分をうまく吸えなくなるうえに、空気汚染などの環境の悪化、病害虫など複合的な理由があるとされています。春の訪れを感じさせてくれる桜を大切に守りたいものです。

昔から桜を愛した日本人は、さまざまな言葉で桜を表現しました。例えば、花びらが風に舞う様子をさす「桜吹雪」。水面に映った桜を「桜影」。お花見は「桜狩り」。夜、満開の桜がぼんやりと明るい様子をさす「桜あかり」。水に浮かんだ桜の花びらをさす「花筏」・・・と。情緒あふれる桜の言葉、調べてみるとお花見が一層楽しくなりますよね。

 

政府、「全ての国民に現金を給付」案を検討。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春の行楽として花見。

2020年 03月15日 - 日常

きのう気象庁は、東京・靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。平年より12日早く、昨年より7日早い開花で、統計開始以来最も早い開花日となりました。

一方、福島市の花見山は毎年20万人以上が訪れる福島市の観光の目玉ですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため福島市が観光を自粛するよう要請しました。

花見は、日本人が古来から楽しみにしていた春の行事です。奈良時代には、花といえば梅や萩などを指していましたが、平安時代の貴族たちは桜を春の花の代表格として愛で、歌を詠み、花見の宴を開いて楽しんでいました。以来、この時季に咲き誇る花は、桜以外にも桃や菜の花など色々ありますが、日本人にとって「花」といえば桜の花を意味するようになりました。また、花見は豊作祈願の行事として、農民の間でも行われていました。桜は、春になって山から降りてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていたそうです。

江戸時代になると、春の行楽として花見が庶民の間にも広がり、酒を酌み交わす花見になっていきました。江戸時代は、園芸が盛んになった時代でもあり、桜の品種改良が進んだことで、身近な場所で花見が楽しめるようになったのです。三代将軍家光が上野や隅田河畔に桜を植え、八代将軍吉宗は飛鳥山を桜の名所にし、花見の場も増えました。これらは今でも東京の花見の名所になっています。

2020も本格的な桜のシーズンを迎えますが、コロナの感染拡大防止のために各地で自粛・中止・延期が続いている今年は、残念な花見になりそうです。

 

新型艦船、世界累計15万人超。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

落ちてはとける雪。

2020年 03月14日 - 日常

本州の南岸を低気圧が北上し、落ちてはとける雪が降っています。

1974年、フォークグループ・かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として発表され、伊勢正三が作詞作曲を手がけた名曲「なごり雪」があります。『三階建の詩』をリリースした翌年、レコード会社への不信感などから、かぐや姫が解散しましたが、最後にリリースしたアルバムがオリコンチャートの100位圏内に186週ランクインし続けるという、人気絶頂での解散でした。解散後、伊勢正三と旧知の仲だったイルカのプロデューサーから、「『なごり雪』をカバーさせて欲しい」と依頼されたそうです。そこで、ファンから根強い人気があったものの、かぐや姫としてシングルカットしていなかった「なごり雪」を提供する流れになり、1975年にイルカのカバーによるシングル「なごり雪」をリリース、大ヒットにつながるのです。

♬ 君が去った ホームに残り 落ちてはとける 雪を見ていた 今 春が来て 君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった♫

タイトルにもなっている「なごり雪」。
辞書などには「名残の雪」で載っていて、春が来ても消え残っている雪、春が来てから降る雪、という意味で春の季語でもあります。
この曲が発売された頃は、勝手に日本語を作るな、「なごり雪」ではなく「なごりの雪」にしろ、と言われたこともあったそうですが、今ではすっかり定着し、2013年に日本気象協会が選んだ「季節のことば36選」にも「なごり雪」として選ばれているそうです。

発売から40年以上が経っていますが、今後もたくさんのアーティストに歌われていくはずです。きっと、世代やジャンルを超えて人の心に残るからこそ、後世に引き継がれる名曲になっているのでしょう。

 

JR常磐線、9年ぶりに全線再開。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント

春は苦いものを食べよ。

2020年 03月13日 - 日常

昔から「春は苦いものを食べよ」といわれています。苦味のある山菜にはミネラルやポリフェノールなど、細胞を活性化させる成分が多く含まれています。冬から春へ体も活動するための準備を始めるこの時期にふさわしい食材なのですね。

代表格の水菜(みずな)は、京都原産の野菜で「京菜(きょうな)」とも呼ばれます。「ミズナ」と名付けられたのは、畑の作物と作物の間に水を引き入れて育てたことから。今では一年中出回っていますが、京都では「ミズナが並び始めると冬本番」と言われるほど、寒い時期に味がよくなります。
シャキシャキと歯切れがよく、クセのない味わい。肉や魚の臭みを消してくれるため、以前は、鍋物に使うことが主流でしたが、サラダで美味しく食べられることが知られたことがきっかけで全国的にさらに広く海外でも有名になり、注目されています。

水菜には、カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル類、食物繊維も多く、バランスの取れた緑黄色野菜です。葉緑素には、コレステロール低下作用、解毒作用、ダイオキシン排出作用、抗がん作用などを有することが明らかにされています。そして、その選び方は、葉の緑色が鮮やかで先までピンとまっすぐなものを選びましょう。水耕栽培は、株が小さく味も薄いです。露地栽培は、茎がしっかりとしていて全体に量感があり、風味も強いです。いずれの栽培も、茎に傷などのない白くつややかなものが良いそうです。

 

新コロナ特措法が成立。  法華坊主 joe

投稿記事を読む - コメント